人気ブログランキング |

<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「Sicko」(シッコ)観ました。

マイケル・ムーアの新作映画「Sicko」(シッコ)を観てきました。

「華氏911」「ボーリング・フォー・コロンバイン」「ロジャー&ミー」その前のテレビ番組シリーズと、彼の作品はどれも好きですが、今作「Sicko」は、ますます本領発揮という感じでパワフルでした。

「Sicko」公式サイト

マイケル・ムーアがいつもの突撃スピリットを発揮して今回ターゲットにしたのは、アメリカの医療保険の問題です。アメリカには公的な医療保険制度がなく、民間の保険会社に入って治療費を負担してもらうそうです。マイケル・ムーアが医療保険のトラブルに遭った当事者に会ってアメリカ各地でさまざまな証言を聞くのですが、失礼ながら悪いジョーク?と思えるくらい恐ろしいエピソードが次から次へと紹介されます。

アメリカの保険会社というのがことごとく利益至上主義で、保険会社が自社の負担を減らすために、治療や手術が必要な患者に対して嘘の診断をしたり、そのために命を落とす人がいたり、そんな保険会社に協力する医師の年俸やキャリアがぐんと上がったりなどなど、まともな先進国とは思えない証言の数々・・・。

その一方、医療費が無料のカナダやフランス、イギリスに飛んで、アメリカと180度違う充実ぶりを紹介して対比させています。マイケル・ムーア流の編集のせいもあると思いますが、第三者の日本人として映画を観るかぎりでも、アメリカとのあまりの違いに口あんぐり。アメリカ国民は、政府に対して怒り爆発じゃないでしょうか。あちらの映画館で反応を見てみたいものです。

例えばアメリカで、医療保険に入っていなかった人が事故で指を2本切り落とし、病院に行ったら指1本ごとの手術費を提示されて、両方だと高すぎるので、仕方なく安いほうの薬指だけつけてもらった人がいます。一方、公的医療保険制度が完備しているカナダには指を5本切り落としてしまった人がいて、そちらは全部を無料でつけてもらったという話など。また、アメリカでは医療保険に入るのも困難で、少しでも既往症の片鱗があるとはねつけられるそうです。その既往症リストがあまりにも膨大だったと、元保険会社の社員が涙を流して(罪の意識から?)証言します。

映画によると、アメリカでも一度、公的な医療制度の導入が検討されたのですが、保険会社から献金をもらっていた反対派が「社会主義的だ」というイデオロギー的大キャンペーンを行って、案を潰したそうです。導入の推進活動をしていたのは、当時、ファーストレディーだったヒラリー・クリントンとのこと。でもマスコミも動員しての反対にくじけてしまったのだそうです。今ではヒラリーも保険会社から献金をもらう立場だとか。この映画、「もし大統領になったら、当時を思い出して医療制度をなんとかしてよ」というマイケル・ムーアからヒラリーへのメッセージとも取れる?

最後、マイケル・ムーアとNY911テロのボランティアで健康を害した人々がキューバの病院へ乗り込みます。ネタバレになるのであまり書きませんが、ここだけは少し「?」でした。数年前にキューバに取材に行った経験から、あの国では公共施設の突撃取材は無理で、全て許可が必要です。病院のシーンで、キューバは国際的に良いPRになるからと特別に最新機器をあつらえたと推測され、普段はどうなのだろう、と。町の配給所はたいてい品薄だったし。でも治療を受ける目的は果たせたので、頭の切れるマイケル・ムーアのことだから、それも計算に入れていたのかもしれませんね。

この映画を観たら、日本で高い国民健康保険料を払ってるけど、まだアメリカよりましなのかな?と少し思えてきました。でも今後、健康保険の民営化の話が出ないとも限らず、アメリカでの悪例をまざまざと見せるこの「Sicko」は一見の価値ありです。
by mayumiish | 2007-08-31 01:14 | アート | Comments(2)

日本の神々

耳鼻科の病院に再び行ったら、やはりおたふく風邪だと言われました。今日はコロッとした腫れがあごの下に移り、食べ物が飲み込みにくいです。味覚の感覚が変わったり、昨日は、唾液の出る腺がふさがれるのか、水を飲んでも飲んでも舌の奥の方が乾く感じでした。今日は少し回復しています。

こんな時こそ、ヨガの先生に習った呼吸法「Shitali」(シータリー)かなと思い、やってみました。先生いわく「砂漠に行って水がなくても喉が渇かない」という呼吸法です。ネットで見るとシータリーは、口をストローのようにすぼめることで耳下腺と顎下腺の動きを活発にし、唾液が出るとあります。まさにおたふく風邪に直結した場所を刺激するようです。悪影響が出るとよくないので5回ぐらいやってみたら、なんとなく口内が潤ったのが感じられました。でも、やり過ぎると逆にもっと乾いた感覚になったので、病気中は、ほどほどがいいようです。

おたふくの腫れが引くまで外出ができないので、家にこもって読書をしています。今読んでいるのは「古事記」 上巻・全訳注 (講談社学術文庫) です。これは原文、現代語訳、注釈、解説がついているので、すらすらと読めます。

「古事記」は日本最古の書物で、日本の成り立ちや天皇制の歴史が書かれた神話です。天照大御神(アマテラスオオミカミ)、速須佐之男(ハヤスサノオ)、大国主(オオクニヌシ)などの有名な神々のほか、水の神、風の神、霧の神、山の神、谷の神、穀物の神、岩の神、鉱山、船の神などなど、それぞれの事物を司る夥しい数の神々が生まれてきます。古代ギリシャやヒンズー教にも負けない、まさに多神教日本ですね。さまざまな神話エピソードをメタファーに、農耕や漁業文化を柱に育った日本国土の成り立ちや、祭りの起源などが語られて大変に心ひかれます。

まず男の神、伊邪那岐(イザナギ)と女の神、伊邪那美(イザナミ)が交わって、島を次々産みますが、その初めが淡路島。そして、四国、九州・・とどんどん、そして、覚えきれないほど多くの神を産んでいきます。高千穂、出雲、伊勢など、神話にまつわる地名が多く出てきて、旅情を誘われました。神々の名前は非常に長くて読みにくいものが多いのですが、中には「木花知流比売」(コノハナチルヒメ)、「木花之佐久夜毘売」(コノハナノサクヤビメ)など文学的な名前もあったりして面白いです。ちなみにこれらは、桜の花にちなんだ女神だそうです。

古事記の上巻(全3巻)に展開するのは、子孫の(ということになっている)天皇が登場する以前の、神々の世界です。登場する男神も女神もなんだか人間くさく、温暖な気候や農耕文化を象徴するような大らかさが漂っているのが感じられます。八岐大蛇を退治した猛々しい神スサノオノミコトにもうっかり者の性質があったりと、どこかユーモラスでさえあるのです。アダムとイブが罪を犯して、という一神教のキリスト教世界とは、かなり遠い世界観だな、と改めて感じます。

また、8世紀に完成したとされる「古事記」ですが、外国からの影響を反映した記述も端々にあって、それも大変に興味深いです。中国から伝わったしきたり(北極星を天帝とみなす)や吉数をはじめ、東南アジアに同様の話がある「因幡の白兎」の話や、九州地方に渡って来て住み着いたインドネシア系住民「隼人」についてのエピソードなど、単一民族ではない日本を色濃く物語っているようです。

今のところ神話にまつわるのが西日本の地名ばかりで、東日本が全く登場しないのが少々寂しいですが、いよいよ神武天皇が出てくる「古事記」中巻が楽しみです。
by mayumiish | 2007-08-22 23:00 | 日本 | Comments(0)

おたふく風邪?

おたふく風邪は、子供の頃になる人がほとんどだといいますが、
この歳になるまで、私はずっと罹っていませんでした。

「大人になってからのおたふく風邪は恐ろしくキツイ」と
聞いたことがあるので、
漠然とした恐怖を感じていたのですが、
とうとうおたふく風邪か?という症状になってしまいました。

はじまりは昨日の早朝です。
大きめの地震があって目が覚めたと同時に、
右耳の下に違和感を感じました。
なんだかリンパ腺のあたりが少し腫れていて、押すと少し痛いのです。
まさか、おたふく風邪?と一瞬不安がよぎったのですが、
片側だけだったので、そのまま早朝ヨガへ行き。

帰宅後、ネットでいろいろ見ると、
おたふく風邪の症状にやはり似ているようなので、
病院に行こうとしたら、
病院は今がお盆休みなのですね。または、木曜の午後は休診。
近所で行けるところが皆無でした。

耳の下の腫れ感は続き、冷やすと気持良いので
その晩は、アイスノンを当てて早めに寝ました。

そして、今朝起きると、昨日よりさらに腫れ(むくみ?)が
大きく感じられます。
痛みは頬のふちのほうにも広がってきたような。
心なしか、左耳の下もやや腫れ気味。
熱はないのですが、なんとなくだるい感じでした。

なので、今日、朝一番で病院に行ってきました。
すると、

「まだ腫れが小さい(自分では十分大きく感じますが!)ので
断定できないが2,3日中に、
もっとぷくーっと腫れてきたら、おたふく風邪でしょう」

と医師に言われました。
そして、抗生物質と炎症を抑える薬を処方されて帰ってきました。
高熱が出たわけでもないので、現在はひたすら
腫れているところを冷やすようにしています。

近所の子持ちの友人と話すと、
「今、子供の間ではおたふく風邪が流行っているのよ」とのこと。
春と夏が感染のシーズンらしいです。

おたふく風邪の正式名称は、「流行性耳下腺炎」というそうです。
英語名はMumps (ムンプス)。
潜伏期間が2〜3週間あるとか。

「大人になって罹ると恐ろしい」というのは、
無理をすると、卵巣炎(男性は精巣炎)を発症する可能性が
あるからのようです。
また、やはり高熱が出るのでしょうか。

来週は外出する予定が続いているのですが、
大勢人が集まる場所に顔を出すわけにいかず
本当におたふく風邪だったらと困っています。
by mayumiish | 2007-08-17 11:50 | つれづれ | Comments(4)

GQ Japan に掲載になりました

今、発売中のGQジャパン 2007年9月号に、
私が写真を担当している記事が掲載されました。

今号には別冊Medical Guide 2007があり、その中の
「極上スパは最高の”予防術”です。」を担当しております。
スパは、今や女性だけが行くものではなく、
男性の利用も高まっているそうです。
東京、軽井沢、京都、神戸を網羅して
男性客も通う厳選のスパが紹介されています。

また、同別冊の「イッパツで効く私のゴッドハンド。」
の中で、京都のゴッドハンドのポートレートを撮影しました。
撮影後に、私の腰が良くないでしょう、と言われて
少し施術していただいたのですが、
「オスッオスッ」と(雑誌ではエイッ、エイッとなぜか違うかけ声)と
5分ほど不思議なマッサージをしてもらったら、
見事に腰痛が消えたという
神秘のゴッドハンドぶりを体感してきたのでした。

GQは男性誌ならではの、車などの特集も多いのですが、
今号では、世間を騒がせた近頃の有名社長たちのその後の顛末や展望を
フォーカスした特集記事、GQブラックが面白く、
とても読み応えがありました。
by mayumiish | 2007-08-08 17:59 | MEDIA | Comments(6)

広島に原爆が落とされた日

今日8月6日は、アメリカ軍によって広島に原爆が落とされた日ですね。
1945年のことですので、今年で62周年です。

あれほど人類に害の大きい兵器なのに、アメリカを筆頭に
世界の5カ国が未だに原爆を保有しています。
落としたアメリカでは、原爆の真実について国民にそれほど
知らされていないようですが、ほかの4カ国でも同じなのでしょうか。

戦争による唯一の被爆国ということで、
やっぱり日本人がもっと大きな声を上げないと
世界には伝わらないのだろうなと思っていた矢先、
いつも愛読している「きっこの日記」で
こんなサイトが紹介されていました。

PEACE HIROSHIMA ピースヒロシマ http://www.peacehiroshima.com/

とてもスタイリッシュなサイトだな、と思ったら、
広告制作会社で働くコピーライターやグラフィックデザイナーたち、
日本のクリエイターが中心に立ち上がって作った
「平和継承プロジェクト」だそうです。

ポスターやTVCFも作成して(アーカイブの欄で見れます)、
シンプルでいて胸を打つ広告を作っています。

アメリカのスミソニアン歴史博物館では、
広島と長崎の写真を混同している間違いがあるそうです。
この「ピースヒロシマ」サイトを通して読者は、
それを訂正させるための署名と、
バルーンにメッセージを書いて、
ネット内の青い空に飛ばすことで参加できます。

ふわりふわりとたくさんの白いバルーンが空に浮かぶ画像が
あるのですが、私にはなんだかそれが、
原爆で亡くなった人々の魂のようにも見えるのです。
一つ一つのバルーンに書かれた平和へのメッセージは、
もう声を上げられない人々に代わって代筆されたかのような・・・。

バイリンガルのサイトなので、海外の人々にも
ぜひ見てもらいたいです。

この「ピースヒロシマ」サイトによると、
8月6日の朝8:15に爆弾が投下されたそうです。推定死亡者14万人。
今日その時間、私はヨガのレッスンの真っ最中でした。
当時も、戦時中とはいえ、広島のほとんどの人々が、
いつものような朝を迎えていたことでしょう。
そんな時に、突然原爆が空から落ちてきた、と思うと言葉もありません。

イラクなどでは、現在もそんな日常(原爆ではないものの)を送る
一般の人々がいるわけで、人間というのは、
いつまでも進歩しないものなのでしょうか。

でも、このピースサイトにあるように、
Nobody talks, Nothing changes (No talk, No changeじゃだめ?)。
広島や長崎在住の人々だけでなく、もっと多くの日本人が声を上げれば
何かを動かせるのかもしれません。
by mayumiish | 2007-08-06 17:49 | 日本 | Comments(2)

どうなるでしょう。アフガニスタン

8月に入り、いよいよ夏の盛りですね。
夏休みで旅に行く人も多いのではないでしょうか。
ヨーロッパや中国の洪水など、温暖化によるのか天候不順が
多いようなので、気をつけたいですね。

私も仕事で旅に出かけることが多いので、
天候の他、海外で起きる事件や情勢には敏感になります。

先日、アフガニスタンでタリバンに拉致された韓国人23人のうち
二人が殺害されてしまいましたね。
同じ人間なのに、軍隊や原理宗教グループなどの集団にとっては
一人の命の価値がとてつもなく軽くなってしまうのが恐ろしいです。

知り合いに、毎年のようにアフガニスタンに撮影に行き、
また、ランドセルをアフガニスタンに送るボランティア活動を
続けている写真家、内堀さんという人がいます。
彼によると、アフガニスタンではタリバンの拉致事件がほかにも
あるそうで、以前は彼の知り合い医師のスタッフ医師が拉致されて、
身代金4500ドルを払って解放されたとのこと。
また、最近は看護士が拉致されたそうです。
お金目当ての拉致が横行すると、
外国人は真っ先に狙われるので危険ですね。
タリバンのように、ゲリラ的なグループの犯行には
国際的な圧力も無効だし、対処が難しいところです。

韓国人人質の救出作戦があるとかないとか、ニュースに出ていますが
強行手段→人質にダメージという事件がこれまで多いので、
本当に心配です。
by mayumiish | 2007-08-01 23:36 | アジア | Comments(0)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル