人気ブログランキング |

映画「バオバブの記憶」試写会に

昨日は、お誘いを受けてドキュメンタリー映画「バオバブの記憶」
の試写会に行ってきました。

「ナージャの村」や「アレクセイと泉」を作った
本橋成一氏の新作です。

セネガル内陸の村に住む、ある家族を中心にフォーカスし、
はるか昔から彼らの生活に欠かせないバオバブの木々との
関わりを、季節の移り代わりとともに追っていきます。

バオバブの木は昔から村人の信仰の対象であり、
葉や実は食物に、幹の皮はロープにと、
多様な使われ方をしていることがわかって興味深いのと同時に、
生き生きとした12歳の男の子モードゥや家族の活動を通して、
自然の恵みとともにあるセネガルの村の
たくましい生活文化が描かれていました。

一転、そんなバオバブの木も、他の場所では現代の開発の波に
飲まれ、消滅していく様子も映されています。
宅地造成のためにバオバブの林がすっかり伐採された土地に
プラスチック袋のゴミが無数に散乱している光景。

「Tree of Life」であるバオバブを大切にして暮らす村との
激しい対比を見せながらも、
声高でなく、自然との共存、地球環境の未来についての
考察を、見る人に託すような映画なのでした。

試写会の席についたら、なんとお隣が
「ソトコト」編集長の小黒さんでした。
「来ないと本橋さんに怒られちゃうから来た」と
言ってましたが、映画の協力者としてご参加で、
クレジットに名前が載っていました。

作品の公開は2009年3月「ポレポレ東中野」他にて
予定とのことです。

映画に流れていた、アフリカの大地を思わせるような
ゆったりとした音楽も素敵だったのですが、
作者はSONYのCM「ブラビア」や
映画「西の魔女が死んだ」の音楽を作ったトベタ・バジュン氏で、
それもきっと話題を呼ぶのではと思います。

試写会があった場所は、京橋の「映画美学校」です。
初めて行ったのですが何やら面白そうな場所。
映画に関する講座もあり、もっと知りたくなりました。
by mayumiish | 2008-12-11 12:02 | アート | Comments(0)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル