人気ブログランキング |

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

SPEEDI公開中

公開の遅さで話題になったSPEEDI。
毎時間更新されるデータがやっと公開になりました。

緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI) 文部科学省

これを見ると、風向きの方角で放射能の拡散がいかに左右されるかわかりますね。
3月半ばは、関東地方に広く飛んできています。

夏は南風ですが、これから北風が吹いてくると、再び関東や首都圏方面に
拡散されるのでしょうか・・。
by mayumiish | 2011-09-16 16:28 | 東日本大震災関連 | Comments(0)

脱原発・新宿デモ2011年9月11日

9月11日は、東日本大震災から6ヶ月目の日でしたね。
全国的にあちこちで脱原発デモやエネルギーシフトパレードが行われ、東京では渋谷、新宿、銀座近辺で行われました。

私は新宿の脱原発デモに行ってきました。現地にいた時はわかりませんでしたが逮捕者が12名も出たそうです。そういえば前回の新宿のデモに比べて、警官の数がやたら多い印象がありました。
a0086851_4292493.jpg
こんな感じは前回と同じですが

a0086851_4304347.jpg
今回は警官がデモの前後左右にびしっと張り付いていました。
a0086851_441372.jpg


a0086851_437559.jpg
ビデオを撮る警官も。

a0086851_431576.jpg
先頭集団近くはこういう混沌ぶり。この時、護送車がサイレンを鳴らして前方に走って行ったので、甲州街道で騒ぎがあった頃かも。

でも、警官と小競り合いなどの騒動があったのは一部で、多くの人々はそれぞれの思い書いたプラカードを持って歩いていた普通の人々なのです。
a0086851_442245.jpg

a0086851_4341458.jpg

a0086851_4371956.jpg
a0086851_435572.jpg

a0086851_4355450.jpg

a0086851_449539.jpg

a0086851_4513016.jpg

a0086851_4524172.jpg

a0086851_453866.jpg

a0086851_4581150.jpg
行進の前、新宿南口GAPの前でも脱原発の演説や音楽演奏があり、警察は一生懸命にデモ参加者と歩行者を分けようとしていましたが、あまり効果がなく、多くの人々が立ち止まって耳を傾けていました。
a0086851_515714.jpg
震災から6ヶ月経っても、原発の放射能問題は小さくなるどころか、新たな問題をじわじわと派生させている今、より多くの人が関心を持つのは当たり前ですね。警察の黄色い囲いが効果をなくす日も近いのではないかという気がしました。
by mayumiish | 2011-09-14 05:22 | 東日本大震災関連 | Comments(2)

アイスランドへの旅

9月になりましたね。
先月は取材旅に出ていたので、しばらくぶりのブログ更新です。

8月初旬からアイスランドへ撮影の旅に行ってきました。
今回は、まずイギリスに飛び、ドーバーから英国の船に乗っての長めの船旅です。
イギリス→アイルランド→デンマークの小島→アイスランド各地を訪問し、
帰りはアイスランド→デンマークの小島→スコットランドの小島→イギリスと
巡ってきました。
a0086851_80868.jpg
雑誌の記事になるので写真をまだお見せできないのですが、少しご紹介。

アイスランドでは圧倒的な自然に出会いました。
地殻変動で動いた大地の裂け目、そこにもの凄い勢いで水が流れ落ちる巨大な滝、
氷河の見える山々など、素の地球を感じ取ることができる場所。
ほかの惑星か?と思うような溶岩の荒野が果てしなく続くかと思うと、
なだらかで美しい緑の山々が展開したり、険しい山に氷河が見える場所など、
非常に多様性に富む土地です。
広大な景色に低い雲が浮かぶ光景には、どことなくチベットを思い出しました。

撮影はややかけ足だったので、いつかまたゆっくり訪問したいです。
ただ、民家のない大地が延々と続くため、レンタカーなどで走る際は
旅のルートを誰かに知らせて出かけないと危険でもあるそうですよ。

火山の多いアイスランドでは地熱発電が発達していて、
国の90%近くがたしか地熱を利用した暖房です。
首都レイキャビックの町なかに、大きな熱水貯蔵タンクがありました。
地熱で温められた熱水を、直径約80センチのパイプで各地に送水するそうです。
温泉の多い日本も活用できるシステムなのではと思いました。

今回は約2週間の船旅だったので、航海中はほかの乗船客たちとの交流も楽しみました。
イギリス発着の英国船ということもあり、9割以上イギリス人のお年寄りたちです。

私は毎朝、日の出前に起きて、船のデッキで写真を撮っていたのですが、
同じく毎朝暗いうちからデッキの上を歩く人がいました。
朝は手袋が必要なほど寒くて、風が冷たいこともあり、
他の乗客たちはたいてい朝日が上ってからデッキに出てくるのに、
その人だけは毎日欠かさず歩いているのです。何周も何周も。
寒い日はウールの帽子をきちっとかぶって軽快に。
毎日会うので挨拶をかわす顔見知りになり、スコットランドの人だとわかりました。

ある早朝、写真を撮りにデッキに出たものの、
あまりに曇っていたので早めに切り上げて一度自分のキャビンに戻り、
1時間後ぐらいに天気の具合を見ようと再び外に出ると、
その人がまだデッキを歩いていました。
「いつもずっと歩いていますね」と私が言うと、
「君だって、いつもずっと写真を撮ることを考えているじゃないか」と言われ(笑)。
たしかにそうだな、と思いつつ、旅の最終日までその人と毎朝顔を合わせ続けたのでした。
a0086851_8132852.jpg
この人!
by mayumiish | 2011-09-01 08:54 | ヨーロッパ・アフリカ | Comments(2)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル