石井真弓のブログ◎Apertures mayumii.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

写真家です。文章も書きます cMayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

Velvia、LOVE。


今日はバリ島で撮影した写真の現像フィルムを取りに行きました。

バリでは朝晩のお天気が今一つ不安定で、日の出や日没の時間は毎日曇りがちだったので、撮影中もいまいちすっきりした気分でできませんでした。でも、上がってきたイメージを見て一安心。フィルムがなんとか光をとらえてくれました。

私が撮影で最もよく使うのは、フジクローム Velvia(ベルビア)ISO50というフィルムです。私のHPのギャラリーに載せている写真はほとんどがVelviaで撮影したものですが、特に早朝や夕暮れといった、光が美しい時間にとても活躍してくれます。肉眼では見えないような微妙な光のグラデーションを繊細にかつシャープにとらえ、予想以上の美しい仕上がりをライトボックスで見る時のうれしさと言ったらありません。デジタルカメラもきれいな色を再現しますが、Velviaが写す光の透明感とグラデーションには、まだかなわないような気がします。

なんと、このVelvia、なぜか富士フィルム会社が一度生産中止を発表したのです。けれども、存続の強い要望が続いた(当然!?)ため、Velvia IIという製品としてVelviaとほぼ同等の製品を作ることにしたとか。今年の春から登場するらしいです。現在のところはフィルム店でVelviaを買えるので問題はありませんが、なるべく同じ品質でいてほしいものです。

ところで、今月半ば頃に、富士フイルムが銀座の並木通りに新たなテナントビルを建て、この春オープン、というニュースを見ました。そのビルの名前はなんと「銀座Velvia館」。フィルムの名前をビルの名称にしてしまったのです。4/19にオープンで、ファッションやインテリアショップ、レストラン等が入る予定とのこと。

富士フィルムのプレスリリースによると、「ベルベットのような高い質感のスペースという意味合いから、質感を美しく表現する富士フイルムの超高画質フィルム『Velvia』にちなんだ、『銀座Velvia(ベルビア)館』といたしました」とあります。でも私は、もしや2年ほど前にVelviaフィルムの生産中止を一度決定した時点に「名フィルムだったから名前だけは残そう」などという理由でビルに命名したのではと、一瞬思ってしまいましたが。しかしながら、Velviaには100と100Fもありますので、やっぱり純粋にVelviaへの愛着からの命名でしょうか。

カラーのポジ写真を撮る人ならばきっと必ずピンと来るこの名前。一方で、一般の人々にとっては、「Velvia館」といっても、さっぱり何のことかわからないだろう点も、また興味深いところです。

ビルのオープンとともに、Velvia IIがVelviaと同じクオリティーで登場することを期待しつつ待つ春です。

富士フィルム ニュースリリース 「銀座Velvia(ベルビア)館」 平成19年4月19日(木)オープン
Commented by 1ムッシュ at 2007-01-28 23:16 x
ベルビア50持っているんですねえ。
羨ましいです。
Commented by mayumiish at 2007-01-29 18:30
もしかすると、そちらでは在庫切れか何かで販売されていないのでしょうか?
by mayumiish | 2007-01-27 22:09 | Photography | Comments(2)