人気ブログランキング |

「暗がりのあかり」チェコ写真の現在展へ

東京は今日も猛暑です。空には朝から夏雲。

先日、銀座資生堂ギャラリーで「暗がりのあかり/チェコ写真の現在展」を観てきました。
チェコ共和国で注目を集める写真家10名による約50点の作品です。

チェコは東欧、スラブ文化圏における芸術文化の中心で、ロシア、EUなどにも影響を与えたとのこと。今回は、そんなチェコの写真文化を紹介する日本初の展覧会だそうです。そのせいか、新しい写真はむしろ少なく、1980年代の写真もけっこうあり。

チェコの写真文化はモノクロ写真を主流に発展したそうで、会場の作品も多くがモノクロ。黒と白のグラデーションの中に、東ヨーロッパ的な抑えられた光のトーンが醸し出されているようで興味深かったです。室内撮影でも気候の影響を受けているようなトーン。当時の政治的背景の影響も?独特の空気感をたたえるIvan Pinkavaのモノクロ写真が気になりました。

2000年代以降のカラー写真は、逆にパキッと明るい作風も多かった。面白いと思った作品はDita Pepeの「Self portrait with men」シリーズと、Tereza vickovaの「Two」シリーズ。どちらも若手の女性写真家です。通常は作り込んだ写真はあまり好きではないのですが、両者ともその徹底ぶりとテーマが面白い。

「Self portrait with men」は男性と一緒に写真に収まるセルフポートレート。各職業、社会的な立場にいる男性のパートナーや家族という設定の衣装をDita Pepeが着ているのです。芸術劇場のディレクター風男性、リンゴ園の農夫、マイホームパパ、ホームレス風男性などなどのパートナーという雰囲気がにじみ出た衣装と雰囲気が絶妙。着眼点と分析力が見事です。会場には展示されていませんが、Dita Pepeの作品には、女性と一緒に写るセルフポートレートシリーズもあるそうです。「Two」は一見、双子のポートレート群かと思いきや、作品の中にはCGで双子を演出したものもあり、思わずじっと作品を見てしまいます。どちらもコンセプト的な写真かな。

写真展「暗がりのあかり」のオリジナルタイトルは「Darkness for Light」。個人的には「光のための暗やみ」とか「光にとっての暗やみ」のほうが意味がしっくり。最終日は8/8(日)です。

「暗がりのあかり」チェコ写真の現在展
SHISEIDO GALLERY(銀座)

2010年6/19 - 8/8 (無料/月休)

写真展を見た後、東欧つながりで、ギャラリーからすぐ近くのルーマニア料理レストラン「ダリエ」でランチをして帰りました。なかなか美味しかったです。
by mayumiish | 2010-07-28 13:23 | アート | Comments(0)


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル