人気ブログランキング |

タグ:佐渡島 ( 4 ) タグの人気記事

ANA国際線機内誌11月号「Sado island, Sake island」

ANAの国際線機内誌「WINGSPAN」11月号に、私が担当した記事が掲載になりました。

WINGSPAN (ANA)2010年11月号
「Sado island, Sake island」(写真&文章)

ANA国際線機内誌11月号「Sado island, Sake island」_a0086851_1241038.jpg

佐渡島で、個性豊かな老舗の酒蔵を巡って取材した記事です。
小さい島ですが国際的に活躍しているユニークな酒蔵など紹介しています。

私はそれほどお酒が飲めないものの、佐渡の日本酒はどれも美味しかったです。
個人的には「逸見(へんみ)酒造」の「真稜 山廃純米大吟醸」のファンに!
大変にまろやかでふんわりとした芳醇な味わいです。

WINGSPANは国際線用の機内誌で、英語と中国語の二カ国語版。
ちなみに、記事の中国語タイトルは「清酒芳酵 香自佐渡」。
雑誌の反対側は、日本語版の「翼の王国」です。

羽田空港がとうとう、本格的に国際空港としてスタートしましたね。
ANA国際線にご搭乗の機会があれば、WINGSPANをご覧になってみて下さい!
by mayumiish | 2010-11-01 00:45 | MEDIA | Comments(2)

素晴しき匠

昨日まで行っていた佐渡島で、酒蔵を巡ってきました。

佐渡島は、知る人ぞ知る銘酒の産地です。
私はあまりたくさんお酒が飲めないのですが、
美味しさはわかります(気がします)。

ある酒蔵に行くと、今、宇宙ステーションにいる
宇宙飛行士、野口聡一さんの写真が飾ってありました。
彼が数年前に訪れた時の記念写真で、
そこのお酒を大変に気に入っていたそうですよ。

お会いした酒蔵の社長さんたちは、それぞれに個性的で、
酒造りのポリシーや方向性を聞くのが大変に面白い方々。
そして、彼らが全副の信頼を置いているのが
酒造りの要となる杜氏です。
酒蔵で、酒造り藏人のトップにいる杜氏は、まさに匠。
経験から来る勘と腕次第で、お酒のできが変わります。

ものづくりに携わる人を撮影することは
いつも大変に心楽しい活動なのですが、
今回の杜氏たちも、それぞれにみな素敵な風貌と
たたずまいをしていました。
やはり、経験から来る自信や落ち着きのようなものが
表情に現われるんですね。
そして、身のこなしに無駄がない。

もっと時間があればじっくり撮影できたな、
と、後ろ髪引かれつつ東京に帰ってきました。
by mayumiish | 2010-04-07 19:34 | 日本 | Comments(2)

佐渡島より

佐渡島より_a0086851_8564662.jpg
(カメラ:ノキア携帯X02NK)
今朝から佐渡島に来ています。
こちらは、雪山がまだ残り、桜の開花は、やっとちらほらというところ。
昨年に島に来て、今回が二回目。個性豊かな活動をしている人に会いました。「へんじんもっこ」が多い土地のようです。
天気がいまいちで、ややフラストレーション。
by mayumiish | 2010-04-05 21:16 | 日本 | Comments(0)

船旅から帰りました

 船旅の仕事を終えて、東京に帰ってきました。今回は客船飛鳥IIでの日本一周クルーズの旅でした。

 横浜港から神戸、種子島、佐世保、そして韓国の釜山に寄り、金沢、佐渡、小樽、青森と回った旅です。海から見る日本列島は新鮮で、美しい景色が次々と登場、撮影が非常に忙しかったです。特に、寄港地に朝到着後、夜には出航するので、上陸して撮影をこなしつつ、船に乗り遅れないようにと時間が絶えず気がかりだったのでした。

 日本一周クルーズのような長期旅では、飛鳥IIの乗客はやはりご年配が圧倒的に多かったですが、みなさん精神的には若くて元気な方々ばかり。食事をご一緒させていただいたご夫妻や、船や寄港地についての大変面白いお話をしてくださった方などもいて、親しくしていただきました。

 寄港地でもさまざまな出会いがありましたが、特に佐渡では、人間国宝の陶芸作家、伊藤赤水さんにお会いしてきました。私もやきもの好きのせいか話しがはずみ、船に戻る時間が惜しまれました。伊藤さんのやきものと中国の宜興窯との比較について私が述べると、「これまで取材に来た人の中で、自ら宜興窯について話した人はあなたが初めてですよ」と言われ、両者の比較の考察などをお話してくれました。もっといろいろとお話を聞きたかったのですが、時間的に残念でした。伊藤さんのお話の中で、特に印象的だったのは「独創的であることの重要性」。佐渡島では景色や建築などにも心が引かれたので、いつか機会があればぐるっと島を巡りながら撮影したいです。

 通常は海外取材の仕事が多いですが、今回は日本再発見。日本の写真をじっくり撮影するのもいいな、と思いながら帰ってきたのでした。
by mayumiish | 2009-10-06 12:16 | 日本 | Comments(6)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

謹賀新年 2020
at 2020-01-06 00:17
「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2020年 01月
2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル