人気ブログランキング |

タグ:映画 ( 4 ) タグの人気記事

ラオスが舞台の映画です。『逆行』

3月ですね!
ひと雨ごとに春が近づいてくるのを感じます。

先日、試写会で映画『逆行』を観てきました。原題は「RIVER」。

送られてきたチラシによると「異国の地でのバカンスが・・・。逃亡者となった若きアメリカ人医師が、絶望的な疾走の果てに迫られる重大な決断とは・・・」とありました。

逃亡者のロードムービー?ということ以外、それほど予備知識がないまま映画のチラシをよく読むと、舞台がラオスとあり、さらに興味を持って観ました。

ストーリーは、ラオスの小さな村にあるNGOの病院で働く若いアメリカ人医師が、ふとしたことがきっかけで殺人を犯してしまい、警察に追われる身となってしまいます。医師を演じるのは、ロッシフ・サザーランド。同じく俳優のキーファー・サザーランドの異母兄弟だそうです。映画の最初のほうで事件が起こり、そこからずーっと逃げる逃げる。村から首都ビエンチャンに行き、メコン川を渡って・・・。最後に「なるほど、そうなんだ?』という意外な結末になるまで、ストーリー展開の読めないドキドキの緊張感が続くのでした。監督はジェイミー・M・ダグ。ミュージックビデオ制作から映画に移り、この作品が初の長編作とのことです。そういえば、セリフが少ない部分でミュージックビデオのワンシーンのような場面があり、ああ、やはり音楽のビデオを作ってきた人なんだな、と納得しました。

舞台がラオスということで、どんな風に描かれるだろうと思っていたら、逃亡者としての心象風景を現実に投影するとこうなのだろうというものを表す意図だった気がしました。ラオスの田舎は緑が多く、大変にのんびりとした場所で、特にメコン川が流れるエリアは山並みなども美しい風景なのですが、逃亡者の目には入らないかのように、重い重金属的な音楽が使われ、全体に重苦しい雰囲気を出していました。そういう意味では効果的な音楽の使い方。また、夜のシーンや怪しげな表情を醸すラオス人など、きっと欧米人の目に映るアジアのイメージなのだろうと思える質感や断片を、印象的に切り取っていました。

ストーリーはここであまり書きませんが、主人公をはじめ、助演の俳優たちもみないい味を出していました。病院の車を運転する役割の男性を演じるラオス人の俳優は、映画プロデューサーや脚本家でもあり、ラオスの近代映画のパイオニア的な人とのこと。また、短い登場ながら、安定感ある印象的な雰囲気を感じたバーテンダー役の俳優は、他の映画で最優秀主演男優賞を受賞したことのあるタイ人の俳優とのことです。

監督のインタビューを読むと、突然暴力に巻き込まれる医師を通して、人間の無関心や、秘められた暴力性にも焦点を当てたとのこと。ロードムービーとして、また人間の心理や行動力、倫理感を考えさせる映画としても面白い作品でしたよ。
今月3/11から公開とのこと!



by mayumiish | 2017-03-04 05:19 | アジア | Comments(0)

映画『スノーデン Snowden』

先日、映画『スノーデン Snowden』を観てきました。

エドワード・スノーデン氏が誰なのか知らない人のために書くと、彼はアメリカ国家安全保障局やCIAで、インターネットによる情報収集のエキスパートとして勤務していた人です。アメリカ政府が世界規模で個人のプライバシーを収集し、それをアメリカの利益のために悪用していたことを知り、信頼のおけるジャーナリストを通じて世界に告発した人です。そのニュースは2013年、最初に報じたガーディアン紙をはじめ、世界のメディアに取りあげられ、スノーデンが自分の名前を隠さなかったことでさらに大ニュースになりました。

当然、アメリカ政府はスノーデンを見つけて捕らえようとしたのですが、その時、彼はすでに香港に。人権弁護士などにかくまわれながら香港を脱出、モスクワ経由で南米に渡ろうとした時に、アメリカ政府が彼のパスポートを無効にしたため、モスクワから他の国に出られず。しかし、ロシア政府が滞在許可を彼に与えたため、2013年以来、モスクワに滞在しているのです。今年の1月に、さらに3年間延長の許可が出て、2020年までロシアに滞在できるようになったとのニュースを先日読みました。

スノーデンが最初にコンタクトしたジャーナリスト、グレン・グリンウォルドが当時のいきさつやスノーデン氏の告発内容などをまとめて書いた本「暴露:スノーデンが私に託したファイル」があります。これを読んでアメリカ政府の行い(日本ももちろん情報収集の対象)に驚いたとともに、スノーデン氏の勇気、行動力、頭脳明晰ぶり、そして何より、当時30歳の若さでこれまでの生活を捨てる覚悟や思いに心が動かされました。

ジャーナリストのウォルドとともにスノーデンに会っていたビデオジャーナリストもいて、その人、ローラ・ポイトラスが、香港でスノーデンを撮影したドキュメンタリー映画もあります。『シチズンフォー CITIZENFOUR』。これはすでにDVDにもなっていて、なぜかYou tubeにも全編アップされているのです。しかも数カ国語の言語や字幕で。なので私は日本で公開される前にYou tubeで観てしまいました。今も削除されていないのは、もしかすると、映画の製作サイドの判断なのかも?なるべくたくさんの人に見てもらいために?個人的な憶測ではありますが・・・。映画には、スノーデン本人が登場して思いを語ったり、ジャーナリストたちとのやりとりが生々しく映っていて見ごたえあり。

そして本題。
ふぅ、説明が長くなりましたが、『スノーデン SNOWDEN』は、これら一連のできごとの前、彼がアメリカ国家安全保障局などに勤務していた頃にどんな仕事をして、またどんな理由でアメリカの行いを暴露するに至ったのかという過程を描いた映画です。

スノーデン役を俳優のジョセフ・ゴードン・レヴィットが演じています。監督は、社会派の映画をたくさん作ってきたオリバー・ストーン。スノーデン本人をメディアのインタビューなどでたくさん見てきたので、最初は俳優が演じていることに少し違和感がありましたが、数分で消えました。ジョセフ・ゴードン・レヴィットが好演。話し方などもとてもよく研究していると感じました。映画ではスノーデンがアメリカ国家機関の仕事をしていた頃のエピソードが複数描かれ、普通の良心を持つ人なら抱く疑問や違和感、それを自身の昇進のために抑える(きっと多くの職員はそれを選択)ことなく、世界に公表しようと決意していく流れ、そしてその後は『CITIZENFOUR』にも映っているようにジャーナリストとの接触などが描かれていきます。

ここではあまり詳しく内容を書きませんが、スノーデンは日本に赴任していたこともあり、日本政府に対するアメリカの態勢なども出てきます。とにかく、アメリカの情報収集プログラムでは、世界中のほぼどこでも人のプライバシーを暴くことができることがよくわかりました。特に、映画にも出てきますが、PCについている内蔵レンズは、PCのスイッチが入っていなくても、そこに映るものを見ることができるそうです。まるでフィクション映画のようなことが、事実に基づいたストーリーなので、ぞっとしました。ちなみに、私の全部のPCにも、内蔵レンズの部分に不透明テープを貼りました。この映画を観た人は、きっと同じようにするかも?スノーデンがいつも言う言葉に同感。「自分は隠す事が何もないから構わないという人は、自分のプライバシーの権利を放棄しているというに等しいのです」。映画のストーリーは少し急ぎ足なのですが、先に上記の本を読み、ドキュメンタリー映画を観ておくと話の内容がわかりやすいと思います。欲を言うなら、告発しようと決心する部分をもう少し深く描いてほしかったかな。

『スノーデン』が興味深いのは、『CITIZENFOUR』にも少し出てくる恋人のリンゼイ・ミルズさんとのラブストーリーでもあるということです。もちろん実話の。ミルズさんはインスタグラムもやっていて、写真を見るととても美しく、自由な魂を持った人という印象。国家の秘密を暴いて追われる身になった恋人との愛に、共感と涙・・。映画の中でも、ミルズさんを演じる女優さんがそれをたっぷり演じていました。

スノーデン氏のツイッターのプロフィールには「以前は政府のために働き、今は公共のために働いている」とあります。その行動に世界中の多くの人が共鳴し支えています。私も。最近、ロシアがスノーデン氏をアメリカに引き渡すかもしれないとの噂があるというニュースを読みましたが、単なる噂であってほしいな・・・。

すっかり長く書いてしまいました。おすすめの映画です。














by mayumiish | 2017-02-13 01:04 | アメリカ・オセアニア | Comments(0)

「選挙」

昨日は映画の財団に勤める友人のゆかさん、新妻になったばかりの
雑誌編集者Kさん、PR会社のSさんとの4人で渋谷に集合しました。

ゆかさんとKさんが雑誌の記事で取り上げた映画「選挙」の初日ということで
イメージフォーラムで舞台挨拶する監督の想田和弘さんと
映画の主人公、山内和彦さん(通称・山さん)に会おうという集いです。

私は初回を観ようと思って行ったものの、着いたのがちょっと遅くてすでに満席、
マスコミ席でも立ち見と言われてしまったので、観賞は日を改めることにしました。
ベルリン映画祭で話題になったせいか、初日からかなり人出が多かったです。

山さんは、もともと切手・コイン商でしたが川崎市議の補欠選挙に立候補して当選、
実際に市議を務めた元議員。
映画「選挙」は、政治の素人、山さんの選挙活動ぶりをつぶさに追った
ドキュメンタリーです。
監督の想田さんは山さんと大学時代からの知り合いとのことで、
彼が立候補することを知ってこの映画を撮影することを決めたのだとか。

ゆかさんたちと映画館の外で待っていると、舞台挨拶を終えて外に出て来た
想田監督と奥さま、そして山さんにお会いすることができました。

山さんは、選挙活動中の躁状態が持続?と思うほど、とにかくノリがいいんです。
話し振りや握手の仕方が、とても板についてました。
白手袋をしていたら、まさに選挙活動中?のような物腰。

そこに編集者のKさんがちょっと遅れてやってきたのですが、
彼女は記事で取り上げた映画の山さんに会えてうれしい!と、握手したり、
ツーショットで記念撮影などして盛り上がっていたのです。

うれしげにしていた山さんが、ふと 

「あれ、Kさんって、もしや雑誌編集者のKさんですか」

Kさん「そうですよ」

山さん「あー!僕、今日は編集者のKさんが来ると聞いてたのですが、男性だと
ずっと思ってました」

われわれ「じゃあ、さっきKさんとツーショットで記念撮影していた時には誰だと?」

山さん「てっきり、熱烈なファンの人かなー、と思ったんですよー」

映画への期待感がますますふくらんできました。

山さんとお話したところ、この映画を自分で観た時は大変にショックだった
と語っていました。
映画の中で、選挙活動のやり方を巡って山さんが
奥さんなどから怒られているシーンがあるそうですが、
あんなに怒られていたとは(それが映画に映っているとは)と、びっくりしたとか。
監督ともしょっちゅう喧嘩してましたよー、とぼやいていました。

それでも、当選するかどうかまだわからない中で撮影を続け(結果は当選)、
最終的にベルリン映画祭をはじめいくつもの海外映画祭に出品するまでの
映画作品になったのはすごいことですよね。
自分の人生の一部を飾りなくさらけ出すことへの潔さは、
やはり想田監督への最終的な信頼があってこそだったのかな、と思いました。

映画の宣伝として「ザ・ニュースペーパー」のニセ安倍とニセ小泉が
街で演説などをしながら盛り上げていたようですね。
この映画をきっかけにして、7月の参議院選挙こそは、多くの人が真剣に参加すると
いいなと思います。
その意味で、ほんとにタイムリーな映画ですね。

山さんによる「山さんブログ」を見つけました。
ご本人のイメージ通りの山さん調な日記で、とても面白いですよ。
by mayumiish | 2007-06-10 17:09 | アート | Comments(0)

眩く香港取材

先週末から、映画関係の仕事をしている友人のYさんと香港に行ってきました。雑誌の取材のために、ある香港映画スターの撮影です。ポートレート撮影のほかに、彼の主演映画が公開直前ということで記者会見、そして夜のプレミアの様子もと、目まぐるしいスケジュールで撮りました。

記者会見やプレミアでは香港現地の取材陣に交じって撮影することになり、向こうのプレスの人々は場所取りその他が過激なのでは、と初めての体験に少し不安だったのですが、会場に入ってみると、意外やみんなお行儀が良くて節度がありました。見ていると、カメラマン達が記者会見のスタッフに注文して、後ろの方に設置されていた写真のプレス席を最前列に変えてしまったりと、現場での対応が柔軟で興味深いのです。そこで私もサバイバル精神を発揮してとりあえず最前列の真ん中に陣取ることができました。隣に並ぶ香港人カメラマンたちは、私が日本から来たと知ると親切にアドバイスしてくれました。彼らいわく「ここは北京でも上海でもないから場所取りで心配しなくて大丈夫。メインランド(中国のこと)のプレスはすごいよー」とのこと。複数の人が言うことには、中国では秩序も席順もあったもんじゃなく、怒濤の場所取りが猛烈なのだそうです。少しほっとしつつも、香港の記者会見は開始が遅れるのがざらで、1時間遅れることもあるとか。この時は、約20分ぐらい遅れて始まった気がします。

香港での映画記者会見は、日本で目にするのと全く違っていて新鮮でした。まず、全体にとてもカジュアルです。ステージ上に大きなソファと座り心地の良さそうな椅子が置かれ、そこに映画の出演俳優たちや監督、そして男女2人の司会者までもが座って、たいへん和やかに進みます。記者会見というより、まずステージ上の彼らだけで、どんどんと話しが進んで、まるで座談会のような感じ。そして、次から次と、記者会見にしては不思議なものがステージに登場してきました。梅干しのような食べ物、湯気が立ち上る鍋料理、植木鉢に入った花やジョーロなど。それらを舞台で食べたり、花に水をやったりしています。これらの品は俳優たちがお互いにプレゼントし合ったものだそう。まるで一種のショーのようで、見ていてとっても面白いのです。俳優たちも気取ったところがまるでなく、和気あいあいとしているのが印象的でした。きっと香港ではカリスマチックだったり気取ったスタイルは受けないのでしょうか。

そして、夜は新作映画の上映に先駆けてのプレミアイベントです。香港の中心地にあるタイムズスクエアにステージが設置されて、黒ジャケットやドレスで着飾った俳優達が
優雅に登場。会場は、大勢集まった女性ファンたちの声援と近づいてきた雨雲で湿気のある熱気に包まれました。面白いのはファンたちがそれぞれにスターの名前の入った大きな電飾ボード(手作り?)やポスターを掲げるのですが、ボードなどをバリケードにして自分の顔を隠す習慣があるそうなのです。スターの追っかけははしたない、みたいな風潮があるのかもしれません。

一番多く目についた電飾ボードは「華」の文字。「華」「華」「華」って、一体何?と思ったら、今回私がポートレート撮影した映画スターのニックネームが「華仔」なのだそうです。香港映画ファンの人ならすぐにわかるでしょうか。ポートレート撮影は非常に限られた時間の中で大変に難しかったですが、なんとか撮ることができました。これに関連する記事は、1月に出版される雑誌に掲載の予定です。

いつものアジア取材とひと味違う旅でしたが、香港のエンターテインメント業界をちらりと垣間見ることができ、アジアのパワーを改めて感じて帰ってきました。
by mayumiish | 2006-11-22 15:17 | アジア | Comments(0)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル