石井真弓のブログ◎Apertures mayumii.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

写真家です。文章も書きます cMayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

タグ:ラオス ( 10 ) タグの人気記事



3月ですね!
ひと雨ごとに春が近づいてくるのを感じます。

先日、試写会で映画『逆行』を観てきました。原題は「RIVER」。

送られてきたチラシによると「異国の地でのバカンスが・・・。逃亡者となった若きアメリカ人医師が、絶望的な疾走の果てに迫られる重大な決断とは・・・」とありました。

逃亡者のロードムービー?ということ以外、それほど予備知識がないまま映画のチラシをよく読むと、舞台がラオスとあり、さらに興味を持って観ました。

ストーリーは、ラオスの小さな村にあるNGOの病院で働く若いアメリカ人医師が、ふとしたことがきっかけで殺人を犯してしまい、警察に追われる身となってしまいます。医師を演じるのは、ロッシフ・サザーランド。同じく俳優のキーファー・サザーランドの異母兄弟だそうです。映画の最初のほうで事件が起こり、そこからずーっと逃げる逃げる。村から首都ビエンチャンに行き、メコン川を渡って・・・。最後に「なるほど、そうなんだ?』という意外な結末になるまで、ストーリー展開の読めないドキドキの緊張感が続くのでした。監督はジェイミー・M・ダグ。ミュージックビデオ制作から映画に移り、この作品が初の長編作とのことです。そういえば、セリフが少ない部分でミュージックビデオのワンシーンのような場面があり、ああ、やはり音楽のビデオを作ってきた人なんだな、と納得しました。

舞台がラオスということで、どんな風に描かれるだろうと思っていたら、逃亡者としての心象風景を現実に投影するとこうなのだろうというものを表す意図だった気がしました。ラオスの田舎は緑が多く、大変にのんびりとした場所で、特にメコン川が流れるエリアは山並みなども美しい風景なのですが、逃亡者の目には入らないかのように、重い重金属的な音楽が使われ、全体に重苦しい雰囲気を出していました。そういう意味では効果的な音楽の使い方。また、夜のシーンや怪しげな表情を醸すラオス人など、きっと欧米人の目に映るアジアのイメージなのだろうと思える質感や断片を、印象的に切り取っていました。

ストーリーはここであまり書きませんが、主人公をはじめ、助演の俳優たちもみないい味を出していました。病院の車を運転する役割の男性を演じるラオス人の俳優は、映画プロデューサーや脚本家でもあり、ラオスの近代映画のパイオニア的な人とのこと。また、短い登場ながら、安定感ある印象的な雰囲気を感じたバーテンダー役の俳優は、他の映画で最優秀主演男優賞を受賞したことのあるタイ人の俳優とのことです。

監督のインタビューを読むと、突然暴力に巻き込まれる医師を通して、人間の無関心や、秘められた暴力性にも焦点を当てたとのこと。ロードムービーとして、また人間の心理や行動力、倫理感を考えさせる映画としても面白い作品でしたよ。
今月3/11から公開とのこと!



by mayumiish | 2017-03-04 05:19 | アジア | Comments(0)

以前に出版された記事のアーカイブ。

a0086851_22421434.jpg

a0086851_22424899.jpg

a0086851_22433960.jpg

a0086851_2243531.jpg


ecla エクラ(集英社)
「ゆるやかな国ラオスへ 手織りの美・世界遺産の町」(写真)

アジア諸国の各地で、数々の手織りの布を見てきましたが、
ラオスの絹織物の精緻さと美しさは、際だっていました。
by mayumiish | 2010-09-12 03:39 | Archives | Comments(0)

 かけ足のラオス旅から帰ってきました。向こうでは真夏の暑さだったので、東京の寒さは身が凍える感じです。

 先月行ったばかりのルアンパバーン再訪だったので、今回は土地勘があって撮影しやすかったです(天気以外は!)。前回、ある僧院で17歳のお坊さんのポートレートを撮影したのですが、今回、早朝托鉢を撮影していたら、行列の中にそのお坊さんを発見。後で同じ僧院を訪問したら向こうも覚えていてくれたようです。ラオスにお坊さんの顔見知りができました。

 ルアンパバーン最終日、街の撮影をしている時、現地で17年前からアートや文化活動をしているという日本人女性に会いました。私がカメラバッグと三脚を持ってあちこちに出没しているのを何度か見かけたそうで、声をかけてくれたのです。

 ラオスをずっと見続けている彼女によると、ルアンパバーンの街は3年前ぐらいまでが良かったわ、とのこと。特に昨年の New York Times紙で「2008年に行くべき53の場所」のNo. 1にラオスが選ばれた途端、どっと欧米人観光客が増え、街の様相が変わったそうです。それまでは、世界文化遺産地区にもラオス人の住居が多かったらしいですが、観光が伸びるにつれて、ホテルやゲストハウスを作りたい会社に家を売ったり貸して、自分たちは街の中心から出て郊外に引っ越す人が増えたのだとか。たしかに、世界遺産地区では、僧院の僧侶以外では、欧米人のほうが目についたような。

 その勢いはこれからも加速するような気がします。今年はとうとうアマンリゾートがオープンする予定。当初のオープン計画から少々遅れているようで、現在はまだ工事のフェンスに周囲を覆われていました。ルアンパバーン中心街から少し離れた閑静なエリアに位置するリゾートの敷地はかなり広く、元は病院だった場所。そのせいなのか、ちょうど私がラオスを去る日に、僧侶を招いてお祈りしてもらうセレモニーがありました。リゾートオーナーのゼッカー氏もラオスまでかけつけたとか。

 のんびりとした平和な街でずっとあり続けてほしいと思いますが、ルアンパバーンにも変化の潮流が確実に押し寄せているのが実感できます。街の良さを感じるなら早めに行くのがいいのかも・・・。

 
by mayumiish | 2009-03-29 13:48 | アジア | Comments(2)

再びラオスです


 撮影の仕事で今日から再びラオスのルアンパバーンに来ています。成田空港では問題なく予定時刻頃に出発できました。A滑走路も全復旧したようです。

 成田空港の免税店では店員が中国語で「ホワンインゴンリン、ホワンインゴンリン(歓迎光臨=いらっしゃいませ)!」と客の呼び込みをしていました。一瞬、ここは中国?みたいな。中国や台湾からの観光客が増えて、免税店にも中国人店員を配置するようになったのですね。時代の移り変わりを感じます。

 ルアンパバーンは雨期前の暑期で、先月に比べてますます蒸し暑さが増しているようです。夜に到着したのですが、空気中にもや〜っと煙がたちこめている感じ。今は焼き畑の時期だそうで、撮影にも影響がありそうな予感・・。

 明日は早朝から寺院の僧の托鉢を見に行く予定です。この托鉢は毎日欠かさず数百年間続けられているそうです。お米など食べ物をあげる側の町の人も、日の出前から準備して道端に座り、お坊さんたちが通るのを待つのです。そういった信仰生活の伝統が続く場所として、ユネスコの世界文化遺産に登録された町です。

 ラオスのホテルはネット事情が概ね良いので、また時間のある時にブログを書きます。



 
by mayumiish | 2009-03-24 22:58 | アジア | Comments(2)

ラオスの思い出


a0086851_1841785.jpg
ルアンパバーン、メコン川の夕暮れ

(カメラ:キャノン5D、レンズ: キャノン EF200mm 2.8L)
by mayumiish | 2009-02-16 18:00 | Photography | Comments(4)

 ラオスでは面白い物や人々に出会いました。その中でも断トツは謎の「ナリポン」です。
a0086851_2112021.jpg

 ルアンパバーンのとある場所でライターTさんが見つけ、「どうしても気になる」と買ってしまったシロモノです。寸法は15センチ強。これを売っていたおばさんの説明によると、女性の形をして木になる実「ナリポン」とのこと。実がなっている写真もあり、なんと髪が肩まである女性の形をした緑の実が木にぶらさがっている図なのです。

 本当なのでしょうか?

 しかも、売られていたのはなぜか男女一対。

 帰国後に調べたら、仏教的な民話や寺院の絵にも実際あるようなのですが、ラオスの町では誰に聞いても、知らないという人ばかり。Tさんと私はすっかり魅せられ、真相を探すナリポン・ジャーニーをせねば!と盛り上がっています。
a0086851_21292021.jpg
Tさんが買ったナリポン。顔までしっかりあります。
by mayumiish | 2009-02-10 10:51 | アジア | Comments(3)

日本に帰りました


 昨日、ラオスから日本に帰ってきました。ラオスでは空気中に漂う木炭の煙などでノドを少しやられたので、風邪を引かないようにと用心しています。日本の冬期に東南アジアへ旅する時は、帰国してから、現地で着た夏服を洗濯して外に干す時が、気分的にもとても寒いです。

 それにしてもラオス、ルアンパバーンの町は、世界遺産で国際空港があることもあって、観光客が予想をはるかに超えた多さで、ただただ驚きました。フランス、ドイツなど欧米人が非常に多かったです。散歩するのが楽しいメインストリート沿いに並ぶオープンエアのカフェやレストランには欧米人ばかり。同行したライターのTさんとともに、「ここはヨーロッパか?」と思わず苦笑するほどでした。アジア人客では、タイ人観光客が断トツ。グループツアーでぞろぞろ。中には僧院の敷地でラウドスピーカーを持って解説するガイドもいて、首を傾げざるを得ませんでした。

 ただ、観光地化は進んではいるものの、ラオスの人々は、タイやベトナムなどに比べるとまだ商売っ気がなく、ゆったり構えている感じがなかなか良かったです。絹の手織り布をはじめとする手仕事クラフトも健在。ラオスへの直行便がなく、日本人にはなじみが薄いですが、ホテルや店などの充実度からすると、今年はブレイクするのではと予想します。

 写真撮影の観点からも、ルアンパバーンは撮影しがいのある街でした。今回は初のラオス訪問でしたがぜひ再訪したく、次回は地方へ足を伸ばしたいです。

 帰国後、ノドと鼻の調子が悪いので、今朝ネティポットで鼻洗いをしたら、たちまちすっきり。今後は旅に必ずネティポットを持って行かねばと強く思ったのでした。
by mayumiish | 2009-02-09 18:46 | アジア | Comments(0)

 世界遺産の町ルアンパバーンに来ました。ここは驚異的に欧米人が多く、ホテルやゲストハウス、カフェ、レストランが林立。フレンチ・コロニアルにラオス様式がミックスされている建築が多く、まるでヨーロッパの田舎町に来ているかのようです。そこに仏教寺院が建ち並び、エキゾチシズムが加えられているいう感じ。

 昨日、ビエンチャンから飛んできたのですが、空港でチェックインしようとすると、17:30発のフライト予定が突然キャンセル。その理由は、乗客の人数が少なかったからだそうです。で、次の18:30の便の乗客と一緒に搭乗させられて1時間遅れの便で飛んだのです。ラオス人の通訳さんによると、それは国内便では珍しくないことだとか。しかも、たまにフライトのスケジュールよりも「1時間早く」出発してしまうこともあるそうですよ。恐るべしラオス航空。

 空港といえば、ラオスに来る途中、ハノイ空港のトランジットカウンターに並んでいると、後ろからボンと肩を叩かれ、誰かと振り向いたら、なんとフォトボランティア・ジャパン基金の写真家仲間Uさんでした。偶然にも成田から同じ飛行機に乗っていたのです。彼はラオスのルアンパバーンとカンボジアに行く予定だとのこと。私はビエンチャン行きだったので、ルートが違ったのですが、どうも帰りの成田行きの便も一緒のようで、ハノイ空港でまた会いそうな気がします。
a0086851_0422656.jpg
ビエンチャン空港(撮影:ノキア携帯X02NK)
by mayumiish | 2009-02-05 23:55 | アジア | Comments(2)

ラオスにいます


a0086851_23254851.jpg
 一昨日から撮影の仕事でラオスに来ています。今は首都ヴィエンチャンに滞在中です。カンボジアのプノンペンを縮小したような、かなりのんびりした雰囲気の町で、車もゆっくり走っています。

 今朝は6:30から朝市場を撮影に行きました。現在、日の出は6:45頃ですが、太陽が上る前から市場は人々でにぎわい、新鮮な野菜や果物、魚、肉類、米、ハーブ類が所狭しと並んでいました。その合間を縫って、大きな荷車やオートバイタクシーが行き交い、まさにアセアンの国らしい風景。でも、荷物を運ぶ人々が「どけどけどけ!」と通り抜ける荒々しさはなく、全体にどこかのんびりした感じが、ラオスらしさなのかも、と思いました。

 露店でパパイヤサラダを作っていた人が、とても便利なスライサーを使っているのを見て欲しくなり、市場の金物屋で見つけてすかさず買いました。皮むき器のようにして千切りができるすぐれもの。帰ってから使うのが楽しみです。

 東南アジアの市場は、売れられているものがみな同じようでありながら、国による違いも垣間見れるので面白いです。今日見つけたものは、お供えものの花などと共に売られていた生きている亀。何に使うのかというと、人が病気になった時などに、その亀を川に放してやると病気が治る、と信じられているのだそうです。仏教国ならではの功徳に当たるのでしょうか?そういえば、タイではカゴの小鳥を逃がしてやりますね。

(撮影:ノキア携帯X02NK)
by mayumiish | 2009-02-03 23:26 | アジア | Comments(7)

ラオスの織物展


日本アセアンセンターからお知らせをいただき、「ラオス織物特別展」に行ってきました。会場は新宿の山野愛子(あの美容学校の)旧邸で、9/22〜9/30まで開催されています。

今日の東京は、暑くもなく寒くもない曇り空。まさに自転車日和だったので、自宅から自転車に乗って新宿へと出かけました。ところがしばらく行くと、右手の甲にぴちょんと水滴が一つ落ちました。まさか雨?。そのまま走ると、ポツンーーーーーポツンーーーーーと少し増え、そのうちポツ・・ポツ・・と身体に当たる雨粒の数がどんどん多くなってきたのです。

やがて、ポツポツポツポツポツ・サーッと、いつしかアスファルトが全部黒く濡れるほどの降りに。気づけばほとんどの歩行者が傘をさしていました。止まって雨宿りしようかと一瞬思ったものの、「本降りにはならない。そのうち止むはず」と、根拠のない確信を持ってそのまま青梅街道を走って行ったら、15分ぐらいして新宿駅の大ガードを抜けた頃には雨が上がってくれました。

ラオスの織物展の会場は大江戸線・東新宿駅の近く、職安通りから脇道に入った場所です。地図を持たず行ったのですが、何とか見つかるはず、とこれまた根拠のない自信で走って行ったら、なんと歌舞伎町のホテル街に迷い込んでしまいました。行けども行けども、ぐるっと360度ホテルばかり。ディープな歌舞伎町に感嘆(?)しつつ、目印のセブンイレブンをなんとか見つけて、職安通りをはさんで反対側にある展示会場にたどりつきました。

私はアセアン諸国には一通り撮影旅に行きましたが、ラオスにだけはまだ行ったことがありません。アジアの布が好きなのでずっと興味があったのですが、会場に展示されていた絹織物は、伝統的な柄といい、織りといい、それは美しい布ばかりでした。アジアの中でも、ラオスの織物はことさらに精緻なことで知られています。モン族の刺繍を見ても、他国と比べて大変に細かく、手先の器用さを物語っています。これまでアンティークのラオス布は見た事があったのですが、新しい織物にも高い手仕事の技術がしっかりと受け継がれていることが実感できました。それは、生活の中で手織りの布を作って身に着ける文化がラオスにずっと息づいているからだと、会場でお会いした人々が口々に教えてくれ、あの国に行きたい!という思いを一層強くしたのでした。

会場にはラオス以外の布が展示されたコーナーもあります。アジアの布を追って広く旅し、今回の展覧会のお手伝いをしている方が各地で集めた珍しい布が展示されていたのですが、ミャンマーのチン族の布、アチェと呼ばれる模様の織物など初めて見る布も多く、貴重なお話をいろいろ聞いて布談義で盛り上がりました。

この展示会の主催は「アジアの障害者活動を支援する会」というNGOです。障害を持つ人々にPCなどの技術を教えたり、スポーツなどを通した交流活動もしているとのこと。展示中の布や小物はチャリティー目的で販売もされています。

代表の八代さん(八代英太氏夫人なのです)とお話しする機会があり、ラオスでのおすすめなどをご親切に教えてもらいました。ビエンチャンでは、メコン川の向こうに落ちる夕日がそれは美しいとのこと。川沿いで飲むラオビール(美味しいそうです!)がまた格別だそうです。話しを聞いているうちに、熱帯モンスーンの風が吹き渡る黄昏のメコン川がもう目に浮かんできました。

アジアの布が好きな人には大変おすすめの展覧会です。

ラオス織物特別展
会期:9/22〜30 11:00〜19:00
会場:山野愛子記念研修センター 
        新宿区大久保1-1-6 (都営大江戸線・東新宿 A1出徒歩5分)
主催:アジアの障害者活動を支援する会
問合せ:080-6724-0448
   
by mayumiish | 2007-09-25 01:03 | つれづれ | Comments(2)