石井真弓のブログ◎Apertures mayumii.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

写真家です。文章も書きます cMayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧



以前もブログに書きましたが、
私の写真をもとにして生まれた一つの曲があります。

曲のタイトルは「カラハリ」。
作曲者は、不思議に重なる縁で知り合いになった梅野絵里さんです。
梅野さんは、作曲家でキーボード奏者で音大の作曲科の先生というステキな音楽家。
私が撮影したボツワナの風景写真を見てインスピレーションを得たとのことで、
「カラハリ」という曲を作ったのです。
私の写真から音楽が生まれるなんて、思いもしなかったので、ただただ感動。
梅野さんと私の出会いや作曲の経緯については、彼女がご自身のブログで
書かれてます。
梅野絵里さんのブログ

その梅野さんから、
8/29(日)にあるイベントのライブで「カラハリ」を演奏します、との
お知らせが来ました。

[魂(たま)祭り]
8/29(sun)@根津 ふれあい館
15時〜20時半
会費/2000円
詳しくは梅野絵里さんのブログを。

彼女がキーボードで所属しているバンド「ニカウ」のライブで、
以前「カラハリ」を一度聴いた事があります。
フュージョン的な軽快感と広がりが感じられるステキな曲でした!
レコーディング作業も進んでいるとのことで、楽しみにしています。

イベントにはだれでも参加できるそうです。
和太鼓グループの演奏もあって、梅野さんの演奏は17:30頃とのこと。
ご興味のある方はぜひ!
私も聴きに行く予定です。
a0086851_114061.jpg
ボツワナ。国土の西部にカラハリ砂漠が広がる大地です。
by mayumiish | 2010-08-28 00:20 | アート | Comments(0)

奥多摩


奥多摩に行ってきました。
はるか昔に青梅までしか行ったことがないので、ほぼ初めての奥多摩。
a0086851_7502929.jpg
今回は御岳渓谷に行きました。川の水がかなり透明で新鮮な驚き。
a0086851_757164.jpg
見つけたお気に入りスポット。
a0086851_865230.jpg
急流でカヌーの練習が盛ん。
a0086851_7595739.jpg
a0086851_8104818.jpg

御岳渓谷は、秩父多摩甲斐国立公園内ということで
緑深い多摩川に沿って、歩きやすい遊歩道がずっと続いていました。
山歩き初心者におすすめのコースです。

写真撮影には光が不適当な時間帯だったこともあり、
時々、河原に下りて冷たい清流に足を浸しながらのーんびりと寝そべり、
川のせせらぎの音を、夏バテ気味の心身にたっぷり吸収してきました。
なぜ水の音には、ああも癒されるのでしょう。

今回はカメラのビデオ撮影機能で、初めて動画も撮ってみました。
音も録音できて感動し、思わず夢中に。
でも、まずYou tubeにアップしないとブログにアップできないようなので、
そのうちできたらやってみます。

御岳渓谷は、再訪したい場所。
また、多摩川の上流(西沢渓谷?)はさらに美しい場所と聞いたので、
いつか行きたいです。

(カメラ:Canon 5D Mark II)
by mayumiish | 2010-08-22 08:22 | Photography | Comments(4)

残暑お見舞い


昼間はまだ暑いですが、東京は夜風がだいぶ涼しくなってきましたね。
昨晩、神宮外苑花火大会を見に行きました。
当日になって急きょ行くことにしたので、会場外での鑑賞です。
ネットで見つけた穴場スポットで、
地面に座って缶ビールを飲みながら、久しぶりに花火を堪能。
カメラを持って行き、遊んで撮りました。
a0086851_23542616.jpg

a0086851_23544438.jpg

a0086851_23545813.jpg
天の川のよう。

そよぐ夜風が、とても心地良い晩でした。
そろそろ夏が終わっていきます。

(カメラ:Canon 5D Mark II、レンズ:Canon 200mm 2.8L)
by mayumiish | 2010-08-20 23:45 | Photography | Comments(0)

以前に掲載された記事のアーカイブです。

a0086851_0324918.jpg
a0086851_033177.jpg
a0086851_0331364.jpg


ELLE DECO JAPAN(アシェット婦人画報社)
「大自然が織りなす神秘と形に触れる旅 マレーシア、Borneo」(写真&文)

夜になると、漆黒の熱帯雨林の上に広がる天の川がそれは美しく、
こぼれるような星くずを、息を飲んで見ていた記憶があります。

現在、ボルネオ島では、パームオイルのプランテーションや
火力発電所建設計画のために、自然破壊が進んでいます。
行方が非常に気になる場所の一つ。
by mayumiish | 2010-08-17 00:35 | Archives | Comments(0)

変わらない風景


今日の東京は、この夏史上、最高に暑い日だったようです。
練馬区で38.1度あったとか。
ちょうどお昼頃にその練馬区にいて、最高記録を体感しました!

週末、お盆のお墓参りで福島県に行きました。
子供の頃に夏休みで訪問した祖父母の家の近くには、当時と変わらない風景が
今も広がっていて、心やすらぐひとときでした。
a0086851_1831855.jpg

稲穂がだいぶ成長。
a0086851_1851986.jpg

(カメラ:ノキア携帯 X02NK)
by mayumiish | 2010-08-16 20:33 | 日本 | Comments(0)

終戦の日


8月15日は終戦の日。

昨年も同様のことを書きましたが、
戦争によって悲しい目に合うのは、いつだって決定者でなくて一般人です。

敗戦国だけでなく、勝戦国でも、家族や親しい人が亡くなればきっと同じことでしょう。
自分の意志でないのに、そこの国民であるだけで戦争で戦わされるのは理解できません。

政府は、自国民に対しても責任を負うべきでは、と思いますが、
無力感を感じる国民は、終戦当時、声を上げなかったのでしょうか。

日本は戦争の渦中から遠い時代になり、私は戦争経験者ではないですが、
ナショナリズムという共同幻想を利用して、愛国心を義務づける人や動きを
目にすると、強烈な違和感を感じます。
愛国心とは、強制されるものではなく、自然に生まれるものなのだと思います。

a0086851_0553138.jpg
靖国神社

(カメラ:Canon 5D)
by mayumiish | 2010-08-15 18:57 | 日本 | Comments(2)

真夏


a0086851_19563970.jpg

暑い日が続きますね。
8月に入り、高気圧にすっぽり覆われていた東京ですが、今日はやや曇り。
まもなく、うっすらと乾いた風が吹いてきて、季節の変化を告げそう。

このところ、いろいろと仕事の作戦会議。
電子出版もとうとうチラリと視野に入り。出版分野は変化が出てきそうですね。
一方で、ある取材をポジフィルムで行こうか、という話が出たり。
久しぶりにVelviaで撮影する楽しさに浸りたいものです。

そんな週を終えて、先日の晩、ヨガ友でインド舞踊オリッシーダンスの
踊り手でもある友人の星野あかねさんが舞踊仲間と出演した公演を観に行きました。

東部オリッサ州が本拠地のオリッシーダンスは、多彩なインド舞踊において古典の部類。
ヒンズーの神々や神話が踊りのモチーフで、
遺跡に彫られた石像から抜け出たかのように、
指先にいたるまでしなやかで女性的な曲線美が特徴です。
ステップの激しさなども圧巻で、緩急のある動きが魅力的。

数年前、オリッシーを学んでいるというあかねさんのダンスを見た時、
美しい上に、決して片手間で習っているのではない真摯さが伝わってきて、
以来、彼女は私の踊りの女神。
今年インドでも舞踊の修業をしてきた彼女のダンスを久しぶりに見たら、
一段とパワーアップしたのが一目りょう然。
魂が感じられる踊りって、こういうこと!と心を打たれました。
あかねさんは昨年まで、ダンスの師のスタジオに所属していましたが、今年から独り立ち。
オリッシーダンスのソロダンサーとして、大成しそうな予感がします。

そして昨晩は、某新聞社の方のお誘いでとある会に出席。
詳細を中途半端に書けないので、機会を改めてと思いますが、
とにかく、自分の生き方を貫いている人は素敵だな、という
良い刺激とエネルギーを受けた真夏の夜でした。

(カメラ:Canon T-90、フィルム:フジVelvia 50、North shore, Oahu island)
by mayumiish | 2010-08-08 23:07 | Photography | Comments(0)

Bunkamuraで上映中の映画「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち」を観てきました。

原題は「Cafe de los Maestros」。
タンゴの巨匠たちがまさしく大挙して集う映画です。
ピアゾラが活躍する以前、1940年代〜'50年代の全盛期スター達22人が次々に登場して、
今も変わらないタンゴへの愛を語り、目眩く円熟の演奏を聴かせてくれます。
昔からのタンゴファンの人にとっては、きっとオールスター勢ぞろいという感じはないかと。

ピアノ、弦楽器、バンドネオン。
タンゴ1曲の時間は約3分とのこと。
その中に織り込まれる豊かな情感、メロディー、リズム、楽器の音が
心のウェットな部分に、なぜこうも心地よく深く響くのでしょう。
そしてダンス!

今日、某雑誌の編集者さんとミーティングで会って、この映画の話になりました。
ブエノスアイレスに行かれたことがあるそうで、クールな雰囲気の男性なのに、
タンゴの話ではちょっと熱い(?)瞳になっていたのが印象的でした。

映画を観た後、アルゼンチンに飛んでタンゴ三昧したい気分になりました。
はるか昔、少しだけダンスを教えてもらったことがありますが、ほとんど忘れています。
膝の位置をお互い合わせて踊るのがコツと習ったような記憶が(うろ覚え)。
ブエノスアイレスのタンゴバーで、しっとりと踊るのが新たなる目標(?)。

「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち」公式サイト

映画のサウンドトラックCD「Cafe de los Maestros」を買いました。
Cafe de los Maestros
by mayumiish | 2010-08-04 23:30 | アート | Comments(0)