人気ブログランキング |

インドにざくざく中国陶磁

先日、知り合いのフリー編集者さんに誘われてある講演会に行きました。

「海のシルクロードとインド」というテーマで、東京大学名誉教授・辛島昇氏によるお話しです。

ヨーロッパによるいわゆる大航海時代のずっと前に、アジアでは交易が進んでいたというお話。南インドやスリランカには貿易港の遺跡や歴史資料が多々残り、中国から渡ってきた陶磁器の破片がたくさん見つかったそうです。特に、青磁・龍泉窯の破片が多かったらしい。

私も中国陶磁器が大好きで、中国の古窯や遺跡を訪ね歩いては陶磁器の破片をいろいろ拾ってきたので、辛島氏が見せた磁片たちにすっかり心躍ってしまいました。まさに龍泉窯!そして明代景徳鎮の青花(染め付け)!陶磁器の破片の何が面白いかというと、胎土の色や質、そして釉薬の厚み具合、色合い、意匠などで時代が見えることなのです。

辛島氏は南インドの長年の研究家で、インド関連の著作も多いそう。昨年は著作「インド・カレー紀行―カラー版 」(岩波ジュニア新書)を出版したそうです。ぜひ読みたいな。

一方、講演会に誘ってくれた編集者の田中好さんが編集した本も、昨年末出たばかりです。「人生が変わる!ウォーキング力」 (青春新書)。しばらく前にウォーキングのエクササイズで一世を風靡(?)したデューク更家さんの本とのことです。最近、原稿仕事で体重が1キロ以上増えた気がするので、こちらも興味ある一冊です。
by mayumiish | 2010-01-22 22:52 | 人々 | Comments(4)
Commented by ミファ at 2010-01-23 00:45 x
破片!
そしhて龍泉窯。
さらに明代景徳鎮の青花(染め付け)
興味尽きせず。
今度お逢いできる際に、是非、お話を聞かせて下さいませっ!!
Commented by mayumiish at 2010-01-23 18:05
ミファさん、中国陶磁のことだったら、もうやめろと言われるまでお話しますよー!
Commented by ミック at 2010-01-23 21:17 x
昔は中国からお茶を運んでいたので、陶磁器を使われていたと
聞いたことがあります。

興味のあるお話ですね~
Commented by mayumiish at 2010-01-24 23:35
ミックさん お茶もやきものの器に入れて運んだかもしれませんね。お酒もそうですね!紹興酒とか?


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル