石井真弓のブログ◎Apertures mayumii.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

写真家です。文章も書きます cMayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

<   2010年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


AZUR 6月号に掲載です


東京はやっと暖かい日が続きそうですね。

「AZUR」(東京ニュース通信社)の2010年6月号に
記事が掲載になりました。

「洋上の情景詩」
- クルーズグラフィック/ 写真家のフォト日誌 飛鳥II-
写真と文章を担当しています。

a0086851_1394742.jpg

4月号で日本一周特集の記事を掲載しましたが、
今回は、写真をメインとするフォトエッセイです。
起伏に富んだ島国、日本の形を洋上から眺める旅は、
新たな発見と、大きなインスピレーションに満ちたものでした。

近ごろは、日本再発見がマイブームでもあります。
by mayumiish | 2010-04-28 17:52 | News | Comments(0)

つぶらな瞳


東京はやっとうららかな春。
でもまた寒い日に数日戻るとか?

知り合いのYさんから写真集を見せてもらいました。
植田正治の「童暦」と濱谷浩の「こども風土記」です。
どちらの写真家も昭和半ばのいきいきとした子供たちの
さまざまな様子を、モノクロ写真でとらえたとても良い本でした。
当時の日本のたたずまいが、現在のアジアの国に重なって見えました。
写真集は現在かなりの値段で、コレクションアイテムらしいです。

濱谷浩(1915-1999)は、私の好きな写真家の一人です。
テーマと構図の強さ。
代表作「裏日本」「雪国」など、日本人の写真を撮影、
写真家集団マグナムにも参加していたことがあります。

彼の「こども風土記」の中の言葉に、
「おとなの世界の魔法の空気、
濁って醜い空気の重苦しさに耐えている時、
ふと、こどもの国の素晴しさを振りかえったからでしょう」
とあるのを見つけました。
なんとなくわかるような気もします。

カメラのレンズをまっすぐな瞳でのぞき込む子供たちの
つぶらな瞳をじっと見つめながら、こちらの心がピュアになる
感覚を覚えることが多々あり。


a0086851_1123639.jpg
(バングラデシュの少女)

a0086851_18275.jpg
(ミャンマーの少女)

a0086851_193910.jpg
(カンボジア、アンコール遺跡の近くの村に住む子供たち)

a0086851_1115318.jpg
(ヤップ島の少女)

つぶらな瞳に会いに、また旅をしたくなりました。

そういえば先日、ある女性のポートレートを撮影したら、
「自分がきれいに見える」と喜んでいただきました。
実は、その人の瞳にピュアなものが宿っていると、
私はそれを捉えれば良いだけなのです。
それを、スピリットと呼ぶのかな・・。
by mayumiish | 2010-04-22 02:32 | Photography | Comments(4)

週末に代々木公園の会場で開催された
アースデイのイベントに行ってきました。

J-WAVEやタワーレコードなども参加したせいもあってか
昨年にも増して大盛況。
出店数も増え、2会場に分かれていました。
今年は出展者も来場者も、層の幅が広がったような気がします。
それだけ関心を持つ人が増えたのかな。

私は古着交換xChangeエクスチェンジのブースに
衣服を大量にを持って行って、寄付してきました。
友人は、使用済み天ぷら油を持参。
その油はリサイクルされて、会場で発電されていたようです。

NGOやNPOも多く、環境問題から、貧困、人権問題など
多岐に渡る団体が出ていましたが、
混雑ぶりが激しくて、一つ一つのブースをあまり
ゆっくり見ることができなかったのがちょっと残念です。

一昨年、史上最高の人出の高尾山に行ってしまった日以来、
大混雑がトラウマ・・。

会場でJ-WAVEがゴーヤの種を配っていたのでもらいました。
a0086851_071536.jpg

本当のアースデイは4/22とのこと。
大地震の後に今度はアイスランドの火山の噴火と、
天変地異が続いています。地球のことについて、
いやがおうでも考えさせられるこの頃ですね。
by mayumiish | 2010-04-19 00:17 | 地球・自然・エコ | Comments(5)

東京には昨晩、雪が降りました。
4月では一番遅い雪ではないでしょうか?どうなのだろう。
でも、午後からは晴れて気温が徐々に上がりそう。

4/17 - 4/18は、代々木公園のイベント会場で、
アースデイのイベントが開催されます。
アースデイ2010

実際のアースデイ(地球のことを考える日)は4/22。

私もほぼ毎年行くのですが、
フェアトレードの店や、エコ・NGO団体の店、
手作りクラフト、有機野菜の店などなどが大挙して
出店するにぎやかなイベントです。
私は会場を散策、買い物しつつ、どんな店が出店して
どんな人々が来るのかな、と観察するのが習慣。

知り合いのフェアトレードブランドなど、
作り手を大切にした商品の店をはじめ、
中にはアースデイの会場で知って愛用を始めた
大阪の会社のココナツオイル「ココウェル」(おすすめ!)などもあり、
新たな発見も楽しめます。

いずれも、オーナーや手作り作家さんなどが自ら出向いてくる
小さな店や会社が圧倒的に多く、
ものづくりへのこだわりや、エコや環境への姿勢などを
直接コミュニケーションして知る事ができるのが貴重です。
今年はさらなる知り合いがちらほら、各分野で出展する様子。

その一つ、今年は会場で古着交換イベント
xChange(エクスチェンジ)が開かれるそうです。

エクスチェンジは、不要になった自分のファッションアイテムを
寄付して、会場で見つけたお気に入りの服をもらって帰るという、
お金を介さない物々交換です。
xChange

これまでにさまざまな場所で開かれて、私も数回行きましたが、
まだ着られる服を捨てるのはもったいないし、
売るのも面倒くさい、という服をあげることができて良い機会。
代わりに気に入った服をもらって帰ったことも。

エクスチェンジの主催者、丹羽順子さんとは数年前から
知り合いですが、彼女のポジティブさと、エコに対する
真摯なこだわりは本物。それが大きな推進力となって、
回を重ねる事に、規模を広げているような気がします。

つい最近知ったのですが、丹羽さん、なんとJ-WAVEの
ロハスサンデーという番組ナビゲーターも始めました。
J-WAVE LOHAS SUNDAY

今回のエクスチェンジも、J-WAVEとのコラボレーションの様子。
J-WAVE xChange@アースデイ東京2010

とすると、今年はかなり大規模な物々交換が?

最近、衣服の整理をしていたら不要な服がいろいろ出てきました。
同じくたくさんあるという女子友と一緒に、
今日の午後から行く予定です。

この週末、時間のある方はぜひ!おすすめです。
by mayumiish | 2010-04-17 10:42 | 地球・自然・エコ | Comments(0)

パノラマ写真


写真を整理していたら見つけました。

昨年、船旅の取材に行った時に、使ってみて下さいと
渡されたカメラで撮影したものです。
a0086851_21584275.jpg
(種子島)

カメラはソニーのサイバーショットDSC-HX1。
224度のパノラマ写真が撮影できるそうです。
パンニングするように(ビデオ撮影のように)カメラを
水平方向に動かすと、パノラマのイメージが作成される
という面白い機能ですが、慣れないと水平線が・・・。

a0086851_220562.jpg
(操舵室)

旅の間は自分のカメラでの撮影に非常に忙しかったので、
サイバーショットでじっくりと撮影できなかったのですけど、
何度か撮ってみました。
使いこなすと、きっと面白い写真が撮れると思います。
水平方向の他、縦に動かして高いビルの撮影など・・。

a0086851_2242090.jpg
失敗!

そういえば、このブログのトップに写真を入れたいと以前から思いつつ、
うまくできないのですが、パノラマ写真を入れればいいのかな!?
と、ふと思いました。
by mayumiish | 2010-04-16 21:57 | Photography | Comments(0)

今日はミリアン・アート・ワークショップサロンでの
第1回目の写真講座を開きました。

今回のテーマは人物撮影。
ポートレート的な撮影と、情報的要素が入る広角レンズの
特徴や使い分け、効果などをメインにレッスンしました。
また、ポートレート撮影時にフォーカスを合わせる箇所の
ポイント、背景、構図を決める時の注意点など。

サロンの場所は広尾の住宅地にあって、少々わかりずらいのですけど、
受講者の方々が時間通りにしっかり到着されてひと安心。
一眼レフを持参して、いい写真を撮ろうという熱心さで
取り組まれていたので、とてもやりがいがありました。

また、例えばレンズの使い方など、
私自身では当たり前と思っていることでも、
どこをもっと詳しく説明したほうが良いかなど
気づかされることもあり、私も学びになりました。

その点、少人数で自由に質問していただきながら
授業ができたのはよかったと思います。
ただ、時間が足りなくて、よく説明しきれなかったことも
あるかもしれません。ちょっと反省・・。

撮影後はそれぞれの画像をPCに移してみんなで見たのですが、
デジタルはその場で見られるので便利ですね。
今日は、日ごろから写真撮影に親しんでいる方々だったので
良い作品が多かったと思います。

次回のレッスンは5月。
今のところ、物の撮影を考えています。
決まったらまたブログやミリアン・アート・ワークショップのサイト
などにお知らせさせていただきます。
人物撮影のレッスンについても、またいつか行いたいと思います!
by mayumiish | 2010-04-14 22:37 | Photography | Comments(2)

フェアトレードの普及に携わっている知り合いから
お知らせが来ました。

5月に東京のアップリンクファクトリーで、
フェアトレードに関する映画を集めた映画祭を開催するそうです。

「フェアトレード・フィルムフェスティバル」
世界のアンフェアと、フェアトレードについて知る5日間

◎開催期間: 5月11日(火)〜5月15日

◎会場: アップリンク・ファクトリー
渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F

◎主催:
フェトレード フィルム フェスティバル実行委員会

◎協力:
エスパース・サロウ
ぐらするーつ
シャプラニール=市民による海外協力の会
ピープル・ツリー
フェアトレードリソースセンター
ネパリ・バザーロ
NOAH'S CAFE

◎上映作品:
「Garment girls」「おいしいコーヒーの真実」「未来の食卓」
「いのちの食べ方」「ザ・コーポレーション」「女工哀歌」
「紙の布に希望を託して」など。

トークショーも数回あり、私の知人も出るようですが、
みなさんフェトレード事情に詳しいエキスパート。
いろいろな話を聞けると思います。

5月は世界のフェアトレード月間です。
この機に、フェアトレードに関する知識を深めるのも
いいかもしれませんね。
by mayumiish | 2010-04-11 23:40 | フェアトレード | Comments(0)

昨日は、取材の撮影を兼ねて茨城県の明野という場所で
毎年恒例の薪能を鑑賞してきました。

大鼓奏者の大倉正之助さんが18年前から関わり、
昨日も演奏したのですが、
満開の桜の木々の下に組まれた屋外の舞台に、
かがり火が照らされて、日が暮れるとともに
幽玄な舞台が出現しました。

始まる前に大鼓の打ち方をちょっと教えてもらったのですが、
中指と薬指を当てる打ち場所のポイントが難しく、
なかなかスコーンとしたいい音が出ません。

それを見ていた大倉さんに、
「音ではなく、調べという意識が大切なんですよ」
と言われました。
人間が楽器という道具を使って音を出す、と思わずに
鼓の素材となっている馬の皮などと同様に、
人間も自然の一部であるという姿勢がいいそうです。
その上でまず、楽器の素材などをよく知ることが大切だとか。
すると当たり所も良く、いい音が出るようになるそうです。
なるほど、音楽以外にも当てはまるような。

舞台は、大倉さんがずっと教えてきた地元の子供たちによる
大鼓の演奏で始まり、その後は能楽師の方々よる狂言、能、
最後に、大鼓、小鼓、太鼓、笛による素囃子でした。

撮影の間、隣の席の見知らぬ女性と話すと、
その人は大倉さんの大ファンなのでした。
昨日も演奏した素囃子の「獅子」という演目を数年前に聞いた時、
舞台に獅子が踊っているように感じられたそうで、
それ以来、演奏を聞きに行くようになったとか。
「かっこいいんですよ〜。演奏も素敵だし。ワイルドで」と
目にハートが浮かんでいました。

同行したライターさんは、大蔵さんと20年来のつきあい。
その女性の話しをすると、「彼はもてるよ!」とのこと。
たしかに、かっこ良かったです、大蔵さん。

そういえば昨日知ったのですが、「薪能」は春の季語だそうですね。
なぜか勝手に秋の風物かと思っていました。
by mayumiish | 2010-04-11 10:30 | アート | Comments(0)

怒濤の4月前半


東京の桜は、そろそろ散り始めていますね。
花びらがちらちらと風に舞う光景を目にします。
それもまた美しいひと時。

今月に入り、なんだか怒濤に忙しく日々が過ぎています。
まだ寒かったり暖かかったりの狭間にいるようで
体温も気分も、もろもろ落ちつかない感じです。
でも、写真で携わっている本の入稿が今日終わり、
ちょっと一区切り。

ふとベランダを見ると、冬の間は枯れ木に見えていた
ケヤキのミニ盆栽(高さ15cm)が、
か細い枝にしっかりと緑色の若葉を出し始めていました。
10年越しのトケイソウにもなんとか若葉。
生命のサイクルを着々と繰り返す植物から
学びを感じるのはこんな時です。

先日お知らせした、4/14の写真レッスン講座に
数名の方が申し込んでくれました。
少人数制で個人的にしっかり学べるように
したいと思います。
by mayumiish | 2010-04-10 00:18 | つれづれ | Comments(0)

Wild life in Tokyo


昨日のでき事。

a0086851_2101850.jpg

救助隊が出動するも・・。
a0086851_210331.jpg


a0086851_2104574.jpg


a0086851_211571.jpg
上手に電線を渡って自力で逃げて行きました!

現場にいた警察官によると、鼻筋が白いので
ハクビシン(白鼻芯)とのこと。
ジャコウネコの一種だそうです。
代々木公園辺りに生息していると聞いた事がありますが、
こんな住宅地にもいるとは驚き。

《追記》
私のブログを見たという出版社の方から連絡が来て、一番下の写真が下記の本の口絵に使われました。発売時はこの写真が書店のポップにも登場していましたよ(笑)。都会の生き物についての興味深い本です。

東京 消える生き物 増える生き物 (メディアファクトリー新書)

ハクビシンとは/wikipedia
by mayumiish | 2010-04-08 21:09 | Photography | Comments(4)