人気ブログランキング |

タグ:トリエステ ( 4 ) タグの人気記事

春の光と

昨日あたりから、空気が春の水分をゆるく含んでいるような?
そんな気配を肌で感じる東京です。光も変わってきました。
あと、ひと月もすれば南から春一番がぶお〜っと吹いてきますね。
木々が新芽の準備を整え、生命が一斉に動き出す日本のその時期が好きです。
寒さはまだ続きますが、あと少しの辛抱。

来月、映画の上映会でトークをすることになりました。
2011年に日本で公開されてロングラン的に人気を得たイタリア映画
「人生、ここにあり!」です。
映画の公開に合わせて、舞台となったイタリアで現地取材して、
公式パンフレットや雑誌に寄稿したご縁で、
上映会を企画した方から声をかけていただきました。

映画はこれ。SPECIALのコーナーに私が撮った写真も載っています。
「人生、ここにあり!」公式サイト

イタリアは世界で初めて精神病院を廃止した国です。
バザーリアという精神科医師が、患者を病院に閉じ込めてはいけない、
と革命的な運動をした結果。
精神疾患という病名のレッテルを貼らず、病気ではなく「困っている人」として
患者さんをとらえるそうです。そして、生活の自立もサポートするシステム。

映画は、イタリアのそんな背景を元に、ある協同組合で起きた実話を
もとにしたストーリー。
「人生、ここにあり!」のイタリアでの原題は「やればできる」(Si puo fare)。
まさにそんな気持ちになる映画なのです。

その発祥の地トリエステに行って医師、患者さん、支援施設、
映画のモデルになった協同組合の人々に会い、見聞きしたこと、
また心に感じたことなどを、お話しできたらいいなと思います。

上映会のお知らせの詳細をまたすぐ書きますね!

☆ブログのトップの写真は、高知県の朝焼けです。
取材で四国に行った時、少しロケハンをしようかと早朝にレンタカーを運転していたら
山が途切れて海が見えた場所で、燃えるような朝焼けが目に入ったので
急いで車をその辺の路肩に停めて、走って外に出て撮影した記憶があります。
朝早い時間だったので、道路にほかの車がいなくて良かったです(笑)。
ピンとした早朝の空気が心地良かったのも思い出。
by mayumiish | 2013-01-25 14:26 | 日本 | Comments(0)

映画『人生、ここにあり!』の公式サイトに。

映画『人生、ここにあり!』が7/23日から日本で公開されます。
イタリアの実話にもとづいた作品で、イタリアで大ヒット、ロングランしたそうです。
精神病院が廃止されたイタリアの社会協同組合で起きるストーリー。

*7/23の初日、満員御礼だったそうです!

この映画のパンフレットのために、イタリア現地を取材してきました。
主人公のモデルになった人物にお会いしたり、精神保健のシステムが整っている町
トリエステを訪問しましたよ。
公式サイトのSPECIALページにも写真がアップされています!

「人生、ここにあり!」公式サイト

映画の原題は「Si può fare」(やればできる)。
ひと足先に観賞しましたが、個人的にも大好き。ここ数年来のおすすめ映画です☆
映画館では、私が撮影した写真のポストカードも販売されるそうです。
また、映画館にも写真が展示されているはず。
来月は雑誌にも記事が掲載されるので、またお報せしますね。

イタリアでは精神病院を廃止する法律が1978年にできて、
以来、次々と閉鎖されたそうです。新設も禁止。
その代わりに患者さんをサポートするシステムがあり、裾野が広がっています。
トリエステはその先進的町として、世界の精神保健医療関係者から注目されているそう。

そのあたりについて詳しい本があります。
「精神病院を捨てたイタリア 捨てない日本」大熊一夫著(岩波書店)

1970年代にイタリアのトリエステで精神医療革命を起こした立役者である
精神科医フランコ・バザリア氏についてや、その情熱的な活動ぶり、
時代背景、法律制定後の現在のシステムなどが非常に詳しく書かれています。

バザリア医師のコンセプトの一つに、精神疾患という病名のレッテルを貼らず、
病気ではなく「困っている人」として患者さんをとらえることなどがあります。
その考え方が私にとって新鮮だったのですが、実際にトリエステに行って
現場を見て、それが実践されているのを感じました。
とても参考になるので、興味がある方は、ぜひ一読を!
by mayumiish | 2011-07-22 02:32 | MEDIA | Comments(6)

トリエステの写真がポストカードにも。

もうすぐ公開の映画PR用ポストカードに、
私がイタリアのトリエステで撮影した写真が使われることになりました。

トリエステの写真がポストカードにも。_a0086851_4472392.jpg


トリエステの写真がポストカードにも。_a0086851_453079.jpg


これはその一部。
公開になったらまたお知らせしますね!
by mayumiish | 2011-07-17 04:41 | PHOTOGRAPHY | Comments(0)

精神病院のないイタリア

しばらくブログの執筆を怠ってしまいました。
震災以来3,4月は精神的に引きこもり状態だったのですが、
その反動なのか、非常に慌ただしいこの頃です。

先日、取材でイタリアのトリエステに行きました。
イタリアは、1978年に法律で精神科病院を廃する決定をしました。
その発端となったのが、北東部の街、トリエステ。
この街の精神科病院に赴任したフランコ・バザーリア医師が
精神疾患患者がおかれた病院での待遇に疑問を持ち、
多くの若い医師や政治家を巻き込んで、
患者を対等な人間として扱う運動に情熱を傾けた結果、生まれた法律です。

イタリアでは次々に精神科病院が閉じられ、
代わりに精神保健センターやコミュニティーがサポートしています。
また、自立のための協同組合も活発。
私が訪問したのはちょうどイベントの時で、
関係者や元患者さんたちが一堂に介し、多くの人々に会うことができました。
また、精神保健センターに入って患者さんに会い、
協同組合の実際の活動を見に行き、
「イタリアの良心」という新たな一面をおおいに知った旅。
患者さんたちがのびのびしている雰囲気が新鮮でした。
これから記事を書くところです。

トリエステは、やっぱり坂道の多い港町でした。
そして、迷路のように続く古代の石畳をいつまでも歩いていたくなるような
ロマンチックな街なのでした。
by mayumiish | 2011-06-29 02:47 | ヨーロッパ・アフリカ | Comments(6)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

謹賀新年 2020
at 2020-01-06 00:17
「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2020年 01月
2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル