タグ:伊勢型紙 ( 2 ) タグの人気記事

ごぶさたしています。
ブログにログインしたのがとても久しぶりということに気がつきました。
時々見に来ていただいている方がいたら、すみません。
今年の後半こそはマメに・・・!

今日はイベントのお知らせです。

『第2回 カタコトの会展 型彫り、型染め、カタヤブリ!』がスタートしました。

6/4(月)〜6/10(日)
会場は盛況だった昨年と同じく、江戸からかみ東京松屋 4F(銀座線 稲荷町駅)。

カタコトの会とは、伊勢型紙を彫る現役の職人さんたち、型紙をそれぞれの技法で染める職人さんたち、デザイナーさん、こだわりの手織物を作り出す職人さんたちが伊勢型紙の世界を知ってもらって、広めようという趣旨で作られた会です。私は写真撮影&応援の協力メンバーとして参加しています。6/4の読売新聞朝刊と、5/30の朝日新聞朝刊・都内版にも会のお知らせが掲載されたので、お手元にあればご覧くださいね。

会場では毎日イベントがあり、体験できる楽しいワークショップや講演会などがありますよ。カタコトの会事務局から今年は何かやってくださいとのことで、私も今回、講演をすることになりました。

6/8(金) 15:00〜
カンボジア、ラオス、ミャンマーなど東南アジアの手織り物などについて、これまで撮影してきた写真をお見せしつつお話したいと思います。伊勢型紙や染めものについては、会場に行けば素晴らしい作品があり、職人さんたちもいることですし、どうしようかと考えましたが、伊勢型紙に関係ないテーマでもよいとのことなので、私が布作りなどの手仕事に興味を持ったきっかけとなる東南アジアの布についてお話しすることにしました。手仕事の布仕事つながりということで!

超絶で繊細な伊勢型紙をとりまく世界へ、お時間があればぜひお越しください。

a0086851_16242309.jpg
a0086851_16245651.jpg






by mayumiish | 2018-06-04 16:36 | 日本
もう6月ですね。

キューバから帰った後、すぐにノルウェーを北から南へと旅する取材に行って、先週日本に帰ってきました。旅が続いて、時差ボケがなかなか治りません・・・。旅についても書こうと思いますが、その前に!

ご縁があって応援している染めの関係の職人さんたちが集まって作った「カタコトの会」の第一回展示会のお知らせです。「カタコトの会」とは、伊勢型紙を用いた染めものを行う職人さんや、伊勢型紙の彫り師職人さん、また、図案師さんなどが、染めの道具としての伊勢型紙を大切にしつつ、何か新しいことも起こしていこうという主旨で作られた会です。取材で知り合いになって仲良くしていただいている職人さんたちが参加していることから、私も仲間に入れてもらっています。

そして、今年、「カタコトの会」の第1回目として、5/30〜6/4の会期で展示会が行われています。内覧会と初日に会場に行きましたが、朝日新聞5/25の朝刊、東京版の記事に取り上げていただいたこともあってか、連日たくさんの方々にお越しいただき盛況です。

確かな技術を持つ職人さんたちの作品なのでどれも美しく見応えがあり、また職人さんたちによるクリエイティブなコラボレーション作品なども展示されています。小紋染め、長板中形、更紗、秩父銘仙など、伊勢型紙を用いる多彩な染めものをご覧になれますよ。また、綿を自ら畑で育てて、手紡ぎした糸で織る職人さんの作品もあります。

会場は、銀座線稲荷町にある、江戸からかみ東京松屋 4Fの広い展示スペースです。

毎日、講座や実演などもあるので、染めや和の手仕事がお好きな方に強力におすすめです!

Facebookのページもあるので詳細をご覧くださいね。

カタコトの会/Facebook

先日、内覧会で、大変にびっくりしたことが。
数年前に私が開催したポートレート撮影の講座を受けてくださった方が、偶然にもカタコトの会の職人さんたちとも知り合いで、内覧会にいらしていたのです!写真講座をした頃は、私はまだ職人さんたちと出会っていなかったのですが、先日、その方と数年ぶりに会場でお会いして、感動とともに、つながりの不思議さを感じました。再会できてとてもうれしかったです☆

カタコトの会展は6月4日(日)までです。お誘いあわせてぜひ!
a0086851_02061546.jpg

by mayumiish | 2017-06-01 02:01 | 日本

写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish