人気ブログランキング |

タグ:フジフィルムフォトサロン ( 3 ) タグの人気記事

チャリティー写真展が始まりました!

前回のブログに書いた「第17回 写真家達によるチャリティー展」が無事に初日を迎えました。
平日でしたが午前中から多くの方々にご来場いただきましてありがとうございました。

私は午後から会場に行ったところ、出品した2点のうち1点が買われてすでになくなっていました。今年行ったミャンマー、ヤンゴンにあるシュエダゴンパゴダの後ろに落ちていく大きな夕日の写真です。パゴダを見晴らすちょうど良い撮影場所を見つけ、太陽が落ちる位置を予測しながら暑い中を待っていた思い出があります。乾期の季節なので空気が少しほこりっぽくスモーキー、太陽の色がなんとなくピンクっぽい独特のトーンになりました。お買い上げいただいた方、本当にありがとうございました!

あとの1点は、ミャンマーのエーヤワディー川沿いにあるシュエボーという島に暮らす村の女性のポートレートです。大きな日よけ帽子をかぶり、赤いランブータンの果実の房を手に持って歩いていたところを撮影させてもらいました。おだやかな笑みが印象的な女性でした。

チャリティー展は14日(土)10:00〜19:00、15日(日)は16:00まで開催されます。
さまざまな写真家による良い作品がまだたくさんありますのでぜひご来場くださいね。

私は15日の午後から再び会場に行く予定です。
by mayumiish | 2013-12-14 03:02 | フォトボランティア | Comments(0)

東日本大震災 チャリティー写真展

ハワイ取材から帰ってきました。
帰国したら、原発問題は相変わらず解決から遠く、余震も続いていますね。
ハワイについては後でまたブログに書きます。

今年から日本写真家協会(JPS)の会員になったことを
先日ブログにも書きましたが、このゴールデンウィークに
JPS主催のチャリティー写真展が開催されます。

東日本大震災 被災者支援 チャリティー写真展
2011年4/29(金)〜5/5(木)(10:00~18:00 最終日は~16:00)
フジフィルムスクエア 1F (六本木 東京ミッドタウン)

六つ切りサイズの写真(額付き)を1点1万円〜5万円で
即売(写真家が自分で価格設定)し、
朝日新聞厚生文化事業団を通して、売り上げを被災地へと寄付します。
作品数600点以上、土門拳や木村伊兵衛などの作品も出品の予定です。

詳細は日本写真家協会(JPS)のサイトに。
http://www.jps.gr.jp

私も作品を2点提供しました。
また、JPS新人会員ということで(?)会場で前半お手伝いする予定です。
ゴールデンウィークに東京にいる方は、ぜひご来場&お声がけ下さいね。
by mayumiish | 2011-04-21 07:08 | フォトボランティア | Comments(0)

チャリティー写真展寄付金の贈呈式

 バリ島から帰り、写真の整理に追われています。そんな中先日は、数年前からお手伝いをしているフォトボランティア・ジャパン基金が昨年末に行ったチャリティー写真即売展の寄付金の贈呈式に出席してきました。

 場所は六本木ミッドタウンにあるフジフィルムスクエアの一室。昨年は改装中だったフォトサロンの1階が完成してすっきり。入り口が二つになって、入りやすくなりました。

 今回の寄付先はカンボジアで活動をするNPO「幼い難民を考える会」でした。東京事務局長の峯村さんや、会場協力をしていただいたフジフィルムの方が出席されて、寄付金をつつがなく贈呈。金額は30万円です。昨年末は経済不安を反映してか、例年に比べて売り上げが減少、その分、写真フレーム代などの経費がかかったのでこの金額に、とのフォトボランティア・ジャパン会計担当者のお話です。

 それでも、この金額はカンボジアでは大金です。峯村さんによると、首都プノンペンのスラム地区では、今も1日の収入がUS1ドルという人々がいて、そんな生活をする人は、カンボジア国民の20%を占めているそうです。

 「幼い難民を考える会」は、カンボジアの子供たちのための保育所などを展開、サポートしています。寄付金は、カンボジアの絵本の復刻や増刷に使用される予定とのこと。一昨年のチャリティ展もこの団体への寄付だったのですが、内戦などでほとんど残っていないクメール語の貴重な絵本の復刻版を作ったところ、国内で大好評だったそうです。カンボジア政府の目にも止まり、国内で新たに展開することになった政府主導のデイケア・プログラムにこの絵本を使わせてもらえないかと打診されているとのこと。
 
 このように目に見える形で寄付金が使われるのはうれしいことです。会場に来場いただき、ご協力されたみなさま、どうもありがとうございました!

 昨年末のチャリティー展会期中、ちょうど隣の部屋ではフジフィルムの就職説明会が行われていて、就活スーツの大学生たちがチャリティー展の会場にも立ち寄っていきました。「幼い難民を考える会」の峯村さんによると、数名の大学生が口々に「フジフィルムがこういう活動をしていたとは感動しました」とのコメントを残したとのこと。若い世代の人々は、企業の社会貢献的な姿勢に敏感ですよね。彼らの目にはきっと、社会貢献するフジフィルムとしての好印象が残ったことでしょう。

 まだだいぶ先の話ですが、会場提供をしていただくフジフィルムのご好意により、今年の12月も第13回目のチャリティー写真即売展が開催されることになりました。今年はさらに充実できるようお手伝いしたいと思っています。
by mayumiish | 2009-01-29 09:00 | フォトボランティア | Comments(4)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル