タグ:坂茂 ( 4 ) タグの人気記事

ボランティアの心

 7月初旬の西日本の豪雨で、岡山県、広島県、愛媛県など広範囲にわたる大水害が起きてしまいましたね。

 被害にあってしまった方、避難生活をしている方々は、この猛暑で本当に大変だと思います。亡くなった方も多く、心からお見舞い申し上げます。

 ネットにも出ていましたが、地震など災害の多いイタリア政府がしているように、被災した方のためにすばやくテントを設置したり、近くのホテルなどに泊まれるように、日本政府は予算を出すなどできないものでしょうか。今後も地震など災害があるとわかっているだけに、自治体などを通して準備しておくこともできるのではないかな・・。

 災害時は、ボランティアの方々の活躍がめざましいですね。すぐに現地にかけつける方々をいつも尊敬します。今回も多くの人がボランティアで被災地に行っているようです。それぞれにできることをする姿は本当にすばらしいです。
 
 そんなたくさんの人々の一人、建築家の坂茂さんは、避難所となる体育館にプライバシー空間をつくるために、紙管と布をたくさん用意して、岡山県、倉敷市の真備や総社市などに設置しているとのニュースを見ました。彼はVAN(Voluntary Architects Network)というボランティア団体を作っていて、国内外の他の場所でも同様の活動をしています。

 以前、ある仕事で坂さんにインタビューした時、災害が起きた時は自分で必ず現地に出向いて、何をどのようにできるか、材料の調達場所、土地の環境などを見て決めるとお話ししていました。紙管を実際に見ると、太い竹のようにしっかりしつつ軽いので、災害地に適しているのだろうなと思います。また、坂さんは、京都の大学に彼の教え子の学生たちがいて、VANの活動を支えるシステムができているのが頼もしいです。

 ボランティアといえば、今月は、タイ北部のチェンライにある洞窟に閉じ込められた12人の子供とサッカーコーチの救助大作戦が成功しましたね。行方不明の彼らを探すために洞窟の奥深くまで泳ぎ、第一発見者となったのは、洞窟ダイビングの世界の第一人者であるイギリス人ダイバーでした。ボランティアとしてイギリスから急遽かけつけたのです。活動中、残念ながらタイのダイバーの方が一人亡くなってしまいましたが、イギリスを初め複数国のダイバー、洞窟の中で子供たちの救出の準備をしたオーストラリア人の麻酔医師など、世界各地からのボランティが大きな働きをしていました。日本からはJICAの灌漑の専門家が行き、洞窟の水を汲み出す技術の手助けをしたそうですね。

 さらに、忘れられないのは、チェンライの地元のボランティアです。ネットのニュースで目にしたのは、現地で作業をする人たちのために屋台のようにして食べ物を提供する人、洞窟近くで野営するタイの兵士たちの制服が汚れていることに気づき、毎晩引き取って夜中に洗濯し、翌朝届けていたランドリー店の経営者、そして、洞窟から汲み出した水が入って自分の畑が水没してしまうけれども、人命優先のために受け入れた農家の方もいました。まさにみんなの心が一丸となって見守っていたのですね。多国籍のボランティアが参加する救出作戦だったせいもあってか広く注目され、全員救出に成功した時は、世界中で安堵のため息が聞こえたに違いありません。

 子供たちを洞窟で最初に発見したイギリス人のダイバーJohn Volanthenさんの本業はITコンサルタント、Rick Stantonさんは消防士とのこと。救出を終えた時、「自分たちはヒーローではない。計算通りに一つ一つやっただけだ」と、彼らがとても謙虚に自然体の雰囲気でインタビューに答えていたのが印象的。これまで培ってきたダイビングの経験と技術を信じて、生命の危険もある救出活動を率いた彼らのボランティア精神の尊さに触れ、人間であることの良さを少し見直したのでした。そして、自分を振り返り、何ができるだろうと思ってしまうのです。


 

 







by mayumiish | 2018-07-17 00:12 | つれづれ

熊本地震

ブログの更新を大変に(これまでで最長?)怠ってしまいました。
いつも見ていただいている方、すみませんー。

4月14日夜に熊本県でマグニチュード(M)6.5、最大震度7の地震が発生し、
16日にはさらに熊本地方でM7.3の地震が起きました。
その後、震源が大分県に広がり、今日になってもM5以上の地震が時折発生しています。
熊本では家が壊れた世帯も多く、被災した方が多数いて相当な被害ですね。
避難生活では大変なご苦労をされていることかと思います・・・。

ネットを見ると、救援について役立つ最新情報が毎日たくさん出ているので、
避難している方々は、できればツイッターで情報収集をするとよいのかと思います。
まだ地震が続いているので、くれぐれもご無理のないように、
また、遠慮なく外に助けを求めてほしいです。

私は3月に取材仕事で大分県を訪問したのですが、
大分もかなり揺れ、湯布院などは建物が壊れたりしているそうですね。
現地在住の友人やお会いした人々の安否を確認したら
今のところは大丈夫の様子。
ただ、別府は温泉が集中しているだけあり、地底の様子が心配です。
義援金などの募集が始まったので、できることをしようと思います。

支援の1つとして見つけましたが、建築家の坂茂さんの事務所と
ボランタリー・アーキテクツ・ネットワークが、
避難所の仕切りを作って提供する計画とのことです。

坂茂さんのウェブサイト 避難所用間仕切りシステムの提供について

東日本大震災の当時、ボランティアで宮城県に行った時、被災者の人々が
広い体育館の中で、仕切りがない生活をしているのを目にしました。
そこで、せめて仕切りがあればストレスが減るだろうなあ、と思った記憶があります。

坂さんは、紙管と布で効果的に作る仕切りで、国内外の複数の災害避難所を
支援してきた実績があります。
そういえば、先月、大分に行った時に、坂さんが設計して、
昨年オープンした「大分県立美術館OPAM」も見てきましたが
館内のレストランや公共スペースにも、紙管制の椅子や家具が用いられていました。
坂さんに昨年、インタビュー取材でお会いしたのですが、
避難シェルターの話なども聞き、大学生たちとともに、
自ら積極的に活動なさっている様子でした。

この活動の支援金募集とともに、避難所の仕切り設営をお願いしたいという
要請も受け付けているそうですよ。
by mayumiish | 2016-04-18 22:19 | 日本

坂茂さんのインタビュー記事掲載。ANA「WINGSPAN」

なかなか春の陽気が訪れませんね。
雨続きの東京です。
三寒四温のタイミングに乗れず(?)先週末に熱が出てしまいました。
週末にひたすら寝ていてなんとか元気になってきたので、ブログを更新しています。

ANAの国際線機内誌「WINGSPAN」の3月号に、私が書いた記事が掲載になりました。
紙の建築やポンピドーセンター・メスなどを設計し、昨年、プリツカー賞を受賞した
建築家の坂茂さんにインタビューした記事です。
世界で活躍している日本人を紹介する"Out bound Japan”ページです。
いつもは私は撮影を担当するのですが、坂さんにお話を聞きたかったので
自分でインタビューして書きました。

「WINGSPAN」は英文誌なのですが、坂さんは英語が堪能なことを過去の記者会見で見て
知っていたので、坂さんに英語でインタビューしたほうが彼の言葉をダイレクトに
伝えられるかもと思い提案したところ、OKとのことだったので、日本人同士ながら、
英語でインタビューさせていただいたという、ちょっと変なシチュエーションでしたが、
おかげで坂さんが話した言葉や単語を生かして載せることができました。

坂さんの海外の建築写真を中心に掲載したこともあり、今回は私は執筆に専念しています。
主に、彼の仕事のコンセプトや、紙筒を使うボランティア活動(VAN)などについて
お聞きしましたが、彼が昔、アメリカで建築の勉強をしていた頃に、なぜか詩作の
課題があり、坂さんは、特に詩になじんでいたわけでもないのに、上手だったそうです。
それについて聞いたところ、理由は、詩と建築に共通性を発見したからだとか。
また、この4月、大分県立美術館(OPAM)がオープンします。この設計者が坂さんなので、
これについても少しお話を聞きました。
坂さんは、おだやかな笑顔に瞳がキラっと輝いている方でした。
また、ものすごく忙しいスケジュールで日本と海外各地を飛び回っていて、
国際的な評価の高さをしみじみ実感しました。

「WINGSPAN」はANAの国際線機内誌なので、今月ANAで海外に行かれる方は
お読みくださいね。また、購買(ネット販売?)もできるようになったそうなので、
気になった方はぜひチェックしてみてください。
a0086851_23313478.jpg

by mayumiish | 2015-03-09 22:53 | News

大分県立美術館

先日、以前からお話を聞きたいと思っていた坂茂さんのインタビュー取材をしました。
通常の建築作品の他に、紙筒の素材を使って災害救援のための施設を作ったりするなどの活動で、今年、建築のノーベル賞と呼ばれるプリツカー賞を受賞した建築家さんです。
原稿などこれからなのでまだ詳しく書けませんが、建築家として社会にどう貢献できるかと
土地や社会をしっかり見つめている方でした。
記事が掲載になる時にお知らせしますね。

坂さんが建築を手がけた大分県立美術館(OPAM)が、2015年4月にオープンするということで、発表記者会見に行ってきました。坂さんによると、美術好きの人々のためだけでない空間として、世界に類のない美術館になるとのこと。オープンが楽しみです。

a0086851_1445434.jpg

by mayumiish | 2014-10-26 01:45 | 日本

写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

通知を受け取る

カテゴリ

Profile
News
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
Photography
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
Archives
Archives(リゾート系)
Web Work
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30
感恩の歌
at 2018-06-23 22:16
『第2回 カタコトの会展 型..
at 2018-06-04 16:36
ノルウェーの船旅フッティール..
at 2018-01-10 00:28

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

最新のコメント

よしよしさん、不思議な形..
by mayumiish at 11:46
平なハサミのような? ..
by よしよし at 07:23
わかこさん、お買い上げあ..
by mayumiish at 22:09
朝日が昇る直前の写真を連..
by わかこ at 13:40
はじめまして。私は望月氏..
by mayumiish at 23:26

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。