人気ブログランキング |

タグ:絹織物 ( 2 ) タグの人気記事

「秩父銘仙」の織物工房へ

先日、埼玉県の秩父にある織物工房を訪問してきました。

「秩父銘仙」という布を織る新啓(あらけい)織物です。
夏の緑深い山々が連なる自然豊かな場所の近くに、その工房はありました。

「秩父銘仙」の織物工房へ_a0086851_21172725.jpg
(ご家族で工房を営む「新啓織物」2代目の新井教央さん)

織物の模様は通常、絣織りなどのように、染色された糸を織って模様にしていくか、無地の布を織った後に模様を染めて作られますが、秩父銘仙はそのどちらとも違っていました。

銘仙の技法は、1600本からなるたて糸をピンと張った状態にして、まず型染めなどで模様を染めます。それを機織り機にセットして、横糸を平織りして模様を完成させるのです。とてもユニーク。

工房を訪問する前、どういう織物か言葉で聞いただけでは想像しにくかったのですが、百聞は一見に如かず。動く機織り機を目にして、どのように銘仙の布が生まれるのかやっとわかりました。
「秩父銘仙」の織物工房へ_a0086851_557051.jpg
(たて糸に模様を染めた状態)

「秩父銘仙」の織物工房へ_a0086851_1530462.jpg
(そこに横糸を織っていく)
1、2ミリずれるだけでも模様が壊れるため、大変に緻密な作業を必要とする織物です。100年以上の伝統を持ち、明治中期から大正モダンブーム、昭和初期頃に大変人気だったとか。

「秩父銘仙」の織物工房へ_a0086851_16325399.jpg
(たて糸を染める前には、糸がばらつかないように、横糸をざっくりと仮織り)
本織りの時、これをほぐしながら織っていくので「ほぐし織り」とも呼ばれるそうです。

「秩父銘仙」の織物工房へ_a0086851_18173841.jpg
横糸の準備。伝統的な木製の糸巻きがなんとも良いのです。

「秩父銘仙」の織物工房へ_a0086851_1821680.jpg
この日は染め物職人さんのために白い無地の反物を織る日。生糸がきっちりと巻き付けられていきました。

「秩父銘仙」の織物工房へ_a0086851_21521923.jpg
さらに小さいボビンに巻かれた横糸を、シャトルまたは杼(ひ)と呼ばれる道具にセット。これを機織り機でたて糸に通して織っていくのです。

「秩父銘仙」の織物工房へ_a0086851_2155622.jpg
新井さんいわく、昔はこれをかかえて眠る人もいたほど大事な道具の一つ。内側についているのは猫の毛!糸のすべりを良くするためだそう。

「秩父銘仙」の織物工房へ_a0086851_20344646.jpg
新井さんの奥様、園恵さん。白無地の反物を織っている最中。機械織りですが、不具合がないかをずっと見ていることが大切だそうです。ガチャンガチャンと規則正しく動く織り機のかすかな音の変化によっても、きっと状態を感じ取ったりするのかも。

「秩父銘仙」の織物工房へ_a0086851_21111829.jpg
木製の織り機を支える、どっしりとした鉄製の歯車。

ふと上を見ると
「秩父銘仙」の織物工房へ_a0086851_22114953.jpg
機械とつながる長いベルトが回り、織り機の歯車を動かしていました。

「秩父銘仙」の織物工房へ_a0086851_0433020.jpg

織り上がった絹の反物。手織りのような風合いがあって、温かみのある魅力を感じます。ここにどんな染め物が施されていくのかな。とても楽しみです。

「秩父銘仙」の織物工房へ_a0086851_0545455.jpg
生糸。絹は不思議で本当に美しい!

工房の中をあちこち見せていただくと、長い間ずっと丁寧に使ってきたに違いない道具の一つ一つもとても味わい深くて、新井さん一家が大切にするものづくりの心が見えるような、なんだかほっとする空間でした。

この日はもうすぐ七夕(8/7)ということで、工房の外に葉ぶりのよい竹が立てかけられていました。織物工房にとっては「織り姫」が登場する七夕のお祭りは欠かせないのです、と園恵さんが教えてくれました。なるほど!短冊を用意していただいたので、私も願い事を書いてきましたよ。何を書いたかは秘密です(というほどでもないですが 笑)。

みんなの願い事がどうか無事にかないますように!
by mayumiish | 2013-08-12 01:12 | 日本 | Comments(0)

ラオスの織物展

日本アセアンセンターからお知らせをいただき、「ラオス織物特別展」に行ってきました。会場は新宿の山野愛子(あの美容学校の)旧邸で、9/22〜9/30まで開催されています。

今日の東京は、暑くもなく寒くもない曇り空。まさに自転車日和だったので、自宅から自転車に乗って新宿へと出かけました。ところがしばらく行くと、右手の甲にぴちょんと水滴が一つ落ちました。まさか雨?。そのまま走ると、ポツンーーーーーポツンーーーーーと少し増え、そのうちポツ・・ポツ・・と身体に当たる雨粒の数がどんどん多くなってきたのです。

やがて、ポツポツポツポツポツ・サーッと、いつしかアスファルトが全部黒く濡れるほどの降りに。気づけばほとんどの歩行者が傘をさしていました。止まって雨宿りしようかと一瞬思ったものの、「本降りにはならない。そのうち止むはず」と、根拠のない確信を持ってそのまま青梅街道を走って行ったら、15分ぐらいして新宿駅の大ガードを抜けた頃には雨が上がってくれました。

ラオスの織物展の会場は大江戸線・東新宿駅の近く、職安通りから脇道に入った場所です。地図を持たず行ったのですが、何とか見つかるはず、とこれまた根拠のない自信で走って行ったら、なんと歌舞伎町のホテル街に迷い込んでしまいました。行けども行けども、ぐるっと360度ホテルばかり。ディープな歌舞伎町に感嘆(?)しつつ、目印のセブンイレブンをなんとか見つけて、職安通りをはさんで反対側にある展示会場にたどりつきました。

私はアセアン諸国には一通り撮影旅に行きましたが、ラオスにだけはまだ行ったことがありません。アジアの布が好きなのでずっと興味があったのですが、会場に展示されていた絹織物は、伝統的な柄といい、織りといい、それは美しい布ばかりでした。アジアの中でも、ラオスの織物はことさらに精緻なことで知られています。モン族の刺繍を見ても、他国と比べて大変に細かく、手先の器用さを物語っています。これまでアンティークのラオス布は見た事があったのですが、新しい織物にも高い手仕事の技術がしっかりと受け継がれていることが実感できました。それは、生活の中で手織りの布を作って身に着ける文化がラオスにずっと息づいているからだと、会場でお会いした人々が口々に教えてくれ、あの国に行きたい!という思いを一層強くしたのでした。

会場にはラオス以外の布が展示されたコーナーもあります。アジアの布を追って広く旅し、今回の展覧会のお手伝いをしている方が各地で集めた珍しい布が展示されていたのですが、ミャンマーのチン族の布、アチェと呼ばれる模様の織物など初めて見る布も多く、貴重なお話をいろいろ聞いて布談義で盛り上がりました。

この展示会の主催は「アジアの障害者活動を支援する会」というNGOです。障害を持つ人々にPCなどの技術を教えたり、スポーツなどを通した交流活動もしているとのこと。展示中の布や小物はチャリティー目的で販売もされています。

代表の八代さん(八代英太氏夫人なのです)とお話しする機会があり、ラオスでのおすすめなどをご親切に教えてもらいました。ビエンチャンでは、メコン川の向こうに落ちる夕日がそれは美しいとのこと。川沿いで飲むラオビール(美味しいそうです!)がまた格別だそうです。話しを聞いているうちに、熱帯モンスーンの風が吹き渡る黄昏のメコン川がもう目に浮かんできました。

アジアの布が好きな人には大変おすすめの展覧会です。

ラオス織物特別展
会期:9/22〜30 11:00〜19:00
会場:山野愛子記念研修センター 
        新宿区大久保1-1-6 (都営大江戸線・東新宿 A1出徒歩5分)
主催:アジアの障害者活動を支援する会
問合せ:080-6724-0448
   
by mayumiish | 2007-09-25 01:03 | つれづれ | Comments(2)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル