人気ブログランキング |

タグ:選挙 ( 6 ) タグの人気記事

選挙に行きましょう

前回のブログに書いた「写真家達によるチャリティー写真展」が始まりました。
ご来場、お買い上げいただいた方々はありがとうございます。この土、日もよろしくお願いいたします。

ところで、明日12/16(日)は選挙の日です。東京都民は、東京都知事選挙と、衆議院議員選挙、最高裁判所裁判官国民審査と3つの投票をする日です。

ここ数日、ツイッターやフェイスブックに、忌野清志郎さんが書いた言葉が流れてくるようになりました。彼の著書「瀕死の双六問屋」にある文章。阪神大震災の後に書いたそうです。私もこの文庫本を持っているので、すぐに本棚から引っ張りだして見てみました。

「地震の後には戦争がやってくる・・・」。清志郎すごい、とたくさんの人がツイッターでリツイートしたり、フェイスブックでシェアしたり。
選挙に行きましょう_a0086851_12274946.jpg

瀕死の双六問屋 (小学館文庫)はなんと、アマゾンで小学館の文庫本売り上げ1位(12/15時点)になっています。音楽書でも1位。

選挙とは、投票率が低ければ低いほど、がっちり組織票を持つ候補者が勝つしくみになっています。それが嫌な人はなおさら明日はぜひ選挙に行きましょう!

明日行けない人は、今日まで期日前投票もやっていますのでぜひ!
by mayumiish | 2012-12-15 12:14 | つれづれ | Comments(0)

明日は投票日

いよいよ明日は選挙の投票日ですね。
今日は、各候補者たちが最後の街頭演説集会にかける日でもあるので、
時間がある人は、気になる候補者の演説を一度見に行くのはいかがでしょうか?
TVを通さず直接見ると、候補者の人柄や本気度が
垣間見えるような気がしますよ。

私が今回応援している川田龍平さんも、今日は演説最終日ということで、
応援ボランティの方々も気合いが入っています。
ちなみに今日の午後の川田さんの演説は
以下のスケジュールです(予定なので急変更も)。

13:30 - 14:00 光が丘団地
14:30 - 15:00 高島平団地
15:30 - 16:00 JR池袋駅西口
16:30 - 17:00 銀座マリオン前
17:30 - 18:00 新宿駅東口アルタ前
18:30頃〜 渋谷駅宮益坂口

私は渋谷での応援に行くつもりです。

今回は期日前投票者の伸びが多く、約400万人がすでに投票したそうですね。
まだ未投票で、かつ明日行けない人は、できるだけ今日に行っていただきたいです。

昨日、映画「選挙」をとうとう観てきました。
公募で自民党の公認候補になった、政治のしろうと山内和彦さんが、
川崎市議会の補欠選挙に立候補して当選するまでを追った秀作ドキュメンタリーです。
山内さんのキャラクターが光っていて、笑ってしまう場面がたくさんある
とても面白い映画なのですが、
自民党が後援会などの力をいかんなく発揮して、
いかに組織だって、またトップダウンの選挙活動をしているか、
ということが、しみじみわかる資料映画(?)としても優れた作品です。

これを観て、無党派層の有権者が投票しない場合、着々と組織票を固めていく政党が
いかに簡単に勝利するのかが、よーくわかりました。

その意味でも、自分は無党派、という人こそ強い1票を持っているので
その力をぜひ使いたいものです。

ところで、この映画の主人公、山内さんこと「山さん」は、
すでに市議会議員の任期が切れ、先日のブログにも書きましたが、
今回、川田龍平さんを応援していらっしゃいます。
先日は新宿の応援演説に登場しました。
今日もどこかに登場してくれるといいなー、と思います。
by mayumiish | 2007-07-28 11:19 | つれづれ | Comments(0)

川田龍平さんの演説に行きました

日曜日の夕方、新宿アルタ前で行われた、東京選挙区の候補者
川田龍平さんの演説集会を聞きに行ってきました。

選挙演説というものを聞きに行ったのは初めてでしたが、
のぼりを持ったり、チラシやステッカーを配ったりと、
ボランティアの人々がたくさん活動していたのが印象的でした。
新宿アルタ前という場所柄、大勢の人が聞きに来ていて、
後ろのほうでも立ち止まって聴いていた若者たちもけっこういた気がします。

川田さんは、静かな熱い闘志を持ち、その使い方を知っている人という感じで、
清さと実行力が感じられる人でした。
これまでのHIVキャリアを初公表した人いうことで、これまでの人生は
前線での戦いの連続だったろうと思います。
そんな経験に培われた信念、行動力、自信、社会への視点が今の
川田さんを作ったのでしょう。

薬害エイズ裁判で和解を勝ち取った後ドイツに留学して、
帰国後は大学の非常勤講師や人権アクティビストとして活動しているそうです。

彼のスローガンの一つは、「動けば変わる。」

薬害エイズ問題も、今の年金問題も同じ構図で役所の隠蔽体質から生まれ、
以前と変わらずに今も国民が犠牲になっている、
ということで、まずそれを変えて行こうということでした。
無所属議員でも、国会で質問主意書の制度を使って、力を発揮することができるとのことです。

薬害エイズの時も、どうにもならないと被害者たちが思っていたことを
川田さんが実名を公表したりと、とにかく動いて、とうとう政府の責任を認めさせた
実績があり、川田さんは、みんなで動いて変えよう、と訴えていました。

なんと、薬害エイズ問題時の厚生省の薬務局長が、
その後、社会保険庁の長官になったのだそうです。
そして、例の年金問題???

また、応援演説をしたある画家の方の話の中で、
川田さんが厚生省の官僚と対話した時に、その役人が

「薬害エイズの問題となった血液製剤は、国が億単位のお金を使って
買ったものなので、使わざるを得なかったんですよ」

と、川田さんに面と向かって平然と言ったそうです。
それを見ていた画家は、役人の喉を絞めたいほど怒ったそうですが、
川田さんは静かに聞いて、あの血液製剤のせいで彼の友人が亡くなっていったことを
冷静に話していたのだそうです。

昨日の集会で一つサプライズがありました。
以前のブログにも書いたドキュメンタリー映画「選挙」の主人公、山さんこと、
前川崎市議の山内さんが応援演説に駆けつけてきていたのです。
演説後に声をかけると、川田さんに賛同して応援しているとのことでした。

日曜日の時点では、
東京選挙区の5人枠のうち、4人まではすでに
当選が予想されていて(それもどうかと思いますが)
最後の1枠を、無所属の川田龍平候補と、自民党から出た元女子アナ丸川珠代候補が
競っているのだそうです。

良い国会議員になれそうなポテンシャルの高さを感じたので、
個人的には川田さんに当選してもらいたいです。
by mayumiish | 2007-07-23 23:44 | 人々 | Comments(0)

選挙演説を聞きに

来週29日は、いよいよ参議院選の投票日ですね。

それぞれ別の分野で知り合いの二人(どちらも社会派ですが)が、
東京区の同じ候補者の選挙応援活動をしていることを知りました。
候補者は川田龍平さんです。
自身がHIVキャリアということを世に公表して
薬害エイズの裁判を戦い、和解を勝ち取った人です。

彼を応援している知り合いの一人は、選挙の応援をするのは初めてとのこと。
連日あちこちに行って、ビラを配ったりとアクティブに活動しているようで、
今のところ、道行く人の手応えをがっしりと感じているとのことです。

その知り合いから教えてもらったのですが、
川田さんが今日の17:30から新宿アルタ前で、
来週7/28(土)の18:30から渋谷ハチ公前で選挙演説するそうです。

思えば、これまで選挙応援を通りすがりに聞いたことはあるものの、
はじめから最後まで聞いたことがありません。

ただ、前回の「郵政選挙」の時に、たまたま中野駅近くにいたら
当時の小泉首相と一行が来て、演説が始まったので聞いたことがありました。
その時、気づいたことは、大勢いた聴衆の多くが中野のローカルな住民
という感じじゃなく、小泉さんの演説のためにどこからか
連れてこられた人々のようだったことです。

いわゆる、サクラというんでしょうか。動員。
芸能界での記者会見などでもたまにありますね。
それとも小泉さんの追っかけ?
あきらかに、通常、中野にいる感じの人々じゃないので違和感ありあり。
はじめに聴衆の大勢が位置につき、その後、黒塗りの高級車がさーっと来て
小泉さんがVIPらしい立ち振る舞いで車から降り、上機嫌で演説していましたよ。

一方、今回の川田龍平さんは無所属で立候補だし、
どれほどの聴衆が立ち止まって聞くのでしょうか。
川田さんについて、私もまだ詳しく知らないのですが、
自らHIVを公表して、ずっと戦っている姿勢には、大きな信念や行動力、
可能性を感じます。

今日は、初めて選挙演説を聞きに出かけて、
彼はどんな考えを持って国会議員になりたいのかなど
聞いてこようかなと思います。

お時間がある人は、選挙演説に出かけてみてはいかがでしょう。
タグ:
by mayumiish | 2007-07-22 14:48 | 人々 | Comments(2)

「選挙」

昨日は映画の財団に勤める友人のゆかさん、新妻になったばかりの
雑誌編集者Kさん、PR会社のSさんとの4人で渋谷に集合しました。

ゆかさんとKさんが雑誌の記事で取り上げた映画「選挙」の初日ということで
イメージフォーラムで舞台挨拶する監督の想田和弘さんと
映画の主人公、山内和彦さん(通称・山さん)に会おうという集いです。

私は初回を観ようと思って行ったものの、着いたのがちょっと遅くてすでに満席、
マスコミ席でも立ち見と言われてしまったので、観賞は日を改めることにしました。
ベルリン映画祭で話題になったせいか、初日からかなり人出が多かったです。

山さんは、もともと切手・コイン商でしたが川崎市議の補欠選挙に立候補して当選、
実際に市議を務めた元議員。
映画「選挙」は、政治の素人、山さんの選挙活動ぶりをつぶさに追った
ドキュメンタリーです。
監督の想田さんは山さんと大学時代からの知り合いとのことで、
彼が立候補することを知ってこの映画を撮影することを決めたのだとか。

ゆかさんたちと映画館の外で待っていると、舞台挨拶を終えて外に出て来た
想田監督と奥さま、そして山さんにお会いすることができました。

山さんは、選挙活動中の躁状態が持続?と思うほど、とにかくノリがいいんです。
話し振りや握手の仕方が、とても板についてました。
白手袋をしていたら、まさに選挙活動中?のような物腰。

そこに編集者のKさんがちょっと遅れてやってきたのですが、
彼女は記事で取り上げた映画の山さんに会えてうれしい!と、握手したり、
ツーショットで記念撮影などして盛り上がっていたのです。

うれしげにしていた山さんが、ふと 

「あれ、Kさんって、もしや雑誌編集者のKさんですか」

Kさん「そうですよ」

山さん「あー!僕、今日は編集者のKさんが来ると聞いてたのですが、男性だと
ずっと思ってました」

われわれ「じゃあ、さっきKさんとツーショットで記念撮影していた時には誰だと?」

山さん「てっきり、熱烈なファンの人かなー、と思ったんですよー」

映画への期待感がますますふくらんできました。

山さんとお話したところ、この映画を自分で観た時は大変にショックだった
と語っていました。
映画の中で、選挙活動のやり方を巡って山さんが
奥さんなどから怒られているシーンがあるそうですが、
あんなに怒られていたとは(それが映画に映っているとは)と、びっくりしたとか。
監督ともしょっちゅう喧嘩してましたよー、とぼやいていました。

それでも、当選するかどうかまだわからない中で撮影を続け(結果は当選)、
最終的にベルリン映画祭をはじめいくつもの海外映画祭に出品するまでの
映画作品になったのはすごいことですよね。
自分の人生の一部を飾りなくさらけ出すことへの潔さは、
やはり想田監督への最終的な信頼があってこそだったのかな、と思いました。

映画の宣伝として「ザ・ニュースペーパー」のニセ安倍とニセ小泉が
街で演説などをしながら盛り上げていたようですね。
この映画をきっかけにして、7月の参議院選挙こそは、多くの人が真剣に参加すると
いいなと思います。
その意味で、ほんとにタイムリーな映画ですね。

山さんによる「山さんブログ」を見つけました。
ご本人のイメージ通りの山さん調な日記で、とても面白いですよ。
タグ:
by mayumiish | 2007-06-10 17:09 | アート | Comments(0)

黒い人さし指

黒い人さし指_a0086851_13322374.jpg昨日からシェムリアップに来ています。ところでカンボジアに着いたのは、地方選挙の前日でした。プノンペンに着いて空港からタクシーに乗ったら、私の大きなカメラバッグを見たドライバーに「選挙の写真を撮りに来たんですか?」と聞かれました。翌日の4/1が投票日だったのです。

選挙当日、せっかくだから(?)と、プノンペンに住む知り合いが投票所の見学に連れて行ってくれました。投票会場は日本と同様に学校の校舎です。学校の教師やボランティアが監視員をしていました。投票所はいくつかの教室に分かれていますが、現れる投票者はぽつんぽつんという印象で全体に大変のんびりとした雰囲気です。教室の中をのぞくと、椅子に座ったまま居眠りしている監視員がいたり、入り口近くでお弁当を食べている係員もいました。

緊張感がない投票所の背景は、カンボジアの第1党でフンセン首相が率いる人民党が圧倒的に強く、意外な結果になることはないと広く認識されているからのようです。実際、開票結果は予想通りでした。

写真を撮っても良いというのでスナップを撮りながら投票所をしばらく観察していると、投票を終えて教室から出てくる人の右手人さし指が必ず黒いことに気がつきました。二重投票を防ぐために、投票をした人のマークとして墨(?)の入ったツボに指を入れさせて黒い色に染めるのだそうです。同時に、選挙をさぼらずに投票に行ったことの証にもなるようです。
黒い人さし指_a0086851_13334359.jpg
でもこの黒い染料は強いようで「洗っても2,3日取れないんですよ」と会う人々が口々にぼやいていました。私も、織物の村などに行って人の手元を撮影する時に黒い人さし指が写ってしまうのでとても苦労しています。

選挙といえば、東京では都知事選の投票日がすぐですね。候補者の宣伝活動がいよいよ白熱の頃でしょうか。今回はユニークな候補者勢ぞろいですが投票率はどうなるでしょう。日本もカンボジアのように、投票した人がわかるようなマークをつけると徐々に効果が上がるかも?
by mayumiish | 2007-04-07 21:06 | アジア | Comments(2)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

最新の記事

大坂なおみさんの勇気
at 2020-08-27 17:48
猛暑 2020
at 2020-08-24 14:19
『Planet of the..
at 2020-05-21 16:58
ゴールデンミルク
at 2020-04-25 01:41
『ペスト』を読む日
at 2020-04-21 01:56

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2020年 08月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 01月
2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル