人気ブログランキング |

<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

緑の回廊基金

10日ほど前になりますが(ブログに書くの遅すぎ?)
新宿御苑で行われていた「ロハスデザイン大賞 2007新宿御苑展」に
行ってきました。

このイベントは、環境省の「チーム・マイナス6%」や雑誌「ソトコト」、
企業が共催してより「ロハス」な「ヒト」「モノ」「コト」各部門の大賞を
決めるというイベントで、今年で2回目だそうです。

お世話になっているソトコトの編集者さんたちにばったり会ったり、
緑の芝生に設置されたステージでの、
坂本龍一さん&分子生物学者・福岡伸一さんのトークショーを聞いてきました。

実は、今回ロハス大賞の最終候補に残ったもので、
特に気になったものがありました。

ボルネオ島の「環境保全プロジェクト」活動をしている企業「サラヤ」です。
以前のブログにも書いたことがありますが、
この会社は、熱帯雨林に住む生物が、商業的なパームオイル(アブラヤシ)
プランテーションの拡大で被害を受けていることから、
持続可能な方法でパームオイルを調達しようという視点での取り組みをしています。

ボルネオ島の環境保全プロジェクトの一環として、
「ボルネオ保全トラスト」を計画し、昨年「緑の回廊基金」を開設したそうです。
サラヤの製品、ヤシノミ洗剤の売り上げ1%がボルネオ保全トラストに使われるとのこと。

「緑の回廊基金」の目的は、プランテーションになった土地を買い戻し、
自然の森林に戻すことです。特に川沿いに暮らす習性を持つ象やサルたち動物の
行き場が失われているので、キナバタンガン川やセガマ川沿いを森に戻して
野生動物が再び帰って来られるようにしようというものです。

数千万年前からの生命が営まれているボルネオ島の熱帯雨林には
語り尽くせないほど豊かな生命の世界が広がっています。
森は、多くの種類の木々の枝葉が数十メートルの高さで幾層にも重なって
できています。それらはまた、二酸化炭素を吸収して、
大量な酸素を地球に放出しているのですが、
パームヤシだけが規則正しく並ぶプランテーションに、同等の営みができると
思えません。

例えば日本で、ブナの原生林や多様な動植物が生きる世界遺産、白神山地の森が
全部パームヤシの林になってしまったらどうでしょう。
生命の多様性がかなり失われるのではないでしょうか。

ボルネオ島に行くたび、熱帯雨林の減少の進行を見て危機を感じ、
「緑の回廊基金」の活動に大きな関心を持ったのですが、
熱帯雨林の圧倒的な生命の豊かさと、パームヤシ・プランテーションの
違いを実際に見れば、その緊急性がわかるのでは、と思います。
ロハス大賞のイベント会場で、サラヤの環境担当者にお会いして
プロジェクトの真剣度がわかったことはとても有意義でした。
サラヤではほかの企業にも呼びかけていますが、今のところは
あまり積極的でないとのことで残念です。

サラヤは現在「ボルネオ調査隊」というエコツアーの参加者を募集中とのこと。
抽選でペア4組合計8人を招待して派遣するそうです。
応募の締め切りは8/18なので申し込んでみてはいかがでしょうか!?

サラヤ「ボルネオ調査隊」募集のサイト 「ボルネオ島はあなたが守る!」キャンペーン

ところで、このロハスイベントのトークショーで、坂本龍一氏が印象的なことを
言っていました。今日のブログが長くなったので次回に書こうと思います。
by mayumiish | 2007-05-31 00:07 | ボルネオ島 | Comments(2)

「25ans」に掲載/ブータン・アマンコラ

雑誌「25ans」(ヴァンサンカン/アシェット婦人画報社)の7月号(5/28発売)に、
私がブータンで撮影してきた記事が掲載になりました。

今月号のヴァンサンカンは旅特集。

「キーワードは『地球を感じる』
お金では買えない”感動”の旅!!  
新・贅沢リゾート最強バイブル Total 120p」 

この特集の中で「聖域リゾート ブータン」のpart2-2「アマンコラのすべて」の写真を担当しました。ブータンの各地4個所に点在するアマンコラのリゾートを1軒1軒紹介しています。

このリゾートは滞在型ではなく、ゲストがブータン各地を移動しながら独特の色濃い文化や数々の絶景をより深く満喫することがコンセプトです。あえて施設をわりとシンプル目にし、でもホスピタリティーは手厚くというスタイルで、まさに「旅を楽しむ」ことのできる素敵なリゾートでした。

ブータン王国では、ワンチュク前国王の時代からGNH(Gross National Happiness/国民総幸福量)を導入しています。その政策の中には、先進国が技術開発を進めて環境を破壊してきた教訓を生かし、「自然環境の保全と持続可能な利用」も含まれるとのこと。

その姿勢を尊重してか、アマンコラでは、どのロッジに行っても景観をじゃますることなくその場に溶け込むように建っています。また建物からファブリック、アメニティー、レストランのすみずみにいたるまで自然素材のものが用いられてプラスチックなどの合成化学製品は見当たりませんでした。ブータン名産のリンゴから作る美味しいジュースなどにもストローはつかず、マドラーは木製でした。ゲストルームにはテレビもないし、唯一記憶に残る例外は電話機だったでしょうか。

一緒にブータンを回った編集者のIさんが記事の中に書いていますが、

「豪華なだけはもうアウト!
『ネイチャー&シンプル』こそ快適ステイの秘訣」

まさにそれを体現するリゾートでした。
by mayumiish | 2007-05-26 14:00 | MEDIA | Comments(4)

事件との距離

先日、愛知県で立てこもり事件がありましたね。
危険がつきものの仕事とはいえ、
SAT(『特別急襲部隊』と呼ぶそうですね)の人が
撃たれて亡くなってしまったのは、もう本当に気の毒でした。

驚いたことに、この事件は私の妹の家の近所で起きていました。
TVのニュースで現場の住所を聞いて、もしやと思い妹に電話すると
立てこもりの家は妹の家から車で5分ぐらいの場所で、
ほぼ毎日買い物で通る道沿いとのこと。
事件が発生していた頃にもその場所を通ったそうです。
帰宅中、恐ろしい速さで走るパトカー数台とすれ違って、
家に帰ってからTVをつけたら事件を報道していたのだとか。
私が妹に電話した夜には、まだ犯人が元奥さんを人質に立てこもり中で、
妹宅の上空付近をヘリコプターが何機も飛んでうるさいと話していました。
翌日は妹の子供の学校が休校になり、事件の影響が大きく出ていたようです。
結局、犯人が投降して逮捕されましたが、
住宅地の民家に、あんな危険な人が拳銃を持って住んでいたかと思うと
恐ろしくなりました。

そんな話を今晩、近所の友達Sさんに話したら、
なんとSさんの知り合いは、5/16に世田谷区で起きた
老夫婦強盗殺傷事件のあった家のお隣に住んでいるのだとか。
この事件の犯人はまだ捕まらず、銀行ATMのビデオ記録から、
犯人が、老夫婦から盗んだキャッシュカードを
世田谷などのATMで使おうとしたことがわかっています。
画像で見ると何となく若い男性のようにも見えます。
そして、Sさんの知り合いの家では現在、
警察にいろいろ協力中(詳しく書けないですが)なのだそうです。

立て続けに起きた事件の近所に知り合い関係者が住んでいるのは
偶然かもしれませんが、
日本も、近くで大きな事件が起きてもさほど珍しくない
世の中になったのだとつくづく思わされました。
by mayumiish | 2007-05-20 01:20 | つれづれ | Comments(3)

アジアの布・カンボジア

a0086851_142177.jpg

アジア好きの人は、布好きの人が多いですよね。
アジアの国々には、とても味わい深い
手織りや手染めの布が多彩にあります。

先月、インドのオリッサ州を旅してきた友達たちは、
オリッサで有名な絣織りなどの布をどっさり買ってきたそうです。

そういう私も布好きで、先月行ったカンボジアでは手織物の村を訪ねたり、
布製品を扱うブティックに足繁く通って
手織りのシルクスカーフやらコットンを
(またもや)たくさん買ってきてしまいました。
行くたびに新しい織りや柄の製品が並ぶこの頃のカンボジアです。
今回は、これまであまり見なかったシルクスクリーンの
染めものが新たに登場していました。

カンボジアの織物は、ホールと呼ばれる細かい柄の
イカット(絣織り)のシルクが伝統的です。

特に、クメール生糸で織られた良質のシルクはことさらに柔らかで
とても手触りの良いのが特徴です。
でも生産量が少ないので、普通はベトナムなど近隣から輸入した
生糸が用いられています。

また、クロマーと呼ばれるチェック柄のコットンスカーフは
日本の手ぬぐいに当たる存在で、
頭に巻いたり、首に巻いたり、荷物を入れてしばったりと大活躍。
カンボジア人の暮らしの中に密着した布です。

それらの布は、工場で生産されているものではなく、
プノンペンの郊外に点在する村々の高床式家屋の軒下で、
糸の紡ぎから染色、機織りまで全て手仕事で
行われているのがまた魅力です。
かつて、ポルポト時代などに絹織物の生産が途絶えた時期が
あったと思うと、復活した手仕事の現在の盛況ぶりが
なおさら感慨深いのです。
a0086851_1485065.jpg

また、カンボジアの手織り布の多くは、特別な職人の仕事ではなく、
農家などの女性の家族仕事によって作られています。
通常、母から娘や近所の人々へと伝えられますが、
NGOなどの援助で、貧しい村の女性に技術を教える活動も行われています。
そのようにして生まれた布は、女性たちの収入となり、
プノンペンやシェムリアップの店で観光客などへ売られて行きます。
ある意味、かなりフェアトレードな製品です。

カンボジアを訪れたら、ぜひ手織り布に注目してみて下さい。
そして、まだ少ないながらもクメール生糸で織られた布を見つけて、
その風合いの良さもぜひ堪能してほしいものです。
by mayumiish | 2007-05-17 01:04 | アジア | Comments(0)

エル・ア・ターブルに記事掲載

雑誌「エル・ア・ターブル」(アシェット婦人画報社)の5月号(No.31)に、私の記事が掲載されました。

「ベリーが実る、ポートランドへ」
写真と文章を担当しています。

アメリカの西海岸にあるオレゴン州は、全米一のベリーの産地です。日本でもよく見かけるブルーベリーやレッドラズベリーをはじめ、ジューシーな甘さが美味しいブラックベリー、珍しいゴールデンラズベリーなどなど数十もの種類が栽培され、とても多彩です。特に、私の一番好きなマリオンベリーという大粒ブラックベリーの一種は、オレゴン州の名産中の名産で、ポートランドに行く時は、必ずマリオンベリーのジャムなどを買って帰ります。記事では、そんなオレゴンベリーの魅力を紹介しています。

ベリーは、日本でもスイーツのトッピングなどに多く用いられますが、美味しいだけではなく、栄養の面でも大変に価値が高いものです。特に、色素の濃いブラックラズベリーは、抗酸化作用(=アンチエイジング)、デトックスの効果が高く、心臓にも良いそうです。詳しくはオレゴン・ラズベリー&ブラックベリー委員会のサイト(英語)を。また、週3回食べ続けるとガンなどの予防にもなるというフィトケミカル(植物化学)の研究結果もあるとか。

記事中の写真で、ポートランド在住の料理研究家でThe Berry Bibleというベリー料理本の著者ジェニー・ヒブラーさんを紹介しています。本の中でベリーの医学的効能についても書いていますが、撮影のために彼女のお宅にうかがった時、冷蔵庫のフリーザーにベリーがどっさり入っていました。旬の季節に買っておき、冷凍しておけば美味しさがキープできるとのこと。毎日食べると言っていた彼女は、たしかにとても健康そうでした。

オレゴンのベリーの旬はこれから。6〜9月初旬です。ベストシーズンは7月頃で、ベリーの種類によってマーケットに出回る時期が変わります。自然に熟したベリーたちをポートランドのファーマーズマーケットなどで買って食べると、酸っぱさが全くなく、どれも甘くてやみつきになりそうなものばかりでした。

ポートランドは緑が多く、住みやすい町として知られ、またサステナビリティーの高い町としても全米で有名です。夏にポートランドへ旅する機会のある人は、マーケットやレストランのスイーツ、U-pick農園などに続々と出回るオレゴンベリーをぜひ味わってみて下さい(観光局調!?)。

今号の「エル・ア・ターブル」の表紙は、偶然にもベリーがたくさん乗ったパブロバというメレンゲケーキの写真です。パンチェッタ・ジローラモさん宅のごちそうとのことですよ。食にまつわる雑誌だけに、ほかにもすぐ食べたくなる美味しそうなお料理が満載です。
by mayumiish | 2007-05-09 11:57 | MEDIA | Comments(2)

クメール語のレッスン

今月からクメール語(カンボジア語)の講座に通うことにしました。

カンボジアの観光地では、ほとんど英語が通じます。でも私の旅では英語が通じないローカルな村に行くことも多いので、通訳を通さなくても少しわかるようになるといいな、と常々思っていました。

先月の旅でもそれを実感して日本に帰ってきたところ、クメール語講座の案内を見つけました。幼い難民を考える会というNGOが大学の協力を受けて開催しているもので、受講料は、カンボジアの子供たちの援助に当てられるそうです。実はすでに締切りだったのですが、ラッキーなことにキャンセルした人の空きができ(これも縁?)、追加募集に申し込むことができました。

数年前に、シェムリアップにあるトンレサップ湖の水上小学校を取材した時、低学年の生徒たちがクメール語を各自の小さな黒板に書いて一生懸命勉強していました。そんなことを思い出しながら、1年生になった気分でまずアルファベットから勉強しようと思います。
by mayumiish | 2007-05-02 11:04 | アジア | Comments(2)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル