石井真弓のブログ◎Apertures mayumii.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

写真家です。文章も書きます cMayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

<   2016年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


熊本地震


ブログの更新を大変に(これまでで最長?)怠ってしまいました。
いつも見ていただいている方、すみませんー。

4月14日夜に熊本県でマグニチュード(M)6.5、最大震度7の地震が発生し、
16日にはさらに熊本地方でM7.3の地震が起きました。
その後、震源が大分県に広がり、今日になってもM5以上の地震が時折発生しています。
熊本では家が壊れた世帯も多く、被災した方が多数いて相当な被害ですね。
避難生活では大変なご苦労をされていることかと思います・・・。

ネットを見ると、救援について役立つ最新情報が毎日たくさん出ているので、
避難している方々は、できればツイッターで情報収集をするとよいのかと思います。
まだ地震が続いているので、くれぐれもご無理のないように、
また、遠慮なく外に助けを求めてほしいです。

私は3月に取材仕事で大分県を訪問したのですが、
大分もかなり揺れ、湯布院などは建物が壊れたりしているそうですね。
現地在住の友人やお会いした人々の安否を確認したら
今のところは大丈夫の様子。
ただ、別府は温泉が集中しているだけあり、地底の様子が心配です。
義援金などの募集が始まったので、できることをしようと思います。

支援の1つとして見つけましたが、建築家の坂茂さんの事務所と
ボランタリー・アーキテクツ・ネットワークが、
避難所の仕切りを作って提供する計画とのことです。

坂茂さんのウェブサイト 避難所用間仕切りシステムの提供について

東日本大震災の当時、ボランティアで宮城県に行った時、被災者の人々が
広い体育館の中で、仕切りがない生活をしているのを目にしました。
そこで、せめて仕切りがあればストレスが減るだろうなあ、と思った記憶があります。

坂さんは、紙管と布で効果的に作る仕切りで、国内外の複数の災害避難所を
支援してきた実績があります。
そういえば、先月、大分に行った時に、坂さんが設計して、
昨年オープンした「大分県立美術館OPAM」も見てきましたが
館内のレストランや公共スペースにも、紙管制の椅子や家具が用いられていました。
坂さんに昨年、インタビュー取材でお会いしたのですが、
避難シェルターの話なども聞き、大学生たちとともに、
自ら積極的に活動なさっている様子でした。

この活動の支援金募集とともに、避難所の仕切り設営をお願いしたいという
要請も受け付けているそうですよ。
by mayumiish | 2016-04-18 22:19 | 日本 | Comments(0)