石井真弓のブログ◎Apertures mayumii.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

写真家です。文章も書きます cMayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


ファインダーの中が大切



a0086851_01055347.jpg


ホームページ(http://mayumiishii.com)を久しぶりにリニューアルしたら、自分の写真をあたらめてたくさん見る時間が増え、いろいろな思い出が心をよぎりました。

ホームページに載せた上の写真も思い出深いショット。アフリカ大陸の最南端、南アフリカの喜望峰です。この日は、ケープタウンからここに車で到着するまでの途中からずっと雨が降っていて、空に低くたちこめた雲のように心もグレー色だったのですが、喜望峰の海岸が見えた途端、空が晴れ始め、それは大きな虹がかかったのです。夕暮れ前の黄金色の光も射してきて。「あの虹が消える前に!」と車から飛び下り、海岸にダッシュして撮影したことを思い出します。

撮ることだけに集中した時間約15分ほど。時間が少しでもずれていたらきっと虹も光も見えませんでした。こういう時に、写真は「一期一会」を体感させてくれます。後で余裕が出てから、まさに喜望峰の名前にふさわしいなあと思いました。

先日、私がインスタグラムでフォローしているアメリカ人の秘境系写真家が、こんなことを書いていました。「PCのプログラムや編集アプリでいくらでもイメージを変えることができる今、逆にカメラの中で全てクリエイトされた写真のアートを見ることは快く、タフな撮影環境の中でもそれを追求する人の努力に、自分は価値や意義を感じる」。うん、そうだなと共感しました。

写真を撮る際、四角いファインダーの中を見つめてフレームに入れる要素を見極める時こそ、自分の直感と経験を生かす瞬間であり、苦労であり、何より写真を撮る楽しさを感じます。デジタルになる前、ポジフィルムでずっと撮ってきたせいかもしれません。だからか、写真を見る時でも、フォトショップで加工しすぎた写真にはあまりときめきません。

もちろん写真表現は人それぞれですが、息を止めてカメラのファインダーをのぞいているような集中心、心の感動が伝わってくるような写真に魅かれます。



by mayumiish | 2017-06-29 01:52 | Photography | Comments(0)

いろいろなニュースが駆けめぐる毎日ですね。
夏至が過ぎて、日が短くなっていくのがさびしいですが、夏はこれからが本番。
沖縄では梅雨が明けたそうですね。

長らくさぼっていたホームページをやっとリニューアルしました。
これまで、せっかく私のホームページを訪問していただいた方、特にお仕事関係の方に古いサイトをお見せして心苦しかったのですが、やっと更新できました。これからは新しい写真もアップしようと思います。

Bindというホームページソフトで作ってみました。ページをオープンする時に少し重いかなと心配なので、もし気がついたことがあればご遠慮なくコメントでも個別にもお知らせくださいね!

こちらから!↓

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。








by mayumiish | 2017-06-24 14:29 | Photography | Comments(0)

日本のゆくえ


今晩、共謀罪法案をめぐり、深夜におよんで国会が開かれています。

TVを持っていないので、AbemaTVのアプリで国会中継を見ています。

共謀罪法案に反対です。

国連からも、日本のこの法案について人権やプライバシーなどを懸念する質問が出ているのに、無視しはぐらかして強引に進めるやり方に驚きますし、承認できません。
そもそも、テロ防止に関する法律はすでに存在しているというのに。

この法案は戦後日本の大きな転換点となりそう。悲しいです。

日本の国会議員には、自分の党や保身のためでなく、国民のために働いてほしいです。


【追記】

あああ・・・・。





by mayumiish | 2017-06-15 00:54 | 日本 | Comments(0)

もう6月ですね。

キューバから帰った後、すぐにノルウェーを北から南へと旅する取材に行って、先週日本に帰ってきました。旅が続いて、時差ボケがなかなか治りません・・・。旅についても書こうと思いますが、その前に!

ご縁があって応援している染めの関係の職人さんたちが集まって作った「カタコトの会」の第一回展示会のお知らせです。「カタコトの会」とは、伊勢型紙を用いた染めものを行う職人さんや、伊勢型紙の彫り師職人さん、また、図案師さんなどが、染めの道具としての伊勢型紙を大切にしつつ、何か新しいことも起こしていこうという主旨で作られた会です。取材で知り合いになって仲良くしていただいている職人さんたちが参加していることから、私も仲間に入れてもらっています。

そして、今年、「カタコトの会」の第1回目として、5/30〜6/4の会期で展示会が行われています。内覧会と初日に会場に行きましたが、朝日新聞5/25の朝刊、東京版の記事に取り上げていただいたこともあってか、連日たくさんの方々にお越しいただき盛況です。

確かな技術を持つ職人さんたちの作品なのでどれも美しく見応えがあり、また職人さんたちによるクリエイティブなコラボレーション作品なども展示されています。小紋染め、長板中形、更紗、秩父銘仙など、伊勢型紙を用いる多彩な染めものをご覧になれますよ。また、綿を自ら畑で育てて、手紡ぎした糸で織る職人さんの作品もあります。

会場は、銀座線稲荷町にある、江戸からかみ東京松屋 4Fの広い展示スペースです。

毎日、講座や実演などもあるので、染めや和の手仕事がお好きな方に強力におすすめです!

Facebookのページもあるので詳細をご覧くださいね。

カタコトの会/Facebook

先日、内覧会で、大変にびっくりしたことが。
数年前に私が開催したポートレート撮影の講座を受けてくださった方が、偶然にもカタコトの会の職人さんたちとも知り合いで、内覧会にいらしていたのです!写真講座をした頃は、私はまだ職人さんたちと出会っていなかったのですが、先日、その方と数年ぶりに会場でお会いして、感動とともに、つながりの不思議さを感じました。再会できてとてもうれしかったです☆

カタコトの会展は6月4日(日)までです。お誘いあわせてぜひ!
a0086851_02061546.jpg

by mayumiish | 2017-06-01 02:01 | 日本 | Comments(0)