人気ブログランキング |

<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

秋のフルーツ断食

一気に秋深い季節になりましたね。
先週は名古屋に行き、週末に伊勢神宮参りをしてきました。
東京を出た日はまだ暑くて、夏服に薄手のジャケットしか
持って行かなかったので、かなり寒かったです。

ところで、今日9/30からはインド恒例の9日間のフルーツ断食が
スタートします。
インド大使館のヨガの先生に習って去年から私もやっていますが、
名古屋で日もちのしない食べ物を買ってきてしまったので、
今日中に食べて、明日からスタートする予定です。

春と秋にあるこのフルーツ断食。
インドではNavaratriというお祭りに合わせて行うようです。
私は今回で3回目ですが、季節(インドでは雨期と乾期かな)の境目に
するので胃腸を整える意味でも、理にかなった行いであることを
実感してます。

断食といっても、フルーツやナッツ、ある種の野菜は食べられるので
無理なく楽しいダイエットになりますよ。
昨年は約2kg体重が落ち、それをキープできるのも◎。

明日からのためにフルーツをたくさん買ってこようと思いますが、
巷で突然にバナナダイエットが流行中(?)だそうで、
売り切れが続出だとか?
フルーツ断食中はバナナが主食となるので、店にないと困りますー。
by mayumiish | 2008-09-30 13:39 | フルーツ断食 | Comments(2)

I approve this message.

アメリカ在住で心理カウンセラーの仕事をしている
友人Yさんと久しぶりに電話で話しました。

日本では麻生さんが首相になったばかりですが、
アメリカでは11月の大統領選のキャンペーンが熾烈で
TVCMでのネガティブ広告が目立つそうです。

さっそくYou Tubeを見てみたら、
アメリカ大統領選関連のビデオが盛りだくさんでした。
You Tubeでは比較的、民主党勢が力を入れているような印象です。

その中で、ジョン・マケインがバラク・オバマについて
言及しているTVCMの内容が嘘だということを指摘した
ビデオの視聴回数が特出して多く、注目されているようです。



こんな露骨な情報かく乱キャンペーンが堂々と行われ、
それを信じるアメリカ国民もいるかもと思うと、
かなり不安です。

逆に、オバマからマケインに対しての
ネガティブキャンペーンCMは今のところ見当たりませんでした。
彼は演説で、ネガティブキャンペーンをしないと宣言したようです。
そういえば、オバマのインタビューや演説を聞くと、
彼は俳優みたいに魅力的ないい声をしています。
それだけでもかなり得しているような?
あの小浜市は、今でも応援しているんでしょうか?

Yさんによると、マケインがTVCMなどで言う
「I'm John McCain, and I approve this message.」
(私はジョン・マケイン。このメッセージを承認します)
というフレーズがしっかりパロディーなどに使われて、
TVのキャスターや出演者があちこちで
「I'm XXXXX, I approve this message.」と
やってるそうです。

You Tubeにもいろいろ面白いバージョンがアップされていました。
日本の福田前首相の「あなたとは違うんです」的なウケ方でしょうか。

I approve this message / You Tube

俳優トム・ハンクスもやってます!
彼は元々、民主党支持者でしたっけ?
スターが候補者を自ら応援することは、日本ではちょっと
想像できないことですね。



それにしても、アメリカ大統領の言動は世界の国々に多大な影響を
与えるだけに、ぜひアメリカ国民以外にも投票権を持たせてほしいと
気をもんでいる人が、世界中に大勢いることでしょうね。
by mayumiish | 2008-09-23 22:36 | アメリカ・オセアニア | Comments(2)

明日から「旅行博 2008」

明日9/19(金) から 21 (日)まで、お台場の東京ビッグサイトで
「旅行博 2008」が開催されます。

海外の政府観光局や航空会社、旅行業者などが
一堂に介する大きなイベントで、
明日は業者や関係者向け、土・日は一般の人々が入場できます。
旅行の資料のほか、国々の名産品サンプルがもらえたり、
料理コーナー、ステージのショーがあったりと、
世界各国のカラーを垣間見ることのできる楽しいイベント
でもあります。

仕事でおつきあいのある政府観光局や航空会社が出展するので
ほぼ毎年行くのですが、去年はいつもと違う年でした。
インド大使館ヨガの先生にかりだされて、インド政府観光局の
ためにヨガのパフォーマンス披露で参加したのです。
一緒に学んでいるヨガ友たちと揃いの黒装束を身に着けて。
それに先立ち、スーリヤナマスカール(太陽礼拝)を
毎日特訓した記憶が・・。
あれからもう1年とは、月日の経つのは早いものですね。

今年はそんなお役目もなく、平安な気持ち(?)で
訪問してこようと思います。

旅行博とは全く無関係ながら、
仕事仲間のライターが無農薬ピーマンとゴーヤを
おすそ分けしてくれることになり、
明日、会場で会って、もらうことにもなってます。
ある政府観光局前で、野菜の受け渡しをするアヤシイ人々を
見かけたら、それはきっと私たちです。
by mayumiish | 2008-09-18 18:33 | 日本 | Comments(2)

縁あってアフリカ・チャリティー

10月に開催される、アフリカをテーマとする
チャリティー・ライブイベントに
写真展示で参加することになりました。

10/25 (土)「The WIND of AFRICA」Cafe Fuu(文京区/茗荷谷)

Cafe Fuuは、お茶の水女子大の向かいにある
とても居心地の良いおしゃれなカフェです。
以前、ここで行われたロッテ・ライニガーの映画
「アクメッド王子の冒険」生演奏付き上映会を観に行ったのが
きっかけで、ピアニストであり今回の企画者の方とご縁ができました。

当日のイベントでは、アフリカ打楽器の奏者の方も来て
コラボライブするそうなので、楽しみにしています。
私はボツワナの写真を展示する予定です。
カフェでアフリカのお料理やクラフトなども出す予定だとか。
まだ先の話しですが、ご興味のある方はぜひ!

ボツワナといえば、9/30に独立記念日を迎えます。
昨年、ボツワナに行ったご縁で、
レセプションにありがたく出席させていただくのですが、
記念品として絵葉書セットを作るとのことで、
こちらにもボランティアで写真を提供しました。
縁あってアフリカ、の秋です。
いつか、アフリカ大陸の各国をあちこち撮影旅してみたい
ものです。
by mayumiish | 2008-09-16 17:29 | フォトボランティア | Comments(0)

写真集「FULL MOON」で月旅行

中秋の満月ですね。
昨晩はくっきりとした名月が空に浮かんでいましたが、今日は厚い雲が覆っています。

久しぶりにお気に入りの写真集を取り出して見ました。
「FULL MOON」(新潮社)

ー 写真による月旅行だ ー。と本の説明書きにある通り、NASAの1967~1972年のアポロ計画によって月面に下り立った宇宙飛行士たちが撮影した数万枚の写真から、厳選したものを集めたモノクロとカラーの写真集です。

地球からの出発、船内の様子、月面着陸、月面上の活動、帰りの船内、そして地球に戻り、海に着水した時に船内から見た海。アポロ宇宙船の月旅行の順番を追ってページが進んでいきますが、それらは、これまで報道されたような写真ばかりでなく、飛行士の心情がくみ取れるような構成にもなっているのが面白い部分です。何度見ても飽きません。

中でも、家族のポートレート写真を月面に置いた一枚、船外での活動後に月の土で汚れた顔や衣服のまま撮影された、疲れた顔の飛行士、月の果てしない地平線に向かい足跡をつけて歩いて行く飛行士の姿などが、特に印象的です。

月や地球の美しい写真も満載で、特に帰りの地球の青さは、モノクロの月のイメージとまさに対照的。生命にあふれた惑星らしさが実感できます。最後の写真は、地球の海に着水して、漂うような波間を撮影した一枚。どうということない図ですが、不思議と、自分も月から地球に帰ってきたような安堵感を感じる写真なのです。

飛行士たちは、それぞれ70ミリレンズ付きハッセルブラッドカメラ(分厚い宇宙服の手袋でも操作できるよう特製)を胸に装着していたそうです。コダックフィルムで撮影し、出発前には、カメラの扱いや撮影の練習を念入りに行ったとか。

「月面着陸は嘘で、実は地球上で写真撮影をしたのだ」というサイトがしばらく前に人気(?)でしたが、それもありかも、と思えるぐらいに、驚くほど鮮明でシャープな写真が満載の写真集なのでした。
by mayumiish | 2008-09-15 18:36 | アート | Comments(0)

最近気になった言葉


「消費者の権利もありますが、事業者の権利というのもあるので」

三笠フーズが汚染された米を食用として大量に売りさばいた
問題についてのコメント
by 太田誠一 農林水産大臣(自民党/福岡3区)

この場合、消費者の権利と事業者の権利、どちらが大切でしょう?
そんなにまでして事業者をかばう理由とは?

☆   ☆   ☆   ☆   ☆

「命よりも大事なものがあるんです!」

自民党総裁選挙の街頭演説にて
by 石破茂 自民総裁候補(自民党/鳥取1区)

それって、何ですか?
by mayumiish | 2008-09-14 22:00 | 人々 | Comments(4)

三笠フーズの事故米から広がる波紋

「事故米」と呼ばれる、汚染されて食用にならない米を
大量に食用として販売していた三笠フーズの問題が、
どんどん波紋を広げていますね。

三笠フーズでは従業員を解雇して会社は続けていく
らしいですが、そんなことでいいのでしょうか?

日を追うごとに、ほかにも同様のことをしていた
会社が発覚し、それを長年見逃していた農水省。
しかも、日本人に最も身近な食べ物「米」です。
責任は大きいと思います。

この問題について、「きっこの日記」に
詳しい情報がいろいろ満載です。
特に、9/10の記事の下の方、
日本での肝臓ガンによる死亡者の分布地図を
見ると、西日本になぜか集中しています。

多くの人に読んでもらいたいと、
きっこさんにリンクのお願いメールを送ったら、
無断転載せず事前・事後に連絡いただければ
リンクなどフリーですよ、とお返事をもらいましたので
さっそく。

きっこの日記/9月10日「三笠フーズ殺人株式会社」

9月11日「カビ毒の実態をインペイする農水省」

読めば読むほど、恐ろしいことばかりです。

マンションの耐震設計偽装問題の時もそうでしたが、
きっこさんの情報収集パワーはものすごいものがありますね。
この問題について、今後の展開も見逃せません。
by mayumiish | 2008-09-12 17:00 | 人々 | Comments(2)

TBSラジオにヨガ教室が登場します

久しぶりのインド大使館ヨガクラスが今朝ありました。
今日はTBSラジオ番組の情報キャスターの人が取材に来ていて、
クラスの見学後、ヨガ講師のシュクラ先生、生徒たちに
インタビューしていきました。

このもようは来週月曜日(9/8)に放送されるそうです。
「荒川強啓のデイ・キャッチ」という番組の中の
17:15~「うわさの調査隊」というコーナーだとか。

といっても、2分間程度の登場らしいので、
うっかりしてると聞き逃しそうですね。
時間のある方は、ぜひ聴いてみて下さい。
by mayumiish | 2008-09-05 23:11 | ヨガ的生活 | Comments(0)

東南アジアの旅のシーズン

9月になっても、まだまだ暑い東京ですが、
空の雲の高さ、湿度の微妙な変化に、
秋への兆しが、うっすらと織り込まれているのを
感じるこの頃です。

JALが配信しているJMBニュースレターで最近、
カンボジアのコラムの執筆、写真を担当しました。
マイレージカード会員の方には先月末頃に
Eメールで配信されているかと思います。

JALマイレージバンク「癒しの時間旅行カンボジア Premium 」

もうすぐ、東南アジアやインドなど南アジアへの旅に
良いシーズンが始まります。
雨期が9月頃終り、乾期の10~3月(ベストは11~2月)は
現地でほとんど雨が降らない季節。
1年中暑い東南アジアですが、この時期は湿度が下がり、
いくぶん過ごしやすくなります。

水をなみなみ湛えて、雨期に面積が膨大に広がる
カンボジアのトンレサップ湖も、乾期の訪れとともに
だんだん水位が下がり、湖の面積が縮小されていくのを
思い出します。

毎年、秋になると心はそわそわ。
東南アジアへまた出かけて行きたくなるのです。

JALのコラムにも書きましたが、
今のカンボジアは、変化のスピードが速い国の一つ。

数年前、ベトナムが急激な経済発展の波に乗る間際、
ホーチミン市で、かつて南ベトナムの外務大臣を務め、
ベトナム戦争後にジャーナリスト兼画家になった人の
インタビューをしました。

その人の言葉が印象に残っています。
「町を行く人々の目の明るさを見てください。
いつでも人々の目を見れば、その国の行方がわかるのです」
その後、ベトナムはかなりの経済成長を続けて今に至っています。

カンボジアには昨年の4月以来ですが、
またなるべく早く行って、変化の中で暮らす人々のまなざしを
見てきたいと思います。
a0086851_18294963.jpg
プノンペン郊外にて。自宅の庭で採れたマンゴーを見せてくれた少女。
撮影: Canon 5D
by mayumiish | 2008-09-03 18:17 | アジア | Comments(6)

フィリピンのリアル・エコバッグ

a0086851_055138.jpg
撮影カメラ:ノキアX02NK

先日フィリピンに行った時、あるNGO組織を訪問してきました。
子供を支援して30年間の活動実績を持つPREDA(プレダ)と
いう団体です。
PREDA FOUNDATION

窃盗などで投獄された子供(子供の投獄はフィリピンで不法)や、
少女売春をさせられている子供たちを助けだし、
生活の場を与える活動をしています。
私が行った時は、18歳までの男女約80名の子供たちの
面倒を見ているということでした。

PREDAを始めたのはアイルランド出身のシェイ・クレン神父さん
とフィリピン人の夫妻で、子供たちのお父さんのような存在で、
今もシェイ神父さんがそこに暮らしています。
彼の活動は、これまでに2度ほどノーベル平和賞候補にも
挙がったそうです。

シェイ神父さんのもと、フィリピン人のスタッフが
さまざな部署で働き、子供たちの衣食住のケアをするほか、
専門家によるメンタル面のリハビリなども行われるそうです。
施設内を見せてもらったら、
「プライマリー・ルーム」というリハビリ・ルームがあり、
そこは入所まもない子供たちが、自分の怒りや悲しみを
外に吐きだすための部屋ということでした。
壁を叩いたり、泣き叫んだりしてもいいように、
防音壁やクッションなどが敷き詰められていて、照明もやや暗め。
子供たちが感情をさらけ出せる空間なのだそうです。
こういう部屋、自分にもほしい、なんて思ってしまいました。

子供たちに話しを聞くと、家庭内や近所で虐待されていた
経験を持つ女の子など、それぞれにつらい体験を持って
PREDAに来たのですが、
今は彼らの多くが元気に伸び伸びとしているように見えました。
ただ、18歳を越える子供たちは自立できるように
PREDAを出るそうですが、その後の行方が気になります。

PREDAは、寄付などからの収入のほか、ドライマンゴー製品などの
フェアトレード事業を行って運営をまかなっています。
今回、そのマンゴー農家も訪問してきたのですが、
その製品は、日本のフェアトレードショップ「ピープルツリー」でも
買うことができますよ。
ケミカルな防腐剤や漂白剤が含まれていない自然な美味しさが
気に入っています。

また、リサイクル・エコバッグのプロジェクトも見てきました。
ジュースのパック容器をリサイクルしてきれいに縫い合わせた
バッグです。これぞまさしくエコバッグ!と思わず感嘆。
色が可愛くてあまりによくできているので、一つ買ってきました。
丈夫だしウォータープルーフだしで、近所のスーパーに
買い物に行くときのバッグとして、さっそく活躍しています。

バッグ製作者のあるお宅を訪問させてもらったら、
昔テイラーだったという老夫婦が足踏みミシンで
せっせと作っていました。
子供や孫のいる大世帯の中、自分たちのお小遣いが稼げて
いい仕事になってます、とそのお二人。
日本でもシルバー人材を活かす良い例になるのでは、
などという気がするプロジェクトなのでした。
by mayumiish | 2008-09-01 00:05 | フェアトレード | Comments(6)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル