石井真弓のブログ◎Apertures mayumii.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

写真家です。文章も書きます cMayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

たまには写真も。ナイトミュージアムにちなんで。


a0086851_9125148.jpg

(ニューヨークに住んでいた頃に撮影した自然史博物館の写真です。)

もうすぐ公開の映画「ナイトミュージアム」を先日試写会で観てきました。コメディ俳優ベン・スティラーの、まじめ顔をすればするほど可笑しい演技ぶりもさることながら、ニューヨークの自然史博物館の展示物を巧みにストーリーに取り込んだアイデアや、撮影技術の高さに感心しました。

ネタバレになってしまうのであまり書きませんが、西部開拓史のジオラマとローマ帝国時代のジオラマが隣り合っていて、夜な夜なカウボーイ達とローマ戦士達のミニチュアが繰り広げる領土争奪の戦いとか、恐竜ティラノザウルスの意外な個性など、ディテールのマニアックさもあって、大人も楽しめるのではと思いました。

舞台となっているアメリカ自然史博物館は、1869年設立の歴史ある博物館で、私もニューヨーク在住時に時々遊びに行っていました。ジオラマや動物のはく製、マンモス、恐竜、シロナガスクジラの骨の標本(巨大です!)などがグラフィカルで、写真を撮影したりしていました。当時はいつ行ってもあまりお客がいなくて、まるでナイトミュージアム?のようでした。どことなくミステリアスな雰囲気(動物たちがリアル過ぎて?)だったような記憶があります。この10年以上ずっと行ってないですが、今はどうなのでしょう。
a0086851_10153526.jpg

(ゴリラの展示コーナーで。生きているように見えるゴリラを女の子がとても気に入ったようで、ずっと動きませんでした。心なしかゴリラも女の子を見てる!?)

映画を観たら、以前ニューヨークで撮影した写真たちのことを思い出しました。先日、同業者のユキヒロさんに私はカラー写真家のイメージと言われましたが、当時はモノクロばかりで、たまに日本の出版社へ送る原稿用の写真以外は、ほとんどカラーは撮影していなかったのでした。そのせいかニューヨークといえば、私にとってはモノクロの街です。
Commented by Bailarina at 2007-03-13 19:56 x
うぁーー、ゴリラ本当に生きてるみたいっ!
シガニー・ヴィーパーのマウンテンゴリラの映画であったよね、こんな場名。
Commented by mayumiish at 2007-03-14 21:02
生きているみたいでしょう!?こういう展示ばかりでした、あの博物館。
映画「愛は霧のかなたに」だっけ?。あちらは本物のゴリラでまた凄かった。
Commented by yuki at 2007-03-16 14:51 x
わたしもこの映画去年のクリスマスに見ました。男のロマン、プライド、と友情が満載だった。わたしのお気に入りはイースター島の石像。
Commented by mayumiish at 2007-03-17 23:21
イースター島のモアイ像・ダムダムですね。私のお気に入りはインディアン娘サカジャウィアとお猿。
by mayumiish | 2007-03-13 00:52 | Photography | Comments(4)