ブータンの魔法

ブータンの取材旅から日本に帰ってきました。現地では毎日、話題満載だったのですが、ネットがほとんどできなくてブログが更新できませんでした。

ブータンでは、国内4個所にある「アマンコラ」ホテルに泊まりながら、編集者のIさんと共にティンプー、プナカ、ガンテ、パロの地方を車で巡ってきました。ブータンは初訪問でしたが、田園風景がどこか日本の眺めに似ているかと思えば、ヒマラヤの雪山が神々しく、そしてスピリチュアルな文化が色濃い国でした。

旅の始まりに、緋色の袈裟を身にまとったブータンのお坊さんがホテルまで来て、旅の安全祈願の儀式をしてくれました。お経を唱えてからクジャクの羽が入った壷の中の聖水を私たちの手に注ぎ、それを頭にかけると、最後に赤い糸を首に結んでくれました。糸は3日間ははずしてはならないとのこと。5分以内の短い儀式でしたが、チベットの声明にも似たお坊さんの低音の祈りの声を聞いて赤い糸を結んでもらった時から、魔法をかけられたように不思議とスピリチュアルな気分になって、それが旅の間ずっと続いたのでした。

ブータンには、日本では民話や神話で聞くような物事が現代にも起こっています。例えば、古代の高僧リンポチェの生まれ変わりという人が今もいて、人々は困りごとや病気の相談があるとリンポチェを訪ねるそうです。私たちのガイドさんのお兄さんもリンポチェで、ダライラマから手紙をもらったりダライラマに随行して世界を旅して歩いたそうです。

リンポチェにまつわる話しはどれも驚くことばかりです。ホテルスタッフの知り合いのお父さんが重病になったのでリンポチェのところを訪ねたら、リンポチェから「お父さんの年齢は59歳なので59匹の動物の命を助けることをしなさい」と言われたそうです。命を助けるとは、例えば魚を釣って(もともとブータンには魚釣りの習慣はない)その魚を川に戻すこと、カゴの中の鳥を逃がすこと、食肉になる予定の牛を解放すること、などだそう。そして、その家族は言われた通りに実行したのだそうです。

リンポチェの生まれ変わりだとなぜわかるのか、とガイドさんに聞いたら、子供の頃の挙動からとか、リンポチェの持ち物(帽子など)をほかのものと一緒に並べて子供に一つを選ばせ、生まれ変わりはリンポチェの持ち物をすっと選ぶのだとか(映画「リトルブッダ」で観たような!?)。

あちこちと撮影してきたのですが、今の季節、日の出が6時前と大変に早いものの、高い山々が遮って、朝の良い光の時間がとても短いのでけっこう苦労しました。そんな中、ゾンと呼ばれるお寺兼地方政府庁(ブータン独特の機能を持つ建築物)で高僧とお話をしたり、馬に乗って山に登ったりと、駆け足の旅ながらとても盛りだくさんだったので、少しずつまた書こうと思います。
by mayumiish | 2007-04-21 18:41 | アジア

写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

Profile
News
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
Photography
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
Archives
Archives(リゾート系)
Web Work
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30
感恩の歌
at 2018-06-23 22:16
『第2回 カタコトの会展 型..
at 2018-06-04 16:36
ノルウェーの船旅フッティール..
at 2018-01-10 00:28

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

最新のコメント

よしよしさん、不思議な形..
by mayumiish at 11:46
平なハサミのような? ..
by よしよし at 07:23
わかこさん、お買い上げあ..
by mayumiish at 22:09
朝日が昇る直前の写真を連..
by わかこ at 13:40
はじめまして。私は望月氏..
by mayumiish at 23:26

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。