人気ブログランキング |

<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ミャンマーに来ています

先日からミャンマーで撮影の旅をしています。

昨年8月に来た時は雨季でしたが、今は乾季。ミャンマーには夏、冬、雨季があり、2月は冬とのことですが、毎日灼熱の暑さです。

ヤンゴンから列車でバガン、そしてエーヤワーディー川を行く船で、昨晩、マンダレーという古都に着きました。ネット回線が早い場所に来たのでやっとブログを書けます。

今回は初めて鉄道の旅をしました。バガンまでの夜行列車です。時間通りきっかりにヤンゴン駅を出発。バガン行きの列車には乗る人が少ないらしく、乗客はローカル客5、6人程度でした。なんとなく貸し切り的気楽感いっぱい(笑)。

撮影するならば、寝台席ではなくてシート席のほうがきっと気に入るに違いない、席は広いし悪くない、という腕利きのミャンマー人通訳さんの提案に従って、シート席に乗りました。たしかに、個室の寝台席だと窓が一つしかないけど、シート車両だとどの窓からも外が見えるので便利。シートの座席は十分な広さでリクライニングできるし、何しろ空いているしでなかなか快適でした。

ただ、バガン行きの列車はいろいろすごいです。車体が古いせいか、エアコンはなくて窓すべてが全開。走っている時は涼しかったですが。そして、音と揺れ。でも車体のクッション?が良いのか、揺れに体を委ねるとそう悪くなかったです。撮影は大変(笑)。

ヤンゴンからバガンの路線は、南から北への旅。果てしない平原をひたすら走ります。なので、車窓の西側には太陽が地平線に沈み、東の地平線からは月が昇ってくる光景を見ることができました。ちょうど満月の頃で、列車と伴走する月がとても美しかったです。

夜は、列車の窓から見える満月を見上げながら、食堂車から運ばれてきたミャンマー料理の夕飯を食べました。とても心に残った時間。

バガンには飛行機で行けばほんのすぐですが、ミャンマーの大地を体感するには列車の旅もおすすめです。ただ、ワイルドですが(笑)。

今日はこれからマンダレーで撮影。古都だけあって、いろいろな手仕事が残る街です。時間があればまたブログを更新します!
by mayumiish | 2013-02-28 10:57 | Comments(0)

そろそろ春一番?

今日、東京ではまた雪が降りました。
ふわふわと舞う雪。先日、京都で見たのと同じ美しい舞雪。
空気が乾燥している時にそういう雪が降るのだと、京都で会った方が教えてくれました。

最近、毎朝、外で風がうなる音が聞こえて、春一番?と思いきや、
まだ冷たい北風なのです。
でもそろそろでしょうか?

先週からなんだかせわしなくて、なかなかブログを書けませんでした。
京都の取材から東京に帰った後、インドネシアで美しい布作りをしている方にお会いしたり
映画「人生、ここにあり!」の上映会でスライドショー&トーク。
久しぶりに観て、やはり良い映画だなと思いました。
そして原稿仕事などなど。
今日は日本写真家協会での国際交流委員会のミーティングに行って
来月のイベントなどの打ち合わせをしてきたところです。
やっとひと息。
この後は、そろそろ次の旅の準備です。
a0086851_126034.jpg
舞雪がふわふわと 。京丹後にて
(カメラ:iPhone4S)
by mayumiish | 2013-02-20 01:47 | 日本 | Comments(0)

「Cruise Traveller」vol. 3のミャンマー特集に

早くも11月ですね。
今年はなんだかとても早く感じます。

「Cruise Traveller」 vol.3 2012年(海人社) に、私が撮影した記事が掲載になりました。

特集「最後の理想郷 ミャンマー エーヤワディー川の旅」(写真・表紙も)

a0086851_21403373.jpg

ミャンマーの中心を流れるエーヤワディー川を、ロードトゥマンダレー(Road to Mandalay)という船に乗って旅してきました。古都マンダレーを出発し、雨期で川の水量が上がった時だけしか行けないという、中国国境に近いバモーの町まで北上。そして、小さい村々に上陸しながら南下し、仏教遺跡が壮大に広がるバガンで船を下りました。

今回は雨期真っ最中に行ったのですが、水量の増加が想像以上で、時々エーヤワディー川が湖か海のように感じられるほどでした。早朝から晩まで、時に幻想的、時に熱帯感たっぷりの川はとても興味深くて魅力的。ひんぱんに行き交うローカルの船にミャンマーの人々の生活が色濃く表れていて、カメラをなかなか離せませんでした。
ページの関係であまり写真を載せられませんでしたが、一端を伝えられたらと思います。
a0086851_21404557.jpg

約6年ぶりのミャンマーでしたが、ヤンゴンの町は混沌とした都市で古い建物が多く、それほど変わった感じはありませんでした。でも、国が民主化の方向に進んでいるということで、世界から注目され、どんどん変わりそうな予感です。ヤンゴン在住の知り合いミャンマー人によると、ビジネス旅の人々がヤンゴンに押し寄せ、ホテルは盛況、値段もアップしているそうです。日本からの訪問者も多いとのこと。

田舎のほうは未だに牛車が走るのどかな景色が広がる国ですが、これから経済の波に飲まれて行くのでしょうか。変化の早い国ではいつもそのあたりが気になります。個人的にもこれからますます注目したい国の一つです。

この表紙も私の写真です。
Cruise Traveller (クルーズトラベラー) Vol.03 2012年 11月号

a0086851_2140491.jpg

by mayumiish | 2013-02-14 11:52 | MEDIA | Comments(0)

タンゴ、丹後!

a0086851_6271485.jpg

取材仕事で京都に来ています。

泊まっている場所は京丹後。
昨日は日中はお天気がなんとかもち、夜は粉雪が舞っていましたが、今日はどうかな。

丹後地方といえばちりめんの産地。
昨日はちりめんの製作会社に行ってきました。
工房の近くに行くとガシャンガシャンという音が外まで聞こえ、
これがこの町の音なんだなあと思いました。

日本の着物の7割の布が丹後で織られているそうで、この一帯にたくさんの工房があるとか。そして、ここから全国の染め物屋さんに送られて行くそうです。

時間があったらまた京都からアップしますね!
by mayumiish | 2013-02-08 06:25 | Comments(0)

映画「人生、ここにあり!」上映会でトークします

2月になりましたね。なんだか1月が早かったです。
先日もブログに書きましたが、今月、イタリア映画「人生、ここにあり!」の
上映会があり、私もお話しさせていただくことになりました。

a0086851_1264397.jpg

2/13 (水)ふろむあーすカフェOHANA(三軒茶屋)
http://www.cafe-ohana.com/
にっしぃ劇場映画上映会「人生、ここにあり!」
19:30 映画開演 
21:15頃〜トーク

「人生ここにあり!」公式サイト

にっしぃ劇場というのは、西村さんという方がこのお店を借りて
毎月行っている映画上映会の名前だそうです。

世界で初めて精神病院が廃止されたイタリアでの
実話に基づいた映画の舞台となった場所を取材してきたことから、
今回依頼されました。
自分でも好きな映画なのでうれしいです。
私は精神医療や協同組合の専門家ではないですが、
現地で、映画の主人公のモデルとなった人や関係者にお会いしたり
トリエステにある元精神病院、支援施設などを訪問して
見聞きしてきたことを、写真もお見せしながらお話しできればと思います。
お店の中での上映会なので定員20名。
トークもアットホームな感じでいきたいなーと思っています。

先日、ふろむあーすカフェOHANAに初めて行ったのですが
おいしいベジタリアンメニューが充実した居心地の良いお店で、
フェアトレード製品もたくさん売られていましたよ。
近所にあったらひんぱんに通ってしまいそう。

13日にお時間があれば、上映会の宵にぜひご参加下さいね。
by mayumiish | 2013-02-01 01:26 | アート | Comments(2)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル