人気ブログランキング |

<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年を表わす一文字は?

2007年も今日で終わりですね。

今年を振り返って漢字一文字で表わすと、
を、巷でよく見かけるこの頃です。
みなさんの1年を漢字一文字で表わすと何の文字になりますか?

私の友人Yさんの漢字は「脱」とのこと。その友人は「浄」だそうです。
来年へつながるポジティブな展望を感じます。

私の漢字は、と考えてみると、
とっさに思いついたのは「嵌」かなと。
自分でも初めて書いてみた漢字ですが、「はまる」。
今年はヨガにとにかくはまった年でした。
でも、よく考えると、この文字は「ワナに嵌まる」など
ネガティブな意味の要素も含まれる気がします。

そこで他の文字を考えてみたら、
ぴったりの文字がありました。
漢字ではありませんが、サンスクリット語(梵字)でオーム。
a0086851_11393697.jpg
英語ではAUMと書き、A,U,Mの音一つ一つがそれぞれ
宇宙の「始まり、維持、破壊」を内包する言葉とされます。
ヒンズー教ではブラーマン、ヴィシュヌ、シヴァの三神が
それらの意味を象徴するそうです。

ヨガの教えの中でも最も大切な文字の一つのようで、
インド大使館のヨガのクラスでは、毎回
このオームをマントラのように唱えていたし、
瞑想の練習では、この文字を眉間に見つめ、
普段の生活の中でも、何かと心に浮かんだものです。
そこから、宇宙、すなわち物事の本質などについて
深く考えたりする時間を多く持てた年でもありました。

今年は、どちらかというと内面の世界に目を向け
探求した1年だったので、
来年は外に向かって広がって行こうと思っています。

今年お世話になった方々、親しくして下さった方々、
本当にどうもありがとうございました!

みなさま、世界のいろいろな場所で、良いお年をお迎え下さい!!
by mayumiish | 2007-12-31 11:35 | ヨガ的生活 | Comments(2)

ワイルドなボツワナのサファリ

a0086851_1426399.jpg
 (お目覚め・オカバンゴにて)     

ボツワナの取材では、カラハリ、チョベ、オカバンゴの3ヶ所でサファリ・ロッジに
宿泊しながら撮影してきました。
オープンカーに屋根だけがついた大型ランドローバーに乗って、
ガイドの運転で動物の足跡を辿ったりして探しに行くのですが、
特にオカバンゴでは思ったよりも動物の近くまで行くことができました。
ライオン家族を撮影した時などは、
数メートルの距離まで近づき、長い望遠レンズが必要ないほどで、
私は動物写真家か?と思うほど熱中して動物の写真をたくさん撮影しました。
a0086851_2323836.jpg
(若いオスのライオン。レオ?)               

サファリ・リゾートで働いていた、南アフリカ出身のスタッフによると
オカバンゴは、動物保護区が柵で囲まれていない分、
南アフリカよりも、もっとワイルドな印象だそうです。
実際、泊まっていたロッジの敷地内に夕方、カバが来てうろうろしていたり、
昼間には大きなゾウが1頭横になってのんびり寝ていました。
夜は夜で、ライオンやらカバの生々しい鳴き声がすぐ間近に聞こえ、
慣れるまで恐ろしく感じて眠れなかったほどです。

ボツワナは、ダイヤモンドの生産が世界一で、
国の経済が潤っていることもあり、観光にそれほど頼ってこなかったようです。
そのせいか、ワイルドな自然の生態が多く残っているもよう。
紛争もなく平和で、政治的にも安定しているので旅しやすい国という
印象を持ちました。

問題の一つはというと、ゾウを密猟から保護してきたため、今では
数が増えすぎて、木々を荒らされて困っているのだそうです。
実際、動物保護区では、枯れた木々を多く見ました。
なのでアフリカの他国にゾウを寄付する活動までしているとのことです。
でも、輸送に莫大な費用がかかるので、引き取りに来れない国もあるとか。

a0086851_2501098.jpg
そういえば、旅先でもヨガを欠かさないようにと、
朝、サファリの途中の休憩時に、サバンナの平原で太陽礼拝のポーズを時々やってきました。
360度ぐるっと平らな場所で大きな空を見上げてのヨガもまた気持ち良かったです。
地面に手をついてみて、ライオンやシマウマたちが暮らすサバンナの土地が砂地だったことが意外な発見だったのでした。


(ハンサムライオン)
by mayumiish | 2007-12-20 02:36 | ヨーロッパ・アフリカ | Comments(2)

ボツワナにて

取材の仕事でアフリカのボツワナに来ています。
国内に点在するサファリロッジに泊まりながら撮影していました。
テレビも電話もインターネットもない場所で過ごし、
今日、首都のハバローネに戻ってきたところです。
ライオン、豹、ゾウ、キリン・・・を至近距離で見ることができ
いろいろと面白い写真を撮ってきました。

近々日本に帰ります。
by mayumiish | 2007-12-14 07:12 | ヨーロッパ・アフリカ | Comments(5)

12/14から写真家達によるチャリティー展

今年もとうとう12月ですね。
毎年恒例のチャリティー写真展が12/14 - 12/17に開催されます。

今回から六本木のミッドタウンに移った富士フォトサロンにて行われます。
最終的に230名の写真家が出品し、全体で約500点のプリント作品が
展示される予定です。
1点額つき(35 x 35cm)10,000円で即売され、売り上げは今年は
カンボジアの子供を援助するNGO「幼い難民を考える会」に寄付されます。
お誘い合わせてぜひおいで下さい!

昨年寄付したスリランカのNGOでは、就学が困難な子供たちへの
奨学金として寄付金が使われたそうです。
子供たちからのお礼の手紙が、フォトボランティア・ジャパンの事務局に
たくさん届いていました。
今年寄付する「幼い難民を考える会」では、クメール語の絵本の復刻に使われる
予定とのことです。

写真家達によるチャリティー写真展

私は2点を出品します。
2点とも、大変に好きな中国の古都、杭州の西湖の写真です。
自分ではなんとなく、私のお気に入りグラフィックデザイン会社PSYOPによる
「ボンベイ・サファイア」のCFを連想するような作品だと思っています。
忙しさで作品の準備が大幅に遅れてしまったのですが、
何とかギリギリで提出しました。

チャリティー展の会場へ毎年行くのですけれど、
今年はちょうど海外取材が入っていて初日から行くことができませんー。
今のところ、最終日(17日)に会場にいる予定です。

会場には盛りだくさんの写真が展示されますのでお楽しみに!
by mayumiish | 2007-12-02 23:30 | フォトボランティア | Comments(0)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル