人気ブログランキング |

<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

原発いらない福島の女たちのアクション

10月27日から10月29日に「原発いらない福島の女たち」という脱原発の座り込みが経産省前で展開し、29日には日比谷から銀座にかけてでデモがありました。その後、座り込みの間に作った毛糸の指編みロープで、経産省をぐるっと一周取り囲むアクション。賛同するたくさんの男性も参加するイベントとなりました。

a0086851_2424946.jpg

a0086851_2432657.jpg

a0086851_444430.jpg
各地からも参加
a0086851_2444039.jpg
東京電力の前を通過
a0086851_3174330.jpg

a0086851_2453430.jpg

a0086851_2462254.jpg

a0086851_2455547.jpg
スピーカーをソーラー発電?
a0086851_2472092.jpg

a0086851_2464747.jpg
デモの回を重ねるごとに、趣向をこらしたプラカードやバナーが増えてきた気がします。
a0086851_2465944.jpg

a0086851_2475020.jpg

a0086851_2473985.jpg
このおばあちゃんは87歳!以前、新宿のデモにも来ていました。1人で来たのかと聞いたら「1人のほうが動きやすいから」とのお答え!「若いものに負けてられない」とおっしゃっていました。
a0086851_248585.jpg
霞ヶ関経産省前にテントが。今回の座り込みアクションの事務局であり、情報交換の場でもあります。
a0086851_248161.jpg

a0086851_2485929.jpg
ここで座り込みをしている間、毛糸の指編みを作っていきます。誰でも参加可能。これが意外に簡単で楽しく、思わずはまりました。
a0086851_2491364.jpg
編む編む編む・・・つなげると長い長いロープに。
a0086851_2492427.jpg
それをたくさんの人が持ってぐるーっと・・・
a0086851_2495031.jpg

a0086851_250189.jpg
ぐるーっと・・
a0086851_250167.jpg

a0086851_2503068.jpg

a0086851_2505311.jpg
ぐるーっと・・
a0086851_251639.jpg

a0086851_2513969.jpg

a0086851_2515441.jpg
経産省のビルの回りを一周して囲みました。どれだけの人数が参加したのだろう。
a0086851_3251192.jpg
その後、日比谷公園に移動して、南相馬から来た人など、福島の方々がスピーチ。今回のアクションを喜びつつ、涙ぐんでいる方もいました。集まっている人々が真剣に聞いている様子、熱気が伝わってきました。最後、全員で「ふるさと」の歌を歌った時、福島の美しい景色が頭に浮かんできて悲しい気持ちになりました。現地に住んでいる人々の無念はもっと強いだろうと思うと、心が痛かったです。
a0086851_2523024.jpg

a0086851_3225923.jpg
10月30日から11月5日まで、今度は「原発いらない全国の女たちのアクション」があるそうです。場所は霞ヶ関の経産省の脇。期間限定カフェもあるようなので、原発問題に関心のある方は一度足を運んでみては?男性もウェルカムのはずですよ!
a0086851_248463.jpg

by mayumiish | 2011-10-31 05:05 | 東日本大震災関連 | Comments(2)

「奇蹟」を巡り静かに波立つ人間模様。「ルルドの泉で」

映画「ルルドの泉で」の試写会に行きました。

世界有数の巡礼地「ルルドの泉」を訪問する人々を題材にしたストーリー。フランス、ルルドでのオールロケということもあり、巡礼の舞台裏ドキュメンタリーを見ているかのようなリアリティーを感じさせながら話が展開していきます。

泉の奇蹟に強い期待を込めて巡礼ツアーに訪れる人々。それを世話する教会側の神父さんや、ボランティアのシスターたちとのやりとり、感情の起伏。やがて一人の女性に起きた奇跡を巡り、静かに波立っていく人間模様が繊細に描かれていきます。俳優たちがみな秀逸で、登場人物の一人一人、今も顔をはっきり覚えているほど。特に身体不随の主人公クリスティーヌを演じたフランス人女優シルヴィー・テステューの変貌ぶりが名演でした。また映像が印象的で美しく、現代のストーリーのはずなのに、どこかタイムレスな空気感が気に入りました。衣服やインテリアなど、クラシカルといっても違和感のない雰囲気。白や青が記憶に残る色彩のトーンも面白く、赤い色が印象的に使われていました。何かを象徴していたような・・。象徴といえば、ボランティアシスターのチーフとして出てくる女性がいるのですが、途中で、ああ、この人はあの象徴?と思えてきたり。キリスト教の文化的背景も加えて、さまざまな見方のできる魅力的な映画でした。余韻の残るラストも印象的。

この作品の監督はオーストリア出身のジェシカ・ハウナー。ちょうど来日中で、上映の前に舞台挨拶がありました。ルルドを題材にするにあたって現地で綿密なリサーチを重ねたそうで、その成果がドキュメンタリー的な感じを醸し出すのかも。撮影している間「この映画の中で起きることはルルドに限ったものではなく、世界中、どこもルルドなのかもしれない」と感じたそうです。たしかに、寓話のようでもあり、一般社会と重ね合わせることができる普遍性も感じとれます。ヴェネツィア映画祭で5部門受賞したことも納得。

12月にシアター・イメージフォーラムほかで公開予定だそうです。おすすめ!
「ルルドの泉で」公式サイト
by mayumiish | 2011-10-20 02:01 | アート | Comments(2)

今日の一枚

これからなるべくブログをこまめに更新します。
今日の一枚。

a0086851_1565867.jpg
原宿・明治通りにて。
by mayumiish | 2011-10-17 15:08 | 東日本大震災関連 | Comments(0)

同窓会に行きました

a0086851_15532255.jpg

高校の同窓会に出席しました。

卒業以来、数十年ぶりに会う人がほとんどで、ぱっと見わからない人が多かったですが、
よく見ると記憶が蘇り、なつかしい顔ばかり。出席者が多くて非常に盛り上がりました。
私が所属していた女子テニス部同期も集合!
2次会でさらに旧交を温め、時間がとても短く感じた一日でした。

来賓として出席された先生方が、高校時代から変わらない若々しさでビックリ。
やはり、教育者として常に若い世代と接しているせいなのでしょうか?
また、ずっと会っていなかった人たちから私のブログを見たと言われ、
驚きかつなんだか嬉しかったです。

みなそれぞれ、人生を積み重ねながら一生懸命に羽ばたいているな〜と感じ、
そんな旧友たちの姿に、私も元気をもらって帰ってきました。

(Camera: Canon EOS 5D markII)
by mayumiish | 2011-10-11 16:50 | つれづれ | Comments(0)

ANA国際線機内誌「WINGSPAN 」10月号

ANA(全日空)国際線の機内誌「WINGSPAN」10月号に、私が撮影した記事が
掲載になりました。
a0086851_454543.jpg

「Journey into priceless」(无价旅程)(写真担当)
英語と中国語のバイリンガル記事です。

仏像修復師の飯泉太子宗さんに焦点を当てています。
飯泉さんは茨城県で「古仏修復工房」を開いていて、
主に地元の仏像関連を修復する活動をしています。
以前は京都の美術院で国宝などを修理していたとのこと。

古い小学校だったという木造平屋を利用した工房の雰囲気や
修復を待つ古い彫像たち、そして飯泉さんの静かなたたずまいが
良い感じの空気感を醸していて、大変に楽しい撮影でした。

記事が掲載されて、工房に問い合わせが増えそうな気もしますが
飯泉さんは目下、東日本大震災で壊れた仏像などの修復を
優先的に進めているため、依頼を受けても取りかかれるのは
約2年先になってしまうと話していました。
念のため、このブログにも書いておきます。
a0086851_4473866.jpg

by mayumiish | 2011-10-07 14:53 | MEDIA | Comments(0)

Thank you, Mr. Steve Jobs



私のMacとの出会いは、ずっと以前勤めていた会社の自分のデスクに置かれた
小さな箱型のデスクトップコンピューター。
画面に出てくる顔に、やたら親近感を感じた記憶があります。
これまでに見た他のコンピューターと違うぞ?と。
その後、初めて買った自分のコンピューターはPowerBook。
以来、今も変わらずMacユーザーなのは、直感的に使える
Macの簡単な操作性とともに、一番始めに感じたあの親近感が、
ずっと記憶のどこかにあるからかもしれません。
それを創り出したのがスティーブ・ジョブズ氏たちだとは、
当時はまったく知りませんでしたが、アップルの歴史は
私のパソコンの歴史でもあります。

アップルのCM "Think Different"は、ジョブズ氏がナレーションの文案の一部を
自分で考えたり、ガンディーの写真をどうしても使いたくて
権利を持つタイムワーナー社と自ら版権の交渉をしたそうです。
彼が生み出したリンゴの実からは、たくさんの種が飛び出して行きましたね。

偉大なるクリエーターに、心からご冥福をお祈りします。


by mayumiish | 2011-10-06 16:39 | アート | Comments(0)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル