カテゴリ:日本( 61 )

日本のゆくえ

今晩、共謀罪法案をめぐり、深夜におよんで国会が開かれています。

TVを持っていないので、AbemaTVのアプリで国会中継を見ています。

共謀罪法案に反対です。

国連からも、日本のこの法案について人権やプライバシーなどを懸念する質問が出ているのに、無視しはぐらかして強引に進めるやり方に驚きますし、承認できません。
そもそも、テロ防止に関する法律はすでに存在しているというのに。

この法案は戦後日本の大きな転換点となりそう。悲しいです。

日本の国会議員には、自分の党や保身のためでなく、国民のために働いてほしいです。


【追記】

あああ・・・・。





by mayumiish | 2017-06-15 00:54 | 日本

「カタコトの会 型彫り、型染め、カタヤブリ!」展

もう6月ですね。

キューバから帰った後、すぐにノルウェーを北から南へと旅する取材に行って、先週日本に帰ってきました。旅が続いて、時差ボケがなかなか治りません・・・。旅についても書こうと思いますが、その前に!

ご縁があって応援している染めの関係の職人さんたちが集まって作った「カタコトの会」の第一回展示会のお知らせです。「カタコトの会」とは、伊勢型紙を用いた染めものを行う職人さんや、伊勢型紙の彫り師職人さん、また、図案師さんなどが、染めの道具としての伊勢型紙を大切にしつつ、何か新しいことも起こしていこうという主旨で作られた会です。取材で知り合いになって仲良くしていただいている職人さんたちが参加していることから、私も仲間に入れてもらっています。

そして、今年、「カタコトの会」の第1回目として、5/30〜6/4の会期で展示会が行われています。内覧会と初日に会場に行きましたが、朝日新聞5/25の朝刊、東京版の記事に取り上げていただいたこともあってか、連日たくさんの方々にお越しいただき盛況です。

確かな技術を持つ職人さんたちの作品なのでどれも美しく見応えがあり、また職人さんたちによるクリエイティブなコラボレーション作品なども展示されています。小紋染め、長板中形、更紗、秩父銘仙など、伊勢型紙を用いる多彩な染めものをご覧になれますよ。また、綿を自ら畑で育てて、手紡ぎした糸で織る職人さんの作品もあります。

会場は、銀座線稲荷町にある、江戸からかみ東京松屋 4Fの広い展示スペースです。

毎日、講座や実演などもあるので、染めや和の手仕事がお好きな方に強力におすすめです!

Facebookのページもあるので詳細をご覧くださいね。

カタコトの会/Facebook

先日、内覧会で、大変にびっくりしたことが。
数年前に私が開催したポートレート撮影の講座を受けてくださった方が、偶然にもカタコトの会の職人さんたちとも知り合いで、内覧会にいらしていたのです!写真講座をした頃は、私はまだ職人さんたちと出会っていなかったのですが、先日、その方と数年ぶりに会場でお会いして、感動とともに、つながりの不思議さを感じました。再会できてとてもうれしかったです☆

カタコトの会展は6月4日(日)までです。お誘いあわせてぜひ!
a0086851_02061546.jpg

by mayumiish | 2017-06-01 02:01 | 日本

魂に響いた和太鼓



桜が散り始め、いよいよ春本番ですね。ケヤキが新緑をぐんと伸ばし、生命の力を感じるこの時期が好きです。

先日一緒に仕事をしたライター、スーザン竹馬さんに誘われて、成田太鼓祭に行ってきました。日本最大の太鼓のお祭りだそうです。

朝は成田山新勝寺の本堂前に50数組、800名以上の演奏者が勢ぞろい。一つ一つの演奏グループを紹介した後、全体で演奏。勇壮!その後、成田山の参道に点在する各ステージでの個別演奏を見て、すっかり太鼓三昧をしてきました。

和太鼓、あらためていいですね。すぐ間近で聴いていたので、太鼓の音の大きな波動が全身を揺らして、魂までじーんと響いたような気がしました。

いくつか見た中で特に良かったのは男性二人組みの「鼓風」、そして「南多摩中等教育学校太鼓部」の八丈太鼓が圧巻でした。彼らが演奏する時の非常に真摯な眼差し、一心乱れぬ音のリズム、身のこなしのタイミング、勢いある音の切れ味に、まさに無心というか、とてもピュアな美しさを感じて感動してしまいました。横打ちが特徴だという八丈太鼓に興味を持ちました。いつか本場で見てみたいな。

iphoneでビデオを撮ってみたのでYoutubeにアップしますね。


by mayumiish | 2017-04-17 00:50 | 日本

Google Arts & Culture に - 長板中形 -

4月ですね!
東京あたりの桜は今週末が満開でしょうか?
そろそろ本格的に暖かくなりそうですね。

たまにはお仕事の報告を。
Google Arts & Cultureというウェブサイトが日本の手仕事を
紹介しているのをご存知ですか?
その中で、最近一つの手仕事について撮影を担当しました。

長板中形という染物です。
伊勢型紙を使い、藍染の美しい染物を作り出す熟練の染物職人さん、
松原伸生さんの工房での撮影です。
執筆は日本の手仕事に造詣が深く、著作も多い田中敦子さんです。
リンクを貼るのでご覧くださいね。
このサイトには紹介されていませんが、松原さんが染める単衣の藍染の着物は
藍の色合いが大変に美しく、また、伝統的なデザインでありつつ洗練されていて
とても素敵なものばかりです。
着物を着られる方は、きっとご存知でしょうか?





by mayumiish | 2017-04-04 00:19 | 日本

館山の手仕事

もうすぐお彼岸ですね!
早く本格的に暖かくなってほしいものです。

先日、取材の船旅をしてきました。
クルーズ船で名古屋港を出発し、伊豆半島や遠州灘を越え、房総半島南端にある千葉県・館山港までのショートトリップ。

取材の合間、海辺を少し散策。夕日桟橋という名の長い長い桟橋を歩いて館山に上陸しました。その長さ、海岸から500メートルとのこと。滞在したのは数時間でしたが、面白かったのは海沿いに立つ「渚の駅 たてやま」。中に「渚の博物館」があり、ミニ民俗学博物館のような感じで、漁業で発展してきた町ならではの興味深い展示物がいろいろありました。

中でも見応えがあったのはこれ。
a0086851_03240926.jpg
万祝(まいわい)と呼ばれる、大漁を祝う晴れ着だそうです。とても味わいのある絵柄や色彩だなあと、足を止めてじっくり見てしまいました。
a0086851_03243442.jpg
a0086851_03244203.jpg
a0086851_03251184.jpg
作り方も説明されていて、型紙を使って染めるそうです。型紙を見ると茶色い柿渋で、まるで伊勢型紙のよう。
a0086851_03245884.jpg
思わぬ場所で手仕事の美を見つけてうれしくなったのでした。今でも作られているのでしょうか。だとしたら誰が作っているのか興味大。

また、意外なものも発見しましたよ。
a0086851_03252615.jpg
なんと、フランス人のフリーダイバー、故ジャック・マイヨール氏がかつて館山に別荘を持っていたそうで、そこで彼が使用していたタイプライターが展示されていたのでした。マイヨール氏は、私の好きな映画『グランブルー』のモデルになった人でもあり、館山に別荘を持っていたことに驚きましたが、ダイバーやマイヨール氏のファンには知られていることなのかな・・?

短い滞在だったので、今度は陸路で館山を再訪して、じっくり町を散策してみたいですが、まずは旅仕事の原稿書きです。



by mayumiish | 2017-03-16 03:47 | 日本

沖縄、大宜味小学校で写真の授業

a0086851_01312336.jpg
先日、沖縄県の大宜味小学校で、写真を教える授業をしてきました。

私が所属している日本写真家協会(JPS)の写真学習プログラム事業の一環です。昨年の秋頃に1回目の授業をして、カメラを5、6年の児童たちに渡して写真を撮ってきてもらう宿題を出しました。そして今回は、生徒たちが撮った写真から一人一点ずつ私が選んで、大きくプリントしたものを見ながらの発表会です。

大宜味小学校は沖縄県北部の大宜味村にあります。那覇からレンタカーで約2時間半。大宜味村への訪問は今回で3回目ですが、建物が多い中南部と違い自然が豊か。熱帯雨林的な木々が茂る山が海の近くまでせり出し、大変に美しい場所です。

授業では、生徒たちが撮影した写真について、一人一人前に出て、みんなの前で発表をしてもらいました。自由なテーマにしたので、撮影したものはまちまち。家族や友達を撮ったり、家の周り、学校、風景などなど。これまで東京などでも写真の授業をしたことがありますが、今回、ほかと違って印象的だったのは、とても美しい風景写真を撮った子が多かったことです。大宜味村の風景の美しさ、自然、海の表情をしっかりファインダーで切り取っていました。太陽が降り注ぐ沖縄ならではの光の移ろいをとらえていた子もいて感心。全体にのびのびした良い作品が多かったです。

大宜味小学校は2016年に4つの学校が統合してできた学校です。新校舎の目の前はエメラルド色の海!美しい風景を毎日目にして生活する子供たちの心にはきっと、美しい情緒が育まれていくのではないか、などと思えるのでした。

授業の後は、先生のご配慮で児童たちといっしょに給食をいただきました。大宜味小学校は教育や食育に力を入れていて、食器には陶磁器を使い、お料理も手が込んでいて美味しいのです。先日はコーンが入ったオムレツや豆苗などの野菜スープ、黒糖パンなど。たしか前回は、具だくさんのやきそばとハーブたっぷりの鶏肉でこれまた美味でした。

2月の初めの沖縄は桜の時期。授業の後、大宜味村の山のほうに車で行って、桜を見て帰りました。満開にはあと1、2週間という感じでしたが、私が好きな山桜なども見れて満足。沖縄に桜が咲くことを、先生から教えていただいて初めて知り、また、沖縄の桜は桃のように可憐なピンク色だと初めて知りました。青い海を背景にして、ヤシの緑の葉が揺れハイビスカスが咲き乱れる風景の中にある桜の光景が、なんだかとても新鮮でした。

5、6年生の担任の先生と校長先生には大変にお世話になりました!2回の訪問でしたが、子供たちを大切にしている学校だなと感じました。

緑深い自然に囲まれてのんびりと流れる時間が大宜味村の魅力。平地が少ないので大規模農業ができないなど課題もあるようですが、また訪れてもっといろいろ見たい場所です。
a0086851_01575899.jpg

(写真:上/大宜味村の高台から眺めた海 下/大宜味村に咲いていた桜 by iphone6S ©Mayumi Ishii)





by mayumiish | 2017-02-06 01:32 | 日本

熊本地震

ブログの更新を大変に(これまでで最長?)怠ってしまいました。
いつも見ていただいている方、すみませんー。

4月14日夜に熊本県でマグニチュード(M)6.5、最大震度7の地震が発生し、
16日にはさらに熊本地方でM7.3の地震が起きました。
その後、震源が大分県に広がり、今日になってもM5以上の地震が時折発生しています。
熊本では家が壊れた世帯も多く、被災した方が多数いて相当な被害ですね。
避難生活では大変なご苦労をされていることかと思います・・・。

ネットを見ると、救援について役立つ最新情報が毎日たくさん出ているので、
避難している方々は、できればツイッターで情報収集をするとよいのかと思います。
まだ地震が続いているので、くれぐれもご無理のないように、
また、遠慮なく外に助けを求めてほしいです。

私は3月に取材仕事で大分県を訪問したのですが、
大分もかなり揺れ、湯布院などは建物が壊れたりしているそうですね。
現地在住の友人やお会いした人々の安否を確認したら
今のところは大丈夫の様子。
ただ、別府は温泉が集中しているだけあり、地底の様子が心配です。
義援金などの募集が始まったので、できることをしようと思います。

支援の1つとして見つけましたが、建築家の坂茂さんの事務所と
ボランタリー・アーキテクツ・ネットワークが、
避難所の仕切りを作って提供する計画とのことです。

坂茂さんのウェブサイト 避難所用間仕切りシステムの提供について

東日本大震災の当時、ボランティアで宮城県に行った時、被災者の人々が
広い体育館の中で、仕切りがない生活をしているのを目にしました。
そこで、せめて仕切りがあればストレスが減るだろうなあ、と思った記憶があります。

坂さんは、紙管と布で効果的に作る仕切りで、国内外の複数の災害避難所を
支援してきた実績があります。
そういえば、先月、大分に行った時に、坂さんが設計して、
昨年オープンした「大分県立美術館OPAM」も見てきましたが
館内のレストランや公共スペースにも、紙管制の椅子や家具が用いられていました。
坂さんに昨年、インタビュー取材でお会いしたのですが、
避難シェルターの話なども聞き、大学生たちとともに、
自ら積極的に活動なさっている様子でした。

この活動の支援金募集とともに、避難所の仕切り設営をお願いしたいという
要請も受け付けているそうですよ。
by mayumiish | 2016-04-18 22:19 | 日本

どんな国に、日本

今年は戦後70年。
これを区切りとして、日本はますます平和国家を目指すものだと思っていたら、あれ?
このまま安保法案が通ってしまうのでしょうか?
多数決で勝てば、違憲なことでも無視していいのでしょうか?

先日、久しぶりにデモに行ってきました。
a0086851_23441073.jpg

国会議事堂前は道路が見えないくらいの人、人、人!
参加しているのは、前のほうは団体やグループが目立つけれど、
国会議事堂前の出口からずーっと長い列になって続く人のほとんどは
会社帰りに一人で来た人とか、知り合い同士で来た風の普通の人々。
小雨が降る中、その場を包む連帯感に、日本が分かれ道の分岐点に立っていることを
ひしひしと感じました。
また、平和なデモなのに、道路をブロックしている警察の何台もの大きなバスには
なんだか違和感を感じました。

取材仕事などで海外に行くと、旅先の国の人々はたいてい日本に好意的です。
「日本は平和、テクノロジーの国、日本製品や日本車が好きだ」などとよく言われます。
昔に比べると日本のメーカーが下火になっているのでちょっと微妙に感じながらも、
日本=信頼できる製品づくりの国というイメージを持たれていることは
うれしいことですし、私も比較的安心して海外を旅しやすいです。
「信頼できる」と思われるのは貴重なことですよね?
10年後も日本が信頼され、「戦後」80年といえる国であることを祈っています・・・。
by mayumiish | 2015-09-19 01:41 | 日本

『江戸文様こよみ』

装丁家であり、和更紗、型紙収集家の熊谷博人氏より、最新著書を送っていただきました。

a0086851_23583148.jpg

『江戸文様こよみ』(朝日新聞出版)。

帯の部分に文様歳時記と書かれている通り、江戸時代の四季折々の風習や暮らしを通して
当時生まれたさまざまな文様の種類、意味、魅力などをひも解いた本です。

パラパラと見ても、江戸時代のデザインのおびただしい種類と数!
当時の流行、暮らしぶり、ものなども民俗的な角度から紹介され、いろいろな情報が
ギュッと詰まっています。

「気が向いた頁から読んで下さい。この時期(=梅雨)、傘の頁など面白いですよ」
と熊谷さんからのお言葉。
傘が日本に入って来た由来、庶民に広まった経緯、傘で使われた和紙がリユースされて
いたこと、古傘を集めてリサイクルする商売、傘をモチーフにした文様の数々などなど、
へ〜、と思うことがいっぱいです。

江戸時代の文様を見ていると、「留守文様」などのひねりが効いたもの、粋なもの、
ユーモアたっぷりのものなどさまざまで、当時の人々の豊かな感性や美意識が
とても身近に感じられる思いです。
そうした模様を小紋や型染めなどに染め、着物や小物にして身につけていた江戸時代の
人々はなんとおしゃれなのでしょう。

先日、来日していた台湾人の知り合いにこの本を見せたところ、台湾の風習と似ている
部分があると、とても興味深そうに見ていました。
例えば菖蒲は、日本ではお風呂に入れたりしますが、台湾では菖蒲をつけた水で
顔を洗ったり、邪気を払うために玄関のドアにとりつけるとのこと。
日本の文化は中国から伝来したものが多いので、共通点や、日本独自に発展したものなど
比較しながら話が盛り上がって面白かったです。

本の後ろに索引があるので、文様の名前を照らし合わせるのにも便利。
和のデザインが好きな方にはおすすめの1冊です。
あちこちに描かれているイラストも、熊谷さんご自身の手によるものです!


by mayumiish | 2015-07-07 20:15 | 日本

職人スピリッツ

1月もすでに半月が過ぎましたね。
毎日寒いですが晴れの日が多い東京は、朝と夕暮れの光がとても美しくて、
ひととき心を奪われています。

昨年末頃から、本の制作に関わっています。
テーマは職人さん。アルチザン。

準備段階なのでまだ詳しく書けませんが、発行が近づいたらご紹介しますね。
最近はその取材で職人さんの工房に撮影に行っては原稿を書き進めています。

それぞれジャンルがさまざまですが、質の高いもの作りをなりわいとしている
人々はみな、共通した職人スピリッツを持っていることを感じます。
というのも、彼らが語る言葉のキーワードが重なっているのです。

みなさんが作り出す物も素晴らしく、取材しがいのある方々ばかりです。
目眩く道具の数々を見るのもたいへん心楽しくて。
手仕事の尊さを改めて感じています。
明日も撮影にGo!


a0086851_01082791.jpg
これは何の道具かわかりますか?



by mayumiish | 2015-01-18 00:57 | 日本

写真家です。文章も書きます cMayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

カテゴリ

Profile
News
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
Photography
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
Archives
Archives(リゾート系)
Web Work
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

カンボジアの絹織物をなりわい..
at 2017-07-06 02:22
ファインダーの中が大切
at 2017-06-29 01:52
ホームページをリニューアル
at 2017-06-24 14:29
日本のゆくえ
at 2017-06-15 00:54
「カタコトの会 型彫り、型染..
at 2017-06-01 02:01

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

FX取引が出来るサイト

フォロー中のブログ

タグ

アクセス解析