人気ブログランキング |

<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Japanese landscape

昨日あたりから気温が少し高め。
空気がゆるんできた感のある東京です。 

昨年の秋に行った日本一周旅の記事校正作業などあれこれしてます。
発売日がわかったらまたご報告します。

記事に使用しなかった写真を少々。
a0086851_17492553.jpg
a0086851_18121949.jpg
a0086851_1742316.jpg
a0086851_1815977.jpg
a0086851_186328.jpg
海に映る残照が好きです。

日本にはつくづく島が多い、と実感した旅でした。
どの辺か場所がわかりますか?
by mayumiish | 2010-01-29 18:25 | PHOTOGRAPHY | Comments(3)

雪景色


a0086851_1564545.jpg

先日、石川県で遭遇した雪景色。

a0086851_1553245.jpg

地元の子供たちが元気でした。
by mayumiish | 2010-01-28 01:59 | PHOTOGRAPHY | Comments(0)

世界・とにかく運ぶ 生きていく/Carrying life in Asia

かなり昔、なつかしのアーカイブです。

「世界」(岩波書店)

a0086851_2141760.jpg

a0086851_2142874.jpg

a0086851_21423483.jpg

a0086851_21425841.jpg

a0086851_21445075.jpg

タイトルと一部の写真キャプションは
「世界」の当時の編集者さんが考えた記憶が。

(カメラ: T90、 フィルム:Velvia50)
by mayumiish | 2010-01-24 21:47 | ARCHIVES | Comments(0)

雪の世界で九谷焼

取材仕事で石川県に来ています。
九谷焼の陶芸作家を訪ねて撮影です。

昨日の朝、羽田から小松空港まで飛んだのですが、
上空から見える絶景に思わず感動。
離陸してすぐ、富士山が下のほうに見えたと思いきや
その後は、荘厳な雪山の山脈が朝日に映えてつらつらと続き
ずっと見とれていました。

思えば羽田→小松は、木曽山脈、両白山脈、飛騨山脈などの
山岳地帯上空を通過する日本横断ルート。
この空路で飛行機に乗ったのは初めてでした。

途中、山の山頂が飛行機のすぐ間近に見えたのですが、
一帯に、八ケ岳、槍ケ岳など3000メートル級の山々が
そびえているんですね。
この景色、ヒマラヤ山脈にも負けていない気がします。

通常、飛行機では通路側を指定しますが、
窓際にすれば良かった!と昨日は心底思いました。

その後、小松空港から山あいの九谷焼作家工房を訪ねたら
今度は一面真っ白な雪の世界に遭遇してびっくり。
道の両側に雪が高く積み上がっています。
撮影ポイントを探そうとして
ある場所(きっと広場?)の雪の上を歩くと、
新雪だったようで、足の長さ全部が、ずぼっと雪にはまりました。
カメラはなんとか無事。

陶芸家を訪問して、九谷焼の多様性を知りました。
作家さんたちが楽しんで作っています。
ある作家工房で、色付け前のカップ&ソーサーが大変に気に入り、
まだ染め付け(藍の色絵)状態のままでしたが、
お願いして買ってしまいました。
色付け後のものは、デビッド・ロックフェラー氏が以前訪問した時に
気に入って買っていったとのこと。
趣味が合う!?
ただ、私が買ったものは、九谷焼とは言えないですね、きっと。

これから工房を訪問する予定。
今日は、伝統を守り続ける作家さんです。
by mayumiish | 2010-01-23 18:22 | 日本 | Comments(2)

インドにざくざく中国陶磁

先日、知り合いのフリー編集者さんに誘われてある講演会に行きました。

「海のシルクロードとインド」というテーマで、東京大学名誉教授・辛島昇氏によるお話しです。

ヨーロッパによるいわゆる大航海時代のずっと前に、アジアでは交易が進んでいたというお話。南インドやスリランカには貿易港の遺跡や歴史資料が多々残り、中国から渡ってきた陶磁器の破片がたくさん見つかったそうです。特に、青磁・龍泉窯の破片が多かったらしい。

私も中国陶磁器が大好きで、中国の古窯や遺跡を訪ね歩いては陶磁器の破片をいろいろ拾ってきたので、辛島氏が見せた磁片たちにすっかり心躍ってしまいました。まさに龍泉窯!そして明代景徳鎮の青花(染め付け)!陶磁器の破片の何が面白いかというと、胎土の色や質、そして釉薬の厚み具合、色合い、意匠などで時代が見えることなのです。

辛島氏は南インドの長年の研究家で、インド関連の著作も多いそう。昨年は著作「インド・カレー紀行―カラー版 」(岩波ジュニア新書)を出版したそうです。ぜひ読みたいな。

一方、講演会に誘ってくれた編集者の田中好さんが編集した本も、昨年末出たばかりです。「人生が変わる!ウォーキング力」 (青春新書)。しばらく前にウォーキングのエクササイズで一世を風靡(?)したデューク更家さんの本とのことです。最近、原稿仕事で体重が1キロ以上増えた気がするので、こちらも興味ある一冊です。
by mayumiish | 2010-01-22 22:52 | 人々 | Comments(4)

チャリティー写真展の寄付金贈呈式

東京は晴天続きです。今朝も快晴。昨日は春のような暖かさ。コートを脱いだり、ボタンを開けて歩いている人を多く目にしました。

私がお手伝いしているフォトボランティア・ジャパン基金が昨年12月に行った「第13回 写真家達によるチャリティー展」の寄付金贈呈式が昨日あり、行ってきました。場所はチャリティー展の会場だったミッドタウンの富士フィルムフォトサロン。

今年の寄付先は、昨年に引き続き、カンボジアの子供たちを援助する「幼い難民を考える会」です。東京事務局長の峯村さんによると、昨年の寄付金では教育用の絵本を復刻し、首都プノンペンをはじめ地方の幼稚園や保育園に配ったそうで、国境近くの施設にも届けたとのお話がありました。形になって役立っていると知るのはうれしいことです。今年の寄付金では、文字教育用のカードを作るそうです。後ほど、フォトボランティア・ジャパン基金が正式に報告する予定です。

「幼い難民を考える会」は今年30周年を迎えるとのこと。当初、カンボジアにもう難民はいないのになぜ「難民を考える会」?と思っていましたが、カンボジア内戦の頃から長く活動している団体だったのです。設立当初の子供たちがすでに30歳以上になっていると思うと、長い年月ですね!
by mayumiish | 2010-01-22 08:53 | フォトボランティア | Comments(2)

快晴の空を眺め、家で仕事

先週は、今年最初の素敵なことがいろいろあったのですが、
原稿仕事が終らず、なかなかブログを書けません。

締め切りが差し迫り、もうひとがんばりというところです。

ハイチ大地震の状況も気になりつつ。
人口1,000万人のハイチで300万人が被災というのは
本当に非常な事態です。
たまにネットでモニターしていますが、
寄付金や援助物資が集まっても、
現地の各地に届ける手段が整備されていなくて、
競争や暴力的な略奪が起きているようですね。
医師がいない地域でケガをした人たちなど、
本当に気の毒でなりません。
また、医師がいても、機材や設備がなかったり。
早く援助が届いて、少しでも多くの人が助かりますように!

そういえば、しばらく前からtwitterでは
ひっそりとあれこれつぶやいてます。
by mayumiish | 2010-01-17 23:03 | つれづれ | Comments(6)

ハイチの大地震/募金先など

中南米、カリブ海の島国ハイチで、1/13 (日本時間)に
M7の大地震があったようですね。

Key Hole TVにてCNNなどを見たところによると、
大きなビルが崩壊して下敷きになった人も多く
被害者数甚大の様子です。

ハイチからの移民が多いであろうアメリカを筆頭に
各国で救援活動に動いています。
日本でも募金活動が始まりました。

日本赤十字社/救援金受付け

日本ユニセフ協会

ワールドビジョンは検討中とのことですが、
ハイチで活動実績があるので募金が始まるかもしれません。

国連世界食糧計画(WFP)も受付中
by mayumiish | 2010-01-13 17:10 | 地球・自然・エコ | Comments(0)

マダガスカルの森林が

ニュースレターでモニターしているサイト
mongabay.comからのニュース。

マダガスカルの昨年の政治の混乱の後、
権力を握った政治家がマダガスカルの国立公園などの木材を
伐採して輸出する方向に傾きそうだとか。

マダガスカルの木材に関するニュース/mongabay.com

阻止するには、マダガスカルに近い関係にあるフランス政府が
動いてくれたら、とmongabay.comの運営者。

インターネットで世界のニュースを即時に知ることが
できるようになったのは、便利と同時に、
だからと言ってすぐ対策を取れるわけでもない歯がゆさも
感じることが多くなった気がします。
by mayumiish | 2010-01-12 21:05 | 地球・自然・エコ | Comments(2)

チャロの世界

今年は写真をもっと掲載しようと思います。

本当はホームページを更新したいのですが、
デザイナーさんに作ってもらった上に、
自分ではソフトを使い慣れていないので、なかなかできず・・。
ホームページを更新するまで、
ギャラリーがわりにアップしたいと思います。
a0086851_20245225.jpg
a0086851_20163497.jpg
メキシカン・ロデオ、チャレアーダに集う
メキシコのカウボーイ、チャロたち。
ここでは、馬を乗りこなせるようになって
一人前の男なんだろうな。

(フィルム:フジVelvia 50)
by mayumiish | 2010-01-11 20:32 | PHOTOGRAPHY | Comments(4)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル