タグ:タイ ( 4 ) タグの人気記事

ボランティアの心

 7月初旬の西日本の豪雨で、岡山県、広島県、愛媛県など広範囲にわたる大水害が起きてしまいましたね。

 被害にあってしまった方、避難生活をしている方々は、この猛暑で本当に大変だと思います。亡くなった方も多く、心からお見舞い申し上げます。

 ネットにも出ていましたが、地震など災害の多いイタリア政府がしているように、被災した方のためにすばやくテントを設置したり、近くのホテルなどに泊まれるように、日本政府は予算を出すなどできないものでしょうか。今後も地震など災害があるとわかっているだけに、自治体などを通して準備しておくこともできるのではないかな・・。

 災害時は、ボランティアの方々の活躍がめざましいですね。すぐに現地にかけつける方々をいつも尊敬します。今回も多くの人がボランティアで被災地に行っているようです。それぞれにできることをする姿は本当にすばらしいです。
 
 そんなたくさんの人々の一人、建築家の坂茂さんは、避難所となる体育館にプライバシー空間をつくるために、紙管と布をたくさん用意して、岡山県、倉敷市の真備や総社市などに設置しているとのニュースを見ました。彼はVAN(Voluntary Architects Network)というボランティア団体を作っていて、国内外の他の場所でも同様の活動をしています。

 以前、ある仕事で坂さんにインタビューした時、災害が起きた時は自分で必ず現地に出向いて、何をどのようにできるか、材料の調達場所、土地の環境などを見て決めるとお話ししていました。紙管を実際に見ると、太い竹のようにしっかりしつつ軽いので、災害地に適しているのだろうなと思います。また、坂さんは、京都の大学に彼の教え子の学生たちがいて、VANの活動を支えるシステムができているのが頼もしいです。

 ボランティアといえば、今月は、タイ北部のチェンライにある洞窟に閉じ込められた12人の子供とサッカーコーチの救助大作戦が成功しましたね。行方不明の彼らを探すために洞窟の奥深くまで泳ぎ、第一発見者となったのは、洞窟ダイビングの世界の第一人者であるイギリス人ダイバーでした。ボランティアとしてイギリスから急遽かけつけたのです。活動中、残念ながらタイのダイバーの方が一人亡くなってしまいましたが、イギリスを初め複数国のダイバー、洞窟の中で子供たちの救出の準備をしたオーストラリア人の麻酔医師など、世界各地からのボランティが大きな働きをしていました。日本からはJICAの灌漑の専門家が行き、洞窟の水を汲み出す技術の手助けをしたそうですね。

 さらに、忘れられないのは、チェンライの地元のボランティアです。ネットのニュースで目にしたのは、現地で作業をする人たちのために屋台のようにして食べ物を提供する人、洞窟近くで野営するタイの兵士たちの制服が汚れていることに気づき、毎晩引き取って夜中に洗濯し、翌朝届けていたランドリー店の経営者、そして、洞窟から汲み出した水が入って自分の畑が水没してしまうけれども、人命優先のために受け入れた農家の方もいました。まさにみんなの心が一丸となって見守っていたのですね。多国籍のボランティアが参加する救出作戦だったせいもあってか広く注目され、全員救出に成功した時は、世界中で安堵のため息が聞こえたに違いありません。

 子供たちを洞窟で最初に発見したイギリス人のダイバーJohn Volanthenさんの本業はITコンサルタント、Rick Stantonさんは消防士とのこと。救出を終えた時、「自分たちはヒーローではない。計算通りに一つ一つやっただけだ」と、彼らがとても謙虚に自然体の雰囲気でインタビューに答えていたのが印象的。これまで培ってきたダイビングの経験と技術を信じて、生命の危険もある救出活動を率いた彼らのボランティア精神の尊さに触れ、人間であることの良さを少し見直したのでした。そして、自分を振り返り、何ができるだろうと思ってしまうのです。


 

 







by mayumiish | 2018-07-17 00:12 | つれづれ

タイの黒、カンボジアの手仕事

a0086851_00060684.jpg
新年の始めに書いた通り、今年はもっとブログの更新を、と続けています(今のところ 笑)。

今月、タイとカンボジアの取材に行き、大変に興味深い場所や人々に出会いました。もし私がブロガーだったら、旅の詳細をいくらでも書きますが、しばらく先の掲載になる雑誌の仕事なので、まだあまり書けないのがなんとも歯がゆいところです。

タイではバンコクで時間が少しできて、10年ぶりにタイ人の友人に再会し、一緒にカオマンガイの美味しい店を満喫。タイでは昨年亡くなったプミポン国王に今も弔意を示す人が多く、黒い色の服を身につけるタイ人が目につきました。私も黒い麻のワンピースを一着持って行ったので、友人に会う時に着たら、「ちゃんと黒の服を着ているわね」という感じで喜ばれました。少し高級なレストランでも黒い服の人々が目につき。今年中にタイに行く方は、一応、荷物に黒い色の服を加えることをおすすめします。

久しぶりのカンボジアでは、伝統の絹織物が健在なことを確認してきました。しかも技術が進歩している印象。けれども織物の村に住む人に話を聞いたら、手織りの職人さんの人数は減る傾向にあるそうです。素朴で上品な光沢をたたえるカンボジアシルクの美しさは、いつまでも消えてほしくない宝ものの一つです。ほか、プノンペンでは、240通り界隈におしゃれなブティックが増え、ごちゃっとしていたロシアンマーケットはどことなく小ぎれいになっていました。でもマーケットの奥のほうにはフルーツや野菜どっさりの食材市場や屋台の喧騒がまだ残り、下町的な素顔が見えました。プノンペンはまさに新旧が交錯。

現在、ワクワクするアイデアを温め中。また近いうちにぜひカンボジアに行きたいなあ。というか、きっと行きます。

(写真はプノンペン、王宮前広場 by iphone6S ©Mayumi Ishii)

by mayumiish | 2017-01-30 13:39 | アジア

チェンライにて。骨密度のおかげ?

今日から撮影の仕事でタイの北部、チェンライに来ています。山奥の丘に建つホテルに宿泊中。街の明かりから遠く離れて、星空がくっきりと見えます。部屋の外には重層的な虫の声。

昨日、旅の準備をしている最中、部屋の家具にスコン!と思いきり足のつま先をぶつけてしまい、かなり痛くて中指が腫れてしまいました。まさか骨折?ととりあえず冷やしてみたら、今朝になって痛みはあるものの腫れは小さくなっていました。朝、病院に行く時間もないし、一応歩けたので骨折ではないことを願いつつ、そのまま空港に行って飛行機に乗りました。

今はまだ少し痛みがあるけれど、腫れは引いて普通の速度で歩ける程度まで回復。腫れたのは内出血だったのかもしれません。そういえば2年ぐらい前、健康診断の一環で骨密度を測ったら、110%と数値が出て優秀と言われました。骨折を免れたのはもしかすると、自慢の(?)骨密度のおかげかな?
by mayumiish | 2009-11-10 00:27 | アジア

寛容の国?タイ

4月にバンコクに行った時、街なかでぽつぽつ目撃して、
先日の訪問でも多く目についた人々がいました。
それは女装した男性の人たちです。

サイアム地区の通りを歩いていてけっこう目にしたほか、
デパート店内にたくさんいました。

日本にも女装する男性はいるけど、職業やエリア、時間帯が
わりと限定されているような気がします。
でもバンコクでは、一般の若い子なども女装で普通に町なかを歩いているのです。
通りの向こうから歩いてくるのが女子3人組かと思うと、
女子二人と、男子(女装の)一人だったり。
それがあまりに自然なので、まったく違和感なく町にとけ込んでいました。
奇異の目で見る人もいません。

彼らはミニスカートをはいたり(脚線美!)、ヘア&メイクもばっちりなので
一瞬わからないのですが、よく見ると眉毛や首の太さ、声で気づきます。

今回は、サイアムパラゴン・デパートの店内で多く見かけました。
お客としてだけでなく店員にもいて、
私が立ち寄ったある化粧品ブランドの店員が、
女性かと思えば、スカートをはいた男性(あるいは性転換済み?)だったのです。
ソフトな話し方で商品についても詳しく、あれこれ丁寧に対応してくれました。
その立ち振る舞いは、ある意味、女性よりフェミニンです。

ほかの国では、これほどまで女装の男性が生活にとけ込んでいる光景を
多く目にしたことがありません。ある意味、先進国なのでしょうか。
それとも、「マイペンライ」の精神がなせる寛容さ?
たいへんに興味深いです。
by mayumiish | 2007-06-09 02:11 | アジア

写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

通知を受け取る

カテゴリ

Profile
News
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
Photography
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
Archives
Archives(リゾート系)
Web Work
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30
感恩の歌
at 2018-06-23 22:16
『第2回 カタコトの会展 型..
at 2018-06-04 16:36
ノルウェーの船旅フッティール..
at 2018-01-10 00:28

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

最新のコメント

よしよしさん、不思議な形..
by mayumiish at 11:46
平なハサミのような? ..
by よしよし at 07:23
わかこさん、お買い上げあ..
by mayumiish at 22:09
朝日が昇る直前の写真を連..
by わかこ at 13:40
はじめまして。私は望月氏..
by mayumiish at 23:26

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。