石井真弓のブログ◎Apertures mayumii.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

写真家です。文章も書きます cMayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

<   2008年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧


アジアの手仕事などなど


昨日は中学時代の友人の集いがあり、
久しぶりに、終電に次ぐ終電の接続を乗り継いで
帰宅しました。
途中からタクシーになるかと思いましたが、
JRの駅員さんが、先の駅での最終電車同士の接続を
教えてくれてギリギリ。ネットで得られない情報でした。
相変わらず最終電車が朝のラッシュ時のような東京です。

先週は、一度ブログで紹介した
「世界のつくり手たち 2008 冬」のオープニングパーティー
に行ってきました。
会場は四谷三丁目の四谷第四小学校(現在廃校)の建物を
利用した場所なのですが、教室がうまく使われ、
とても素敵な空間なのでした。

この小学校の図工の先生だった鈴石弘之さんが、
廃校となる当学校をアートや交流の場として利用することを考え、
NPOを設立、理事長として運営しているそうです。
CCAA 市民の芸術活動推進委員会

パーティー会場で鈴石さんと話す機会があったのですが
地方では、廃校になった学校校舎をうまく利用する
ケースがあるものの、東京では難しいのが現状、
とのことです。

この第四小学校は近隣の3つの小学校が合併したため
廃校になったとのこと。都内にはいくつもあるのでしょうか。
鈴石さんは、このNPOを成功させて、廃校を人々との
交流の場としても根づかせたいと話していました。

実際、学校教室の四角い空間は、アートなど文化イベントに
最適ですし、今後、自分でも何かできるといいな、
と、何やらインスピレーションを受けました。

今開催中の「世界のつくり手たち」では、
タイやカンボジア、ベトナムのコットン布製品や
ペルーのニット製品などが出品されています。

アジアの人々の日常に取り込まれた手仕事で
作り出される布たち、特にコットンは、
私たちの暮らしの中でも、実用的に活躍してくれます。
今回の展示でも、ざっくりとした風合いのスカーフ、
はっとするような柄のカンボジア・クロマー(スカーフ)
など、会場がきれいな布であふれていました。

ということで、また布が増えてしまいました。
Ogura Takeo (Og) のタイの手織りコットンです。
a0086851_15422951.jpg

オーナーの小倉さんが扱うコットンは
手織りの風合いと肌触りの良さでお気に入りです。
現地へ自ら出かけて糸や染め、織りなどを吟味する
彼のセンスの良さが光っています。

12/8まで毎日開催中なので、布好きにはおすすめですよ。

(撮影:ノキア携帯X02NK)
by mayumiish | 2008-11-30 16:37 | 地球・自然・エコ | Comments(2)

アジアがなにやら


インドで、テロの鎮圧終了宣言が出たそうですね。
いきなりのテロに巻き込まれた一般人の方々は
本当に災難でした。
犯人グループの分析など進むことでしょうが、
インドvsパキスタンの火種に火がつかいないといいですが。

CNNにテロ制圧奇襲隊員の会見ビデオがあります。
はじめ、映像の彼らがテロリストかと思ってしまいましたが、
今後の任務や報復に備えて顔を隠してるんでしょうか、きっと。
アクセントが強いインド英語なので聞きとりにくいです。

その会見など、全体の状況についてのまとめ
BBC

一方、タイのバンコク国際空港では、
いまだに反政府団体による閉鎖が続いている様子。
バンコクはアジアのまさしく玄関口なので
使用できないのは真にやっかいな事態です。

友人のタイ人にこの状況を尋ねたところ、
「12/5はタイ国王の誕生日で、国民は少し行儀良くするので、
その頃には事態が治まるのでは」
と見ているそうです。
タイの王様は国民から尊敬を受けていますし、
本当に何らかの変化が出るのかもしれません。
いずれにしても武力が行使されないことを祈ります。
by mayumiish | 2008-11-29 14:07 | アジア | Comments(2)

朝起きて大ショック。

インドの商業都市ムンバイで大規模なテロがありました。急いでインドの新聞Times of Indiaのサイトを見ると、街のランドマークの1つタージマハル・ホテルが炎上する写真が。オベロイホテルも攻撃され、市内の駅など複数の場所でテロがあったようです。記事によると80人死亡、900人が負傷。日本人の犠牲者も出ました。タージマハル・ホテル内で、15人の人質が取られている様子。その後、インドの軍隊がタージとオベロイに向かったようですが、人質が救出されたかは現在の時点で不明。
Terror attacks Munbai / Times of India

犯行声明が「Deccan Mujahideen」というイスラムのグループから出たようです。犯人たちは、ホテル内でアメリカとイギリスのパスポート保持者を探して人質にしたもよう。

ムンバイでは10年以上前、イスラム教徒とヒンズー教徒の市民同士が宗教対立から大きな衝突に発展して、「ボンベイ」(1995年)という映画にまでなった騒動がありましたが、それは市民同士でのできごと。今回のテロの狙いは欧米人のようですが、市民にとってはアメリカの911に匹敵する事件なのではと思います。
「ボンベイ」/goo映画

現在、知り合いの写真家仲間がちょうどインドに行っています。でも今頃はきっと南部にいるはずなので安堵。同時に、先頃インドへ取材に行ってきた知り合いのライターが思い浮かびました。インド記事の掲載が延期の可能性なども?元々、絶えずカオスの中にあるような喧騒の場所ですが、ムンバイは好きな町です。さまざまな方面で多大な影響を及ぼすことを危惧しつつ、展開が非常に気になります。
by mayumiish | 2008-11-27 10:11 | アジア | Comments(0)

多彩なアジアの布文化が大好きで、各国に行く度にコットンや絹の手織り布がどんどんたまっていきます。

東京にいる時も、布に関するイベントがあるとなるべく出かけて行きます。明日からは、アジアや南米の手作り布が集まる「世界のつくり手たち 2008 冬」が始まります。

11/27 - 12/8「せかいのつくり手たち 2008 冬」
四谷ひろば(旧四谷第四小学校内) CCAA アートプラザ ギャラリーランプ1,2

タイ北部やベトナム・サパの質の良い布製品を扱う「Og」や、カンボジアのデザインクロマーの店「クロマニヨン」など六つの店が出品するようです。Ogもクロマニヨンも、オーナーのセンスある選択眼で選ばれ、大量生産品にはない手作りの風合いを持つ素敵でエコな布たちばかり。久しぶりに新作を見れそうで楽しみです。ほかには、南米の手編み衣服や雑貨、フィリピンの貝素材アクセサリーなども出展します。

イベントの会場は元小学校の建物を利用しているようで、明日のオープニングパーティーは「学校給食」がテーマらしいというお知らせも。「ドレスコードは割烹着か?」などと楽しみにしています。

布好きの方は出かけてみてはいかがですか?
by mayumiish | 2008-11-26 20:54 | 地球・自然・エコ | Comments(6)

ヨガクラスがひと区切り


2006年の春から学んでいたインド大使館のヨガクラスが、本当に最終日を迎えました。ヨガ講師のシュクラ先生は日本での3年間の任期を終えて、来月インドのデリーに帰郷します。

今日は7:30からインド大使館で最後の全体早朝ヨガと送別会。初めは先生に倣って軽い瞑想を。目を瞑っているうちに、九段下にある元のインド大使館でヨガクラスに通い始めた頃、当時は地下にあったヨガスタジオの光景や、湿り気のある室内の空気感、しっくいの白っぽい壁などがはっきりと脳裏に浮かび。しばし懐かしい気分に浸り、流れた月日を思いました。

先生と日本ではお別れですが、またどこかで再会するだろうな、という確信に似た予感もあります。また先生も、ヨガのいわゆる長老グルに比べたらまだお若いし、今後もさまざまなチャレンジ(日本にはご主人と娘さんをインドに残して単身赴任)を続け、さらにヨガの世界を広げていくのだろうと思います。同じ女性として、ヨガの教えの他にそんな姿勢にも刺激を得ました。

今週は先生宅で引っ越し前のガレージセール(?)を開くそうなので、掘り出し物があるか見に行こうと思っています。
by mayumiish | 2008-11-25 17:33 | ヨガ的生活 | Comments(2)

ああ、高尾山


a0086851_2375923.jpg
着いてビックリ。この三連休が紅葉の見頃のピークだとは、知りませんでした。

そのおかげで、登山も下山も・・・。
a0086851_238176.jpg

ちなみに普段は、うって変わって空いていて、すれ違う人に「こんにちは」と言う余裕さえあるそうです・・。

とにかく、この連休中に行く人は、相当の覚悟と根気、寛容の心が必要なことは間違いないです。

(撮影:ノキア携帯カメラX02NK)
by mayumiish | 2008-11-23 22:55 | 日本 | Comments(2)

カメラ付き携帯の行方


a0086851_2053424.jpg
(撮影:ノキア携帯X02NK)

西日本では初雪が降ったところもあるようですが、東京は快晴が続いています。昨日の銀座も快晴の空。

先日始めた携帯カメラブログX02NK的つれづれ写真ブログにも載せました。気ままに撮ってやってます。最近「椅子」シリーズなども始めました。ブログの全ての写真は、ノキアの携帯X02NKについている5メガのカメラで撮影してますが、今度、シャープから8メガのカメラ付き携帯が登場だとか。どこまで行くのでしょう、カメラ付き携帯。
by mayumiish | 2008-11-22 20:21 | Photography | Comments(0)

a0086851_18223570.jpg

コンビニエンスストア「ミニストップ」で、フェアトレードのドライマンゴーが新発売になりました。

この商品は、フェアトレード・ブランドのピープルツリーとのコラボレーション。実はこの夏、ピープルツリーのスタッフの方と一緒に、マンゴー産地や、関わるNGOの写真を撮影しに、フィリピンに行ってきました。その時、ミニストップの開発担当者の方々も同行していて、マンゴー農園へと続く山深い道を一緒にえっちら歩いて上ったりと、実際にフェアトレードが機能しているかどうかなどを現地でいろいろ視察されていましたよ。

材料は、フィリピンの青少年を支援するNGO「PREDA」が契約する農家のマンゴー果実です。食品添加物を使用せず美味しいので、私も以前からファン。なので、街なかのコンビニでも買えるのを楽しみにしていました。

今日さっそく近所のミニストップに行ったら、しっかりあったので買ってみました。ミニストップの商品はピープルツリーで売られる物より小さいサイズで210円なり。一回で食べきる量なので、小腹が空いた時に最適ではないでしょうか。

ミニストップでは、フェアトレードのチョコレート(同じくピープルツリーとコラボ)も同時に販売するそうです。

イギリスでは、スーパーで当たり前のように売られているフェアトレード商品ですが、日本ではまだ認知度が低いのが現状。全国展開するコンビニでフェアトレード商品が買えるのは、画期的なことだと思います。今後もどんどんアイテムが増え、他の店も追従してくれるといいなと切に思います。

(写真 byノキア携帯X02NK)
by mayumiish | 2008-11-20 17:44 | フェアトレード | Comments(0)

来年の手帳


そろそろ、来年の手帳を買う人が多いのではないでしょうか。
先日、友人Yさんが来年の手帳を思案していて、いつも決めてるものがあるかと聞かれたのですが、Yesです。

ここ10年近く、同じ会社の手帳を使っています。去年は浮気(?)して違う手帳を買い、それも使いやすかったのですが、今年は本命に戻ることにして、伊東屋に行ったついでに買ってきました。

私はずっとアメリカGRAPHIC IMAGE社製の手帳(6" Pocket Journal)を使っています。革表紙の質感、月単位と1週間単位両方あるレイアウト、紙質、文字フォント、そしてどこにでも持って行けるサイズと重さなどを総合してお気に入りなのです。

毎年同じ会社の手帳にすると決めると、選ぶのも早いものです。今の時期、伊東屋に行くと、2009年用スケジュール帳の数々がフロアいっぱいにずらりと。あらかじめ決まったものがない場合、手帳を一つ一つ吟味するという、楽しくも悩ましい作業が待っています。ただ、今年のGRAPHIC IMAGEの手帳はこれまでの色のシリーズがなく、違うシリーズが入っていたので、どれにするか少々迷いました。

買う前に他の手帳も一応ざっと見たのですが、本当に多種多様なスケジュール帳がありますね。今はPCでスケジュール管理する人も多いと思いますが、まだまだスケジュール帳文化(?)も健在のようです。

個人的にはシンプルなのが好きですが、異色で面白いと思ったのは「邱永漢の実務手帳」。ビジネスマン邱永漢氏らしく、全国各地の証券取引所の場所が記載されていたり、不動産や各種税金の知識などが満載。ほかには、旧暦でのカレンダーや歳時記が併記された旧暦美人ダイアリーが風情ありました。

伊東屋で手帳を買った後、バーニーズ・ニューヨークに用があって行くと、GRAPHIC IMAGE のスケジュール帳で表紙の種類が違うセレクションがいろいろありました。なんだ、他にもあったじゃないの、と思いつつ、「Barneys New York」の名前が小さく背表紙に刻印されている分、値段も多少上乗せのようなので、伊東屋のセレクションで良しとしました。
a0086851_1385382.jpg
(photo by ノキア携帯 X02NK)
by mayumiish | 2008-11-19 23:09 | つれづれ | Comments(0)

さいたまの殺害事件に引き続き、昨日起きた元厚生事務次官夫人の傷害事件は、うちの近所エリアで起きました。

今日も朝からひっきりなしにヘリコプターが快晴の空を飛び交っています。数えた範囲で5機。かなりの騒音です。こういう事件で何度も空撮する必然性は、一体何なのでしょうか。ヘリコプターに乗ったことのある人は分かると思いますが、それほど高い高度を飛ばないヘリコプターからは、地上がけっこうはっきりと見えます。耳を覆って「うるさいー」というポーズをすると見えるので、あまりに騒音がひどい時は、ヘリコプターに向けてアピールを?

今回の事件では、元厚生事務次官の二人とも「年金」に関わる仕事をしていました。しかし約20年も前のこと。それだけに、事件の背景、詳細はまだ不明ですが、おそろしく深い意図を感じます。いずれにしても暴力的な危害を加えることは許せません。しかも本人だけでなく、夫人にまで被害を与えるなんて。これ以上、不穏な空気に覆われないよう、早く解決してほしいものです。
by mayumiish | 2008-11-19 10:14 | つれづれ | Comments(0)