人気ブログランキング |

<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ウィークエンド・オーガニックファーマーからの贈り物

グラフィックデザインの仕事をしている友人Kさんが、数年前から東京の郊外に畑を借りて、週末に通っては有機野菜を作っているそうです。その彼が一昨日、畑で採れ立ての野菜を箱いっぱいに届けてくれました。大きな白菜、大根、春菊、ホウレンソウ、ミニブロッコリー、小松菜です。どれも農薬や化学肥料を使わないオーガニック。農業はシロウトなので美味しくできるまでに数年間の試行錯誤があったそうですが、やっと安定した収穫ができるようになったとか。

さっそく夕飯に大根と鶏肉の煮物を作りました。太くてりっぱな大根は水っぽさがなく、実がつまってるような感じ。味も濃い(?)感じでおいしく食べました。友人が「ホウレンソウが特においしいよ」と言うので、新鮮なうちにと、さっと茹でて、醤油とかつお節パラッで食べることにしました。若いホウレンソウのためか歯ごたえが柔らかくて苦味がなく、本当に味わい深かったです。有機栽培で作ったと思うと、まさに美味しさ倍増な気がしました。

その友人は、日ごろはPCの前でデスクワークの多い生活ですが、週末には車で出かけて畑仕事をしてくるとのこと。福生市に畑があるそうで、移動を含めて、ほぼ1日仕事だそうですが、季節ごとの旬の野菜を作って自分で食べるのって、まさに健康的だし経済的だしで、なんだか楽しそうでした。今は冬なので作物の種類も少ないらしいですが、春には多くのものができるそうです。春になったら季節労働者として手伝いにいくことにしました。

畑ではブルーベリーなどのフルーツも作っているとか。夏は作物の成長が早いので、週末通いだと収穫のタイミングが難しく、スイカは熟しすぎて持った瞬間に爆発してしまう、などいろいろな体験話しを聞きました。

このところ、週末ファーマーが増えているようですね。つい最近は、別の友人Yさんの知り合いでフェアトレード会社に勤めている人が、練馬に畑を借りて週末に野菜(オーガニック?)を作っているという話しを聞いたばかりです。化学肥料や農薬を使わない作物を作ることは、食べる人に安全なだけでなく、土地を汚染しないという点で環境にも良いことで、まさにエコな農業です。そういう観点からも、日常で野菜や果物を買う時はなるべくオーガニックのものを選ぶようにしていますが、まだ少数派なので、もっと増えてほしいものです。

昨日は、友人Tさんが今年行ったモロッコで買ってきたサフランでパエリアを作ってくれるというので遊びに行きました。先日もらったオーガニックのミニブロッコリーを持参したら、茹でてアンチョビと和えたお料理を作ってくれて、一緒に美味しくいただきました。

こうして年末は遊んでばかりいるうちに、とうとう大晦日になりました。これから大掃除をして年越しそばを食べて明日からの新年を迎えます。今年一年間、いろいろ素敵な出会いがありました。お世話になった方々、本当にどうもありがとうございました。みなさま、どうぞ良いお年をお迎え下さいね!!
by mayumiish | 2006-12-31 10:56 | 地球・自然・エコ | Comments(0)

ヨガつながりでベジタリアン

昨日、ヨガの先生のお宅を訪問して、先生が作って下さった美味しい食事を堪能してきた。

インドのデリーから来た先生はベジタリアンで、食卓に並んだメニューも全てもちろんベジ料理。おくらをマサラで炒めた料理、ニンジンと豆の料理、あずきに似た緑豆とひよこ豆のダール、サラダ、全粒紛のパランタ(チャパティに似たもの)、デザートにハルヴァ、そしてショウガを入れたスパイシーでほの甘いチャイなどをいただいた。

ベジ料理というと日本では精進料理風を思い浮かべがちだが、さすがベジタリアン大国のインドには、多種類のスパイスを用いたバラエティー豊かなベジ料理がある。

今年初めて来日した先生は、来る前に日本の食材事情がわからず、トランクケースいっぱいにいろいろなスパイスやら全粒粉やらを詰め込んで持ってきたそう。今は「リトルインディア・タウン」(?)の西葛西で調達しているとのこと。先生のキッチンの引き出しにずらりと並んだ調味料を見せてもらったら、ガラムマサラやチャナマサラなどお手軽にできる調味料は分かったが、先生が「これを入れると美味しくなる」と言うものの英語名にも日本語にも訳せない、初めて嗅ぐような珍しい香りの粉や、一見同じ見えるが3つ全部名前が違うクミンシード形のものなどが次から次へと。インドスパイスの底知れない奥深さに触れたような気がした。

ところで、ヨガを習って以来、先生のベジタリアン食生活に興味を持ち始め、自分でもベジタリアン・レストランを探してたまに行くようになった。

とても気に入っているのは中野にある店Govinda's (ゴーヴィンダズ)。ベジ料理を長年仕事で作ってきたというオーナーの女性が5年ほど前にオープンした店だ。インド料理をベースに、玄米やおからなど日本の食材も取り入れての多彩なメニューが味わえる。定番メニューのパコラ丼(世界初だとか!)、カレー料理、サンドイッチなどに加えて、日替わりのセットメニューや美味なケーキなどもあるので何度行っても飽きることがない。木を多く使ったなごみ感のあるおしゃれなインテリアもとても居心地良い。

あるヨガ仲間にゴーヴィンダズの話しをしたら、なんと彼女の妹さんが店の常連で、いつも絶賛するので気になっていたとか。しばらくぶりに行こうかなと思ったら、今日から1/11まで冬休みで休業とのこと。休みが明けたらさっそく行こうと思う。

話しは戻って、先生宅でいろいろな話しで盛り上がり、夜遅くまでおじゃましてしまった。先生はヨガレッスン以外にも、いつも大変に興味深いお話しをしてくれる。まさに「グル」といった感じの人。なかなか出会える人ではないので大切にしたいと思いつつ、晴れて3rdレベルに上がれる1月からは出席回数のチェックがさらに厳しくなるそうなので、旅が多い生活の私としては、いつまで生徒でいられるかな、というところが少し不安定な気分ではある。
by mayumiish | 2006-12-28 14:20 | ヨガ的生活 | Comments(3)

チャリティー写真展が終了しました

昨日、毎年恒例のフォト・ボランティアジャパン、チャリティー写真展が無事に終了しました。
全体で200万円の売り上げとなりました。

私は今年、自分でもお気に入りのカンボジアの水辺の風景と、ミャンマーの女の子のポートレート作品2点を出品して両方ともお買い上げいただきました。ご来場、お買い上げいただいた皆さま、どうもありがとうございました!!

来年は富士フォトサロンが六本木に移るため、次回はそちらの新しい場所で開催になるとのことです。
by mayumiish | 2006-12-19 13:32 | フォトボランティア | Comments(2)

明日からチャリティー写真展です。

何やら忙しくしているうちに、12月もすでに半月ほど過ぎました。明日からいよいよ「写真家達によるチャリティー写真展」が始まります!第10回目の今年は205名の写真家が参加し、500点以上もの作品が展示される予定です。

会場では、フレーム付きの写真作品を1点10,000円で展示即売し、売り上げがNGO「スリランカの子供たちの就学を助ける会」と「インド子供基金」 に寄付されます。お誘いあわせてぜひ会場に足をお運び下さい。

◎会期:2006年12月15日(金)〜18日(月)
10:00~20:00 最終日は14:00まで。

◎会場:富士フォトサロン・スペース1&2(銀座) 入場無料 有楽町マリオンの向かいあたりです。
富士フォトサロンのサイト

◎企画運営:フォトボランティア・ジャパン

◎協力:富士フィルムイメージング株式会社

期間中、私は16(土)と18(月)午後からも会場にいる予定です。
by mayumiish | 2006-12-14 11:31 | フォトボランティア | Comments(0)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル