人気ブログランキング |

<   2008年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ボツワナ大使とのランチ会

昨日はボツワナ駐日大使のお招きで
12月にボツワナ取材に行ったメンバーの
ランチ会に行きました。

代官山の某レストランで食事しながら、
ボツワナの旅の感想、意見交換を活発に行なったのですが、
大使自ら細かい意見を聞きたいようで、
国の観光アップに力を入れている様子が
はっきりうかがえました。

ところで先週1/12のTBS「世界・ふしぎ発見」は
ボツワナの象(生息数世界一です)に
まつわる場所オカバンゴ、チョベの特集でしたが
見た人いるでしょうか?

ボツワナは、アフリカの中でも政府が正常に機能する
安定した国の一つです。
日本人にとってはケニアや南アフリカなどのほうが
観光の知名度が高いですが、ケニアの最近の選挙後の暴動や、
南アフリカ都市部の治安の悪さのようなものもなく、
首都ハバロネは、なぜかアメリカの地方の町にいる
(整っている&英語の看板ばかりだからか?)ような、
のんびりとしたおだやかさがありました。

現在は、ボツワナってどこ?という人が多いと思いますが
サファリのロッジも充実しているし、
知名度が上がれば観光の新たなデスティネーションとしても
伸びるのではないか、と実際行ってみて思いました。

この国の豊かな経済を支えるのはダイヤモンド(世界一の産出)
です。紛争ダイヤモンドの問題もなく政府が管理して、
そこから得られる富を国の福利厚生に当てているようです。
なので、国民の教育や病院は無料とのこと。
HIVキャリアが多いので、目下その対策に力を入れているそうです。

ボツワナに行ったメンバーでまた集まろう、と
会の名前を考えることになりました。
「インパラ会」を提案したら、
作家・池澤夏樹氏のウェブサイトと名前がかぶる、という意見が。
また、動物写真家の浅尾氏が
「インパラっていうとハーレムのイメージじゃない!?」
とのこと。

ボツワナ大使とのランチ会_a0086851_15555322.jpg
インパラとはレイヨウの一種です。
サバンナにたくさん生息し、しまいには飽きるほど毎日のように見たのですが、1頭のオスが多数のメスとともに、ハーレム的な群れを作る習性があるのです。一方、ハーレムを作れないオスはオスだけの群れで生息し「ボーイズクラブ」のような集団もありました。
ボツワナ大使とのランチ会_a0086851_15563134.jpg

<こんな感じでサファリの車が動物と遭遇します(チョベにて)。ライオンなど猛獣を見る時もこの車>
ボツワナ大使とのランチ会_a0086851_1785536.jpg

<けんか遊び(?)をする若いオスのインパラ>

なので「インパラ会」はやめておき、
ほかの名前を継続して検討することになりました。

ちなみに池澤夏樹氏のウェブサイトは「カフェ・インパラ」。
池澤氏、なにげなくハーレム願望・・?
by mayumiish | 2008-01-19 11:33 | ヨーロッパ・アフリカ | Comments(2)

「写真家たちによるチャリティー展」の寄付金贈呈式

今日は、12月に開催した「写真家たちによるチャリティー展」の
寄付金贈呈式が東京ミッドタウンのフジフォトサロンであり、
主催者フォトボランティア・ジャパン事務局の手伝いをしている関係で
出席してきました。

今年は認定NPO法人「幼い難民を考える会」への贈呈です。
会の東京事務局長、峯村さんによると、
寄付金はカンボジアの幼児にかつて広く読まれていた
クメール語の絵本3種類の復刻出版、および、
保育園などへの配布に当てられるそうです。

昨年で11回目を迎えたチャリティー展ですが、
今回は出品作品が600点近くと非常に多かったものの、
売り上げはほぼ例年並みだったため、
経費のほうがかかってしまい(額装代など)、
寄付金は300,000円で、昨年より減ってしまいました。
この辺は今年の検討事項のようです。

でも、「幼い難民を考える会」の峰村さんいわく、
「30万円は、カンボジアでは大金です」。

カンボジアでは国民の平均月収が100ドル以下
とのこと(現在は職種による格差が大きいですが)。
国を訪問しても、物価の安さを実感します。
寄付金を、きっと有意義に使っていただけることと
期待しています。

チャリティー展に出品参加した写真家の方々へは、
追って事務局より報告書が送付される予定です。

後援していただいているフジフォトサロンの担当者の方からは、
今年の12月にもまた開催しましょう、
との確認がありました。
昨年からチャリティー展の会場が、新アートエリアの
六本木に移ったこともあり、その利点をなんとか生かして
売り上げアップにつなげたいものです。
by mayumiish | 2008-01-17 21:56 | フォトボランティア | Comments(0)

初雪

気象庁が、今晩、東京(大手町)での初雪を観測したそうです。

今週は寒気が接近して、東京はとても寒いです。
パリへの旅から昨日帰ってきたばかりの友人によると
向こうの気温は10度ぐらいで穏やかな天気だったとかで、
東京のほうが寒く感じるそうです。

それでも、冬至が過ぎて、日没までの明るさが
一日ごとに長くなるのを感じるので、
気分的にはまだ楽な気がします。
あと2ヶ月もすれば東京には春一番が!(気が早い?)

ところで、東京の初雪は1/16でしたが、
北海道や青森などを見ると、とっくに雪の季節を迎え
数十〜百センチ以上の積雪です。

気象庁・積雪の深さ一覧表

けれど、平年に比べて秋田県は今年、降雪が多いようですが、
他は全体的に少ないように見受けられます。
やはり温暖化のせいなのでしょうか?
by mayumiish | 2008-01-17 00:43 | 地球・自然・エコ | Comments(0)

920SC・・500万画素?

携帯電話を買い替えようと思って、
新製品ソフトバンクモバイル920SCの発売を
昨年からずっと楽しみにしていました。
500万画素のカメラ付きです。

先日とうとう発売になったので、今日、店に行って、
実際に操作できるサンプルモデルを使ってみました。

感想は、・・・500万画素??

写真を撮影したら、画面を見た感じがそれほど
クリアじゃないように見えたのです。
試しに最大の大きさで撮影してみても
画面上は私が現在使っているシャープ製の
古い(2年ぐらい前の)モデルのほうが、なぜか
ずっとクリアかつシャープに見えます。

これは、単に画面上のことで、
PCなどに移せば&プリントしたら
ずっと(もちろん?)きれいなのでしょうか。
知りたいところです。

カメラはレンズが命。
携帯の場合は、画面上の見え方も大事ですよね。
たまたまサンプル機に問題があったのでしょうか。
これに決めるか、ほかのモデルにするか、
ネット情報などもリサーチしつつ、ちょっと悩みそうです。
タグ:
by mayumiish | 2008-01-15 21:12 | つれづれ | Comments(0)

行列のできる店が近所に

今日のようにとても寒い日は、鍋料理やラーメンなど
熱い食べ物に心が引かれますね。

昨年の2月に家の近所にできたラーメン屋さんが
1年も経たないうちに「行列のできる店」に成長して
毎日大にぎわいです。

昨年オープンしたての頃、この店の前を通った時、
「今日はスープのできに満足いかないので営業しません」
という手書きの貼り紙が貼ってありました。
私は、通常ラーメンを多く食べるほうではないのですが、
この気骨ある(?)貼り紙が妙に気になり、
別の日に行って食べてみたら美味しくて、以来、
お気に入りの店です。

お店の名前は「麺や 七彩」。
雑誌「東京1週間」のラーメン・オブ・ザ・イヤーで
なんと最優秀新人賞を受賞したそうです。
先日、新年の初ラーメンを食べに行ったら、
シルバーに輝くトロフィー(ドンブリ型!)が
ちょこんと飾られていました。
TV「王様のブランチ」などでも紹介されたせいか、
はるばる電車に乗って来るお客さんも多いようです。

このお店、どこが違うのかというと、
まず、徹底的に無化学調味料にこだわってラーメンを
作っているのです。麺も自家製麺。

そのためか、はじめあっさりした風でいて、
だしの効いたコクのある味わいが広がるスープが気に入っています。
じわ〜っと味がしみ出る自家製チャーシューとのマッチも絶妙で、
ほとんどいつも、定番のしょうゆラーメンをいただきます。
水を飲みたくなるようなしつこい食後感(化学調味料のせい?)
がないのも◎。
塩ラーメンにもファンが多いもようで、
また、時々登場する期間限定メニューも人気みたいです。

お店は男性二人で切り盛りしています。
食の安全が彼らの大きなテーマでもあるそうで、
ラーメン作りの手が空いた時(最近はめったにない?)には、
食への思いや取り組み、アイデアについてお話してくれます。
いろいろと研究熱心で、
将来的には、自家農園(もちろん有機?)も作りたいのだそう。
彼らが瞳をキラッと光らせて語るのを、
私は、ふんふん、と感心しながら聞くのですが、
きっと彼らの夢は実現するだろうな、と思わせるお二人です。

食への不安が深まる事件が多い昨今、食ビジネスに携わる人々がみな
彼らのような姿勢を持ってくれればいいのに、と思います。

そういうお気に入り店ですが、有名店になってから
ほぼいつも行列ができていて最近はあまり行けません。
地元民としては、ランチの混雑時をはずした平日に行けば
並ばないで入りやすいのですけれど、
100食完売で閉店なので、あまり遅い時間にも行けず、
タイミングが微妙なこの頃です。

☆追記:1/21、21時からTV東京で「七彩」が紹介されるそうです。
番組の中で、青田典子がこの店のラーメンを食べているとか。
店のご主人が「青田式」と名付けた個性的な食べ方だそうですよ。
by mayumiish | 2008-01-14 20:14 | 地球・自然・エコ | Comments(2)

セブンーイレブンの意外な便利さ、でも

最近、近所のセブンーイレブンが意外と便利な(今さら?)ことに
気がつきました。
それは宅急便の受付けについてです。

これまでは、東京都内同士だったら
郵便局が閉まった後でもセブンーイレブンに夜持って行けば
確実に翌日配達されるから便利、ぐらいに思っていたのですが、
朝五時頃までにセブンーイレブンに持って行けば
その日の午後には配達されることを知ったのでした。

といっても、わざわざ朝早く起きて
持って行くのは大変なのですけど、
急ぎの作業が遅くなって徹夜気味になった時など、
翌朝バイク便などを呼んで荷物を送らなくても
早朝セブンーイレブンから送れるので便利、
というわけなのでした。

ということで、今日は初めてそんな日だったので
先ほどセブンーイレブンに宅急便を出しに行きました。
家から近いとは言え、暗い道が少し怖かったので
ちょっと小走りして行ったら、どっと疲れました。
やはり夜中に走るものではないです。
セブンーイレブンに着いたら、
店員さんが守護神(?)のように見えましたよ。
でも同時に、夜中に煌々と明るい店内の様子も見て、
かなりの電力浪費に違いない、と改めて考えさせられました。
by mayumiish | 2008-01-10 03:24 | 地球・自然・エコ | Comments(0)

カフェ・ド・シンラン 築地

今日の東京は、かすかに春を感じる暖かさでしたね。

築地にある出版社に行った帰り、
カフェ・ド・シンランに寄ってランチを食べました。

シンランとは、あの浄土真宗の親鸞です。
築地本願寺の敷地内にできたカフェ・レストランなのですが、
雑誌ソトコトの会社が関わっているお店で、
店内には「My箸」などのロハスグッズも少し売られていました。

ランチのメニューは、雑穀カレーと精進プレート、とシンプルです。
精進プレートを注文したら、きのこのソテーのあんかけや
ミネストローネ的スープなど、予想外に「洋」でしたが、
まあ、美味しかったです。
ディナータイムも、どちらかというとイタリアン風?
グルメな感じのメニューでした。

店内のテーブルには築地本願寺のイベント案内も置かれていて、
見てみると、本堂で無料の仏教文化講座などがひんぱんにあるのですね。
また、毎月最終金曜日には12:20pmから本堂でパイプオルガンの
無料コンサートもあるそうです。

個人的には、国立天文台台長が講師となる
「大宇宙の中の私たち」(1/26・土15:00~16:30)
という講座が気になりました。
仏教文化講座の一環なので、
この国立天文台の方も仏教徒なのでしょうか。

築地本願寺の敷地内で、一つ気になったのは
広い駐車場の一角に、なぜか民主党の演説カーが数台
駐車していたことです。
本願寺と何か関係があるのでしょうか。
それとも、駐車場のスペースに空きがあるから貸してるだけ?

カフェ・ド・シンランは、期間限定だったらしいですが
今のところ延長営業しているとのことです。

現在の築地本願寺は、関東大震災後に東京大学の教授が設計して
1934年に完成した建物だそうです。
それにしても、あの建物が古代インド様式建築なのは何故でしょう?
わかる人がいたら教えて下さい。
by mayumiish | 2008-01-08 20:23 | つれづれ | Comments(2)

ブルーレイvs HD

ニュースをチェックしていたら
ワーナー社がブルーレイ規格に一本化することに決定した
という記事がありました。

ブルーレイ(ソニー、松下など)vs HD(東芝)の
マーケティング戦争(?)が熾烈なようで、
かつてビデオ初期時代のVHS vs ベータの戦いを思い出します。

12月にボツワナでご一緒した動物写真家のAさんが
撮影は全てデジタルでこなすというので
データをどうバックアップしているか聞くと、
ブルーレイディスクで保存しているとのことでした。

ブルーレイはデータの容量が約50GBと
通常のDVDに比べたら10倍以上の容量があるので
とっても便利だよ、とおすすめされたところです。

私も近頃は、保存すべきデジタル撮影のデータが増えてきたので
DVDがどんどん増え・・・。
なのでブルーレイ軍が優勢になりつつある(?)この情勢を
興味深くじーっと見守っています。
タグ:
by mayumiish | 2008-01-06 10:00 | つれづれ | Comments(2)

初ヨガ 静かな時間=動きの時間

インド大使館の今年のヨガクラスが始まりました。

昨日は先生のお話、新生徒を交えた自己紹介がメインでした。

仕事でお世話になった人で、
日本アセアンセンターに長年勤めて年末に退職されたKさんを
先生に紹介したところ、さっそくビギナークラスに入ることになりました。

私にとっては2ヶ月ぶりのヨガクラスでした。
久しぶりだったせいか、
床に座って背筋を伸ばし、目を閉じて
チャンティング(オーーーーームと唱えます)するのが
こんなに気持ちいいんだ、ということを改めて感じました。
精神が集中し、浮わついた心がすっと落ち着くのです。

その後、目を閉じてしばらく黙想の時間を持ったのですが、
ほんの数分間でも一切の動きを止め、
静かに目を閉じた時間の後は、
驚くべき脳のリフレッシュ効果を感じたのでした。
これも久しぶりだったから感じたことかもしれません。

一緒にヨガにお連れしたKさんは、
「クラスが始まる前にマットの上に座っている時から、
ゆったりした気分で不思議でした」との感想で、
ヨガ効果を早くも感じられたようです。

老子の書の基本にあるように、
「無」があるから「有」があるという
対立物の相互転化の理で考えると、どちらか一方だけでは完全でなく、
「静かな時間」を持つからこそ「動きの時間」を有効に生かせ、
その逆もまた大切なのだ、という法則(?)を
昨日は実感できたような気がします。

老子・列子 (中国の思想)

そんな気づきや学びをうまく取り入れて、今年は生きていきたいものです。
タグ:
by mayumiish | 2008-01-05 11:05 | ヨガ的生活 | Comments(0)

ヨガの先生からのメッセージ

初夢は見ましたか?
私は、不思議で面白い超現実的な夢を見ましたが、ちょっと書けません。

私のヨガの先生から新年のメッセージが届きました。

「Our life is what our thoughts make it!!

“Make your life a piece of art by living with passion and purpose”」

「私たちの人生は、私たちの思いが作り出すものです。
情熱と目的を持って生き、人生を一つの芸術作品にしなさい」。

先生の教えには、文字で記録してはいけないものもあるのですが、
メールで生徒へのメッセージとして来たものだし、
良いものをシェアして世界に広めることは、先生の教えの一つでも
あるので、ここでシェアしたいと思います。

また1年が始まりました。
どんな1年になるかは、きっとまさに私たちの思いと行動次第ですね。
タグ:
by mayumiish | 2008-01-02 11:22 | ヨガ的生活 | Comments(0)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

最新の記事

大坂なおみさんの勇気
at 2020-08-27 17:48
猛暑 2020
at 2020-08-24 14:19
『Planet of the..
at 2020-05-21 16:58
ゴールデンミルク
at 2020-04-25 01:41
『ペスト』を読む日
at 2020-04-21 01:56

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2020年 08月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 01月
2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル