カテゴリ:アジア( 77 )

カンボジアの絹織物をなりわいとした森本喜久男さん

a0086851_02572478.jpg


今晩ツイッターを見ていたら、ショックなニュースがタイムラインに流れてきました。

カンボジアで長い年月、絹織物作りにたずさわり、「クメール伝統織物研究所」(IKTT)を主催していた森本喜久男さんが、7月3日にお亡くなりになったそうです。IKTTのフェイスブックページを見たら、悲しいことに、たしかにそのように書かれてありました・・・。

森本さんには10年以上前、雑誌の取材で一度だけお会いしたことがあり、その時は大変にお元気で、気さくな方という印象がありました。カンボジアのシェムリアップで高床式民家に住み、そこに絹織物の大きな工房を持っていました。村から機織り職人の女性たちを集めて、カンボジア産の黄金色のクメール生糸を育てながら、伝統的なやり方で手織りの絹織物を作る活動を行っていらっしゃいました。工房の糸車に巻き付けられたクメール生糸の鮮やかな黄色を今でも覚えています。

森本さんはもともと京都で友禅のお仕事をしていたそうで、内戦後にかなり廃れてしまったカンボジア伝統の織物の状況について現地で調査をしたことが、カンボジアの絹織物との出会いだったようです。森本さんが、「当時、ユネスコのためにレポートを作ったんですよ」と、ご自分で作ったA4サイズの冊子を私にくれました。そこにはカンボジア各地の織物の村々、作られている織物の種類などが詳しく書かれていて、今でも大事にとってあります。

その時にお会いして以来、ずっとごぶさたしていましたが、ガンで闘病中というニュースをインターネット情報で知りました。しばらく前、日本のテレビ番組でご活動が取りあげられていたようですね。

私はアジアの織物では、上品な光沢が美しいカンボジアの絹織物が一番好きで、伝統的なイカット(絣)の精緻さはずっと見ていても飽きないほどです。そんなカンボジアの手仕事は、ポルポト時代に一度消え、見事に復興したという歴史があるだけに、森本さんのお仕事はなおさら貴重だったと思います。

今年の1月、取材仕事で久しぶりにカンボジアに行ったのですが、プノンペンだけに行き、シェムリアップに足を運びませんでした。次回行く時にはIKTTにも訪問したいと思っていたので、森本さんの訃報は大変に残念です。残されたスタッフや職人さんたちの悲しみははかりしれません・・。心からご冥福をお祈りいたします。



by mayumiish | 2017-07-06 02:22 | アジア

ラオスが舞台の映画です。『逆行』

3月ですね!
ひと雨ごとに春が近づいてくるのを感じます。

先日、試写会で映画『逆行』を観てきました。原題は「RIVER」。

送られてきたチラシによると「異国の地でのバカンスが・・・。逃亡者となった若きアメリカ人医師が、絶望的な疾走の果てに迫られる重大な決断とは・・・」とありました。

逃亡者のロードムービー?ということ以外、それほど予備知識がないまま映画のチラシをよく読むと、舞台がラオスとあり、さらに興味を持って観ました。

ストーリーは、ラオスの小さな村にあるNGOの病院で働く若いアメリカ人医師が、ふとしたことがきっかけで殺人を犯してしまい、警察に追われる身となってしまいます。医師を演じるのは、ロッシフ・サザーランド。同じく俳優のキーファー・サザーランドの異母兄弟だそうです。映画の最初のほうで事件が起こり、そこからずーっと逃げる逃げる。村から首都ビエンチャンに行き、メコン川を渡って・・・。最後に「なるほど、そうなんだ?』という意外な結末になるまで、ストーリー展開の読めないドキドキの緊張感が続くのでした。監督はジェイミー・M・ダグ。ミュージックビデオ制作から映画に移り、この作品が初の長編作とのことです。そういえば、セリフが少ない部分でミュージックビデオのワンシーンのような場面があり、ああ、やはり音楽のビデオを作ってきた人なんだな、と納得しました。

舞台がラオスということで、どんな風に描かれるだろうと思っていたら、逃亡者としての心象風景を現実に投影するとこうなのだろうというものを表す意図だった気がしました。ラオスの田舎は緑が多く、大変にのんびりとした場所で、特にメコン川が流れるエリアは山並みなども美しい風景なのですが、逃亡者の目には入らないかのように、重い重金属的な音楽が使われ、全体に重苦しい雰囲気を出していました。そういう意味では効果的な音楽の使い方。また、夜のシーンや怪しげな表情を醸すラオス人など、きっと欧米人の目に映るアジアのイメージなのだろうと思える質感や断片を、印象的に切り取っていました。

ストーリーはここであまり書きませんが、主人公をはじめ、助演の俳優たちもみないい味を出していました。病院の車を運転する役割の男性を演じるラオス人の俳優は、映画プロデューサーや脚本家でもあり、ラオスの近代映画のパイオニア的な人とのこと。また、短い登場ながら、安定感ある印象的な雰囲気を感じたバーテンダー役の俳優は、他の映画で最優秀主演男優賞を受賞したことのあるタイ人の俳優とのことです。

監督のインタビューを読むと、突然暴力に巻き込まれる医師を通して、人間の無関心や、秘められた暴力性にも焦点を当てたとのこと。ロードムービーとして、また人間の心理や行動力、倫理感を考えさせる映画としても面白い作品でしたよ。
今月3/11から公開とのこと!



by mayumiish | 2017-03-04 05:19 | アジア

タイの黒、カンボジアの手仕事

a0086851_00060684.jpg
新年の始めに書いた通り、今年はもっとブログの更新を、と続けています(今のところ 笑)。

今月、タイとカンボジアの取材に行き、大変に興味深い場所や人々に出会いました。もし私がブロガーだったら、旅の詳細をいくらでも書きますが、しばらく先の掲載になる雑誌の仕事なので、まだあまり書けないのがなんとも歯がゆいところです。

タイではバンコクで時間が少しできて、10年ぶりにタイ人の友人に再会し、一緒にカオマンガイの美味しい店を満喫。タイでは昨年亡くなったプミポン国王に今も弔意を示す人が多く、黒い色の服を身につけるタイ人が目につきました。私も黒い麻のワンピースを一着持って行ったので、友人に会う時に着たら、「ちゃんと黒の服を着ているわね」という感じで喜ばれました。少し高級なレストランでも黒い服の人々が目につき。今年中にタイに行く方は、一応、荷物に黒い色の服を加えることをおすすめします。

久しぶりのカンボジアでは、伝統の絹織物が健在なことを確認してきました。しかも技術が進歩している印象。けれども織物の村に住む人に話を聞いたら、手織りの職人さんの人数は減る傾向にあるそうです。素朴で上品な光沢をたたえるカンボジアシルクの美しさは、いつまでも消えてほしくない宝ものの一つです。ほか、プノンペンでは、240通り界隈におしゃれなブティックが増え、ごちゃっとしていたロシアンマーケットはどことなく小ぎれいになっていました。でもマーケットの奥のほうにはフルーツや野菜どっさりの食材市場や屋台の喧騒がまだ残り、下町的な素顔が見えました。プノンペンはまさに新旧が交錯。

現在、ワクワクするアイデアを温め中。また近いうちにぜひカンボジアに行きたいなあ。というか、きっと行きます。

(写真はプノンペン、王宮前広場 by iphone6S ©Mayumi Ishii)

by mayumiish | 2017-01-30 13:39 | アジア

支援がまだ必要、カンボジア

a0086851_14330777.jpg
タイとカンボジアの取材旅から日本に帰国しました。
向こうが真夏の暑さだったので、日本の寒さに凍えています。
ただ、今年は異常気象なのか、タイもカンボジアも乾季のはずなのにお天気がいまいちで、快晴の空をほとんど見ませんでした。
東南アジアで進む熱帯雨林の伐採が原因ではないといいのですが・・・。

先日のブログで、カンボジアでは経済格差が広がっていると書きましたが、私の通訳ガイドをしてくれたカンボジア人の方が、あるボランティアに関わっている話をしてくれました。日本のNGO団体が、カンボジアの貧困が激しい村の小学校を訪れ、毎年奨学金を送っているそうです。そのおかげで、中には大学まで行けた児童もいるそう。

奨学金を渡す児童については、一人一人に面接して決定するそうです。私のガイドさんはその通訳をしながら、子供の生活の苦しさの話に、思わず涙が出てしまうほどとのこと。

1人の生徒に対し、1年間に100USドルの奨学金を渡すのですが、年4回に分けて25ドルずつ支給しています。カンボジアでは、公務員の月給が200ドルぐらい。100ドルといえば、貧しい村にとってかなりの高額なので、間違いなく子供のために使われるように、分割で渡すとのことでした。プノンペンでは、1回に数十ドル使ってレストランで食事をするカンボジア人も多いので、国内での格差の度合いがわかりますよね。

日本に帰国してから、そのNGOを調べたらすぐに見つかりました。

そんな話を見聞きして、カンボジアではまだ外部からの支援が必要だなと思いました。
上記のサイトに活動内容が詳しく書かれています。ご関心があれば、トローバイク小学校の児童の支援にご協力してみるのはいかがでしょうか。

(写真は首都プノンペンの夕暮れ by iphone6S)





by mayumiish | 2017-01-20 14:37 | アジア

変わるプノンペン

a0086851_23390217.jpg
カンボジアのプノンペンに来ています。
取材仕事でタイに行った後、別の取材でプノンペンに来ました。

カンボジアに以前はよく行っていましたが、今回はなんと約10年ぶり。
高いビルの建築現場がいくつか目立ちます。それ以外は、王宮周りなどそんなに激変している印象がありません。ただ、以前によく歩いた通り付近に行ってみると、以前あった良質なアートギャラリーがなくなっていたり、おしゃれなホテルが増えていたりと、変化が見えます。レストランやホテルは本当に増えました。

こちらで数人のカンボジア人の方にインタビューしたのですが、海外で学んだことのある人たちは、大変に国際的な意識を持っていることに気がつきます。

一方、そういう変化に乗っていない人たちも非常に多く、国内で経済的に貧富の差が大きくなっているのではという気がしました。特に、中華系の人々とそれ以外の人々の差。それはレストランに行くと明確です。
この格差はどこまでいくのかな・・・?





by mayumiish | 2017-01-16 18:36 | アジア

スンバ島!

もう12月ですね。

しばらく更新していませんでしたが、旅取材が続き、
先週までインドネシアのスンバ島という場所を取材してきました。

a0086851_2263986.jpg
(Beach at low tide, Sumba island by iphone6S)

バリ島の東にある大きな島なのですが、
久しぶりにうっとりするほど美しい海とビーチを目にしました。
波の色、くだけ方の形状がとても美しいのです。

もし自分がサーフィンをするなら、こういう海でできたら幸せだろうなと
思っていたら、トランジットのバリの空港で、私の滞在と同じ頃に
スンバ島でサーフィンをしてきたという日本人に出会いました。

今回は久しぶりにリゾート取材。
これから写真整理です。

また、12/11〜17は、毎年恒例の「写真家たちによるチャリティー写真展」を
六本木のミッドタウン「フジフィルムフォトサロン」で開催します。
それについては追ってまた書きますね!
by mayumiish | 2015-12-05 22:07 | アジア

インド取材から帰りました。ムンバイ!

先月は取材で再びインドに行っていました。
行き先はムンバイです。
a0086851_20545821.jpg
(ムンバイ・バンドラ駅 by iphone6S)

今回は、ムンバイ在住のインド人シェフ兼ライターさんとの取材で、
彼女が執筆、私が写真を撮りました。
さすが現地情報に詳しく、忙しいながらもなかなか充実した取材ができました。
ムンバイに行ったのは約10年ぶり。
町がきれいになっていて経済発展の影響を感じました。
最近の人気の場所などもいろいろ教えてもらい、
数日間滞在中、同じ大都市でも、デリーよりも、
街や人の雰囲気に文化が感じられるムンバイが好きだなあと
あらためて思いました。

実際、そのライターさんによるとムンバイは女性が住みやすい町だとか。
デリーに住んでいる彼女の友人が、
「夜中でもムンバイの町は歩けるけど、デリーでそんなことをしたら危ない」と
言うそうです。
たしかに私が滞在していたエリアも夜も人通りが多く、夜の9時頃に歩いて
近くの商店に買い物に行っても、何の危険も感じませんでした。
ただ、きっとエリアによるのだとは思います。

しかし!ムンバイの難点といえば、交通渋滞!
車、タクシー、オートリキシャーなどなどの混雑が猛烈でうんざりしてきます。
私はムンバイの中部に滞在していたのですが、ムンバイ南部に行くのに
車で行くと小一時間はかかります。

ある日、滞在していた場所の近くに駅があることに気がつき、
ムンバイ南端のチャーチゲート駅まで電車に乗ってみることにしました。
インドの長距離列車には乗ったことがあるものの、ローカル線は初体験。
駅の窓口で切符を買って(10ルピー=約20円!)、ホームに行きました。
こういう時、インドではたいてい英語が通じるので便利です。

チャーチゲート行きの電車は東京の総武線ぐらいの感じでひんぱんに来ます。
男性の客車は混み合っていましたが、女性専用車はけっこうゆったり。
そして、車内のカラフルなこと!インド人女性の服はほんとうに色彩豊かです。
電車の中は広くて、ドアを開けっ放しに走る(!)ので、涼しい風が入ってきます。
約30分で終点駅に到着。
タクシーで渋滞の道路を行くよりもずっと快適だと思いました。
ただし、男性車両はわかりません。

電車に乗った時にiphoneでビデオを撮りました。
それを慣れないながらもiMovieで短く編集したのでYou tubeにアップしてみました。
黄色い服の女性は大学生とのこと。快く撮影させてくれました。



それにしても、iMovieは直感的に使いやすいですね。
もう少し動画を研究してみようかという気になります。
by mayumiish | 2015-11-04 21:05 | アジア

『エル・ア・ターブル』11月号に南インドの記事が

もう10月ですね。今年も早いなあ。

a0086851_1265691.jpg


『エル・ア・ターブル』2015年11月号(ハースト婦人画報社)に
私がインドで取材してきた記事が掲載になりました。

「食べてきれいになる南インド」
インド南端のケララ州で取材した料理中心の記事で、写真と文章を担当してます。
a0086851_12213357.jpg

ケララは豊富なスパイスの産地です。
市場に行くと、香り高いカルダモン、クローブ、ジンジャー、カレーリーフがどっさり。
また、ココナッツのミルクやオイルを日常的に使い、
新鮮でヘルシーな食べ物がたくさんなのです。朝ご飯もバラエティー豊か。
数年前行った時に、いつかケララの料理を中心に取材したいなと思っていたので
今回良い機会でした。
やっぱりケララは食べ物がおいしい!
ただ、今回行けなかった場所もあり、まだまだ奥深いので、またぜひ行きたいです。

エル・ア・ターブル11月号ではジビエ特集もあり、
めずらしい肉料理も満載なので、食いしん坊の方には特におすすめですよ(笑)
by mayumiish | 2015-10-10 12:24 | アジア

インド映画はお好き?エアインディアの秀逸セレクション

先月のインド取材旅つながりで、書きたいことがありました。

エアインディアに10年以上ぶりに乗ったのですが、
今回でイメージが一新しました。
それまでに乗ったことのあるエアインディアの機体は、
壁紙がきれいじゃないとか、知り合いが乗ったらトイレに不具合があったなど
どことなく古いイメージだったのですが、
今回の機体は新しいボーイング787ドリームライナーでした。
座席で電子機器の充電ができ、座席、トイレなども快適。
ただ、それは787ならどこの航空会社でもきっと同じ機能でしょう。

特筆したいことは、映画のビデオセレクションがとても充実していたことです。
しかもインド映画。
インドはアメリカに負けない映画大国です。
ムンバイで作られるボリウッド映画をはじめ、ベンガル、タミルなど、
地方ごとに、それぞれの言語で映画がたくさん製作されているのです。

せっかくなのでインド映画を観ようとセレクションを見たら、
種類の多彩さにビックリ。
インド映画の最新版、60〜70年代、80年代、90年代など年代別、
そして、ボリウッド、ベンガル、タミル、北インドなどなど、
地方別の映画も選べるのでした。どれも英語の字幕付き。

インド映画には詳しくないので、クラシック映画を観てみようと、
まず60〜70年代の映画の中からてきとうに選んでみました。
タイトルは「CHORI CHORI」(あとで調べたら1956年作)。
全編がモノクロ。途中で、何か観たことがあるなあと思ったら、
アメリカ映画「或る夜の出来事」(クラーク・ゲイブル主演)のリメイクでした。
とはいえ、インド版も主役の俳優と女優が名演で見応えたっぷり。
後で知ったのですが、主演の俳優ラージ・カプールと女優ナルギスは
当時のトップ俳優とのことでした。
また、インド映画の多くにお約束の歌と踊りもあるのですが、
古い映画なので、踊り子たちの衣装がクラシカルでとても素敵!!
モノクロがまた味わい深く、とても堪能できたのでした。

日本に帰ってから調べたら、なんとこの映画のYou Tubeがありました。
興味のある方はぜひ♪



デリー到着まで、まだ時間があったので、機内で次の映画を観る事にして、
今度は今年2015年公開ものから選びました。
タイトルは「Detective Byomkesh Bakshy!」。探偵ものです。
これが面白い!!
1934年のカルカッタを舞台にしたミステリーです。
原作シリーズ本を元にしていて、ストーリーも、俳優たちもアートワークも秀逸!
特に主人公を務めた俳優の抑えた演技がかっこいいんです。
日本で公開されたら、きっとヒットするのではないかな?



そして、次に観たのは(にわかインド映画ファンですね 笑)、ベンガル地方の映画で、
タイトルが気になった「Royal Bengal Tiger」です。2014年作。
これは映画の途中でデリーに到着したので、帰国便に乗った時に続きを見ました(笑)。
最後まで結末の展開がわからず、とても見応えのある映画でした。
さすが映画大国インドという感じです。

なんと「Royal Bengal Tiger」全編がYou tubeに。アップ元を見ると、正式なサイト?
ただ、字幕がついていないのでベンガル語がわからないときびしいですね。



インド映画というと、日本で紹介されるものは歌って踊っての
ボリウッド映画が多いので、そういうイメージを持たれがちですが
上記の映画の最後2つは踊りも歌もなし。
脚本が面白く俳優も上手いので、引き込まれて観ました。
エアインディアに搭乗することがあれば、インド映画をぜひ。

また、機内食は、一度はベジタリアンメニューをお試しあれ。
たいてい、その場でベジかノンベジかを選べます。
特にインド国内線のベジメニューがとても美味しかったです☆
by mayumiish | 2015-09-08 20:34 | アジア

Love! Kerala - アラブ諸国とのつながり

a0086851_17315389.jpg

南インド、ケララ取材旅の続きを少し。

前回のブログに、8月のケララの湖水地帯にはアラブ諸国からの観光客が
多かったと書きましたが、この現象はここ数年のことなのだそうです。
そういえば以前、ケララに行った時にはアラブ諸国の人々を見なかったような。

ケララはインドの中でも識字率が100%に近く教育水準が高い州です。
でも学業を終えた後の就職先としては、産業がまだ充実していないのか、
UAEなどアラブ諸国に働きに出かける人が大変に多いそうです。
向こうに行った人が知り合いなどを呼び寄せて仕事口を紹介したり、
新聞にもさまざまな職業の求人広告が載っているとか。
在外インド人を総称してNRI(Non Resident Indian)と呼びますが、
世界のあちこちでたくましく生活していますね。

今回、ケララ州の中を車で移動したのですが、
ところどころの街で、大きくて立派な新しい家を目にしました。
アラブ諸国の仕事はケララにいるよりも稼げるらしく、
数年働いてケララに帰り、豪邸を建てる人々が多いのだそうです。

それで、アラブ諸国からの観光客が増えた理由は、そのことに関連しているとか。
ケララ現地で会った人の話によると、以前、アラブ諸国の人々は、
インドに行くと敵視されるのではと思う傾向があったそうです。
多宗教のインドですが、隣国パキスタンとの関係や、何年か前にムンバイで
ヒンズー教とイスラム教の衝突があるなど良いニュースが少なかったせいでしょうか?

それが、ケララの人々が多くアラブ諸国に働きに行き始めてから、変わったと。
ケララにもヒンズー教、イスラム教、そしてキリスト教など多宗教徒が
混在していますが、平和的に共存しています。
そして、ケララの人々は私の知るかぎり、礼儀正しく、おだやか。
そんな彼らに接したアラブ諸国の人々は、
インドに対する垣根を低くしたのかもしれません。
どうやらケララ州には海や美しい湖水地帯が広がり、年間を通してみずみずしく、
緑も多く、どうやらリゾートホテルもたくさんあるらしいぞ、と。
ケララは6〜8月頃が雨季でやや涼しいのですが、その頃、きっと砂漠の国は猛暑。
さらにケララでは、雨季の期間、ディスカウント料金となるホテルも多く、
タイミング的にピッタリ。
ということで、アラブ諸国からの旅行者がポツポツと増えはじめ、
今では雨季の時期に、大勢の人々が来るようになったとのことでした。

ただ、ケララの観光会社の人によると、イスラム教の人々は生活習慣を
そのまま持ってくるので、対応が大変なこともあるそう。
ハラルフードにこだわるせいか、どこかで羊肉や調理器具を調達してきて
キッチン付きじゃないホテルの客室で調理しようとする人がいたり、
ホテルによっては、一時的にレストランをアラブ料理対応にするところも
あるということでした。
その辺は、イスラム国以外の国では共通の課題かもしれませんね。
いずれにしても平和的な国際交流が続いてほしいものです。
by mayumiish | 2015-08-23 17:46 | アジア

写真家です。文章も書きます cMayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

カテゴリ

Profile
News
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
Photography
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
Archives
Archives(リゾート系)
Web Work
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

カンボジアの絹織物をなりわい..
at 2017-07-06 02:22
ファインダーの中が大切
at 2017-06-29 01:52
ホームページをリニューアル
at 2017-06-24 14:29
日本のゆくえ
at 2017-06-15 00:54
「カタコトの会 型彫り、型染..
at 2017-06-01 02:01

外部リンク

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

FX取引が出来るサイト

フォロー中のブログ

タグ

アクセス解析