人気ブログランキング |

タグ:クロアチア ( 5 ) タグの人気記事

VALUES・馨しき半島、イストラへ/ Istra, Croatia

Istra, Croatia for Values magazine

VALUES・馨しき半島、イストラへ/ Istra, Croatia_a0086851_3212277.jpg

VALUES・馨しき半島、イストラへ/ Istra, Croatia_a0086851_3215252.jpg

VALUES・馨しき半島、イストラへ/ Istra, Croatia_a0086851_3222039.jpg

VALUES・馨しき半島、イストラへ/ Istra, Croatia_a0086851_3223949.jpg

VALUES・馨しき半島、イストラへ/ Istra, Croatia_a0086851_323642.jpg


VALUES (写真&文章)
by mayumiish | 2011-01-26 03:24 | ARCHIVES | Comments(0)

クロアチアワイン

 昨日はクロアチア政府観光局主催のクロアチアワイン試飲の会が都内某所でありました。

 昨年、取材でクロアチア西部のイストラ半島に行ったつながりで、私も招待されて行ってきました。クロアチアは知る人ぞ知るワインの名産地。ヨーロッパでは広く飲まれているそうです。国際的なコンテストで金賞を受賞したワインもいくつもあります。また、クロアチア固有種のブドウ種もあり、ワイン好きには探求しがいのある国だと思います。

 私が行ったイストラ半島もワイナリーが数多く、「ワイン街道」があるほどの名産地でした。マルヴァジヤという白ワインが特に有名で、食事に合うワインだった記憶があります。

 昨日は赤、白それぞれの銘柄がトータル10種類ほど紹介されていました。私はそれほど飲めないのでほんの少しずつ。会場で、先頃のベトナムでも一緒だった女性編集者さん2人にバッタリ遭遇。2人ともお酒はいけるので、ぐいぐい(?)堪能していたようです。

 私が学んでいるインド大使館のヨガ講師、シン先生は、ワインをはじめ酒類を一度も飲んだことがないというインド人男性です。先生によると、インドではアカデミックな職業の人がアルコールを飲むことは尊敬を損なう行為なのだとか。先生いわく「血圧も高くなるし、犯罪にはすべてお酒がからんでいるのです!」。でも、例えばワインにはポリフェノールが含まれるなど良い点もあると思うので、程度の問題なのではと思うのですが・・・。

 ワイン試飲会の帰り、編集者さんの1人が、自宅のすぐ近くだけど行ったことがない、というベジタリアンレストラン「Govinda's」に一緒に行き、夕ご飯を食べました。おかず充実の日替わりセットが気に入ったご様子。また1人「Govinda's」ファンが増えました。
by mayumiish | 2009-07-31 08:07 | ヨーロッパ・アフリカ | Comments(0)

「VALUES」 2008 WINTER

ダイナースカード・プレミアム会員誌「VALUES」2008年 WINTER号に、クロアチアのイストラ半島で取材した記事が掲載になりました。撮影と文章を担当しています。

「VALUES」 2008 WINTER_a0086851_044829.jpg
「VALUES」 2008 WINTER_a0086851_0453124.jpg
「VALUES」 2008 WINTER_a0086851_038791.jpg

あいにくヨットでの撮影はお天気に恵まれず、気が滅入りそうになりましたが、イストラ半島はまさに食の大地で、旬の美食には恵まれた旅でした。
by mayumiish | 2008-12-02 00:31 | MEDIA | Comments(0)

悲しいほどお天気。そして帰国

クロアチアから日本に帰ってきました。
現地ではずっと天気が不安定で撮影に苦労したのですが
帰る日になったら、朝から快晴。
「悲しいほどお天気」とは、まさにこのことでしょうか。
早朝のフライトだったため撮影する時間もなく、
非常に残念な気持ちで飛行機に乗ったのでした。

帰りは、プーラ→ザグレブ→ウィーン→成田
のルートでした。
プーラから首都ザグレブへ向かう飛行機から下を眺めると、
青い海に囲まれた島々がいくつも見えました。
クロアチアって美しい島が多いんだな、などと思いながら
私の腕時計についたコンパスを見ると、
飛行機が南東方向に飛んでいるのです。


ザグレブ(Zagreb)はプーラの北東にあるはず。
念のため座席にあったクロアチア航空機内誌の地図で確認すると、
やはりザグレブへは、内陸を通過する北東へのルートでした。
そして、島々が多く見えるのは
なんと、かなり南方のザダー(Zadar)空港へ行くルート。
飛行機を間違えた?

でも、搭乗ゲートでチケットをチェックされたし、
彼らが間違うわけない、と思い直しました。
きっとそのうち飛行機が旋回して北へ向かうのだろうと。
しかし、ほどなくして飛行機は降下態勢へ。
滑走路に着陸して、見えてきた空港の屋根には
大きな白い文字で「Zadar」。
一体これは!?

まさか面倒なことになった?と思っていたら
フライトアテンダントがアナウンスを始めました。
まず、クロアチア語で「~-~~Zadar~-~~~Zagreb~~-~~」。
ザグレブについても何か言ってるもよう。
続いて、クロアチア語なまりの聞きとりにくい英語で
「ザダー空港に到着しました。この後ザグレブに向かう人は
そのまま座席に残っていて下さい」。
ザダーはザグレブへ向かう経由地(あまりに南ですが)
だったのです。
よかった〜〜〜。
搭乗した時にも、きっとフライトアテンダントが
アナウンスしたのでしょうが、
彼女の英語の発音が聞きとりにくいのと
前に座る乗客のマナーの悪さに気を取られて、
聞き流していたのでした。

ザダー空港で出発を待つ数十分間、
上空いっぱいの大きな青空を見ながら、
ほっとするやら、天気が良すぎて悲しいやら、
複雑な思いがめぐった帰途でした。
by mayumiish | 2008-11-01 14:04 | ヨーロッパ・アフリカ | Comments(2)

ヨーロッパ最古のゴルフ場

今日は朝からどんよりと曇り空。
撮影もどうもすっきりしませんでした。

そんな中、旧ユーゴスラビア時代にチトー大統領が
別荘を持っていたという、現在は国立公園の島を訪れました。
周囲20キロほどの小さな島ですが、
古代ローマやビザンチンの時代から人々が居住していた
島ということで当時の遺跡なども残り、
古代から20世紀までの歴史的遺産が蓄積している場所です。

遺産の中には、ヨーロッパで最古の部類に入る
18ホールのゴルフ場もあります。
今も使われていて、観光で訪れていた老夫婦がのんびりと
プレーを楽しむ光景も。
と、10頭ほどの鹿の群れが、ドドーッとグリーンを
駆け抜けて行くのが見えました。
そうかと思うと、長い尾のクジャクがトコトコ
歩いているのです。
かなりワイルドなゴルフ場。

動物がこの島にいる理由は、
チトー大統領が島に動物を運ぶことを思いつき
サファリパークのようにしたからだとか。
広い敷地にさまざまな動物がいる中、
インドのインディラ・ガンディーから贈られたという
ゾウ2頭もいましたよ。さすがに囲いの中でしたが。
紺碧の美しい海に囲まれ、不思議な雰囲気に包まれた
島なのでした。

夜からは雨降り。
明日は天気が回復することを祈りつつ・・・。
by mayumiish | 2008-10-28 04:54 | ヨーロッパ・アフリカ | Comments(2)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル