人気ブログランキング |

タグ:柳宗悦 ( 2 ) タグの人気記事

日本民藝館へ

東京は日を追って暖かさを感じるようになりましたね。
春一番ももうすぐ!のはず。

先日、「日本民藝館」に行きました。
柳宗悦を初代館長として、1936年(昭和11年)に設立された施設です。
現在、特別展「日本の古人形-三春・鴻巣・堤など-」が開催中(3/21まで)。
期間中、旧柳宗悦邸が公開される日があるので、それに合わせて行きました。

柳宗悦は、濱田庄司や河井寛次郎と共に「民芸」という概念を
生み出し(それまでなかったらしい)、日用工芸品、特に手仕事のもの作り、
用の美の大切さを唱えて「民芸運動」を起こした人。

著書「民藝とは何か」や、「工藝文化」などに共感。
手仕事に対する彼の並々ならぬ愛情と情熱が伝わってきます。

観賞するための美術品ではなく、暮らしの中で使うための工芸品。
その中に見いだす用の美。

中国陶磁でいえば、皇帝や貴族のための官窯ではなく、
民間人が日常に使うための民窯ですね。
例えば宋代の定窯(官窯)に対する磁州窯(民窯)。
定窯の至高的な造形美に比べて、磁州窯の器は、大らかさが魅力。
のびのびと描かれた絵柄は、これぞフォークアートの美。
また、定窯は、北宋が滅びた時に生産が止ったけれども、
民衆の日用品として需要があった磁州窯はずっと続いてきました。

日本民藝館に展示されたコレクションは、主に柳宗悦が集めたり、
普段使っていた暮らしの工芸品たち。
シンプルでいて、どことなく温かみを感じさせ、たしかな手仕事ばかり。
衣服などの布も良かったな。
まさに「用の美」を見つける柳宗悦の眼に感銘を受けます。

アジアの国々を旅すると、そういう物たちに出会う機会があります。
地方の村の民家でさりげなく使われている道具など。
大量生産の波に押されず、手仕事の技術がなんとか残ってほしいな。

それから、私の興味はどうしてもやきものに。
柳宗悦は、朝鮮李朝もので有名ですが、中国陶磁も集めていました。
とても興味深いことには、民窯として通常筆頭に上がる磁州窯や龍泉窯がない。
彰州窯というやきものが展示されていました。
また、明代の染め付けも、他で見ないようなこれまたレアな感じのものたち。
そういえば、中国古陶磁はあまりに有名なので、あえてそれほど目を向けなかったと、
どこかで読んだかな。

あと、バーナード・リーチ作のやきものが良かったです。
素朴な日本的エッセンスに軽やかさが練り込まれているような雰囲気。
兎の絵の皿とかいろいろ。
鉄絵の風合いなどは、どことなく磁州窯的。

民藝館は、どっしりした建物も素晴らしくて、
時間があったら半日ぐらい過ごせそうです。
また、向かいに立つ柳宗悦邸も訪問して、すみずみまで見学。
一階の和室に入ることができたので、畳の上に座って、
その家に住んでいる気分で、窓から外や庭をのんびり眺めてみましたよ。
ここ定位置!と密かに思いました。

庭に、見事なしだれ桜の木がありました。
管理の人によると、桜が咲いたら、窓を全て開け放って、
どこからでも見えるようにするそうです。
さぞや美しいことだろうなあ。
4月の初めに新たな特別展があるので、また行きたいと思います。
その時は、先日の窓辺に座って、ぜひゆっくりと桜を眺めたいものです。

民芸館はミュージアムショップも充実していて、
帰りがけに、手ぬぐい(収集中!)を買いました。
それから、少し立ち読みしたら面白そうだったので
河井寛次郎の著作本「蝶が飛ぶ 葉っぱが飛ぶ 」を買いました。
明治生まれの陶芸家。
これまで知らなかったのですが、やきもの作りの精神などについて
心を打つ言葉の数々がちりばめられていて、人物に興味が涌いて
作品をたくさん見たくなりました。

窓あけて いのちの窓あけて もの見る (河井寛次郎)

そういえば、民芸館には若い世代の来館者が多くてちょっと意外。
若者の和風好みを実感しました。
日本民藝館へ_a0086851_4102931.jpg
旧柳宗悦邸

(Camera: ノキア携帯X02NK)
by mayumiish | 2011-02-25 02:00 | 日本 | Comments(2)

用の美/アジアの生活着と土佐の生活食展

東京はおだやかな天気ですね。

今日は旅疲れがまだ残っているものの、
目白の民家ギャラリー「ゆうど」で始まった
「アジアの生活着と土佐の生活食」展に行きました。
好きなもののためには疲れを忘れるタイプ。

アジアの生活着を出展しているのは、Ogというブランド。
オーナーの小倉猛人さんが、北部タイやラオスなどで職人から買い付けた
質の良い布製品を扱っています。
スカーフ、ジャケット、シャツ、タイパンツ、モン族風スカートなど、
オーガニックコットン、手紡ぎ、手織り、インディゴなどの自然染めに
こだわっていて、ざっくりした風合いや肌触り感がとても良いのです。
多分、女性が買い付けるアジア布とはひと味違うテイストが魅力です。

今日は茶木綿という、地が薄茶色のコットンと生成りの糸を
合わせた、少し変わった手織りの大きめスカーフを買いました。
我が家に布がどんどん増えていく・・。

そういえば、エジプトの旅にも、以前買ったOgのコットンスカーフを
持って行ったのです。とても重宝しました!
用の美/アジアの生活着と土佐の生活食展_a0086851_22135494.jpg
          これ!エジプトで大活躍したタイの手織りスカーフ。

土佐の生活食としては、高知県の産物がいろいろ。
私的には、高知の美味しいもの=浜口福月堂の「野根まんじゅう」!
でも今回の展示にはありません。
生姜のシロップと、カボチャのジャムを買ってきました。

また、あるカトラリー製品に心引かれました。
下本一歩さんという、高知の若い炭焼き&竹クラフト作家の作品です。
デザインのオリジナル性が非常に高くて美しく、
実用性も十分(これ大事ですね)そう。
ヨーガンレールの店でも扱われているとか。

日本に帰り、以前買っておいた柳宗悦の著書
「民藝とは何か」 (講談社学術文庫)をやっと読み始めたところです。
贅沢な美術品でなく、日常使いの工芸品の中にこそある「用の美」。
まだ最初のほうですが、私がなんとなく心に思っていることを
言葉で明確に表しているようで、なんだかうれしい本です。
70年前に書かれたものですが、普遍性のある内容だと思います。

「アジアの生活着と土佐の生活食展」にも、そんな
コンセプトが底辺に流れているのを感じました。
10/24まで開催中です。
by mayumiish | 2010-10-17 22:07 | アート | Comments(2)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

最新の記事

大坂なおみさんの勇気
at 2020-08-27 17:48
猛暑 2020
at 2020-08-24 14:19
『Planet of the..
at 2020-05-21 16:58
ゴールデンミルク
at 2020-04-25 01:41
『ペスト』を読む日
at 2020-04-21 01:56

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2020年 08月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 01月
2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル