人気ブログランキング |

タグ:ツタンカーメン ( 1 ) タグの人気記事

ツタンカーメンの意志

東京に木枯らし一番?急に寒くなりましたね。

先月下旬から旅が続き、エジプトから帰った後も写真整理などで
ずっと忙しかったせいで、クローゼットの中だけ未だに夏です。
衣替えしないとー。

ツタンカーメンの意志_a0086851_045591.jpg
ツタンカーメン王の石像(ルクソール、カルナック神殿)。

ルクソールでは、「王家の谷」の地下に眠るツタンカーメンの
ミイラにも会ってきました。
ツタンカーメンという呼び名は日本独特で、
もっと近い発音は「トゥト・アンク・アメン」だそうです。
カメラ持ち込み禁止なので撮影できませんでしたが、
その分、ゆっくり面会(?)できたような。

19歳頃に亡くなったとされるツタンカーメンの体は、
身長が私(160cm)より少し高いぐらいの感じ。
湿度、温度が保たれた透明なケースの中、
仰向けになった身体の部分に白い布がかけられ、
頭部と両足首から先の部分だけ茶色いミイラが露出していました。
ずいぶん華奢だな、という印象(ミイラだから当たり前?)。
調査の過程で、顔の覆いを取る際、ダメージを受けたとか。
それでも目鼻立ちがなんとなくわかりました。足先の指も一本一本。

ミイラとともに発見された財宝の数々や棺、黄金の仮面は、
「カイロ考古学博物館」に展示されています。
ここは団体客で恐ろしい大混雑で、台湾の故宮博物館と全くいい勝負!
朝いちで行って、一番見たい物にまず直行するのがおすすめです。

我々は、最初にツタンカーメンのセクションを訪れました。
3000年以上の時を経た有名な黄金の仮面は、
思っていた以上に大きく重厚で立派。
棺やベッドも黄金の装飾で絢爛に輝いていました。
アクセサリーの数々は、今でも十分通ずる、というか
現代のデザイナーが、きっとお手本にしているであろうファッショナブルさ。

でも一番興味深かったのは、ツタンカーメンが使っていたという黄金の玉座。
コブラや鳥の翼のモチーフが深く刻まれた見事な装飾のほか、
注目したのは背もたれの部分。
ツタンカーメンと妃の絵が描かれていて、
二人が白い一足のサンダルをそれぞれ片方ずつ履いているのです。
両人の仲良しぶりをシンボリックに表したとされているらしく。
ずっと見ていたら、ツタンカーメン王がまだ少年だったことや
その無邪気な部分がしのばれるような気がしました。

カイロ考古学博物館の一角には、夥しい数の棺やミイラばかりが
展示されたセクションがあります。
まさにオープンな遺体安置所的、死の雰囲気たっぷり。
ツタンカーメンのミイラは、棺が発見された「王家の谷」で
展示されていますが、以前は棺の中に保存され、
2007年まで一般公開されていなかったそうです。
けれども、検査で動かした際に背骨が壊されたり、
棺内の環境などが悪くて、棺に入れたままでは形の維持が危うい、
と判断されたことから、棺から出して温度、湿度を保つ透明ケースに
移されたいきさつがあるとか。

それはなんだか、ツタンカーメンの意志のようにも感じられるのです。
「棺の中にじっとしているのはもう飽きたから、外に出るのだ。
でもこの土地からは離れない」みたいな。
そして、今や観光の対象になってしまったとはいえ、
世界中からやってくる人々を、謁見に来た、とでもとらえて、
逆に眺めて楽しんでいるのではないか、という気もしたのでした。
by mayumiish | 2010-10-27 03:30 | ヨーロッパ・アフリカ | Comments(0)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル