人気ブログランキング |

タグ:ヤンゴン ( 5 ) タグの人気記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ミャンマー・ヤンゴンの建築遺産

a0086851_17175428.gif

ひと雨ごとに秋が深まるこの頃ですね。
日没の時間も早いので、今の時期はひたすら冬至が待ち遠しいです。

今月掲載になった私の記事がネットにもアップされているのを発見しました。

『週刊朝日』
歴史をたどる旅 ミャンマー・ヤンゴンの建築遺産(撮影・文)

開発が進むヤンゴンに残る歴史建造物の保存活動を紹介しています。
またミャンマーに行って、もっと写真を撮りたい!



ところで、11/22〜26に開催されていた
『第23回写真家達によるチャリティー写真展』が無事に終了しました。
私の写真もご購入いただきました。ご協力どうもありがとうございました!
自分でもお気に入りの写真を出品したので、買っていただいて大変にうれしいです。
この後、売り上げを集計し、経費を引いた金額をNPO ACC21に寄贈します。
来年早々に寄贈式が行われる予定です。


by mayumiish | 2019-11-27 15:52 | MEDIA | Comments(0)

週刊朝日に「ミャンマー環状線」

南アフリカで鉄道旅の取材をしてきたと書きましたが、
鉄道といえば、ミャンマーで撮影した鉄道の記事が「週刊朝日」に掲載になりました。
といっても、先週5/31号になるので、もうバックナンバーですね。

週刊朝日5/31号(写真&文章)
「ぐるり ヤンゴン環状線」というグラビア記事です。

ヤンゴン駅を出発し山手線のようにぐるりと走る環状線に乗ってきました。
東京の山手線より時間がかかり、一周3時間。
人や物資、物売りなどがひっきりなしに、まるで市場のような賑やかさで
乗り降りするので、とても楽しかったです。
車内でお弁当を広げている人がいても、誰も文句を言わないし、
おやつの売り子などもいて。
山の手線もあんな感じなら面白いのになあ、とか。
または、東京もかつてはそういう時代があったのでしょうか。

興味深いのは、日本のJRなどの中古車両がミャンマーに送られ、
現地で立派に活躍していたことです。
鉄道好きの人なら、一度行ってみるといいかも?
短い記事ですが、バックナンバーがあればご覧になってみて下さい。

夏には、ミャンマーを旅した時の別の記事が出る予定なので、またお知らせしますね。
by mayumiish | 2013-06-04 02:08 | MEDIA | Comments(0)

今日の一枚:ヤンゴンの朝

a0086851_19112883.jpg
ヤンゴンの朝。
気温がまだ涼しくて、一番好きな時間でした。

雑誌の記事のためにミャンマーの旅についての原稿を書いているところです。
あれこれ思い出すのが楽しい作業。
by mayumiish | 2013-03-28 19:22 | アジア | Comments(0)

ヤンゴンの電線

東京の住宅地などは電線が多すぎて電信柱がゴチャゴチャしているなあと、
いつも思っていました。東京の電線 ↓

a0086851_0474421.jpg


でも、ミャンマーのヤンゴンでこんな光景を見た後 ↓

a0086851_22321086.jpg

東京の電線はなんて秩序があるのだろうと思ったのでした(笑)。
そして、これで電気や電話がつながっているヤンゴンの電線に感動。

a0086851_0595583.jpg
これもヤンゴン。
ちなみに、壁には「触ると感電します」←「やってみればわかります」
と書かれているそうです!
by mayumiish | 2013-03-21 00:35 | アジア | Comments(0)

ミャンマーに行ってきました

ブログの更新がだいぶ遅くなってしまいました。

今月は初旬にミャンマーに撮影に行っていました。
向こうはちょうど雨期に当たる時期だったせいか、朝晩、雲に覆われがちでした。
以前行った時は乾期の2月頃で毎日晴天。その時のノートを見返すとこう書いてあります。

「太陽が地平線から上り、地平線に沈む」。

でも今回は見る事ができず。

ミャンマーではマンダレーから北部へと船でエヤワディ川を遡る旅をしました。
川の水位が上がる雨期だけ行けるという場所や、
年に数回しか外国人が行かないような小さな村にも。
秋に雑誌の記事が出たらまたお知らせしますね。

6年ぶりに行ったミャンマーですが、あいかわらず日本の中古バスが走り、
ヤンゴンのシュエダゴンパゴダなどはほとんど変化を感じず。
でもヤンゴンの人々は、外国投資がどんどん入りここ数年で
大きく変わるだろうと言っていました。
かつてのベトナムのようにビルの建築ラッシュになるのでしょうか。

一方、地方の田舎の村では、馬車や牛車が走る昔ながらの生活風景が
のんびりと広がっていました。
川沿いに暮らす人々は川で洗濯をしたり身体を洗ったり。
大多数の人々が農業で暮らす国なので、今後、都市と地方がどのような変化を
遂げて行くのかな。
田舎の人々の平和な暮らしが壊されることのないよう祈るとともに注目したいです。
by mayumiish | 2012-08-15 08:13 | アジア | Comments(0)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル