石井真弓のブログ◎Apertures mayumii.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

写真家です。文章も書きます cMayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

カテゴリ:News( 68 )


Happy New Year 2016


a0086851_15435242.jpg

あけましておめでとうございます!

どこで新年をお迎えですか?

昨年は日本でも海外でも、激動が始まった実感がありましたが、
一人一人の行動がますます重要な時代になってきた気がします。
ふだん意識することがなくても世界は必ずつながっています。
より良い方向に動いて、だれもが平和に暮らせる世界になりますように。

昨年は旅の仕事とともに、いくつか本の制作にも関わりましたが
エネルギーをたくわえ、より良い作品を作りたいと思います。
今年もファインダー越しに見える感動と魂のきらめきにたくさん出会いたいな。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Wishing you a peaceful happy new year of monkey☆

2016年 元旦 石井真弓
by mayumiish | 2016-01-01 15:40 | News | Comments(0)

しばらく前から、ひっそりともう1つブログを始めました。

旅で出会った器について書いています。
趣味で書いていますが、やきもの好きなので、やっぱり
やきものの話が多くなりそうな予感です。

旅路のうつわ

最初は中国の古陶磁の話。

とはいえ、このブログも更新頻度が遅いので(汗)、あちらのブログも
ぽつんぽつんというペースになるかもしれません。
でも、facebookに書いたらさっそくたくさんの人が見にきてくれたので
なるべく書こうと思います。

器にご興味のある方にたまにご訪問いただけると嬉しいです。

by mayumiish | 2015-04-12 11:40 | News | Comments(0)

東京の桜は満開を過ぎ、桜の木の近くを通ると花びらがちらちらと舞ってきます。

それもまた美しいひととき。

まもなく東北や北陸地方にもお花見日和が到来することでしょうか。

しばらく前にお知らせしていた本が出版になりました。

ご縁あって、初めて児童向けの本作りの仕事をしました。



小学校や全国の公共図書館用の書籍なので、書店には置かれないそうですが

ネットでも買う事ができるようです。




タイトル通り、若くしてとても活躍している「衣」の職人さんたちを紹介していて、

私は取材、撮影、執筆を担当しています。



対象は小学校高学年〜ですが、大人が読んでも面白いと思いますよ。

職人のみなさんそれぞれ、ご自分のなりわいに対する真摯な姿勢が素敵でした。

今年は本の制作に力を入れたいと思っていて、そろそろ次の本に取りかかります!

by mayumiish | 2015-04-08 07:15 | News | Comments(0)

なかなか春の陽気が訪れませんね。
雨続きの東京です。
三寒四温のタイミングに乗れず(?)先週末に熱が出てしまいました。
週末にひたすら寝ていてなんとか元気になってきたので、ブログを更新しています。

ANAの国際線機内誌「WINGSPAN」の3月号に、私が書いた記事が掲載になりました。
紙の建築やポンピドーセンター・メスなどを設計し、昨年、プリツカー賞を受賞した
建築家の坂茂さんにインタビューした記事です。
世界で活躍している日本人を紹介する"Out bound Japan”ページです。
いつもは私は撮影を担当するのですが、坂さんにお話を聞きたかったので
自分でインタビューして書きました。

「WINGSPAN」は英文誌なのですが、坂さんは英語が堪能なことを過去の記者会見で見て
知っていたので、坂さんに英語でインタビューしたほうが彼の言葉をダイレクトに
伝えられるかもと思い提案したところ、OKとのことだったので、日本人同士ながら、
英語でインタビューさせていただいたという、ちょっと変なシチュエーションでしたが、
おかげで坂さんが話した言葉や単語を生かして載せることができました。

坂さんの海外の建築写真を中心に掲載したこともあり、今回は私は執筆に専念しています。
主に、彼の仕事のコンセプトや、紙筒を使うボランティア活動(VAN)などについて
お聞きしましたが、彼が昔、アメリカで建築の勉強をしていた頃に、なぜか詩作の
課題があり、坂さんは、特に詩になじんでいたわけでもないのに、上手だったそうです。
それについて聞いたところ、理由は、詩と建築に共通性を発見したからだとか。
また、この4月、大分県立美術館(OPAM)がオープンします。この設計者が坂さんなので、
これについても少しお話を聞きました。
坂さんは、おだやかな笑顔に瞳がキラっと輝いている方でした。
また、ものすごく忙しいスケジュールで日本と海外各地を飛び回っていて、
国際的な評価の高さをしみじみ実感しました。

「WINGSPAN」はANAの国際線機内誌なので、今月ANAで海外に行かれる方は
お読みくださいね。また、購買(ネット販売?)もできるようになったそうなので、
気になった方はぜひチェックしてみてください。
a0086851_23313478.jpg

by mayumiish | 2015-03-09 22:53 | News | Comments(0)

Happy New Year! 2015




a0086851_01014940.jpg


明けましておめでとうございます!

また新たな1年が始まりました。

日本で世界で、多様な生命がより生きやすい年にしたいですね。

健やかで幸せの多い1年となりますよう、心からお祈りいたします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

石井真弓 

2015年 元旦

写真:ブータン・プナカの寺院で撮影した宇宙曼荼羅の壁画




by mayumiish | 2015-01-01 01:11 | News | Comments(0)


船旅の取材を時々しています。
「Cruise Traveller」Winter 2015号の「世界に誇るメイドインニッポンの客船」特集で
撮影を担当しました。

久しぶりに飛鳥IIに乗船し、「美しいおもてなし特集」ページなどで
飛鳥II船内の写真を担当しています。
クレジット表記がわかりにくいのがちょっと残念でしたが・・。

a0086851_12553658.jpg
a0086851_00404975.jpg




by mayumiish | 2014-12-19 00:49 | News | Comments(0)

ごぶさたしました。


桜の季節も終わり、新緑が春風にきらめく季節ですね。

ブログをすっかりごぶさたしてしまいました。
いつもブログを見ていただいている方から心配していただき、ありがとうございました。
またなるべく続けて書きますね!

4月ももうすぐ終わりですが、全日空(ANA)国際線の英文機内誌「WINGSPAN」4月号に、
私が担当した記事が掲載されています。
5月まであと数日ですが(汗)、今月にANA国際線にご搭乗の際にはぜひご覧下さいね。

WINGSPAN (ANA国際線機内誌)2014年4月号
A day on Inle lake (写真&文)

ミャンマー中部にある美しいインレー湖を船で巡った旅のストーリーです。
昨年に続き、英文の執筆に挑戦しました。
a0086851_1851515.jpg

by mayumiish | 2014-04-27 18:10 | News | Comments(0)

今年もあと1週間で終わっていきますね。
そしていよいよ冬本番ですが、冬至が過ぎたので、これからまた日照時間が伸びると思うと心が少し軽いです。

お知らせが遅くなりましたが、今年も「ゆうゆう」(主婦の友社)のオリジナルカレンダーを撮影いたしました。2014年1月号の別冊付録です。が、12/30頃にはすでに2月号が発売されるので、1月号が書店にいつまで置かれているかわかりません。ゆうゆうの編集者さんによると、バックナンバーが買えるのは2ヶ月前分までなので、ネットでお取り寄せなどもできるかと思います。

ゆうゆう 2014年 01月号
花のカレンダー
心潤す12ヶ月 ゆうゆう歳時記

a0086851_8434010.jpg


昨年に引き続き今年も、西荻窪の花店El Sur エル・スールのオーナー渡辺邦子さんによる花のアレンジです!2013年はバラがテーマでしたが、今年はバラ以外のさまざまな花も取り入れたカレンダーになりました。

表紙のバラは日本の種類の和バラだそうです。表紙用に使う花器をどうしようかと編集者さんたちとあれこれ考えていた時、渡部さんが真鍮製のジョーロを偶然どこかで見つけてきて、「絶対、これにこのバラが合うと思う!」と。アレンジが終わって運んできていただいたものを見ると、こぼれるように生けられた美しいバラの色とみずみずしい緑が、真鍮の色や質感と絶妙にマッチしていました。さすが渡部さんの眼力。さまざまな花を長年見て扱って来た渡辺さんならではの素敵なセンスとインスピレーションに今回も何度も感嘆しました。

そんな彼女の背中を見ながらチームワーク良く仕事をしているエル・スールスタッフの方々にもまたお世話になり、昨年に続いて心楽しい撮影の日々でした。2013年のカレンダーを気に入っていただいた地方在住の方から「来年もカレンダーを出しますか?」とエル・スールに電話で問い合わせが来たそうです。また今年は、「カレンダーの●月と同じアレンジでお願い」という注文も来たとか。うれしいですね。さて、2014年も気に入っていただけるといいな。
by mayumiish | 2013-12-25 08:57 | News | Comments(0)

『食べるヨガ』改訂版


先日、仕事でお会いした方がブログを3日に1度は書いていると言っていました。比べて私は、どうも緩慢な更新になってしまうのですが、なるべく更新しようと思います。

以前、企画と撮影で関わった書籍「食べるヨガ」の改訂版が出る事になりました。著者の村田さんが校正していた部分が校了し、もうすこしで完成の予定。自宅で簡単に作れそうな美味しいベジタリアンレシピが満載の本です。

出版になったらまたお知らせしますね!

a0086851_2058577.jpg

by mayumiish | 2013-11-24 20:59 | News | Comments(0)

しばらくブログをごぶさたしてしまいました。

南アフリカで取材してきた記事が掲載されました。

SIGNATURE シグネチャー(ダイナースクラブカード) 2013年11月号
特集「伝説の列車で走る 南アフリカ」(写真&執筆)
a0086851_150719.jpg
南アフリカのプレトリアと南部の町ケープタウン間約1,600kmを、
往路はロボスレイルで、帰りはブルートレインに乗って旅をした時の記事です。

ケープタウンからはローカルの列車や車に乗って、アフリカ大陸最西南端の喜望峰まで
行ってきました。
a0086851_1525140.jpg
喜望峰に向かったのは夕方近くでしかも曇り空。
途中から雨も降り出したので、いい写真が撮れないのではと落胆しつつあったのですが、
車が到着したら、喜望峰の上に大きな虹がかかり始めました。
雲の切れ間から日没直前の太陽の光も岩に当たっています。
カメラを持ってダッシュで車を下り、石がごろごろしたビーチに走って!
虹が消える前にと急いで写真を撮りました。
15分ほどで虹が消え、光も終わり。

雨のおかげで、岬と海だけでない喜望峰の写真が撮れました。
一期一会。物事は行く手に何が待っているかわからない。
そんなことをあらためて認識できた思い出の1枚です。

九州で「クルーズトレイン ななつ星」がスタートしましたね。
南アフリカの列車もまさに伝統あるクルーズトレインです。

ロボスレイルは、アンティークな鉄道好きのオーナーが自分の夢を形にして
ご家族とともに経営している会社で、古い客車を自社の工房で丁寧に改装し、
クラシカルな時代の雰囲気を見事に再生して走らせています。
今回、蒸気機関車の機関車部分にも初めて乗って、間近で見せてもらいました。

一方、ブルートレインは南アフリカが誇る国営列車。
以前のアパルトヘイト時代には白人しか乗車できませんでしたが、
1997年に列車を大幅リニューアルした際、マンデラ前大統領が乗車して列車の宣伝に
一役買ったとともに、南アフリカの歴史の転換を象徴的に示したことが感慨深いです。

SIGNATURE(シグネチャー)は会員誌なのでお店で販売されていないのが残念ですが、
11月号はこの表紙です。
a0086851_14573821.jpg

by mayumiish | 2013-11-13 22:31 | News | Comments(0)