石井真弓のブログ◎Apertures mayumii.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

写真家です。文章も書きます cMayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

<   2007年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


動けば変わった。


参議院選挙に無所属で立候補した川田龍平さんが初当選しました!!!

土曜日の夕方、渋谷駅での街頭演説で、最後の応援ビラ配りを手伝いました。
帰り道、夜空にくっきり浮かぶ満月を見ながら
「明日は何かが変わりそう」と思った予感が本当になりました。

川田さんのスローガンは「動けば変わる。」。
みんなで動いたら見事に変わったのがうれしいです。
川田さんの選挙活動は政党の組織票に頼らず、真にボランティアの人々や
NGOなどのネットワークに支えられていたので、
本当に意義のあることだと思います。
応援の演説をした人々の言動からは、義理的なつきあいではない、
川田さんへの真の信頼と期待が感じられました。

開票速報番組では、自民党の大敗も伝えています。
今日の投票率はそう高くないものの、期日前投票が1000万票以上も
あったことが大きかったのではないでしょうか。
やっぱり国民が動くと変わるんですね。

途中からですが今回始めて選挙活動の応援をして良かったと思っています。
誘ってくれた知り合い二人に感謝です。
by mayumiish | 2007-07-29 23:11 | つれづれ | Comments(4)

明日は投票日


いよいよ明日は選挙の投票日ですね。
今日は、各候補者たちが最後の街頭演説集会にかける日でもあるので、
時間がある人は、気になる候補者の演説を一度見に行くのはいかがでしょうか?
TVを通さず直接見ると、候補者の人柄や本気度が
垣間見えるような気がしますよ。

私が今回応援している川田龍平さんも、今日は演説最終日ということで、
応援ボランティの方々も気合いが入っています。
ちなみに今日の午後の川田さんの演説は
以下のスケジュールです(予定なので急変更も)。

13:30 - 14:00 光が丘団地
14:30 - 15:00 高島平団地
15:30 - 16:00 JR池袋駅西口
16:30 - 17:00 銀座マリオン前
17:30 - 18:00 新宿駅東口アルタ前
18:30頃〜 渋谷駅宮益坂口

私は渋谷での応援に行くつもりです。

今回は期日前投票者の伸びが多く、約400万人がすでに投票したそうですね。
まだ未投票で、かつ明日行けない人は、できるだけ今日に行っていただきたいです。

昨日、映画「選挙」をとうとう観てきました。
公募で自民党の公認候補になった、政治のしろうと山内和彦さんが、
川崎市議会の補欠選挙に立候補して当選するまでを追った秀作ドキュメンタリーです。
山内さんのキャラクターが光っていて、笑ってしまう場面がたくさんある
とても面白い映画なのですが、
自民党が後援会などの力をいかんなく発揮して、
いかに組織だって、またトップダウンの選挙活動をしているか、
ということが、しみじみわかる資料映画(?)としても優れた作品です。

これを観て、無党派層の有権者が投票しない場合、着々と組織票を固めていく政党が
いかに簡単に勝利するのかが、よーくわかりました。

その意味でも、自分は無党派、という人こそ強い1票を持っているので
その力をぜひ使いたいものです。

ところで、この映画の主人公、山内さんこと「山さん」は、
すでに市議会議員の任期が切れ、先日のブログにも書きましたが、
今回、川田龍平さんを応援していらっしゃいます。
先日は新宿の応援演説に登場しました。
今日もどこかに登場してくれるといいなー、と思います。
by mayumiish | 2007-07-28 11:19 | つれづれ | Comments(0)

Last.fm


ネットで、前から少し気になっていたlast.fmを始めてみました。

自分がiTunesで聴いた曲の情報を公開しつつ、
タグをつけたり、お気に入りに入れたりして
ライブラリーのように整理できます。

自分の聴いた音楽をわざわざ公開するのって、どうよ?
と以前は思っていましたが、
好きなミュージシャンの他の曲のインフォメーションを知ることができたり、
同じテイストのミュージシャンを発見
(その点はiTunes Storeにも似てる?)したりと、
なかなか便利なことがわかりましたよ。

また、ユーザー同士のやりとりもでき、
私が聴いていたジミー・スミスの曲について、
「どのアルバムに入ってる曲?」と、見知らぬ人からさっそくコメントが来ました。
個人情報を出すこともなく、気軽にやりとりできる点がいいところです。
このlast・fm。
by mayumiish | 2007-07-26 11:20 | つれづれ | Comments(0)

日曜日の夕方、新宿アルタ前で行われた、東京選挙区の候補者
川田龍平さんの演説集会を聞きに行ってきました。

選挙演説というものを聞きに行ったのは初めてでしたが、
のぼりを持ったり、チラシやステッカーを配ったりと、
ボランティアの人々がたくさん活動していたのが印象的でした。
新宿アルタ前という場所柄、大勢の人が聞きに来ていて、
後ろのほうでも立ち止まって聴いていた若者たちもけっこういた気がします。

川田さんは、静かな熱い闘志を持ち、その使い方を知っている人という感じで、
清さと実行力が感じられる人でした。
これまでのHIVキャリアを初公表した人いうことで、これまでの人生は
前線での戦いの連続だったろうと思います。
そんな経験に培われた信念、行動力、自信、社会への視点が今の
川田さんを作ったのでしょう。

薬害エイズ裁判で和解を勝ち取った後ドイツに留学して、
帰国後は大学の非常勤講師や人権アクティビストとして活動しているそうです。

彼のスローガンの一つは、「動けば変わる。」

薬害エイズ問題も、今の年金問題も同じ構図で役所の隠蔽体質から生まれ、
以前と変わらずに今も国民が犠牲になっている、
ということで、まずそれを変えて行こうということでした。
無所属議員でも、国会で質問主意書の制度を使って、力を発揮することができるとのことです。

薬害エイズの時も、どうにもならないと被害者たちが思っていたことを
川田さんが実名を公表したりと、とにかく動いて、とうとう政府の責任を認めさせた
実績があり、川田さんは、みんなで動いて変えよう、と訴えていました。

なんと、薬害エイズ問題時の厚生省の薬務局長が、
その後、社会保険庁の長官になったのだそうです。
そして、例の年金問題???

また、応援演説をしたある画家の方の話の中で、
川田さんが厚生省の官僚と対話した時に、その役人が

「薬害エイズの問題となった血液製剤は、国が億単位のお金を使って
買ったものなので、使わざるを得なかったんですよ」

と、川田さんに面と向かって平然と言ったそうです。
それを見ていた画家は、役人の喉を絞めたいほど怒ったそうですが、
川田さんは静かに聞いて、あの血液製剤のせいで彼の友人が亡くなっていったことを
冷静に話していたのだそうです。

昨日の集会で一つサプライズがありました。
以前のブログにも書いたドキュメンタリー映画「選挙」の主人公、山さんこと、
前川崎市議の山内さんが応援演説に駆けつけてきていたのです。
演説後に声をかけると、川田さんに賛同して応援しているとのことでした。

日曜日の時点では、
東京選挙区の5人枠のうち、4人まではすでに
当選が予想されていて(それもどうかと思いますが)
最後の1枠を、無所属の川田龍平候補と、自民党から出た元女子アナ丸川珠代候補が
競っているのだそうです。

良い国会議員になれそうなポテンシャルの高さを感じたので、
個人的には川田さんに当選してもらいたいです。
by mayumiish | 2007-07-23 23:44 | 人々 | Comments(0)

選挙演説を聞きに


来週29日は、いよいよ参議院選の投票日ですね。

それぞれ別の分野で知り合いの二人(どちらも社会派ですが)が、
東京区の同じ候補者の選挙応援活動をしていることを知りました。
候補者は川田龍平さんです。
自身がHIVキャリアということを世に公表して
薬害エイズの裁判を戦い、和解を勝ち取った人です。

彼を応援している知り合いの一人は、選挙の応援をするのは初めてとのこと。
連日あちこちに行って、ビラを配ったりとアクティブに活動しているようで、
今のところ、道行く人の手応えをがっしりと感じているとのことです。

その知り合いから教えてもらったのですが、
川田さんが今日の17:30から新宿アルタ前で、
来週7/28(土)の18:30から渋谷ハチ公前で選挙演説するそうです。

思えば、これまで選挙応援を通りすがりに聞いたことはあるものの、
はじめから最後まで聞いたことがありません。

ただ、前回の「郵政選挙」の時に、たまたま中野駅近くにいたら
当時の小泉首相と一行が来て、演説が始まったので聞いたことがありました。
その時、気づいたことは、大勢いた聴衆の多くが中野のローカルな住民
という感じじゃなく、小泉さんの演説のためにどこからか
連れてこられた人々のようだったことです。

いわゆる、サクラというんでしょうか。動員。
芸能界での記者会見などでもたまにありますね。
それとも小泉さんの追っかけ?
あきらかに、通常、中野にいる感じの人々じゃないので違和感ありあり。
はじめに聴衆の大勢が位置につき、その後、黒塗りの高級車がさーっと来て
小泉さんがVIPらしい立ち振る舞いで車から降り、上機嫌で演説していましたよ。

一方、今回の川田龍平さんは無所属で立候補だし、
どれほどの聴衆が立ち止まって聞くのでしょうか。
川田さんについて、私もまだ詳しく知らないのですが、
自らHIVを公表して、ずっと戦っている姿勢には、大きな信念や行動力、
可能性を感じます。

今日は、初めて選挙演説を聞きに出かけて、
彼はどんな考えを持って国会議員になりたいのかなど
聞いてこようかなと思います。

お時間がある人は、選挙演説に出かけてみてはいかがでしょう。
by mayumiish | 2007-07-22 14:48 | 人々 | Comments(2)

芥川賞選考会


知り合いの編集者Kさんから電話が来て、
本日夕方からの芥川賞選考会に一緒に行きませんか、と誘っていただきました。
そういえば、先日、候補者が発表されていましたね。

が、原稿の締め切り前で忙しくなって、
せっかく誘っていただいたのに、残念ながら行けそうもありません。
実は昨日も、夜に上野の鈴本演芸場に落語を聞きに行く予定で
楽しみにしていたのですが、同じ理由で行けずじまい。

それもこれも、昨日までいたアメリカの親戚の女の子の世話で
先週、仕事がほとんど進まなかったためです。あぁ〜。

しかし思えば、子持ちで自宅仕事をしている女性(男性も)たちは、
いつもそんな日常を送っているのでしょうか。
きっと、世話の時間、仕事の時間と、頭をきちっと切り替えているのでしょうね。
改めて感心してしまいます。

今日は、芥川賞受賞者が決定する夜までには、
私の原稿もなんとか終えるように、これからラストスパートです。
by mayumiish | 2007-07-17 12:49 | つれづれ | Comments(1)

台風一過


a0086851_151387.jpg

アメリカから来ていた親戚の女の子が今日、アメリカに帰って行きました。
帰る前にうちで撮影した写真です。

東京で、美術館や原宿などに連れて行きましたが、
一番気に入ったのは、東京ディズニーランドと、
伊勢丹で開催されていたハリ・ポッター展、ハリー・ポッター最新作特別上映、
六本木ミッドタウン21_21でのチョコレート展だったようで、
どれも日本というより海外の文化・・・。

あまり年が若いうちに海外旅行しても、土地の文化や歴史の面白さを
理解できないのでどうなのだろう、と思った今日この頃でした。
果たして、彼女の記憶の中に、日本文化の印象はどう残るのでしょうか。
by mayumiish | 2007-07-16 14:56 | Photography | Comments(2)

アメリカからの来客


TVの通販番組にずっと流れていると思ったら、
たちまち日本で話題沸騰の「ビリーズ・ブートキャンプ」。
私の周りにも、やってみた、やってみようかな、という人が出てきました。
恐るべし反復宣伝の威力。

でもアメリカから来たこのビリーブームは、
現地では1990年代に話題だったそうですね。
今ではDVDも格安で売られています。
日本ではDVDのセットが1万円以上と高額ですが、
ビリー・ブランクス本人のクラブサイトでは
「ブートキャンプ」のDVD3本セットが29.98ドルで買えるようです。
なんと、というか、やっぱりというか。

アメリカといえば、先月、今月とアメリカからプライベートの来客が続いています。
先月は、約10年ぶりに会うLA在住の友人のYさんがうちに数日間泊まりました。
Yさんは会社員をしていた30歳代半ばを過ぎてから一念発起してアメリカに渡り、
大学で学び直して、今年からLAで心理カウンセラーをしています。
移民が特に多いLAならではらしく、異民族結婚も多く、
それにともなう悩みや問題を抱えた患者が多いとのこと。

Yさんによると、アメリカの心理カウンセラー職は州ごとのライセンス制で、
その難易度が最も高いカリフォルニア州でライセンスを取得できれば
ほかの州でも比較的取りやすいという理由から、
はじめにカリフォルニアでの就職を決めたそうです。
彼女は英語もアメリカに行ってから本格的に身につけたし、
その意欲と努力、そしてゴールを目指す推進力に
しっかりポジティブな刺激をもらいました。
アメリカ暮らしの自由な風も伝わって来て、
私もそろそろ日本を脱出してまた海外で暮らしたい気分がふつふつと・・・。

Yさんが去った後、今はアメリカの親戚で11歳の女の子Hanaが
泊まりに来ています。
初めての東京なのであちこち連れて行ってますが、
アメリカ人の小学校高学年が楽しめる場所を探すのにひと苦労です。
お寿司が好きだというので、昨日は回転寿司屋に連れて行ったら
マグロとサーモンをパクパク食べていました。

日本の今どきの11歳もそうなのでしょうか。
Hanaは私のPCを使っては、毎日アメリカの家族や友人にEメールを送ったり、
東京ディズニーランドのサイトを細かく調べたり、ゲームをしたりと
PCを駆使しまくっています。
私の11歳時代に比べると、大きく時代は変わったもんだ、と実感。

先日、原宿に連れて行ったら、
彼女のお気に入り歌手グウェン・ステファニーが「原宿ガールズ」
という歌を歌っていると言って、
後でYou Tubeのビデオクリップを見せてくれました。
「HARAJUKU GIRLS」
バックで踊る日本人風女子たちの女子高生制服+ゴスロリ風の
ファッションが楽しいです。

ほかに、PC上でモンタージュ顔を作って行くという面白いゲームサイトも
教えてもらいました。
2ちゃんねるならぬ、
Channel 4

今週は、仕事は半休業状態で、Hanaを浅草や六本木の美術館巡りに
連れて行く予定です。
by mayumiish | 2007-07-10 00:48 | 人々 | Comments(0)

もうすぐ七夕ですね。
夜になると漆黒の闇になる場所で見た天の川や、
無数の星たちの美しさを思い出します。
東京では夜空の細かい星があまり見えなくて残念です。

今日、友達から、NASAのハッブル望遠鏡で見た珍しい写真、
というメールが送られてきました。
ネットで調べると、「7つの願いがかなう」写真として
あちこちのサイトに載っていました。
その写真は、吸い込まれそうなブルーの大きな瞳が宇宙空間に
浮かんでいるような図で、大変に神秘的なイメージでした。
常々思いますが、自然が作り出すアートに勝るものはない気がします。

NASAのサイトにある写真ギャラリーに、その写真も載っていました。
どれも美しくて神秘的な写真ばかり。
銀河や惑星が作り出す色や形の一つ一つをうっとりして眺めてしまいました。
忙しい時のブレイクに、私たちの頭上はるかかなたに存在する宇宙観賞は
いかがですか?

NASAのハッブル望遠鏡写真ギャラリー

ハッブル望遠鏡はどこにあるのだろうと、今更ながら疑問だったのですが
1990年にスペースシャトル・ディスカバリーから放たれて以来、
20年間のミッションで宇宙空間を飛行しながら撮影をしているのですね。

土星の輪にくっきりうつる影や天王星、銀河のディテールなどは
驚愕ものです。
特に、土星にもオーロラができるとは、初めて知りました。
ただし、ハッブルで写真撮影する際はモノクロ撮影で、
色彩は後からつけるのだそうです。
by mayumiish | 2007-07-02 22:51 | 地球・自然・エコ | Comments(4)