人気ブログランキング |

カテゴリ:ヨガ的生活( 47 )

ヨガが生活の一部に

インド大使館で毎週ヨガを2年半近く習ってきましたが、
私のいるサードクラスがとうとう終了になってしまいました。
といっても早朝ヨガなどには引き続き行くので、
今後も月に3回程度は、ヨガ講師のシュクラ先生や
一緒に学んできたヨガ友たちにお会いするのですが。

でも今後は毎週行かなくなると思うと、
予想以上の喪失感というか、とても寂しい気持ちになりました。
大げさにいえばヨガ孤児になったような。
自分でもこの気分にはびっくり。
通うのがとても大変だったこともあったのに、
いつのまにかヨガが生活の一部になっているのかもしれません。
これまでは毎週自動的にヨガをする日が来ましたが、
今後は自分で時間を作らないとなりません。
というか、作りたいと積極的に思います。

ヨガの教義的なこともシュクラ先生から学びましたが、
まだ十分ではないしもっと勉強したいので、
なんとか方法を考えようと思っています。
とりあえず、ヨガの教典ヨーガ・スートラを読もうと思い、
「インテグラル・ヨーガ―パタンジャリのヨーガ・スートラ」(スワミ・サッチダーナンダ)をアマゾンで注文しました。

パタンジャリのヨーガ・スートラは英訳The Yoga Sutras of Patanjali (Swami Satchidananda)も出ていますが、
とりあえず日本語訳のほうを見てみます。

ヨガを学びはじめて、ポーズや呼吸法などの効果だけでなく、
ヤマ・ニヤマをはじめとするユニバーサルな教えが
いろいろと含まれていることがわかりました。
その意味では、シュクラ先生にとても感謝しています。
でも、まだスタート地点?

Yoga = way of life の学びを深めて心身の健康維持に努めるとともに、
最終目標としては自己で終わることなく、学んだものを
社会や世界に還元できたらなと思います。
といっても、ヨガの先生になろうとしてるわけではありません。
by mayumiish | 2008-07-05 17:50 | ヨガ的生活 | Comments(0)

ワークショップ終了!

4日間に渡ったジーヴァン・ラタ・シュクラ先生の「ヨガでうつを克服するワークショップ」が今日で無事に終了しました。片づけを終えて、会場のインド大使館から帰宅しました。

参加されたみなさま、おつかれさまでした。今回、シュクラ先生の生徒という流れで、ヨガのワークショップを初めてお手伝いしたのですが、みなさんのヨガへの興味の高さをひしひしと感じました。我々手伝いスタッフを入れて総勢46名。9割が女性の方でした。やはりヨガへの関心は女性のほうが高いのでしょうか。でも参加した男性のみなさんも溶け込んでセッションを楽しまれていたように見受けられました。

私は一度風邪を引きそうになったもののなんとか持ち直し、最終日を元気に迎えることができました。そしてセッションにも初めてフルに参加できました。今日のプログラムも前日と同様ですが、同じ動作を繰り返すことにより、より深い理解と感覚を体験できるような気がしました。何より、昨日から興味大だった連続呼吸→横たわり瞑想のシークエンスでは、はっきりとセンセーションを感じることができました。

まず、非常に疲れる呼吸の後、仰向けに寝た直後から両手がジーンとしびれる感覚になり、頭は何かですっぽりと包まれたような感じに。キーンという高周波的な不思議なサウンドが耳の奥に連続して、目を閉じた視野の奥にこれまでにない色の光が浮かびました。これが大変に気持ち良いのです。先生の声が遠くから聞こえてくるような感じ。寝入り前の安らかな気分とでもいうのでしょうか。でも、意識ははっきりしていて、決して眠ってはいないのです。まさにBe here nowとでもいうか、どこまでもニュートラルな感覚に浸れました。

その後、先生の言葉によって、つま先から頭まで身体全体の感覚をなくすイメージまで行きついてから、今度は一気に血流を早くするイメージで現実に戻ってくるのですが、その時のリフレッシュ感は大変に大きいものでした。シュクラ先生によると、うつの症状がある人は、40日間毎日この方法をするのが良いそうです。たしかに何か違いを生み出しそう、特に不眠にもきっと効果的なのでは?と思えました。

みんながテーブルを囲んでの食事も今日で最後。毎日届けられるベジタリアン料理が美味しかったので(女子的には大切なポイント!)安心しました。ケータリングしたレストランRhymes Indiaのチラシをほとんどの人が持って帰ったので、満足度が高かった表われかなと思います。

今回のワークショップでは、これまでのヨガクラスでのレッスンとは違うプログラムを体験できたのは貴重でした。また、うつ症状がある方にとって役立つ内容だったらいいなと思っています。

まだまだ秘められた引き出しをたくさん持っているシュクラ先生の、今後のヨガプログラムにも期待したいです。
by mayumiish | 2008-07-01 23:30 | ヨガ的生活 | Comments(6)

ワークショップは最終日

インド大使館ジーヴァン・ラタ・シュクラ先生の「ヨガでうつを克服するワークショップ」は、昨日、無事に3日目を終え、今日の夜がとうとう最終回です。

昨日もこれまでと同様のプログラムを続けました。肩を上げ下げしながら長時間呼吸の練習(これが疲れる!)をした後に、マットに横たわって瞑想に入るのですが、その時に不思議な感覚を感じた人がいました。今回のスタッフとしても活躍している健さんによると、横たわった時、手の先からしびれる感覚があり、それが上体に移動していくのだとか。このワークショップに参加している私の友人も、初日に同様の感覚になって心配してましたが、シュクラ先生の話では、ああした呼吸法の後にその感覚が起きるのは、通常のことだそうです。

この練習中、私は食事の準備の手伝いやらで中座していたことが多いので、今日も呼吸&瞑想をやるとしたら、今回はフルに参加してみようと思っています。

ワークショップ参加者の方でこのブログを読んで下さる方がいたら、今日は最後にフィードバック(感想)用紙を書いていただくので、筆記用具をお持ちください。また、今日は修了証も発行されます。

最終回、ラストまでがんばりましょう!
by mayumiish | 2008-07-01 10:18 | ヨガ的生活 | Comments(0)

ワークショップ2日目終了

今日はワークショップの2日目でした。
梅雨の大雨をものともせず、朝からみなさんが集まりました。

ヨガのレッスンは、チャンティングから始まります。先生の後についてヒンズー語の短い唄を唱えるのですが、これはインド大使館ヨガ教室でと同じもの。毎回クラスの前に唱えさせられるので、我々シュクラ先生の生徒は暗唱できるまでになりました(自分でも驚きました!)。昨日初めて聴いた方にはきっと難しく聞こえることと思いますが、チャンティングの目的は、ヨガ開始前に集中心を高めることでもあるようなので、先生の発音に集中して同じように繰り返す努力をするだけで十分なのではと思います。

ワークショップは、準備的な体のほぐし、ポーズ、瞑想と続きました。初日の記念講演で、先生がうつに効果のあるポーズをいくつかデモンストレーションで紹介しましたが、そのうちの「ゴームカアーサナ」(牛の顔のポーズ)と、「ヴリシャバーサナ Vrishabhasan」(牛が座るポーズ)を今日練習しました。どちらも呼吸を整え、ゴームカアーサナでは右腕を上げることに効果があるようです(右の鼻を活性化)。ヴリシャバーサナは、左側に足を寄せると同効果だそう。

ヨガの後の食事タイムでは、今日は2日目ということもあり、テーブルを囲んだ出席者のみなさんの雰囲気が和やかになってきました。食事は日替わりですが、発芽ムング豆(緑豆)のサラダが昨日に引き続き出ました。これはヨガの後に良い健康的な食べ物ということで、加えるようにとシュクラ先生がリクエストしたそうです。

ムング豆は私もよく料理に使いますが、火の通りが良く、ささっと洗ってカレーやスープを作る材料と一緒に鍋に入れておけば15〜20分ぐらいで煮えるので、とても便利です。いつもの料理にムング豆の食感と、ほくっとした味わいが加わり、美味しいプラスアルファになります。今日、出席者の方々とも話していたのですが、発芽ムング豆も自宅でできそうなのでトライしてみたいです。
お豆百科事典/緑豆(ムング豆)

明日のワークショップ3日目は夜になります。これまで夜のヨガクラスには出たことがないので、この機に朝ヨガとの違いを体感してみます。
by mayumiish | 2008-06-29 16:39 | ヨガ的生活 | Comments(2)

記念講演終了&ワークショップ1日目

インド大使館ヨガ講師ジーヴァン・ラタ・シュクラ先生の「ヨガでうつを克服するワークショップ」記念講演が、昨日無事に終わりました。

夕方から手伝いチームとして会場入りし、準備に進行にとあれこれ走り回ってましたが、盛況で終えることができてほっとしています。お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。先生のお話しが、テーマである「うつ」の改善に少しでもお役に立てばいいなと思います。日本語字幕の文字が多すぎて見づらいのではと、心配して見てましたが、訳については今後の要改善事項かなと思いました。

終わった後に、「呼吸」の話しと最後の「笑い」が印象的だったとの感想をいくつかいただきました。「笑い」の時、私は最後列に立って見ていましたが、シュクラ先生の豪快な笑いにつられて(?)、予想していた以上に出席者の大きな笑いの響きがホールを包んでいました。

この「笑い」は、インド大使館でのヨガ教室でも毎回クラスの最後にやっています。一番最初は私も躊躇があったのですが、今ではほかの生徒と一緒にガハハと笑っています。「何も考えず、自分が愚か者になったかのように、遠慮せず思いっきり笑う」というのは、けっこうカタルシス的に気持ち良く、また内臓が動いて体が活性化する、ということを体感できます。免疫が高まるという医学的なリサーチもありますよね。

そして、今日はワークショップの1日目。
我々手伝いチーム含めて40数名の参加者が、朝からインド大使館に集ってヨガをしました。私は途中から食事のケータリングの手伝いでクラスを抜けたのですが、今日は呼吸や瞑想に重点を置いていたようです。

ヨガが終わってから、食事の前にすぐに食べるようにと先生から各生徒に数粒の「Kishamisha」が配られました。Kishamishaとは何?と思ったら、ヒンズー語で「レーズン」の意味だそうです。レーズンはカリウムの含有量が高く、ヨガの後の体に良いのでしょうか。その後、ベジタリアンのインド料理をみんなでいただきました。このメニューは日替わりで、毎日違う味わいが楽しめる予定。ちなみにケータリングはRhymes Indiaというレストランで、三田にお店があるそうですよ。ワークショップは明日も続きます。
*追記:kishamishaことレーズンに含まれるマグネシウムも、うつへの対処に重要な要素だそうです。
by mayumiish | 2008-06-28 17:08 | ヨガ的生活 | Comments(2)

ヨガのワークショップ明日からスタート!

先日書きましたヨガのワークショップ「ヨガでうつを克服する」が明日からスタートします。

ワークショップはインド大使館カルチャーセンターにてですが、明日はイントロダクション的な記念講演として、港区麻布区民センターB1のホールで講師ジーヴァン・ラタ・シュクラ先生の講演があります。

私もインド大使館でシュクラ先生からヨガを習っている流れで、お手伝いを兼ねて会場に行く予定です。麻布区民センターの最寄り駅は六本木です。出口3(アマンドに一番近い出口)からロアビル目指して歩き、ビルを過ぎた角を右折して徒歩2,3分のところ、東洋英和の向かいとなります。

講演後に感想用紙の記入をお願いしているので、参加される方は筆記用具をお持ち下さいね!
by mayumiish | 2008-06-26 21:45 | ヨガ的生活 | Comments(2)

フェイス・ヨガ!?

最近、ヨガの鼻洗いのためのネティ・ポットを買いました。
それについてはまた書こうと思います。

ネティ・ポットの使い方の参考にしようと、You Tubeを見ていたら「フェイス・ヨガ」なる面白いレクチャーを見つけました。

頬の筋肉をリフトアップさせるヨガだそうです。
You Tube / How to sculpt and lift your cheeks using face yoga

アナリス・ヘーガン先生と聞き役の女性の真面目な練習とやりとり、笑わずには見られません。

へーガン先生のフェイス・ヨガはシリーズになっているようで、他にもいくつかありました。

額のしわを取るヨガ
You Tube / How to reduce forehead wrinkles with face yoga

一体これはヨガなのでしょうか?
by mayumiish | 2008-06-25 10:59 | ヨガ的生活 | Comments(0)

「ヨガでうつを克服するワークショップ」初日の記念講演はまだ席あります

6/27 - 7/1の「ヨガでうつを克服するワークショップ」
多くの申し込みが来ているようです。

私のブログにもワークショップのキーワードで検索して
訪問して下さる方がいるようです。
現在のところ、6/28 - 7/1のワークショップ(インド大使館)は
ほぼ定員に達してキャンセル待ちの状況ですが、
6/27(金)の記念講演:麻布区民センター18:30-20:00(無料)
はまだ席がありますのでお知らせしておきます。

ヨガでうつを克服するワークショップ
お問い合わせ&申し込み:Tel. 03-3230-8515 (岡本)
by mayumiish | 2008-06-10 12:27 | ヨガ的生活 | Comments(2)

ヨガの師が「ヨガでうつを克服するワークショップ」開催

日本にヨガ文化がますます根づいてきた証拠でしょうか。
アメリカ「Yoga Journal」の日本版が創刊しましたね。

内容はアメリカのヨガセレブのインタビューなど、やはり本国の編集を踏襲していますが、日本独自の記事も多くて楽しい誌面ではと思います。今後は、インドのインフォメーションも増えることを期待したいです。誰が編集長かと思ったら、以前、某ラグジュアリー誌の編集長を務めていた人でした。編集後記によると、ご自身も半年前からヨガを始めたそうです。

ヨガといえば、私が学んでいるインド大使館のヨガ講師、ジーヴァン・ラタ・シュクラ先生が「ヨガでうつを克服するワークショップ」を今月、東京で開催する予定です。5日間のプログラムで、インド料理の食事付(食費のみ有料)です。
ヨガの師が「ヨガでうつを克服するワークショップ」開催_a0086851_22461882.jpg

定員40名なので、参加ご希望の方は早めのお問い合わせ&申し込みをおすすめします。

ちなみにこのポスターの写真は私が撮影しました。アートディレクションは同じクラスでヨガを共に学んでいるグラフィック・デザイナーの岡本健+さんです。仕事を忘れて(?)ヨガのボランティアに精を出す今日この頃ですが、これも修業の一つ?でしょうか。

「Yoga Journal 日本版」の中に偶然、ヨガとうつ症状の関係について記述されている記事がありました。執筆したアメリカの医師マッコール博士によると、ヨガのポーズにストレスホルモンを下げる効果があり、ポーズ、呼吸法、瞑想などの組み合わせは、うつ症状に関係ある神経伝達物質セロトニンのレベルを上げ、モノアミン酵素レベルを下げるというインドでの研究結果があるそうです。完璧な科学的根拠はまだ研究中らしいですが、ヨガが持つ要素の相互作用が効果を生むのでは、とのことです。ご興味のある方は、この機にワークショップを体験してみてはいかがでしょう。
by mayumiish | 2008-06-01 22:40 | ヨガ的生活 | Comments(2)

明日のズームイン!SUPERにヨガクラスが

東京の今夜はまた大雨です。夏前に台風が来ることに、なんとなく気候の変動を感じさせられますね。

明日の日テレ系朝番組「ズームイン!SUPER」で、私が学んでいるインド大使館のヨガクラスの様子が紹介される予定です。

先日、全クラス合同の早朝練習の日にレポーターの方が来て、ヨガのレッスンを体験をする模様を撮影していきました。インド大使館の舞踊クラスや他の大使館のアクティビティーとともに紹介されるようです。

放映は7:40頃からです。「ズムとく」というコーナーで「大人気!大使館のイベントに行こう!!」との内容で紹介されるもよう。レッスンでは、ポーズ、呼吸法、チャンティングなどをしました。放映はきっと数分間なので詳しい内容は伝わらないと思いますが、どのように紹介されるか楽しみです。インド大使館のヨガクラスにご興味のある方はご覧になってみて下さいね。
by mayumiish | 2008-05-19 21:53 | ヨガ的生活 | Comments(0)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル