タグ:カンボジア ( 12 ) タグの人気記事

カンボジアの絹織物をなりわいとした森本喜久男さん

a0086851_02572478.jpg


今晩ツイッターを見ていたら、ショックなニュースがタイムラインに流れてきました。

カンボジアで長い年月、絹織物作りにたずさわり、「クメール伝統織物研究所」(IKTT)を主催していた森本喜久男さんが、7月3日にお亡くなりになったそうです。IKTTのフェイスブックページを見たら、悲しいことに、たしかにそのように書かれてありました・・・。

森本さんには10年以上前、雑誌の取材で一度だけお会いしたことがあり、その時は大変にお元気で、気さくな方という印象がありました。カンボジアのシェムリアップで高床式民家に住み、そこに絹織物の大きな工房を持っていました。村から機織り職人の女性たちを集めて、カンボジア産の黄金色のクメール生糸を育てながら、伝統的なやり方で手織りの絹織物を作る活動を行っていらっしゃいました。工房の糸車に巻き付けられたクメール生糸の鮮やかな黄色を今でも覚えています。

森本さんはもともと京都で友禅のお仕事をしていたそうで、内戦後にかなり廃れてしまったカンボジア伝統の織物の状況について現地で調査をしたことが、カンボジアの絹織物との出会いだったようです。森本さんが、「当時、ユネスコのためにレポートを作ったんですよ」と、ご自分で作ったA4サイズの冊子を私にくれました。そこにはカンボジア各地の織物の村々、作られている織物の種類などが詳しく書かれていて、今でも大事にとってあります。

その時にお会いして以来、ずっとごぶさたしていましたが、ガンで闘病中というニュースをインターネット情報で知りました。しばらく前、日本のテレビ番組でご活動が取りあげられていたようですね。

私はアジアの織物では、上品な光沢が美しいカンボジアの絹織物が一番好きで、伝統的なイカット(絣)の精緻さはずっと見ていても飽きないほどです。そんなカンボジアの手仕事は、ポルポト時代に一度消え、見事に復興したという歴史があるだけに、森本さんのお仕事はなおさら貴重だったと思います。

今年の1月、取材仕事で久しぶりにカンボジアに行ったのですが、プノンペンだけに行き、シェムリアップに足を運びませんでした。次回行く時にはIKTTにも訪問したいと思っていたので、森本さんの訃報は大変に残念です。残されたスタッフや職人さんたちの悲しみははかりしれません・・。心からご冥福をお祈りいたします。



by mayumiish | 2017-07-06 02:22 | アジア

タイの黒、カンボジアの手仕事

a0086851_00060684.jpg
新年の始めに書いた通り、今年はもっとブログの更新を、と続けています(今のところ 笑)。

今月、タイとカンボジアの取材に行き、大変に興味深い場所や人々に出会いました。もし私がブロガーだったら、旅の詳細をいくらでも書きますが、しばらく先の掲載になる雑誌の仕事なので、まだあまり書けないのがなんとも歯がゆいところです。

タイではバンコクで時間が少しできて、10年ぶりにタイ人の友人に再会し、一緒にカオマンガイの美味しい店を満喫。タイでは昨年亡くなったプミポン国王に今も弔意を示す人が多く、黒い色の服を身につけるタイ人が目につきました。私も黒い麻のワンピースを一着持って行ったので、友人に会う時に着たら、「ちゃんと黒の服を着ているわね」という感じで喜ばれました。少し高級なレストランでも黒い服の人々が目につき。今年中にタイに行く方は、一応、荷物に黒い色の服を加えることをおすすめします。

久しぶりのカンボジアでは、伝統の絹織物が健在なことを確認してきました。しかも技術が進歩している印象。けれども織物の村に住む人に話を聞いたら、手織りの職人さんの人数は減る傾向にあるそうです。素朴で上品な光沢をたたえるカンボジアシルクの美しさは、いつまでも消えてほしくない宝ものの一つです。ほか、プノンペンでは、240通り界隈におしゃれなブティックが増え、ごちゃっとしていたロシアンマーケットはどことなく小ぎれいになっていました。でもマーケットの奥のほうにはフルーツや野菜どっさりの食材市場や屋台の喧騒がまだ残り、下町的な素顔が見えました。プノンペンはまさに新旧が交錯。

現在、ワクワクするアイデアを温め中。また近いうちにぜひカンボジアに行きたいなあ。というか、きっと行きます。

(写真はプノンペン、王宮前広場 by iphone6S ©Mayumi Ishii)

by mayumiish | 2017-01-30 13:39 | アジア

支援がまだ必要、カンボジア

a0086851_14330777.jpg
タイとカンボジアの取材旅から日本に帰国しました。
向こうが真夏の暑さだったので、日本の寒さに凍えています。
ただ、今年は異常気象なのか、タイもカンボジアも乾季のはずなのにお天気がいまいちで、快晴の空をほとんど見ませんでした。
東南アジアで進む熱帯雨林の伐採が原因ではないといいのですが・・・。

先日のブログで、カンボジアでは経済格差が広がっていると書きましたが、私の通訳ガイドをしてくれたカンボジア人の方が、あるボランティアに関わっている話をしてくれました。日本のNGO団体が、カンボジアの貧困が激しい村の小学校を訪れ、毎年奨学金を送っているそうです。そのおかげで、中には大学まで行けた児童もいるそう。

奨学金を渡す児童については、一人一人に面接して決定するそうです。私のガイドさんはその通訳をしながら、子供の生活の苦しさの話に、思わず涙が出てしまうほどとのこと。

1人の生徒に対し、1年間に100USドルの奨学金を渡すのですが、年4回に分けて25ドルずつ支給しています。カンボジアでは、公務員の月給が200ドルぐらい。100ドルといえば、貧しい村にとってかなりの高額なので、間違いなく子供のために使われるように、分割で渡すとのことでした。プノンペンでは、1回に数十ドル使ってレストランで食事をするカンボジア人も多いので、国内での格差の度合いがわかりますよね。

日本に帰国してから、そのNGOを調べたらすぐに見つかりました。

そんな話を見聞きして、カンボジアではまだ外部からの支援が必要だなと思いました。
上記のサイトに活動内容が詳しく書かれています。ご関心があれば、トローバイク小学校の児童の支援にご協力してみるのはいかがでしょうか。

(写真は首都プノンペンの夕暮れ by iphone6S)





by mayumiish | 2017-01-20 14:37 | アジア

変わるプノンペン

a0086851_23390217.jpg
カンボジアのプノンペンに来ています。
取材仕事でタイに行った後、別の取材でプノンペンに来ました。

カンボジアに以前はよく行っていましたが、今回はなんと約10年ぶり。
高いビルの建築現場がいくつか目立ちます。それ以外は、王宮周りなどそんなに激変している印象がありません。ただ、以前によく歩いた通り付近に行ってみると、以前あった良質なアートギャラリーがなくなっていたり、おしゃれなホテルが増えていたりと、変化が見えます。レストランやホテルは本当に増えました。

こちらで数人のカンボジア人の方にインタビューしたのですが、海外で学んだことのある人たちは、大変に国際的な意識を持っていることに気がつきます。

一方、そういう変化に乗っていない人たちも非常に多く、国内で経済的に貧富の差が大きくなっているのではという気がしました。特に、中華系の人々とそれ以外の人々の差。それはレストランに行くと明確です。
この格差はどこまでいくのかな・・・?





by mayumiish | 2017-01-16 18:36 | アジア

チャリティー写真展の寄付金贈呈式

東京は晴天続きです。今朝も快晴。昨日は春のような暖かさ。コートを脱いだり、ボタンを開けて歩いている人を多く目にしました。

私がお手伝いしているフォトボランティア・ジャパン基金が昨年12月に行った「第13回 写真家達によるチャリティー展」の寄付金贈呈式が昨日あり、行ってきました。場所はチャリティー展の会場だったミッドタウンの富士フィルムフォトサロン。

今年の寄付先は、昨年に引き続き、カンボジアの子供たちを援助する「幼い難民を考える会」です。東京事務局長の峯村さんによると、昨年の寄付金では教育用の絵本を復刻し、首都プノンペンをはじめ地方の幼稚園や保育園に配ったそうで、国境近くの施設にも届けたとのお話がありました。形になって役立っていると知るのはうれしいことです。今年の寄付金では、文字教育用のカードを作るそうです。後ほど、フォトボランティア・ジャパン基金が正式に報告する予定です。

「幼い難民を考える会」は今年30周年を迎えるとのこと。当初、カンボジアにもう難民はいないのになぜ「難民を考える会」?と思っていましたが、カンボジア内戦の頃から長く活動している団体だったのです。設立当初の子供たちがすでに30歳以上になっていると思うと、長い年月ですね!
by mayumiish | 2010-01-22 08:53 | フォトボランティア

東南アジアの旅のシーズン

9月になっても、まだまだ暑い東京ですが、
空の雲の高さ、湿度の微妙な変化に、
秋への兆しが、うっすらと織り込まれているのを
感じるこの頃です。

JALが配信しているJMBニュースレターで最近、
カンボジアのコラムの執筆、写真を担当しました。
マイレージカード会員の方には先月末頃に
Eメールで配信されているかと思います。

JALマイレージバンク「癒しの時間旅行カンボジア Premium 」

もうすぐ、東南アジアやインドなど南アジアへの旅に
良いシーズンが始まります。
雨期が9月頃終り、乾期の10~3月(ベストは11~2月)は
現地でほとんど雨が降らない季節。
1年中暑い東南アジアですが、この時期は湿度が下がり、
いくぶん過ごしやすくなります。

水をなみなみ湛えて、雨期に面積が膨大に広がる
カンボジアのトンレサップ湖も、乾期の訪れとともに
だんだん水位が下がり、湖の面積が縮小されていくのを
思い出します。

毎年、秋になると心はそわそわ。
東南アジアへまた出かけて行きたくなるのです。

JALのコラムにも書きましたが、
今のカンボジアは、変化のスピードが速い国の一つ。

数年前、ベトナムが急激な経済発展の波に乗る間際、
ホーチミン市で、かつて南ベトナムの外務大臣を務め、
ベトナム戦争後にジャーナリスト兼画家になった人の
インタビューをしました。

その人の言葉が印象に残っています。
「町を行く人々の目の明るさを見てください。
いつでも人々の目を見れば、その国の行方がわかるのです」
その後、ベトナムはかなりの経済成長を続けて今に至っています。

カンボジアには昨年の4月以来ですが、
またなるべく早く行って、変化の中で暮らす人々のまなざしを
見てきたいと思います。
a0086851_18294963.jpg
プノンペン郊外にて。自宅の庭で採れたマンゴーを見せてくれた少女。
撮影: Canon 5D
by mayumiish | 2008-09-03 18:17 | アジア

楽しいクメール語レッスン

先月から週に1度クメール語(カンボジア語)のレッスンに通っています。
主催は、カンボジアの女性の自立や子供たちを助けるNGO
「幼い難民を考える会」(CYR)で、
教えてくれる先生二人は外語大学の助教授です。

先日のクラスの終わりにプチパーティーがあり、
私たち生徒、先生、CYRスタッフの人々が集まって
カンボジアのお菓子などを食べながら団らんしました。
そこで聞きましたが、カンボジアでは10万円あれば1棟の学校が
建設できるそうです。

このクメール語レッスン、先生お二人はボランティアで授業を受け持ち、
教室使用は大学の好意で、私たちが払った授業料2万円は、
寄付として全額CYR現地で使われることになっています。
生徒は50人いるので合計100万円。
カンボジアの物価からすると、かなりの金額になります。

語学を学べ、その授業料がNGOを通してその国の人々のために使われる
システムってなんだかいいなと思いました。
この方式は寄付を必要とする海外援助NGOに、効果的な活動ではないでしょうか。

ところで、私のクメール語講座では、カンボジアの生活文化の紹介もあります。
先週はそれに関するクイズ大会がありました。

例えばこんな問題です。答えわかりますか?

1)女性の髪型でウェイビー(ソバージュみたいな)なパーマスタイルを
カンボジアで何と呼ぶか?      

2)「壁に耳あり障子に目あり」の「障子」にあたる意味で、
隠し事を見つけてしまう目を、何の目と呼ぶか?
ポルポト時代に、逮捕されないように注意をうながす時に多く使われたそうです。

3)信用できない人について、何の心を持つと呼ぶか?

問題の答え・・・

1)「豚の腸」スタイル
2)「パイナップルの目」
3)「ワニの心」

全部わかった人は、よほどのカンボジア通です!
10問中、最高正解者は4問。私はなんとか3問正解です。
予想だにしない答えのオンパレードで、文化の多様性というものを
しみじみ感じました。
by mayumiish | 2007-06-03 01:29 | アジア

アジアの布・カンボジア

a0086851_142177.jpg

アジア好きの人は、布好きの人が多いですよね。
アジアの国々には、とても味わい深い
手織りや手染めの布が多彩にあります。

先月、インドのオリッサ州を旅してきた友達たちは、
オリッサで有名な絣織りなどの布をどっさり買ってきたそうです。

そういう私も布好きで、先月行ったカンボジアでは手織物の村を訪ねたり、
布製品を扱うブティックに足繁く通って
手織りのシルクスカーフやらコットンを
(またもや)たくさん買ってきてしまいました。
行くたびに新しい織りや柄の製品が並ぶこの頃のカンボジアです。
今回は、これまであまり見なかったシルクスクリーンの
染めものが新たに登場していました。

カンボジアの織物は、ホールと呼ばれる細かい柄の
イカット(絣織り)のシルクが伝統的です。

特に、クメール生糸で織られた良質のシルクはことさらに柔らかで
とても手触りの良いのが特徴です。
でも生産量が少ないので、普通はベトナムなど近隣から輸入した
生糸が用いられています。

また、クロマーと呼ばれるチェック柄のコットンスカーフは
日本の手ぬぐいに当たる存在で、
頭に巻いたり、首に巻いたり、荷物を入れてしばったりと大活躍。
カンボジア人の暮らしの中に密着した布です。

それらの布は、工場で生産されているものではなく、
プノンペンの郊外に点在する村々の高床式家屋の軒下で、
糸の紡ぎから染色、機織りまで全て手仕事で
行われているのがまた魅力です。
かつて、ポルポト時代などに絹織物の生産が途絶えた時期が
あったと思うと、復活した手仕事の現在の盛況ぶりが
なおさら感慨深いのです。
a0086851_1485065.jpg

また、カンボジアの手織り布の多くは、特別な職人の仕事ではなく、
農家などの女性の家族仕事によって作られています。
通常、母から娘や近所の人々へと伝えられますが、
NGOなどの援助で、貧しい村の女性に技術を教える活動も行われています。
そのようにして生まれた布は、女性たちの収入となり、
プノンペンやシェムリアップの店で観光客などへ売られて行きます。
ある意味、かなりフェアトレードな製品です。

カンボジアを訪れたら、ぜひ手織り布に注目してみて下さい。
そして、まだ少ないながらもクメール生糸で織られた布を見つけて、
その風合いの良さもぜひ堪能してほしいものです。
by mayumiish | 2007-05-17 01:04 | アジア

クメール語のレッスン

今月からクメール語(カンボジア語)の講座に通うことにしました。

カンボジアの観光地では、ほとんど英語が通じます。でも私の旅では英語が通じないローカルな村に行くことも多いので、通訳を通さなくても少しわかるようになるといいな、と常々思っていました。

先月の旅でもそれを実感して日本に帰ってきたところ、クメール語講座の案内を見つけました。幼い難民を考える会というNGOが大学の協力を受けて開催しているもので、受講料は、カンボジアの子供たちの援助に当てられるそうです。実はすでに締切りだったのですが、ラッキーなことにキャンセルした人の空きができ(これも縁?)、追加募集に申し込むことができました。

数年前に、シェムリアップにあるトンレサップ湖の水上小学校を取材した時、低学年の生徒たちがクメール語を各自の小さな黒板に書いて一生懸命勉強していました。そんなことを思い出しながら、1年生になった気分でまずアルファベットから勉強しようと思います。
by mayumiish | 2007-05-02 11:04 | アジア

カンボジアのNGO

昨日カンボジアのシェムリアップからバンコクに来ました。ここで、今晩到着する編集者さんと合流して次の旅です。

今回、カンボジアではNGOの活動をする人々にもいろいろ会ってきました。この国には日本をはじめ、フランスやオーストラリアなどの多様なNGOがカンボジアの人々の援助、育成をしています。

その一つ、日本のNGO「かものはしプロジェクト」のプノンペンの事務所を訪問してきました。ここでは、カンボジアの孤児や家庭崩壊の子供を助けるNGOから、勉強のできる子を推薦してもらい、子供たちにコンピューターを無料で教えるPC学校の活動をしています。

事務所はプノンペンの通称ロシアンマーケットにほど近い場所にあります。現在、10台のノート型コンピューターを所有し、それらを使って午前と午後に分かれて学校帰りに子供たちが授業を受けています。12歳から18歳の子が学んでいるそうです。私が行った時は、エクセルソフトの使い方を練習していました。教師は若いカンボジア人です。

その日、クラスにいた一番若い子は13歳の女の子。話しを聞くと上手な英語で返事ができます。PCを学んで2ヶ月とのことでしたがすでにタイピングを覚え、PCの画面に「I like to study. I like football.」と小さな指先でタイプしてくれました。

コンピューターの作業を覚えれば今のカンボジアでは就職などに大変役立つと思うので、かなり効果的な活動だと思います。詳しくは「かものはしプロジェクト」のサイトを見てください。

ほかにも感心するユニークなNGO活動を見てきたのですが、ブログを書く時間があまりなくて紹介できません。とにかく、行くたびに変化が見てとれ、カンボジアは動いている、というのが強い実感です。

明日からはブータンへ行きます。
by mayumiish | 2007-04-10 09:32 | アジア

写真家です。文章も書きます cMayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

カテゴリ

Profile
News
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
Photography
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
Archives
Archives(リゾート系)
Web Work
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

カンボジアの絹織物をなりわい..
at 2017-07-06 02:22
ファインダーの中が大切
at 2017-06-29 01:52
ホームページをリニューアル
at 2017-06-24 14:29
日本のゆくえ
at 2017-06-15 00:54
「カタコトの会 型彫り、型染..
at 2017-06-01 02:01

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

FX取引が出来るサイト

フォロー中のブログ

タグ

アクセス解析