人気ブログランキング |

<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

映画「TOKYOアイヌ」を観ました

友人に誘われて「TOKYO アイヌ」という映画を観てきました。

首都圏に住むアイヌ民族の人々のコミュニティー、活動を3年間に渡って丁寧に追ったドキュメンタリー映画です。監督は映像作家の森谷博氏。

映画によると、首都圏には5000~10,000人のアイヌ民族の人々が住んでいるそうです。年配から若い世代までのアイヌ民族の人々にインタビュー。それぞれが語る人生の断片、思い出、暮らし、そしてコミュニティー活動を通して、民族が受けて来た差別の歴史、困難、ルーツへの思いが多様に浮かび上がり、また、先住民族としての文化を守るために彼らがコツコツと続けて来た努力が描かれています。

アイヌの人々が首都圏に大勢住んでいることを知りませんでした。第二次世界大戦後、アイヌの人々は就職のため、また北海道での差別や迫害を逃れて首都圏に多く移住してきたとのこと。かつては自分たちの身分を隠して生きる人が多かったそうですが、少しずつコミュニティーを育んでお互い助け合い、現在はアイヌの文化に誇りを持って、民族としての権利を得るための活動をしているそうです。

八重洲に「アイヌ文化交流センター」という施設があり、アイヌの人のための文化伝承、たとえばアイヌ語、刺繍、木彫りなどの講習が行われているそうです。儀式で人々が纏う服に施された刺繍のアイヌ文様が美しくてエキゾチック。一着完成するのに1年かかるという手仕事に、アイヌ文化の心がうかがえる気がしました。刺繍をする女性が「糸はどこかにつながっていて、へその緒のようにも感じる」と言っていたのが印象的。また、アイヌでは子供が生まれてもすぐに名前をつけないで、数年間観察してその子の特徴に合った名前をつける伝統があるそうです。面白いな。映画から、アイヌの豊かな文化、魂や神を大切にする人々の思い、愛もいっぱいに伝わってきました。

秀逸なドキュメンタリーです。2月と3月にも上映会があるそうですよ。
「東京アイヌ」公式サイト
by mayumiish | 2013-01-28 04:24 | アート | Comments(0)

春の光と

昨日あたりから、空気が春の水分をゆるく含んでいるような?
そんな気配を肌で感じる東京です。光も変わってきました。
あと、ひと月もすれば南から春一番がぶお〜っと吹いてきますね。
木々が新芽の準備を整え、生命が一斉に動き出す日本のその時期が好きです。
寒さはまだ続きますが、あと少しの辛抱。

来月、映画の上映会でトークをすることになりました。
2011年に日本で公開されてロングラン的に人気を得たイタリア映画
「人生、ここにあり!」です。
映画の公開に合わせて、舞台となったイタリアで現地取材して、
公式パンフレットや雑誌に寄稿したご縁で、
上映会を企画した方から声をかけていただきました。

映画はこれ。SPECIALのコーナーに私が撮った写真も載っています。
「人生、ここにあり!」公式サイト

イタリアは世界で初めて精神病院を廃止した国です。
バザーリアという精神科医師が、患者を病院に閉じ込めてはいけない、
と革命的な運動をした結果。
精神疾患という病名のレッテルを貼らず、病気ではなく「困っている人」として
患者さんをとらえるそうです。そして、生活の自立もサポートするシステム。

映画は、イタリアのそんな背景を元に、ある協同組合で起きた実話を
もとにしたストーリー。
「人生、ここにあり!」のイタリアでの原題は「やればできる」(Si puo fare)。
まさにそんな気持ちになる映画なのです。

その発祥の地トリエステに行って医師、患者さん、支援施設、
映画のモデルになった協同組合の人々に会い、見聞きしたこと、
また心に感じたことなどを、お話しできたらいいなと思います。

上映会のお知らせの詳細をまたすぐ書きますね!

☆ブログのトップの写真は、高知県の朝焼けです。
取材で四国に行った時、少しロケハンをしようかと早朝にレンタカーを運転していたら
山が途切れて海が見えた場所で、燃えるような朝焼けが目に入ったので
急いで車をその辺の路肩に停めて、走って外に出て撮影した記憶があります。
朝早い時間だったので、道路にほかの車がいなくて良かったです(笑)。
ピンとした早朝の空気が心地良かったのも思い出。
by mayumiish | 2013-01-25 14:26 | 日本 | Comments(0)

初雪

東京は初雪が降りましたね。

雪が降るとウズウズ。
ホームページ作りの作業や仕事の計画を立てるつもりが、
雪の誘惑(?)に負けて、カメラを持って出かけてしまいました。
a0086851_5205477.jpg
(Camera: Canon EOS 5D)
a0086851_330301.jpg

みるみる降り積もって大雪に。

a0086851_5284069.jpg

新宿御苑に行ったら、大雪で危険ということで早時間閉園になっていました。公園のすぐ横に、雪の重みで幹が折れた木がありました。


a0086851_3304495.jpg
雪の日は、いつもの風景が違って見えます。


a0086851_3301793.jpg
成人式の帰りかな?

新宿では大降りの雪に加えて風も強くて、一眼レフのカメラで撮影すると
雪で濡れそうだったので、カメラバッグに入れておき、
一番上の写真以外は、iPhoneで撮影しました。

(Camera: iphone4S)
by mayumiish | 2013-01-15 05:29 | PHOTOGRAPHY | Comments(0)

ホームページをリニューアル中

最近、ホームページのリニューアルに長々と取り組んでいます。

現在のものはデザイナーさんに作っていただき、今回は自分で行っているので、超スローペースですが、とうとうなんとかなりそうな感じになってきました。

写真も多く載せる予定です。
カテゴリーの一つはポートレート。どんなに前の写真でも、ひとりひとり、撮影した時のことや場所をよく思い出します。セレクトしながらワクワクというか、人を撮ることがやっぱり好きです。今年は気持ちも新たに、たくさん良い写真を撮りたいです。



a0086851_193718100.jpg
レンズをじっと見つめてくれたバングラデシュの少女たち

ホームページは今月なるべく早めに完成してアップします!(←希望的予定)

(Camera: Canon EOS5D)
by mayumiish | 2013-01-13 21:08 | PHOTOGRAPHY | Comments(0)

土門拳「写真随筆」

先日、ふと立ち寄った古書市で、面白そうな本を見つけて買いました。

「写真随筆」土門拳著。

1909年(明治42年)生まれの写真家、土門拳が1950~70年代頃に書いた随筆や座談会、講演の内容がまとめられた本です。さっそく読んでいますが、とても面白い。写真に対する彼の哲学や姿勢、技術論などがストレートに書かれていて、だいぶ昔に書かれたものなのに、デジタル写真が主流の今の時代にも通じる普遍性を感じます。

シャッタースピードについて具体的に提案したり、ほかの写真家と意見交換をしたり、写真集「生きているヒロシマ」を撮影した時のこだわりや思いを語る文章からは、戦後10年あまりの当時ならではの生々しさもうかがえます。また、ユーモラスな紀行文もあり、カジュアルなエッセイから固い話まで幅広く、とても読みごたえがあります。

「なぜそんなに沢山撮るのか」という章では、一般の人から来た手紙の質問に答えています。まずは露出などの技術的な理由。それから「職業写真家のフォトジェニック・ビジョンの豊富さということである」と。ある一つのモチーフからどんな写真が撮れるか、シャッターを切っただけで直感的に目に浮かぶ。それで右から左から斜めからとアングルを変え、レンズを変え、被写体が持つ限りのフォトジェニックな可能性が浮かんでくるので、最大限に引き出すのだと。うんうん、と同感しながら読みました。決してやみくもに撮っているわけではないのです。

そして、結局はいい写真を撮る事が目的で、いい写真とは、「モチーフの客観的な表象のなかに、さまざまの二義的な、末梢的な、偶然的な要素と入りまじって、全体としてはきわめてあいまいだが、しかもなお厳として存在する一義的な、本質的な、必然的な要素、つまりモチーフの中の『典型的なもの』をカメラ・メカニズムを通して積極的に、普遍的に形象化したものである」と書いている。典型的なものというか、やはり本質的なもの?

土門拳がたくさん撮影する人とは知りませんでしたが、私が言葉じゃなく感覚的な形で思っていることが言語で表現されている感じがして、なんだか共感と親しみ(?)を覚えました。日本人の写真家では濱谷浩も好きなのですが、彼も自伝的な著書「潜像残像」を出しています。この本も面白く、良い写真家は文章も上手いのかな?

「写真随筆」には土門拳の若い頃の話などもあり、「紺屋の白袴」というエッセイでは、新婚旅行に行くお金がないので、取材旅行を兼ねて九州に行ったところ、取材の撮影に集中しすぎて自分たちの記念写真を一枚も撮らなかった(ありがち 笑)話とか、また、事故のスクープ写真を撮ることについての考えなど、人間としての土門拳もうかがえる本です。

土門拳が選んだ世界の写真家ベストテンもありました。ちなみに彼にとっての第1位は、エドワード・シュタイケンだそうです。

a0086851_232365.jpg

by mayumiish | 2013-01-08 01:10 | PHOTOGRAPHY | Comments(0)

一陽来復

ブログをしばらくの間、冬仕様にすることにしました。

初詣には行きましたか?
私はここ数年、早稲田の穴八幡宮で「一陽来復」のお札を買ってきます。

一陽来復とは広辞苑によると、陰が極まって陽がかえってくること、
冬が去り春が来ること、などとあります。
だから来福ではなく、来復なのですね。
なんとなく老子を思い出します。宇宙の法則。

冬至、大晦日、節分のどれかの日の夜中に定まった方角に
貼ることになっていて、お札も冬至の頃から節分の日まで、
ずっと売られています。

a0086851_21223414.jpg

今年は節分の夜に貼ります。

当日忘れないようにしないと!
by mayumiish | 2013-01-03 21:28 | 日本 | Comments(0)

初日の出を見に


今年は元旦に初日の出を見に行きました。

a0086851_20201088.jpg
(Camera: iphone4S)

場所は羽田空港近くの海岸。波打ち際に大勢の人が来ていてびっくり。
水平線近くに雲(煙突からの煙のせい?)があって
ドラマティックな日の出ではありませんでしたが
水辺のやわらかい波と大きな空を感じるおだやかな朝で、気持ちよかったです。
近くで飛行機が発着するせいか、大気の色はちょっとどうかな?

a0086851_20273024.jpg
(Camera: Canon 5D Mark ll)
太陽を待って水平線を見つめる人々。

きれいな南の海を見に行きたくなりました。
by mayumiish | 2013-01-02 20:40 | 日本 | Comments(0)

謹賀新年 2013

a0086851_19161598.jpg

明けましておめでとうございます。
どんな新年をお迎えですか?

震災の影響が福島を中心に長引き、まだ不透明な日本ですが、
少しでも笑顔の多い年になるといいですね。
私はよりまっすぐに、心に触れたものを撮り、
また冒険心を忘れずに生きていきたいと思います。

みなさまが健やかで豊かなインスピレーションにあふれ、
より幸せな年になりますように心からお祈りします。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2013年 元旦
石井真弓

photo: インド、ジャイプールの壁画。
蓮の花の上にいるのは、宇宙の創造神ブラフマー。
千の頭を持つ蛇の上で眠るビシュヌ神から生まれたといわれています。
by mayumiish | 2013-01-01 02:38 | PHOTOGRAPHY | Comments(0)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル