人気ブログランキング |

タグ:ファーストファッション ( 2 ) タグの人気記事

ファーストファッションとゴミ問題など

 先日、フェアトレード・ブランドピープルツリーの2010年春夏新作展示会があり、会場になった勝どき橋に行きました。
 
 日本とイギリスを行き来して活動するピープルツリーの社長サフィア・ミニーさんがちょうど来日中で、プレス向けにイギリスのフェアトレード最新事情をお話ししてくれました。

 ファッションにおいて、フェアトレードやエシカル・トレードへの関心が日本よりずっと進んでいるイギリスでは現在、政府主導の「サステナブル・クロージング・アクション計画 「Sustainable Clothing action plan」が始まっているとのこと。

 ただ、主にゴミ問題に特化されているそうで「生産地の労働条件の改善などが含まれていない」と、サフィアさんは計画の不十分さを指摘していましたが。

 それでも、世界の人口が増え続ける中で、衣服に関するゴミ問題も増大しつつあるという事実に気付かされました。その原因の一つは「ファーストファッション」業界だとサフィアさん。トレンドの服を安い価格で短期間に次々と販売するので、消費者も気軽にどんどん買って着捨てていくわけですが、不要になった衣服の行方を考えると、何もしなければたしかに凄まじいゴミの量?サフィアさんによると、年間に数億トンもの衣料ゴミが発生しているとのこと。それだけでなく、安い素材として化学繊維を大量生産すれば、その際に発生する産業ゴミも深刻化するんじゃないかなと思いました。あとは、販売に付随する包装バッグなども。

 イギリスには、ファーストファッション・ビジネスに疑問を持つ人々も登場し始めたもようで、今年の5月、「PRIMARK」というファーストファッション店のオープンに先がけて、店の地元に住む人々による抗議活動が行われたとか。結局はオープンしたそうですが。

 このプレス発表会には女性誌の編集者なども来場していました。サフィアさんは「ファッションリーダーであるセレブリティーに、ファーストファッションのPRをさせないでほしい」と訴えていました。そういえば東京でも、去年あたりから出店が増えていますね。デザイナーとのコラボを展開して話題になった店もありますが、やはり手放しでもてはやせるものではないのでは、と思います。

 その帰り、知り合いのバングラデシュ人が勝ちどき橋の近くにレストラン(GAO Asia)を開いたことを思い出し、ふらっと寄ってみました。バングラデシュは、大手アパレル会社の縫製工場がたくさんあることで有名です。ひよこ豆とキーマのカレーを食べながらそんなことをおしゃべりしていたら、縫製工場が林立する首都ダッカに地方からの労働者が大量流入し、人口が過密状態だと話してくれました。「今はダッカ市内では新しい工場建設が規制されてるんじゃないかな」とのこと。そんな労働者たちはスラムの酷い住宅事情の中で暮らしている人も多いそうです。

 ダッカから遠く離れた地方の州へ、ピープルツリーのためのフェアトレード製品を作っている村や民家を訪問したことがあります。そこでは、素朴ながら生き生きとした女性たちの活動や子供の目の輝きが印象的で、フェアトレードの効果をしみじみ実感しました。

 狂牛病の問題などが起きて、日本でも食べ物のトレーサビリティー(物がどこから来るのか追跡)に気をつける人は多い今日この頃ですが、身に着ける衣服についても気にする人がもっと増えるといいのになと思います。
 
 
by mayumiish | 2009-06-14 12:52 | フェアトレード | Comments(2)

ファースト・ファッション

 先日、原宿のクレヨンハウスへ、オーガニックコスメを買いに。店の通りの電柱にいつの間にか「ロハス・ストリート」と表示が出てました。クレヨンハウス以外にエコ系の店は見当たらないですが、私が知らないだけで他にもあるのかな??

 その帰り、昨年オープンしたファッション店H&Mを初訪問してみました。オープン当時は行列ができるほどの大混雑でしたが、現在は普通の混み具合。昨年、海外旅の帰りに東京へ向かう成田エクスプレスの車内で、H&Mのフィンランド支店のスタッフとたまたま隣合い、彼女達が東京店のオープンの手伝いのために来日したと言っていたことを思い出しました。

 H&Mのような店展開を「ファースト・ファッション」と呼ぶそうですね。「ファーストフードのように素早くリーズナブルな値段で、シーズンのトレンド・ファッションを販売すること」を示すそうです。たしかに全体的にリーズナブルな品揃え。

 商品のラインは、同じくファースト・ファッション的なZARAとGAPの中間という感じでしょうか。クオリティー的には、ワンシーズンで終わるかも?でも値段が安いので、消費者もそれなりに割り切って買い物するのでしょう。

 ブルーが可愛いチェックのブラウスのタグを見たら、メイドイン・バングラデシュ。カットソーなどもバングラデシュ製が目につきました。大手企業の下請け縫製工場が多い国です。

 商品が安い=生産地の人件費が安い、の典型ですね。

 昨年、フェアトレード会社PEOPLE TREEの社長サフィアさんやスタッフの方々と共に、バングラデシュの地方にある生産地の村へ取材に行きました。そこでフェアトレード製品を作る人々の中に、以前は縫製工場で働いていた経験のある女性たちもいました。

 地方から首都ダッカへ出てきて朝から晩まで働き、身体を壊してしまったとのこと。その後、自分の村へ帰り、現在はフェアトレード活動をするNGOの元に働いていますが、身体を壊さずに収入を得られ、伝統的な村の生活を続けられることに満足しているとのことでした。それ以来、大量生産の安い製品を見るたび、生産地の労働環境を考えます。

 全体の物価が安い国だから人件費が安いことは問題ないのでは、という考えもあります。でも朝から晩まで働いて身体を壊してまで作られたものが、日本や欧米で消費者に買われてワンシーズンでおしまいになるシステムって、どうなのでしょう。それで儲けている会社にとっては好都合なことこの上ないのでしょうが。結局は、消費者の選択次第かな。
by mayumiish | 2009-02-25 18:06 | 地球・自然・エコ | Comments(4)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル