人気ブログランキング |

タグ:ボルネオ保全プロジェクト ( 1 ) タグの人気記事

ボルネオ島の熱帯雨林を復活させよう

しばらく前になりますが、東京国際フォーラムで開催された
「パーム油とCSR」というフォーラム&シンポジウムに出席しました。

東南アジアのボルネオ島がテーマで、

「第1部:企業フォーラム/責任ある原材料調達をどう実現するか
パーム油から学ぶCSR」

「第2部: 公開シンポジウム/生命輝くボルネオの森
保全にかかわる人と企業」

です。

「持続可能なパーム油」(SPO: Sustainable Palm Oil)生産の
取り組みや生態系を守る森林保全の活動を紹介して
ボルネオの森を考える、というイベントでした。

以前ブログにも書きましたが、
近年、パーム油のプランテーション増加によって
ボルネオ島の豊かな森がどんどん減少しているため
大変気になっています。

持続可能なパーム油生産を奨励する
国際的円卓会議(RSPO: Roundtable on SPO)や
ボルネオ島の森の現状などが話されましたが、
現在、世界の自然油で最も多く生産されているのが
パーム油(その約90%がマレーシアとインドネシアで生産)
だそうです。
コストに比べた生産量が断トツに良いとか。

そのほとんどは食品と洗剤に使用されてるそうです。
今後、さらにバイオ・ディーゼルのパーム油利用が
参入予定ということで、
森林の減少がますます進むのでは、という危機感を強くしました。
業者はパプアニューギニアの島にもプランテーションを増やしているようです。

森がなくなることで、動植物の生態系の破壊だけでなく、
森の中で暮らしてきた少数民族が土地から追い出されるという
問題も起こっているようです。

また、ボルネオ保全トラストの坪内俊憲氏のスピーチによると、
キャノピー(樹冠)のある森は、400トンのカーボン(二酸化炭素)を
半永久的に閉じこめるが、
パーム林では1、2年でカーボンが大気に戻っていくそうです。
だからよく考えると、森を壊して取得するパーム油から
作るバイオディーゼルの導入は、
環境に本当に良いのだろうかと問いかけていました。

アル・ゴアの「不都合な真実」で、あるデータが示されていました。
北半球の冬にあたる時期、地球の二酸化炭素量が増加するとのこと。
その理由は、冬に森林が葉を落として光合成をしないからだそうです。
そう考えると、熱帯雨林は一年中光合成できるので
なおさら貴重ではないでしょうか。

そんな中、「緑の回廊プロジェクト」は一筋の明るい光です。
せめて、ゾウやオランウータン、テングザルなどの動物が生活の場にしている、
曲がりくねったキナバタンガン川沿いの土地を買い取って、
そこを森林保護区にしようというトラスト運動です。

ただ、土地の値段に対して募金がまだまだ足りないので
大きな努力が必要です。
香港のある投資家が1億円寄付したとのことですが、
日本からの寄付は企業を含めてまだ少ないそうです。

ニュースレターによると、現在3ヶ所の土地購入を検討中らしく、
1箇所などは30万円程度の値段と、
緑の回廊を部分的に細かく増やすには手が届かない
値段ではないようでした。

現在、日本の食品や洗濯洗剤などに使われるパーム油のほぼ全ては、
ボルネオ島の森林を切り開いたプランテーションで
生産されたものです。
パーム油を利用する日本企業などにも、積極的に
募金に参加してもらいたいものです。
また、この運動をなんとか広くPRできないものかな、と思います。

ゲストで登場した歌手の加藤登紀子さんは、
「Now is the time」(TV朝日「素敵な宇宙船地球号」のエンディング曲)
の歌を披露した後で、
ボルネオ島に行かれた時の体験を話してくれました。

さすが、言葉で人の心に訴えるプロです。
彼女が話し始めたら、たちまちあたりにボルネオ島の風が吹き、
熱帯の湿った空気や緑の森で会場が満たされていくような
雰囲気に包まれました。
ボルネオの森の貴重さ、それを守ることの大切さについて、
他のパネラーの誰の話よりも人々の心に届いた気がします。

加藤登紀子さんも話していましたが、
私もボルネオ島のジャングルでの夜を思い出す時、
地上に降り注ぐ満天の星空や白銀の天の川が今もはっきり目に浮かびます。
全方位からは夜の虫や動物、カエルなどの声が聞こえ、
呼吸する森の圧倒的な生命エネルギーに
囲まれているのを体感できるのです。

森の美しさ、生命の多様さを多くの人が知れば、
ボルネオの森の保護が推進できるのかな、と思います。
なので、少しでも多くの人にぜひ一度は
ボルネオ島の(だけでなく)本当のジャングルに行ってみてほしいです。
快適なロッジもあり、エコツアーとして態勢が整っていますよ。

ところで、フォーラムの会場で、
ボルネオ島に共通のナチュラリストガイドの知り合いを持つ
写真家にお会いしました。
動物写真家の横塚眞己人さんです。

で、横塚さんが、明日10/31の朝8時から、
名古屋のZIP FMのTOYOTA WORLD WIDERSというコーナーで、
10分間くらい生で電話トークするそうです。
ボルネオ島について語るとのこと。
東京では受信できませんが、名古屋方面の方はぜひお聴き下さい。
by mayumiish | 2007-10-30 18:03 | ボルネオ島 | Comments(0)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル