人気ブログランキング |

ハワイの地震その後

10月16日の地震から二日後、ホノルルは通常通りに戻っているようです。ハワイ島では被害が出ましたが、オアフでは大きく揺れた以外にダメージはなかったみたいです。
ただ、数十年ぶりの大きな地震だったため、多くの人には初めての大地震だったようで、地元の人々は、どれほど揺れて恐ろしかったかを話してくれました。でも、ものが倒れたり落ちたりということはほとんど聞きませんでした。

今泊まっているホテルの40階にスイートルームがあるのですが、訪れる機会があって中に入ると、リビングルームにかかっていた絵の額が斜めに曲がっていました。高層階ほどだいぶ揺れたとのことで、その影響のようです。地震の時にたまたま車で走っていたので私は揺れを感じなかったのですが、話す人々の話しを聞くと、ホノルルではだいたい震度4ぐらいだったのではないかと思います。

原因は太平洋プレートが動いたことらしいですが、ハワイ島にはキラウェア火山があり、噴火の前兆なのかも?などと思うのでした。

地元のラジオを聴いていて興味深かったことは、地震の前兆現象かもしれない、ということで、ハワイ島で地震の前に魚がジャンプしていたそうです。前兆と思われることについての自然や有機体の変化や体験をラジオで聴視者から募集していました。すぐに外出しないといけなくて最後までラジオを聴けなかったのですが。やっぱりハワイでも前兆現象に関心が高いのでしょうか。

ところで、数人の友達から、10月17日頃に万象のエネルギーが高まるなどというメールが届いています。日にち的には地震の後のようなので関連性はないのかもしれませんが、日本で何か話題になっているのかと不思議です。

その後わかったことですが、どうやら私の泊まっていたホテル、ハイアット・リージェンシーに、韓国人スターのパクヨンハさんも宿泊していたらしいです。40階の部屋ということで、多分、上にも書いた、このホテルのスイートルームのこと。かなり揺れたことでしょう。ネットのニュース記事によると、韓国では地震があまりないそうで、パクヨンハさんはびっくりして40階からロビーまで階段を一気に駆け降りたそうです。下りるのはまだ楽だけど、停電でエレベーターも約14時間止まったままだったので、部屋に上って行くのはそぞかし大変だったことでしょう。

ホノルルの滞在中は、撮影に来ていたファッションモデルの押切もえさんにも遭遇しました。ある日の朝、ダイアモンドヘッド近くのKCCというファーマーズマーケットに行って、出店のフライド・グリーントマト(これは美味)を買っていたら、彼女と撮影隊一行が来て、その辺を歩いた後に彼女がその店で同じものを注文していました。英語も話せるみたいで、節度があって感じの良い人という印象でした。やっぱり地震に遭遇したようで、あの日は、それぞれに思い出深い(?)日だったことと思います。
# by mayumiish | 2006-10-18 21:19 | アメリカ・オセアニア | Comments(0)

ハワイ島地震とホノルル大停電

取材の仕事でハワイのホノルルに来ています。なんと、今朝の7時頃にハワイ島に起きたM6.6の地震のせいで、オアフ島のホノルルは夜9時過ぎの今も停電中です。街は街路灯や車のライト以外はほぼ真っ暗。ホテルのエレベーターが使えず、非常階段を使って上り下りです。このホテルは40階建て。私の部屋は「幸運にも」11階です。

今朝は6時半過ぎにホテルを出て、車で取材先のノースショア方面に向かっていました。重そうなグレーの雲が覆う天気の中、とうとう激しい雨が降り始めて、地震が起きた時間はコーディネーターさんの運転するベンツで暴風雨のハイウェイを疾走中でした。なので、地震が起きたことには気づかず、それよりもワイパーを最速にしても足りないような強い雨と舞い上がる水煙による視界の悪さに気を取られていたのです。

雨なので撮影は無理ということで朝食を食べようと、ハレイワにある「コーヒー・ギャラリー」という店に入ると、中が暗いのでまだ開店前かと思いきや、店員の女性が「地震のせいで停電中なの。コーヒーだけあるわよ」とのこと。地震???なんでも大きな地震があってハレイワの町でも大きく揺れたということ。まわりでは口々に地震の話をしています。そこでショーケースにあったマフィンとコーヒーを買って隣の部屋のテーブルで簡単な朝ご飯を食べました。そのうちに続々と人が店に集まり始め、みな口々に大きな地震、と言っているのです。その時点では地震の規模や震源地がさっぱりわからず、店の品物が棚から落ちた様子もないので、大きいといっても、日本人からしたらそうでもないのでは、などと我々日本人は話していたのです。

けれども、午後、ホノルルへの帰り道にカーラジオをつけると、午後の2時というのに番組ではまだ地震の話題で持ち切りでした。ハワイ島では病院の建物が壊れたとか、どこかの会員制クラブでは会員以外でも水などがもらえることなど、地震情報番組となっていました。そこで、地震の規模を初めて認識。どうやらハレイワだけでなく、オアフ島全体が停電らしいということもわかりました。日曜日ということもあってか、街の店は軒並み閉店が多く、なんと道路の信号機まで停電しています。大きな交差点では、それぞれのマナーでなんとかなっているという感じでした。

ワイキキにあるホテルに戻ると、ロビー回りは人々でいっぱいにごった返していました。ホテルは自家発電をしているかも、との密かな期待ははずれ、やっぱり停電していたのです。夕方には電力が戻るらしいという話もありましたが、ダメでした。そこで、念のためにと水や食料の調達に出ることにして、午後5時半頃にライターのTさんと一緒に懐中電灯を鞄に入れて通りに出ました。

まず目に入ったのは、街角に点在するABCストアの前の長い列。みな食料や水を買い出しに来ているようです。近くにあるクヒオ通りのFood Pantryというスーパーに行ってみると閉店していました。そこで、長い行列ができている「Ono ステーキサンドイッチ」という店の列に並ぶことにしました。店からは何やら料理の良い匂いが漂ってきます。なんとか温かい夕ご飯が食べられるかなと思いながら行列に並ぶこと約1時間。停電は続き、日がくれて通りも暗くなり始めました。

行列に並んでいるとさまざまな人が通っていきます。ある男性は、大きなボウルにたくさんのチキンの焼ものを入れて現れ、「家の冷蔵庫(停電中?)にチキンがあったのでもったいないから持ってきた」と言って、行列に並ぶ人々と明るく話しながら一切れずつ配ってくれました。私たちも、つまようじに刺した一切れをもらって食べましたが、難民のような気分というのは、まさにこのことでしょうか。それにしても、こういう時に、フレンドリーなボランティア精神を発揮する人々がいるのはアメリカの良い点かもしれません。

やっと行列の順番が回ってくると、店で買おうと思ったチキンはすでになく、ビーフのサンドイッチのみということ。仕方なくビーフ(当然アメリカ牛?)&マッシュルーム&チーズサンドを買いました。厨房では3人の調理人がフル回転。停電で換気扇が回らず調理の煙や匂いで充満したキッチンで一生懸命作ってくれました。温かいサンドイッチと水を抱えてホテルに戻ると、やっぱりまだ停電中です。プールサイドで食べようかと上の階に行って見ると、なんとホテルがゲストに簡単な無料ディナーをふるまっていました。それを早く言って、と思いながら、ホテルの無料ディナーと買ってきたサンドイッチをたいらげたところで、夜の8時過ぎになってもまだ停電が続いています。仕方がないので、階段をまた歩いて上って11階の部屋に戻り、こうして久しぶりのブログを書くことにしました。

現在は、電気の明かりがついたビルが遠くにいくつか見えます。電気が戻ってきつつあるのでしょうか。そして時々、下の通りから謎の大歓声と拍手が聞こえてきます。町のビルに明かりが戻るのを観察しているのかな。部屋にはまだ電気と水がなく、部屋の中を懐中電灯を持ってうろうろしている状態です。トイレに行きたいときはかろうじて水が流れる1階まで下りていく必要がある様子。

今回のことは、東京で地震や停電になった時の教訓になるかもね、とTさんと話していました。最低でも夜のための明かり(懐中電灯やろうそく)、店が混雑する前に水や食料品を迅速に確保することが大切、と実感しました。

と、ここまで書いたところで、14時間ぶりに電気が戻ってきました!パッと部屋の明かりがついて、階下の道路からは大歓声。やっぱり電気が戻ったことを祝っている人々がいるようです。ホテルの隣の棟にも電気が戻り、バルコニーに出て階下に手を降ったり懐中電灯で合図している人が見えました。水はまだのようですが、そのうち戻ることでしょう。とにかく無事ですので、明日からなんとか取材続行できるといいな。
# by mayumiish | 2006-10-16 17:12 | アメリカ・オセアニア | Comments(0)

エコなボルネオ・ネイチャーブック

今日、書店に行ったら「eco borneo ボルネオ・ネイチャーブック」(山と渓谷社)という本を見つけました。

ボルネオ島東部のマレーシア・サバ州を中心とした自然の宝庫をいろいろと紹介している本です。キナバタンガン川や、キナバル山、ダヌム・バレーなど、私も行ったことがあり太鼓判を押したい場所が載っていました。ボルネオ島をこよなく愛する(であろう)ネイチャーフォトグラファーたちが撮影した自然の美しい動物や植物たちのほかに、ジャングルの中のロッジやホテルなども紹介し、ボルネオ島の素敵なガイドブックになっています。

原生の熱帯雨林が残るダヌム・バレーの中のロッジ「ボルネオ・レインフォレスト・ロッジ」が特に私もおすすめしたい場所です。深いジャングルがすぐ目の前に広がる静かなロッジのテラスで深呼吸する空気はとても新鮮。また、数十メートルの高い木々が茂る森を歩きながら、野生のテナガザルやオランウータンに遭遇したり、美しい鳥の鳴き声に耳を澄ましたり、多様な植物たちに囲まれていると、自分が自然のほんの一部なんだということをしみじみ感じ取れます。ダヌム・バレーに行く時は、毎回同じナチュラリストの人に案内を頼むのですが、この本のボルネオ・レインフォレスト・ロッジのページの中で、地上高い吊り橋キャノピーウォークの写真にその彼が写っていました。そういえば、この写真を撮った自然写真家がボルネオ島によく来て動物達を熱心に撮影している、という話しをそのナチュラリストが話していたっけ、と思い出しました。

そして、この本が優れものなのは、ボルネオ島の単なるガイドブックではなく、エコロジーなどの面からボルネオ島が直面している問題や改善への取り組みについてもきちんと紹介しているという点です。例えば、サバ州では今、熱帯雨林が伐採されて、パーム(ヤシ)油用のヤシプランテーションにどんどん姿を変えています。それは、ボルネオ島の玄関口、コタキナバルから島の奥地へ飛行機で飛ぶ時に、まざまざと目に入ってくるのです。ブロッコリーのようにモコモコとして見える熱帯雨林に比べて、ヤシプランテーションは規則正しく大きな面積に並び、ちょっと不気味な感じにも見えます。昨年ボルネオ島に行った時は、その3年前に行った時より明らかにプランテーションの面積が増えていました。

「ボルネオ・ネイチャーブック」によると、1984年には森林面積の2.2%だったプランテーションが、2004年には16%と、20年で約8倍に増えたそうです。パーム油は自然からできるエコ製品として、洗剤や化粧品、石鹸、食物油として広く使われるようになり、マレーシアのパーム関連品は日本が輸入するパーム関連シェアのトップとなっています。(日本アセアンセンターの2005年資料)。天然素材で一見、環境にやさしそうなパーム油は、産地では熱帯雨林の生態系を壊して、森に住んでいた動植物の住み処を奪っていることはあまり知られていません。また、ジャングルがなくなったことによる気候の変化も、サバ在住の人が気にしていました。こういうことを知ってから、お店に並ぶパーム油原料の洗剤などを見ると、増殖したプランテーションを思い出して心が痛むようになりました。

この本では、そんな環境破壊について知った日本企業の取り組みが紹介されていました。サラヤという会社は「ヤシノミ石鹸」という製品をはじめとするパーム原料の製品を作っているそうです。けれども、ボルネオ島のヤシの木プランテーション問題について知り、環境保全プロジェクトを始めたそうです。会社のサイトを見ると、ヤシプランテーションの現状や問題などが詳しく説明され、いくつかの取り組みが紹介されています。

このような会社があるとボルネオ島の未来に少し希望が持てる一方、数ヶ月前に、日経のあるニュース記事を見ました。トヨタがパーム(ヤシ)油を原料とするバイオ燃料の試験生産を2009年からマレーシアで始めるそうです(NIKKEI NETの企業ニュース/2006年7月23日)。世界のトヨタがもし大規模に生産することに決めたら、プランテーションがますます増えることにならないかと気になる記事です。環境の状況に逆行しているような・・・。

話しがそれてしまいましたが、この「ボルネオ・ネイチャーブック」の本には、実際に行って体験できるボルネオ島の貴重な自然の魅力がたくさん紹介されています。日本から直行便も出ていて成田から約6時間。ボルネオ島は意外と近いですよ。
# by mayumiish | 2006-09-26 19:34 | ボルネオ島 | Comments(0)

ネットの迅速性をしみじみと

フォトボランティア・ジャパンのチャリティー写真展への参加のお誘いをミクシイのコミュニティーでPRしたら、その後数時間のうちに10人近くの人が参加要項をリクエストしてくれました。
東京以外に、京都や九州在住のフォトグラファーの方々もいました。10月31日のエントリー締め切りまでに、これからもきっと増えるのではないかと期待しています。社会貢献に意識の高い人々がいることを知るのはうれしいことです。また、若い写真家の人にとっては、チャリティー展での展示は自分の作品をアピールするチャンスにもなるのでは、と思います。

それにしても、ネットの迅速性、情報が及ぶ範囲の広さを実感としてしみじみと感じました。やっぱりミクシイ、上場するだけのことはありますね。効果的に使えます。一方で、ネットをしていない人には情報が全然届かないこともあるわけで、今後もその格差は広がっていくのでしょうか?
# by mayumiish | 2006-09-23 23:49 | つれづれ | Comments(2)

インドの先生からヨガを習う

この春からヨガを習っている。
ヨガには10代の頃から興味があった。
ずっと昔に広池秋子著の本を買って、紹介されているポーズを自分でやってみたのが初めての体験だ。

その後、インドに行った時に、初心者向けの体験レッスンに出てみたりした。2年前にアメリカのオレゴン州ポートランドに約1ヶ月滞在した際には、ビクラムヨガのお試し1ヶ月メンバーになることができて、ホットヨガ状態のスタジオでレッスンを受けた。ビクラムヨガは毎回同じポーズを繰り返すので、数回行ってノートに書き留めるうちに、なんとか内容を覚えた。印象は、ヨガではあるけれども一つ一つのポーズが早くどんどん進行するので、エクササイズという感じだった。スタジオ内が暑くて、かなり汗をかくし。水の1リットルボトルは必携だ。

日本でもどこかで習いたいと思いつつ、どこに行って良いのやらわからなかったので、とりあえずジムのヨガクラスに通っていた矢先、今年たまたま見つけたのが今のヨガクラスだ。インドからはるばる来たばかりの先生のもと、この春からとうとう本格的に習い始めることができた。

ヨガというと、アメリカから来たものと思っている人もいるというビックリな話しも聞くけれど、今の日本のヨガブームの展開ぶりからすると、そう思う人がいてもおかしくないのかもしれない。私は何でも源流とかルーツが気になる性質なので、ヨガ=インドで習いたいとずっと思っていた。だから、インド人の先生からオーセンティックなヨガを学ぶことができてうれしい限りだ。

クラスでは、ポーズ以外に、呼吸法、瞑想を習う。特に「呼吸がきちんとできなければヨガを学ぶ効果がない」と先生がいつも言って、毎度、何回も意識させられる。また、ヒンズー教の神々や宇宙観についての話があったりと、ヨガと一緒にインドの文化を学べるのがいい。

このクラスは10月で終わり、1月からさらに上のレベルのクラスが始まるのだが、上がれるかどうかは先生の判断次第だ。
なんとか上のクラスに上がれることを祈りつつ、ヨガを習って変わってきたことのあれこれをたまに書いていこうと思う。
# by mayumiish | 2006-09-22 21:41 | ヨガ的生活 | Comments(0)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

謹賀新年 2020
at 2020-01-06 00:17
「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2020年 01月
2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル