石井真弓のブログ◎Apertures mayumii.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

写真家です。文章も書きます cMayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


日本民藝館へ


東京は日を追って暖かさを感じるようになりましたね。
春一番ももうすぐ!のはず。

先日、「日本民藝館」に行きました。
柳宗悦を初代館長として、1936年(昭和11年)に設立された施設です。
現在、特別展「日本の古人形-三春・鴻巣・堤など-」が開催中(3/21まで)。
期間中、旧柳宗悦邸が公開される日があるので、それに合わせて行きました。

柳宗悦は、濱田庄司や河井寛次郎と共に「民芸」という概念を
生み出し(それまでなかったらしい)、日用工芸品、特に手仕事のもの作り、
用の美の大切さを唱えて「民芸運動」を起こした人。

著書「民藝とは何か」や、「工藝文化」などに共感。
手仕事に対する彼の並々ならぬ愛情と情熱が伝わってきます。

観賞するための美術品ではなく、暮らしの中で使うための工芸品。
その中に見いだす用の美。

中国陶磁でいえば、皇帝や貴族のための官窯ではなく、
民間人が日常に使うための民窯ですね。
例えば宋代の定窯(官窯)に対する磁州窯(民窯)。
定窯の至高的な造形美に比べて、磁州窯の器は、大らかさが魅力。
のびのびと描かれた絵柄は、これぞフォークアートの美。
また、定窯は、北宋が滅びた時に生産が止ったけれども、
民衆の日用品として需要があった磁州窯はずっと続いてきました。

日本民藝館に展示されたコレクションは、主に柳宗悦が集めたり、
普段使っていた暮らしの工芸品たち。
シンプルでいて、どことなく温かみを感じさせ、たしかな手仕事ばかり。
衣服などの布も良かったな。
まさに「用の美」を見つける柳宗悦の眼に感銘を受けます。

アジアの国々を旅すると、そういう物たちに出会う機会があります。
地方の村の民家でさりげなく使われている道具など。
大量生産の波に押されず、手仕事の技術がなんとか残ってほしいな。

それから、私の興味はどうしてもやきものに。
柳宗悦は、朝鮮李朝もので有名ですが、中国陶磁も集めていました。
とても興味深いことには、民窯として通常筆頭に上がる磁州窯や龍泉窯がない。
彰州窯というやきものが展示されていました。
また、明代の染め付けも、他で見ないようなこれまたレアな感じのものたち。
そういえば、中国古陶磁はあまりに有名なので、あえてそれほど目を向けなかったと、
どこかで読んだかな。

あと、バーナード・リーチ作のやきものが良かったです。
素朴な日本的エッセンスに軽やかさが練り込まれているような雰囲気。
兎の絵の皿とかいろいろ。
鉄絵の風合いなどは、どことなく磁州窯的。

民藝館は、どっしりした建物も素晴らしくて、
時間があったら半日ぐらい過ごせそうです。
また、向かいに立つ柳宗悦邸も訪問して、すみずみまで見学。
一階の和室に入ることができたので、畳の上に座って、
その家に住んでいる気分で、窓から外や庭をのんびり眺めてみましたよ。
ここ定位置!と密かに思いました。

庭に、見事なしだれ桜の木がありました。
管理の人によると、桜が咲いたら、窓を全て開け放って、
どこからでも見えるようにするそうです。
さぞや美しいことだろうなあ。
4月の初めに新たな特別展があるので、また行きたいと思います。
その時は、先日の窓辺に座って、ぜひゆっくりと桜を眺めたいものです。

民芸館はミュージアムショップも充実していて、
帰りがけに、手ぬぐい(収集中!)を買いました。
それから、少し立ち読みしたら面白そうだったので
河井寛次郎の著作本「蝶が飛ぶ 葉っぱが飛ぶ 」を買いました。
明治生まれの陶芸家。
これまで知らなかったのですが、やきもの作りの精神などについて
心を打つ言葉の数々がちりばめられていて、人物に興味が涌いて
作品をたくさん見たくなりました。

窓あけて いのちの窓あけて もの見る (河井寛次郎)

そういえば、民芸館には若い世代の来館者が多くてちょっと意外。
若者の和風好みを実感しました。
a0086851_4102931.jpg
旧柳宗悦邸

(Camera: ノキア携帯X02NK)
by mayumiish | 2011-02-25 02:00 | 日本 | Comments(2)

雪の翌日


春がもうすぐそこまで来ていますね。
でも、その前に東京にも雪が降り、少し積もりました。

a0086851_3215618.jpg
冬の木は風情があります。


a0086851_3411816.jpg



a0086851_337353.jpg
あと1ヶ月余りで桜の園。といえばここは・・。


a0086851_3233464.jpg
雪だるま発見。お地蔵さんみたい。


a0086851_333147.jpg
しばらくすれば、また一面緑の芝生になります。

公園管理の人が、木々の枯れ枝を片づけて春支度をしていました。梅の花や寒桜はすでに咲いていて、早春を実感。生命エネルギーのサイクルをきちんと見せてくれる植物からは、いつもいろいろな学びがあります。

(Camera: Canon EOS 5D Mark II)
by mayumiish | 2011-02-17 04:17 | Photography | Comments(0)

エジプト!


2011年2月11日 
歴史に残るエジプト革命の日。

18日間のデモの後、ムバラク大統領がとうとう辞任しました。
30年間続いたムバラク政権が終焉。
民衆パワーの勝利。

でも、ムバラク政権のおかげで富を得ていた人々もいるわけで、
新しいエジプトがどんな国になっていくのか
革命は今始まったばかり。

昨年取材に行った縁で、気になる国の一つになりました。
エジプトで会った人々はどんな思いでいるのかな。
国のこれからの行方を見守っていきたいです。
by mayumiish | 2011-02-12 02:26 | ヨーロッパ・アフリカ | Comments(0)

今日の東京は、本格的な雪になりました。
でも昨年のブログをふり返ると、春一番が吹いたのは2/25頃。
あと2週間です!

昨日はフェアトレードファッションブランドピープルツリー/People Tree
20周年記念パーティーに行きました。

a0086851_04347.jpg

社長のサフィア・ミニーさんが最初にごあいさつ。
相変わらずチャーミングでエネルギッシュで自然体!
ピープルツリーは、サフィアさんが20年前に東京で始めた会社です。
「日本発祥のフェアトレード会社をこれからもよろしくお願いします」と
流ちょうな日本語でお話ししていました。
そして、ピープルツリーを支えるスタッフの方々をご紹介。
会社の立ち上げからサフィアさんと一緒にやってきた方々、
以前、取材などでお世話になった広報の小野さんや高井さん、
企画や生産地ケア、NGO活動のスタッフの方々、
また、自由ヶ丘や原宿などのお店スタッフが勢ぞろい。
思えば、本当に素晴らしいスタッフに恵まれた会社だなとしみじみ思います。

盛況なパーティーの来場者も、フェアトレードやエコ、オーガニック
エシカルなどに縁のある企業、出版社の方々が多かった印象で、
とてもポジティブな空気感を感じました。

サフィアさんにおめでとう!とあいさつをしたら、
「後でライブがあるので踊れるよ♪」と明るい笑顔。
でも、会場で出た美味しいベジタリアンの食事や
ワインなどいただいたらちょっと酔ってしまい、踊れませんでした(笑)。
a0086851_052535.jpg
フェアトレードのオーガニックワインも。アルゼンチン産!

a0086851_073040.jpg
できあがったばかりというピープルツリー2011年春夏カタログ。
今年はさらに洗練されたデザインが多く目につきます。

パーティー会場で、フェアトレードのショップイベントを展開する会社、
LOVE & SENSEの方にもお会いしました。
ブラジル産のフェアトレードバッグをお持ちでした。
缶ジュースなどのプルトップ製バッグ!
a0086851_045566.jpg

ところで、毎年5月に「世界フェアトレードデー」があるのですが、
今年のテーマは、国際森林年に合わせて「フェアトレードと森林」とのこと。
サフィアさんと、何か一緒にできたらいいね、と話していたのですが、
気になる熱帯雨林のこととか、何かできたらいいな、と思います。

以前、ピープルツリーを取り上げた記事です。
女性パワーが幸せをよぶ!
フェアトレードが根づくバングラデシュの村を訪ねて(マリクレールジャポン)


もうすぐバレンタインデー。
贈り物に、フェアトレードのチョコレートはいかがですか?

フェアトレードチョコレート/ピープルツリー

(Camera: ノキア携帯X02NK)
by mayumiish | 2011-02-12 00:07 | フェアトレード | Comments(0)

エジプトのコプト教会


エジプトではムバラク大統領がとうとう与党党首を辞任しましたね。でも今日現在、まだ大統領ではありますが。

デモの成功の後、今度はイスラム原理主義の台頭を懸念する人もいて、仕事仲間のアメリカ人ライターは、イランのようになるのではと心配だそうです。でも今のところは、原理主義の方向に流れる気配が感じられません。ツイッターで、イスラム教徒が十字架を手に持ったキリスト教徒と肩を組んでデモの広場に立つ写真を見ました。デモを率いる団体の一つ「モスリム同胞団」(Muslim Brotherhood)の幹部の一人が、アルジャジーラの番組で「イスラム教徒もキリスト教徒も、一緒に民主的な選挙をするべき」と発言していたのを見たので、それを信じたいです。

昨年10月にエジプト取材に行った時、カイロのキリスト教会を訪れる機会がありました。
a0086851_126119.jpg
エジプトには、原始キリスト教東方教会の流れをくむコプト教徒がいます。その数は1200万人以上とのこと。カイロ発祥の場所とされる地区オールドカイロに、コプト教会や修道院があります。エジプトでのキリスト教の始まりは紀元40年頃との説。今も独自のコプト歴を用いているそうです。
a0086851_1301583.jpg
中には古いモザイクタイルの壁画が。どこか東方的。
a0086851_132916.jpg

a0086851_1343027.jpg
聖堂へのドア。コプトアートが素晴らしい。
a0086851_1361550.jpg

a0086851_1373261.jpg
オリジナルのステンドグラス。
a0086851_1433864.jpg
教会の歴代のリーダーたちでしょうか。フォトジェニック。
a0086851_1505535.jpg
学校の課外授業なのか、多くの子供たちがコプト教会を訪れていました。教育の場で、イスラム教以外の宗教について触れさせるのは良いことだと思います。こういう機会を持つかぎり、エジプトは過激なイスラム国にはならないのではという気がします。

ということで、これからのエジプトの動向は、以下のサイトをモニターしてもつかめるかも?

Copt United コプト教徒団体サイト

Muslim Brotherhood(モスリム同胞団)公式サイト

(Camera: Canon EOS 5D Mark II)
by mayumiish | 2011-02-08 01:32 | Photography | Comments(0)

絵手紙


まだ寒いですが、東京は空気がゆるんできたような気配を感じます。
近くのお寺に行ったら白い梅の花がたくさん咲いていました。
もうすぐ春ですね。

週末はガラス工芸作家イイノナホさんのお宅で新年会。
知り合ってから、なんとご近所同士だとわかったのでした。
美味しいものを食べ飲みすぎて、土日は気になるエジプト情勢などを
ネットで追いつつ、おとなしく静養です。

ふと、姪っ子(小4)と絵手紙文通の約束をしていたことを思い出し、
さっそく自作の絵手紙を出しました。
a0086851_2164230.jpg

テーマは、ボルネオ島の記憶の花。
ちゃんと返事が来るかな(笑)。
by mayumiish | 2011-02-07 02:21 | つれづれ | Comments(0)

エジプトに電話してみた


エジプトのデモが1週間以上になりました。アルジャジーラの英語版ライブ映像などを見ていると、ジャーナリストたちも攻撃の標的になったりと、かなり危険な状態ですね。

Al Jazeera Englishライブ

気になって今日、エジプトにいる知り合いに電話してみました。去年のエジプト取材でお世話になったガイドさん。携帯電話につながって少し話しました。なんと先週、カイロのタフリール広場のデモを見に行き(参加したわけではない)、警官に攻撃されて足をケガしたそうです。それで、ギザにある自宅で療養中とのこと。当然ガイドの仕事もないし。インターネットがつながらないので、カイロで何が起きているのかわからない状態だそうです。学校や銀行、デパートなどの店はみな閉まっているけれども、ATMは昨日から使えるようになったとか。また、パン屋さんはオープンしているそうです。

その人はネットでライブ映像などが見られないので、テレビ(国営?)で情報を得ている状態。だからなのか、反ムバラク派は少ないと思う、と言うのです。その人はどちら支持でもなく、少なくとも強い反ムバラク感情はない様子。カイロの状況がわからないから足が治ったら、地下鉄に乗ってデモ現場に様子を見に行くと言うので、今はケガ人が多数出て死者も出るほど危険な状態、と伝えたら驚いていました。ネットでライブを見ている外国人のほうが詳しかったりして?

カイロの郊外の町ギザではデモはないものの、街から一度消えた警官がまた多くなったそうです。また、略奪者のような悪い人がいるのであまり出歩かないと言っていました。観光業もストップしているので当分は仕事できない状態のようです。

「明日でデモが終わると思う。銀行も来週からまたオープンするし」と言うので、どうしてわかるの?と聞くと、ニュースで聞いたと。エジプト人に伝わる情報と海外の私たちが知る情報の違いをなんだか感じました。とにかく、カイロのデモ現場に行くのは危ないので思いきり気をつけたほうがいい、と伝えて電話を終えました。諸外国の思惑や利害関係などもきっと絡み、エジプトはこれからどんな展開になるのでしょう・・。
by mayumiish | 2011-02-04 02:10 | ヨーロッパ・アフリカ | Comments(0)