人気ブログランキング |

タグ:マイケル・ムーア ( 3 ) タグの人気記事

『Planet of the Humans』

Stay Homeの日々が長くなりましたが、お元気ですか?

新型コロナウィルスの世界の感染者数は、5/20の時点で500万人を超えたそうです。日本では16,404人になりました。死者数787人(新型コロナウィルス感染速)。毎日の感染者数は減ってきたようですが、死亡率がじわじわ上がっていることが気になります。外出制限要請は東京と近隣県でまだ続いていて、私の取材や撮影などの外出仕事をいつ再開できるかまだわかりません。先日、初めてTeamsを使用するミーティングに参加しましたが、私の周りでは、出版社などは在宅勤務が多いようですね。

世界的に外出ができない状況の中、アメリカの映画監督マイケル・ムーア氏がエグゼクティブ・プロデュサーとして制作した新作ドキュメンタリー映画が公開になりました。映画館での公開が難しいため、急きょYouTubeで公開することに決めたそうです。しかもみんなに見て欲しいからと無料にしたとか。

『Planets of the Humans』
監督: Jeff Gibbs
エグゼクティブプロデューサー:マイケル・ムーア

マイケル・ムーアの映画はいつも観ているので、新作をYoutubeで見られるとは!と感謝しつつ、さっそく観ました。アースデイ50周年の4/22日に公開したそうです。なぜアースデイの日に?という理由は映画に出てきます。

太陽光発電事業にまつわる事実や、バイオエネルギーの環境への負荷など、想像以上に衝撃のことが多く、途方にくれるぐらいいろいろと考えさせられました。

持続可能エネルギーが地球温暖化を解消すると漠然と思っていた人におすすめしたいです。特に、人生がこれからも長い若い世代の人々が知っていたほうが良いことがギュッと詰まっている映画です。

下記の公式サイトから無料で観ることができますよ。
公開1ヶ月で、すでに800万人のビュー数があります。







by mayumiish | 2020-05-21 16:58 | 地球・自然・エコ | Comments(0)

マイケルの映画

先日、最終日ギリギリでマイケル・ジャクソンの
素晴しいドキュメンタリー映画「This is it」を観ました。
マイケルや、集まってきたクリエイターたちの仕事ぶりに感動。
大画面で観るライブ感からか、上映後は映画館内で
拍手が起きていました。

そして今月はマイケル・ムーアの新作映画
「キャピタリズム〜マネーは踊る〜」が公開です。
彼の映画は毎回観てますが、今作もアメリカなどで
「最高傑作」との評判が高いようです。
なんと、今回は映画のPRのために本人が
初来日も果たした様子。

キャピタリズム〜マネーは踊る〜公式サイト

いつも非常にタイムリーな社会的テーマで作品を作る人、
マイケル・ムーアの今作を観るのが楽しみです。
by mayumiish | 2009-11-30 18:44 | アート | Comments(4)

「Sicko」(シッコ)観ました。

マイケル・ムーアの新作映画「Sicko」(シッコ)を観てきました。

「華氏911」「ボーリング・フォー・コロンバイン」「ロジャー&ミー」その前のテレビ番組シリーズと、彼の作品はどれも好きですが、今作「Sicko」は、ますます本領発揮という感じでパワフルでした。

「Sicko」公式サイト

マイケル・ムーアがいつもの突撃スピリットを発揮して今回ターゲットにしたのは、アメリカの医療保険の問題です。アメリカには公的な医療保険制度がなく、民間の保険会社に入って治療費を負担してもらうそうです。マイケル・ムーアが医療保険のトラブルに遭った当事者に会ってアメリカ各地でさまざまな証言を聞くのですが、失礼ながら悪いジョーク?と思えるくらい恐ろしいエピソードが次から次へと紹介されます。

アメリカの保険会社というのがことごとく利益至上主義で、保険会社が自社の負担を減らすために、治療や手術が必要な患者に対して嘘の診断をしたり、そのために命を落とす人がいたり、そんな保険会社に協力する医師の年俸やキャリアがぐんと上がったりなどなど、まともな先進国とは思えない証言の数々・・・。

その一方、医療費が無料のカナダやフランス、イギリスに飛んで、アメリカと180度違う充実ぶりを紹介して対比させています。マイケル・ムーア流の編集のせいもあると思いますが、第三者の日本人として映画を観るかぎりでも、アメリカとのあまりの違いに口あんぐり。アメリカ国民は、政府に対して怒り爆発じゃないでしょうか。あちらの映画館で反応を見てみたいものです。

例えばアメリカで、医療保険に入っていなかった人が事故で指を2本切り落とし、病院に行ったら指1本ごとの手術費を提示されて、両方だと高すぎるので、仕方なく安いほうの薬指だけつけてもらった人がいます。一方、公的医療保険制度が完備しているカナダには指を5本切り落としてしまった人がいて、そちらは全部を無料でつけてもらったという話など。また、アメリカでは医療保険に入るのも困難で、少しでも既往症の片鱗があるとはねつけられるそうです。その既往症リストがあまりにも膨大だったと、元保険会社の社員が涙を流して(罪の意識から?)証言します。

映画によると、アメリカでも一度、公的な医療制度の導入が検討されたのですが、保険会社から献金をもらっていた反対派が「社会主義的だ」というイデオロギー的大キャンペーンを行って、案を潰したそうです。導入の推進活動をしていたのは、当時、ファーストレディーだったヒラリー・クリントンとのこと。でもマスコミも動員しての反対にくじけてしまったのだそうです。今ではヒラリーも保険会社から献金をもらう立場だとか。この映画、「もし大統領になったら、当時を思い出して医療制度をなんとかしてよ」というマイケル・ムーアからヒラリーへのメッセージとも取れる?

最後、マイケル・ムーアとNY911テロのボランティアで健康を害した人々がキューバの病院へ乗り込みます。ネタバレになるのであまり書きませんが、ここだけは少し「?」でした。数年前にキューバに取材に行った経験から、あの国では公共施設の突撃取材は無理で、全て許可が必要です。病院のシーンで、キューバは国際的に良いPRになるからと特別に最新機器をあつらえたと推測され、普段はどうなのだろう、と。町の配給所はたいてい品薄だったし。でも治療を受ける目的は果たせたので、頭の切れるマイケル・ムーアのことだから、それも計算に入れていたのかもしれませんね。

この映画を観たら、日本で高い国民健康保険料を払ってるけど、まだアメリカよりましなのかな?と少し思えてきました。でも今後、健康保険の民営化の話が出ないとも限らず、アメリカでの悪例をまざまざと見せるこの「Sicko」は一見の価値ありです。
by mayumiish | 2007-08-31 01:14 | アート | Comments(2)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

最新の記事

大坂なおみさんの勇気
at 2020-08-27 17:48
猛暑 2020
at 2020-08-24 14:19
『Planet of the..
at 2020-05-21 16:58
ゴールデンミルク
at 2020-04-25 01:41
『ペスト』を読む日
at 2020-04-21 01:56

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2020年 08月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 01月
2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル