タグ:ボツワナ ( 17 ) タグの人気記事

写真と音楽:Ototsumugi-Kalahari



写真をたくさん撮る活動をしている中、嬉しいのは、
撮影をした被写体ご本人から、撮られて嬉しかったと言われた時。
私の写真が思いも寄らない形で誰かの役に立った時。

そんなことが最近またいくつか増えました。
その一つ。
以前、私が撮影したアフリカ・ボツワナの写真を、
キーボード奏者で作曲家の梅野絵里さんが見て
インスピレーションを得たと言って、
「カラハリ」というステキな曲を作曲したことがあります。
私の写真から音楽ができるなんて、才能豊かな梅野さんに驚き、
とっても感動しました。

そしてさらに、最近、彼女が私のボツワナ写真をつなげて編集し、
「カラハリ」の音楽ととともに、動画まで作ったのです!
編集が完成したと、先日、You tubeのリンクを送ってくれました。

今年、梅野さんがあるお友達を励ます会を開く事になり、
ライブ演奏とともに動画を放映するという目的だったのですが、
お友達が喜んで下さったとのことです。
まったく思わぬ形の展開に再び感動。
そして誰かのために少しでも役立ったことが嬉しかったです。

「カラハリ」を梅野さんはご自分のバンドのライブなどで演奏していて、
私も聴きに行ったことがあります。
繊細でいてダイナミック、浮遊感もある大変美しい曲です。
そこに、パーカッションなど大地や風を感じる音楽「Ototsumugi」を新たに加え、
さらにステキな作品になっています。
音楽のプロって素晴らしい。

個人的には、パーカッションで始まる静かな導入部と、5分あたりで
チェロにピアノ(梅野さん)の音色が優しく入ってくるところ、
その後に続く「カラハリ」の始まりと広がりが特に好きです。
もっとこういう写真を梅野さんにお送りすれば良かったかな、という
自分の反省点もいろいろありますが・・。。
梅野さんがインスピレーションを受けたという写真は、最後のカットかな。

このブログのトップ画像をクリックすると音楽を再生できます。
または下のリンクから。
Ototsumugi - Kalahari / You Tube

ぜひご覧になって(というか聴いて)下さい♪
by mayumiish | 2013-06-17 22:40 | Photography

CD「グリーングリーン」!

先日、春一番の南風のようなうれしい贈り物が届きました。
知り合いのミュージシャン、梅野絵里さんの初CD「グリーングリーン」!
ボーカルのNORI☆さんと一緒にOctというユニット名での作品です。
梅野さんはピアノと作曲。

全6曲。
梅野さんのオリジナル作2曲。「Dear My Love」と「カラハリ」。
カバー4曲。コール・ポーターの「Night and day」や、
「グリーングリーン」、「Song of Bernadette」、
「What a wonderful world」。

「Night and day」は、いろいろなミュージシャンがカバーするジャズ曲。
U2によるパッションなバージョンが特に好きですが、
このCDでNORI☆さんが愛情込めて優しく歌う曲もステキです。
のびのびとして、あたたかな日だまりを感じさせる声の方。

そして、そして、
CDで唯一、歌のない曲「カラハリ」は
なんと梅野さんが、私の写真を見てインスピレーションを得たという作品です。
フルートの流れるようなメロディラインを
ピアノの力強さがフォローしていき、ドラムのリズム感にあふれ。
とても爽快感と広がりのある曲です。
個人的にうれしいし、とてもお気に入り。

以前のブログにも書きましたが、
梅野さんがインスピレーションを得たという写真はこれ。
アフリカ、ボツワナ。
a0086851_2251262.jpg
曲を聴くと、小型飛行機で上空を飛んでいた時のことが思い出されます。
途中で豪雨雲に遭って、その後に虹が広がったこととか。

CDの曲はiTunesでも試聴&ダウンロードできるので聴いてみてください♪
oct「グリーングリーン」iTunes

梅野さんによると、私のほかの写真についても曲にしたいものがあるそう。
ポートレートの写真と風景らしい。
どんな音楽が生まれるのだろう。
楽しみが一つ増えました。
by mayumiish | 2011-03-06 03:00 | アート

Web magazine Excite Ism/ Botswana スローなボツワナへ。

Webマガジン エキサイト・イズム(写真)

「スローなボツワナへ。」

ボツワナのラグジュリアスなサファリリゾート。
世界一ゾウの数が多い国です。
by mayumiish | 2011-01-23 22:59 | Archives(リゾート系)

写真から生まれた曲「カラハリ」!

以前もブログに書きましたが、
私の写真をもとにして生まれた一つの曲があります。

曲のタイトルは「カラハリ」。
作曲者は、不思議に重なる縁で知り合いになった梅野絵里さんです。
梅野さんは、作曲家でキーボード奏者で音大の作曲科の先生というステキな音楽家。
私が撮影したボツワナの風景写真を見てインスピレーションを得たとのことで、
「カラハリ」という曲を作ったのです。
私の写真から音楽が生まれるなんて、思いもしなかったので、ただただ感動。
梅野さんと私の出会いや作曲の経緯については、彼女がご自身のブログで
書かれてます。
梅野絵里さんのブログ

その梅野さんから、
8/29(日)にあるイベントのライブで「カラハリ」を演奏します、との
お知らせが来ました。

[魂(たま)祭り]
8/29(sun)@根津 ふれあい館
15時〜20時半
会費/2000円
詳しくは梅野絵里さんのブログを。

彼女がキーボードで所属しているバンド「ニカウ」のライブで、
以前「カラハリ」を一度聴いた事があります。
フュージョン的な軽快感と広がりが感じられるステキな曲でした!
レコーディング作業も進んでいるとのことで、楽しみにしています。

イベントにはだれでも参加できるそうです。
和太鼓グループの演奏もあって、梅野さんの演奏は17:30頃とのこと。
ご興味のある方はぜひ!
私も聴きに行く予定です。
a0086851_114061.jpg
ボツワナ。国土の西部にカラハリ砂漠が広がる大地です。
by mayumiish | 2010-08-28 00:20 | アート

「カラハリの丘」

 金曜日の夜、四谷三丁目へ「nicau」のライブを聴きに行きました。知り合いの梅野絵里さんがピアノで活動するバンドです。

 「nicau」の演奏を聴くのは初めてだったのですが、ジャズです。スタンダードナンバーを大胆なアレンジで披露したり、梅野さん作曲のオリジナルをちりばめた、奔放かつキレのある演奏で、とても楽しめました。「nicau」のメンバーはピアノ、ドラム、女性ヴォーカルの3人で、先日はベース(若い!上手い!)をゲストに迎えた4人。20代の梅野さんはじめ、みなさん若いのですが、どの曲も自分たちのものにしていて、安定感かつフレッシュなサウンドが心地良かったです。

 21時を回り、第2ステージの第1曲目、梅野さんが「バンドのテーマ曲」だと言って、「カラハリの丘」という曲を紹介しました。先日ブログにも書きましたが、この曲は、私のボツワナの写真からインスピレーションを得てできた曲なのだそうです。私の稚拙な実験的you tube動画のことまで会場で話していただいたので、非常に恥ずかしかったですが。

 「カラハリの丘」は、イメージの雄大さや浮遊感、動きが感じられ、リリカルでリズミカルで、とても素敵な曲でした。しかもジャズで私が一番好きなトリオ演奏。あえて似ているといえば、NYのジャズ・ピアニスト、ケニー・バロンの「Water Lily」(この曲もお気に入り)かな。とにかくすっかり感動し、作曲した梅野さんの才能の豊かさにホレボレしてしまいました。聞けば、彼女は音楽大学で作曲も教えているそうです。

 ボツワナつながりということで、ボツワナ大使館で広報を務めるHさんも誘って一緒に聴きました。彼女も大絶賛。カラハリとは、ボツワナとナミビアの間に広がる砂漠地帯です。「でもカラハリには丘はないんですよ」とHさん。そういえば、果てしない地平線と大空に浮かぶ雲だけがどこまでも続いていたような。

 梅野さんたちは今後CDデビューも考えているそうです。オリジナル曲もいろいろあるようだし、がんばってもらいたいです。将来の活躍が本当に楽しみなバンドに出会えました。

 週末は、横浜パシフィコでの「GREEN EXPO」に行き、また新たな発見がありました。それについてはまた後で書きます。

 
by mayumiish | 2009-07-06 00:54 | アート

写真から生まれた音楽

 うれしいメールが来ました。先日、遊びで作ってみたボツワナのYou tube動画をアップしましたが、それを見たという知り合いの音楽家、梅野さんからです。

 昨年、茗荷谷のCafe fuu というお店でアフリカのチャリティーイベントが開かれました。そこに私のボツワナの写真を何点が展示したのですが、誘ってくれたのが梅野さんです。彼女は、店運営のお手伝いをしつつ、本業は大学で音楽を教え、また「nicau」というバンドで活動するキーボード奏者です。

 その梅野さんが、私が展示したボツワナの空中写真からインスピレーションを受けて、曲を作曲したというのです。そして、先日のYou tube作品を見て「曲のイメージの動画が!」とメールをくれたのでした。自分の写真から音楽が生まれたなんて初めてのことですし、とても感動してしまいました。ビジュアルから得たイメージを音楽に変換する作業ができるのはさすが音楽家。素敵です。

 今週の金曜日(7/3)、四谷三丁目の「メビウス」というお店で梅野さんのバンド「nicau」のライブがあり、その曲も演奏するというので、聴きに行こうと思っています。

 メビウス

 どんな曲なのかな。とても楽しみです。
by mayumiish | 2009-07-01 23:00 | アート

You Tube動画を作ってみむとて

 今朝は梅雨らしい雨空でしたが、午後から晴れてきた東京です。昨日は、暑い!どうしてこんなに暑いんだろう、と思ったら、7月が近いのでした。もう夏ですね。

 そろそろ次の旅も近づいています。行き先は東京よりさらに暑い国ですが、そういう気候はわりと好きなので、それほど苦になりません。東京の蒸し暑さも、自然がもっとあればまだ楽なのにと思います。

 昨晩You tubeをあれこれ見ていたら、自分でも作ってみたくなり、遊びで短い動画作りに挑戦してみました。といっても、初めていじったiMovieで、以前撮影した写真を組み合わせただけですが。


 
 涼しいイメージを考えましたが、スクリーンの大きさや解像度、写真の再生クオリティーなど、まだまだわからないことが多いです。
 
 それにしても、iMovieは、直感的に使えて、初めてでも操作が簡単なので、すっかり感心しました。

 

 
by mayumiish | 2009-06-24 16:57 | Photography

ボツワナの写真を展示してます。

前回のブログにも書きましたが、今日は茗荷谷のCafe fuuでアフリカのチャリティー・イベント「The Wind of Africa」が開催されます。

昨日の夜にカフェに準備に行き、お店の方々に手伝っていただきながらボツワナの写真を展示してきました。大自然に生きる動物たちと、カラハリ砂漠地帯に暮らす少数民族サン族(通称ブッシュマン)の子供のポートレート写真です。

動物たちの写真も、自分で気に入っているポートレート的なものを選びました。家族もなんとなくテーマです。無邪気な子ゾウを守って歩く親ゾウ。早朝の平原で、上ったばかりの太陽を不思議そうに見つめていた若いオスライオン。草の上で無防備な寝ぼけ顔の大人のオスライオンは、すぐ近くに寝ていた家族です。現地で動物達を観察していた時、弱肉強食の環境だからこそ(?)、家族単位では強い絆のようなものが感じられたのでした。

展示のお手伝いをしてくれたカフェの絵里さんが、面白い発見をしてくれました。レッドリーチェの群れの写真を見て「ハートが!」と釘付けになっているので見ると、レッドリーチェたちの鼻の形が、どれも見事に可愛い黒のハート形なんです。これまで全然気がつきませんでした。

今日のカフェは17:00まで営業で、18:30からチャリティー・イベントスタート。20:00にはアフリカをテーマとしたライブ演奏があるそうです。ライブを担当するもう1人の絵里さんに聞いたところでは、ジャズあり、ワールドミュージックありと、音楽も、登場する楽器もかっこ良さそうですよ。私も行きたいのですが、明日の朝から取材旅に出かけるので、その準備次第で、今晩カフェに行けるかどうかまだ微妙なところです。夜に行けない場合は、日中なんとか訪問しようと思います。

素敵なアフリカ・チャリティーイベントになりそうなので、お時間のある方はぜひ!写真は、明日以後もしばらく展示されるようです。行かれる方は、レッドリーチェのハート形の鼻も、ぜひ見つけて下さいね。
by mayumiish | 2008-10-25 10:02 | フォトボランティア

縁あってアフリカ・チャリティー

10月に開催される、アフリカをテーマとする
チャリティー・ライブイベントに
写真展示で参加することになりました。

10/25 (土)「The WIND of AFRICA」Cafe Fuu(文京区/茗荷谷)

Cafe Fuuは、お茶の水女子大の向かいにある
とても居心地の良いおしゃれなカフェです。
以前、ここで行われたロッテ・ライニガーの映画
「アクメッド王子の冒険」生演奏付き上映会を観に行ったのが
きっかけで、ピアニストであり今回の企画者の方とご縁ができました。

当日のイベントでは、アフリカ打楽器の奏者の方も来て
コラボライブするそうなので、楽しみにしています。
私はボツワナの写真を展示する予定です。
カフェでアフリカのお料理やクラフトなども出す予定だとか。
まだ先の話しですが、ご興味のある方はぜひ!

ボツワナといえば、9/30に独立記念日を迎えます。
昨年、ボツワナに行ったご縁で、
レセプションにありがたく出席させていただくのですが、
記念品として絵葉書セットを作るとのことで、
こちらにもボランティアで写真を提供しました。
縁あってアフリカ、の秋です。
いつか、アフリカ大陸の各国をあちこち撮影旅してみたい
ものです。
by mayumiish | 2008-09-16 17:29 | フォトボランティア

ボツワナのダイヤモンド

6月のウェディングは、特別にジューンブライドと呼ばれますが、この時期はウェディング特集が組まれた雑誌をよく目にしますね。

今ちょうど発売中の「25 ans」(婦人画報社)7月号も、別冊付録に「大人婚」特集が付いています。その中のトラベルページで、「結婚後に出かける Love Vacation」と題し、Plan 1「冒険のラグジュアリー・サファリ」に、私が撮影したボツワナ・オカバンゴが紹介されています。たしかにあのワイルドな大自然はカップルで旅すると、きっとさらにロマンティックな場所。深い何かを共有できそうです。

先週、ボツワナ大使館スタッフのHさんとお食事をしました。アフリカつながりということで、西アフリカ出身のイブさんという人がオーナーの「イブ・テラス」(神楽坂)で、美味しいロティスリー・チキンを食べてきました。

以前も書きましたが、ボツワナはダイヤモンドの産出額が世界一。アフリカのダイヤモンドは「紛争ダイヤモンド」や労働者酷使などが問題視されていますが、ボツワナのダイヤモンド産業事情はどうなのか、かねてから知りたかったので、この機にHさんに聞くことができました。

ボツワナ政府は、De Beers社と共同出資のダイヤモンド採掘会社Debswanaを持っています。ダイヤモンド採掘場は、外部者が簡単に立ち入れないようにセキュリティが非常に厳重とのこと。宝石の鉱山というと、ざるを持ってひたすら手作業で石の中から宝石を探すイメージがありますが、ボツワナでは全部機械化されているのだそうです。山をダイナマイトなどで爆破して細かい岩石に選り分け、それを機械ですくってふるい分け、人の目でなく科学的な方法でダイヤモンドの原石を発見できるのだとか。しかも機械なので24時間フル稼働だそうです。映画「ブラッド・ダイヤモンド」でも描かれていた、シエラレオネなどでのような盗掘や密輸は考えられないようです。次回、ボツワナに行くことになったら、ダイヤモンドの採掘場の様子をぜひ見に行きたいです。

De Beersのダイヤモンド集荷地はこれまでずっとロンドンでしたが、今後はボツワナに移すそうで、De Beers所有の鉱山から産出する世界のダイヤモンドがボツワナに集まることになります。首都ハバロネで建築中の巨大な建物を見ましたが、ますますダイヤモンド大国になりそうですね。ボツワナ政府は国内の加工産業の発展も期待しているようです。

Hさんによると、現在、ボツワナに中国の会社がどんどん入ってきているとか。ダイヤモンド原石の研磨業などの分野で参入を進めているそうです。中国経済のアフリカ進出はめざましいものがありますね。一方、日本は、まだJICA派遣などの援助関係が中心で、昨年の時点でボツワナ在住の日本人は二十数名ほどでした。でも今年、ボツワナにとうとう日本大使館が開設しました。初代の松山大使は三井物産出身の方です。なんとなく、鉱物資源外交系?ボツワナはダイヤモンドをはじめ、レアメタルなどの宝庫なので、中国に遅れまいと日本のビジネスが活発化しそうな気配ですね。

ボツワナは、そうした収入を経済基盤として国民の福利厚生や開発などに還元している豊かな国ですが、近隣諸国と一線を画して、民主主義が機能する政治の安定性がそれを支えているようです。ジューンブライドにつきものの(?)のダイヤモンドがブラッド・ダイヤモンドだと悲しいですが、ボツワナ産のものなら安心そうですね。

とはいえ、「キンバリープロセス認証制度」ができても、それをくぐり抜けて原産地をごまかすシステムもすでにあるらしいので、ダイヤモンドが世の人々を魅了し続ける限り、問題は続くのでしょうか。
by mayumiish | 2008-06-20 01:08 | ヨーロッパ・アフリカ

写真家です。文章も書きます cMayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

カテゴリ

Profile
News
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
Photography
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
Archives
Archives(リゾート系)
Web Work
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

カンボジアの絹織物をなりわい..
at 2017-07-06 02:22
ファインダーの中が大切
at 2017-06-29 01:52
ホームページをリニューアル
at 2017-06-24 14:29
日本のゆくえ
at 2017-06-15 00:54
「カタコトの会 型彫り、型染..
at 2017-06-01 02:01

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

FX取引が出来るサイト

フォロー中のブログ

タグ

アクセス解析