人気ブログランキング |

鍵盤うさぎのピアノを聴きに

東京は一気に初夏のような陽気ですね。
土曜日は友人のピアノ発表会の演奏を聴きに紀尾井ホールへ。

金子勝子さんというピアノ教師の45周年記念ということで、
彼女の門下生から選ばれたプロ、アマチュアの人々が
ピアノの演奏を披露しました。

私の友人は、大学に入る前まで習っていたピアノを
約3年前、40歳すぎて突然復活し、会社勤めをしながら
金子先生に習っています。
「鍵盤うさぎのピアノ練習ブログ」

熱心に練習しているようでメキメキ上達し、
なんと、前回のアマチュア・ショパンコンクールでは
奨励賞を受賞したそうです。
家に帰れば子持ちのパパ。
仕事も忙しいのに、一体いつ練習しているのかと思えば、
毎晩、真夜中に練習しているんだそうです。

鍵盤うさぎさんとの出会いは、約10年前、
それぞれ雑誌の取材で訪れたポーランド。
ワルシャワのショパン博物館を訪問した際、
館内の隅にあった演奏会用のピアノをいきなり弾き始めた鍵盤うさぎ。
博物館の営業時間が終わる頃に到着した我々と
不機嫌な対応の係員がすったもんだしている隙に
滔々と演奏を続け、ピアノの音が館内に響き渡っていた記憶が
強烈に残っています。
「昔、ピアノを習っていたんです」と言っていたっけ。

昨日の演奏会には、当時あの場にいた人々も集まり、
10年前の光景がなつかしく思い出されました。
紀尾井ホールでバッハのトッカータを弾く鍵盤うさぎさんの姿を、
母のような気持ち(?)で見守ってしまいましたよ。

先生の金子勝子さんは、コンクールに強い演奏家を育てる事にも
定評があるそうです。
昨日、とても印象的だったのは、中学三年生の角野隼人くん。
幼稚園の頃から神童だったそうで、数々の賞を受賞。
とても中学生とは思えない力強さと表現力、集中力で
リストの「ラ・カンパネラ」を完璧に演奏。
会場を魅了していました。
将来が最も有望な若い日本人演奏家の一人なのだそうです。

「ラ・カンパネラ」ではないですが、
角野くんが演奏するYou tubeがありました。
ショパン/エチュードop.25 11番「木枯らし」/演奏:角野 隼斗

昨日は、私の好きなショパンの曲を弾いた人も多く、
ピアノに浸った楽しい午後でした。
by mayumiish | 2010-05-02 11:23 | アート | Comments(2)
Commented by asahian at 2010-05-05 01:31
どうも、ご来場いただき、ありがとうございました。石井さんは、本当に“原初”を知っているメンバーなので、どうぞ、今後の展開を見守ってくださいませ!
Commented by mayumiish at 2010-05-05 01:57
先日はおつかれさまでした!原初メンバーの一人として楽しく堪能しましたよ。歌が聞えてきたけど、まさかご自分で歌っているとは思いませんでした。これからもがんばって下さいね。できればまたショパンにもトライしてください。


写真家です。文章も書きます ©Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
PROFILE
MEDIA
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
PHOTOGRAPHY
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
ARCHIVES
ARCHIVES(リゾート系)
WEB WORK
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

「週刊朝日」歴史をたどる旅 ..
at 2019-11-27 15:52
『第23回 写真家達によるチ..
at 2019-11-20 22:44
『婦人画報』12月号/フラン..
at 2019-11-08 23:20
ボランティアの心
at 2018-07-17 00:12
玉のごとく
at 2018-06-30 07:30

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2019年 11月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 01月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

i2i

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル