館山の手仕事

もうすぐお彼岸ですね!
早く本格的に暖かくなってほしいものです。

先日、取材の船旅をしてきました。
クルーズ船で名古屋港を出発し、伊豆半島や遠州灘を越え、房総半島南端にある千葉県・館山港までのショートトリップ。

取材の合間、海辺を少し散策。夕日桟橋という名の長い長い桟橋を歩いて館山に上陸しました。その長さ、海岸から500メートルとのこと。滞在したのは数時間でしたが、面白かったのは海沿いに立つ「渚の駅 たてやま」。中に「渚の博物館」があり、ミニ民俗学博物館のような感じで、漁業で発展してきた町ならではの興味深い展示物がいろいろありました。

中でも見応えがあったのはこれ。
a0086851_03240926.jpg
万祝(まいわい)と呼ばれる、大漁を祝う晴れ着だそうです。とても味わいのある絵柄や色彩だなあと、足を止めてじっくり見てしまいました。
a0086851_03243442.jpg
a0086851_03244203.jpg
a0086851_03251184.jpg
作り方も説明されていて、型紙を使って染めるそうです。型紙を見ると茶色い柿渋で、まるで伊勢型紙のよう。
a0086851_03245884.jpg
思わぬ場所で手仕事の美を見つけてうれしくなったのでした。今でも作られているのでしょうか。だとしたら誰が作っているのか興味大。

また、意外なものも発見しましたよ。
a0086851_03252615.jpg
なんと、フランス人のフリーダイバー、故ジャック・マイヨール氏がかつて館山に別荘を持っていたそうで、そこで彼が使用していたタイプライターが展示されていたのでした。マイヨール氏は、私の好きな映画『グランブルー』のモデルになった人でもあり、館山に別荘を持っていたことに驚きましたが、ダイバーやマイヨール氏のファンには知られていることなのかな・・?

短い滞在だったので、今度は陸路で館山を再訪して、じっくり町を散策してみたいですが、まずは旅仕事の原稿書きです。



# by mayumiish | 2017-03-16 03:47 | 日本

ラオスが舞台の映画です。『逆行』

3月ですね!
ひと雨ごとに春が近づいてくるのを感じます。

先日、試写会で映画『逆行』を観てきました。原題は「RIVER」。

送られてきたチラシによると「異国の地でのバカンスが・・・。逃亡者となった若きアメリカ人医師が、絶望的な疾走の果てに迫られる重大な決断とは・・・」とありました。

逃亡者のロードムービー?ということ以外、それほど予備知識がないまま映画のチラシをよく読むと、舞台がラオスとあり、さらに興味を持って観ました。

ストーリーは、ラオスの小さな村にあるNGOの病院で働く若いアメリカ人医師が、ふとしたことがきっかけで殺人を犯してしまい、警察に追われる身となってしまいます。医師を演じるのは、ロッシフ・サザーランド。同じく俳優のキーファー・サザーランドの異母兄弟だそうです。映画の最初のほうで事件が起こり、そこからずーっと逃げる逃げる。村から首都ビエンチャンに行き、メコン川を渡って・・・。最後に「なるほど、そうなんだ?』という意外な結末になるまで、ストーリー展開の読めないドキドキの緊張感が続くのでした。監督はジェイミー・M・ダグ。ミュージックビデオ制作から映画に移り、この作品が初の長編作とのことです。そういえば、セリフが少ない部分でミュージックビデオのワンシーンのような場面があり、ああ、やはり音楽のビデオを作ってきた人なんだな、と納得しました。

舞台がラオスということで、どんな風に描かれるだろうと思っていたら、逃亡者としての心象風景を現実に投影するとこうなのだろうというものを表す意図だった気がしました。ラオスの田舎は緑が多く、大変にのんびりとした場所で、特にメコン川が流れるエリアは山並みなども美しい風景なのですが、逃亡者の目には入らないかのように、重い重金属的な音楽が使われ、全体に重苦しい雰囲気を出していました。そういう意味では効果的な音楽の使い方。また、夜のシーンや怪しげな表情を醸すラオス人など、きっと欧米人の目に映るアジアのイメージなのだろうと思える質感や断片を、印象的に切り取っていました。

ストーリーはここであまり書きませんが、主人公をはじめ、助演の俳優たちもみないい味を出していました。病院の車を運転する役割の男性を演じるラオス人の俳優は、映画プロデューサーや脚本家でもあり、ラオスの近代映画のパイオニア的な人とのこと。また、短い登場ながら、安定感ある印象的な雰囲気を感じたバーテンダー役の俳優は、他の映画で最優秀主演男優賞を受賞したことのあるタイ人の俳優とのことです。

監督のインタビューを読むと、突然暴力に巻き込まれる医師を通して、人間の無関心や、秘められた暴力性にも焦点を当てたとのこと。ロードムービーとして、また人間の心理や行動力、倫理感を考えさせる映画としても面白い作品でしたよ。
今月3/11から公開とのこと!



# by mayumiish | 2017-03-04 05:19 | アジア

さようなら、ディック・ブルーナさん


a0086851_00500055.jpg
だれでも一度は見たことがあるのではないでしょうか。「ミッフィー」。オランダでは「ナインチェ」(小さなウサギ)と呼ばれています。日本では「うさこちゃん」という名前で1964年に初めて絵本が紹介されたそう。

シンプルな線と明るい色彩で描かれた絵本の白ウサギ、ミッフィーの作者は、オランダのグラフィックデザイナー&絵本作家ディック・ブルーナさん。1955年なんと62年前に生まれたキャラクターです。

そのディック・ブルーナさんが2月16日、89歳でお亡くなりになりました。ニュースを知って、数年前にオランダのユトレヒトへ、ブルーナさんゆかりの地を取材に行ったことを思い出し、とても悲しくなりました。

旧市街にブルーナ・ハウスという博物館(2016年にミッフィー・ミュージアムとしてリニューアル)があり、世界何十カ国語にも翻訳されたミッフィーの絵本が天井に届くほど壁一面に展示されたのを見て、ミッフィーが世界中で愛されているんだな、としみじみ思った記憶があります。ブルーナさんはグラフィックデザイナーとしても活躍していて、本の装丁作品や、ミッフィー以外のキャラクターなども展示され、とても楽しく充実した博物館でした。

ユトレヒトは当時、ブルーナさんが住んでいた町です。通りを行くと、世界唯一(たぶん)のミッフィー型の信号機が立ち、またブルーナさんがコーヒーを飲みに通っていたカフェ、お菓子店などもありました。アムステルダムよりもこじんまりと小さい大学町という雰囲気で、旧市街など私もとても好きな街なのですが、ブルーナさんの訃報に、地元の人たちはきっとことさら悲しんでいることだろうな、と思いをはせています・・・。
a0086851_00504532.jpg
a0086851_00510542.jpg
(写真はユトレヒトにて。上から:ミッフィー型の横断歩道用交通信号、ブルーナさんデザインの切手が買える切手店、旧市街の通り © Mayumi Ishii)








# by mayumiish | 2017-02-23 01:00 | ヨーロッパ・アフリカ

映画『スノーデン Snowden』

先日、映画『スノーデン Snowden』を観てきました。

エドワード・スノーデン氏が誰なのか知らない人のために書くと、彼はアメリカ国家安全保障局やCIAで、インターネットによる情報収集のエキスパートとして勤務していた人です。アメリカ政府が世界規模で個人のプライバシーを収集し、それをアメリカの利益のために悪用していたことを知り、信頼のおけるジャーナリストを通じて世界に告発した人です。そのニュースは2013年、最初に報じたガーディアン紙をはじめ、世界のメディアに取りあげられ、スノーデンが自分の名前を隠さなかったことでさらに大ニュースになりました。

当然、アメリカ政府はスノーデンを見つけて捕らえようとしたのですが、その時、彼はすでに香港に。人権弁護士などにかくまわれながら香港を脱出、モスクワ経由で南米に渡ろうとした時に、アメリカ政府が彼のパスポートを無効にしたため、モスクワから他の国に出られず。しかし、ロシア政府が滞在許可を彼に与えたため、2013年以来、モスクワに滞在しているのです。今年の1月に、さらに3年間延長の許可が出て、2020年までロシアに滞在できるようになったとのニュースを先日読みました。

スノーデンが最初にコンタクトしたジャーナリスト、グレン・グリンウォルドが当時のいきさつやスノーデン氏の告発内容などをまとめて書いた本「暴露:スノーデンが私に託したファイル」があります。これを読んでアメリカ政府の行い(日本ももちろん情報収集の対象)に驚いたとともに、スノーデン氏の勇気、行動力、頭脳明晰ぶり、そして何より、当時30歳の若さでこれまでの生活を捨てる覚悟や思いに心が動かされました。

ジャーナリストのウォルドとともにスノーデンに会っていたビデオジャーナリストもいて、その人、ローラ・ポイトラスが、香港でスノーデンを撮影したドキュメンタリー映画もあります。『シチズンフォー CITIZENFOUR』。これはすでにDVDにもなっていて、なぜかYou tubeにも全編アップされているのです。しかも数カ国語の言語や字幕で。なので私は日本で公開される前にYou tubeで観てしまいました。今も削除されていないのは、もしかすると、映画の製作サイドの判断なのかも?なるべくたくさんの人に見てもらいために?個人的な憶測ではありますが・・・。映画には、スノーデン本人が登場して思いを語ったり、ジャーナリストたちとのやりとりが生々しく映っていて見ごたえあり。

そして本題。
ふぅ、説明が長くなりましたが、『スノーデン SNOWDEN』は、これら一連のできごとの前、彼がアメリカ国家安全保障局などに勤務していた頃にどんな仕事をして、またどんな理由でアメリカの行いを暴露するに至ったのかという過程を描いた映画です。

スノーデン役を俳優のジョセフ・ゴードン・レヴィットが演じています。監督は、社会派の映画をたくさん作ってきたオリバー・ストーン。スノーデン本人をメディアのインタビューなどでたくさん見てきたので、最初は俳優が演じていることに少し違和感がありましたが、数分で消えました。ジョセフ・ゴードン・レヴィットが好演。話し方などもとてもよく研究していると感じました。映画ではスノーデンがアメリカ国家機関の仕事をしていた頃のエピソードが複数描かれ、普通の良心を持つ人なら抱く疑問や違和感、それを自身の昇進のために抑える(きっと多くの職員はそれを選択)ことなく、世界に公表しようと決意していく流れ、そしてその後は『CITIZENFOUR』にも映っているようにジャーナリストとの接触などが描かれていきます。

ここではあまり詳しく内容を書きませんが、スノーデンは日本に赴任していたこともあり、日本政府に対するアメリカの態勢なども出てきます。とにかく、アメリカの情報収集プログラムでは、世界中のほぼどこでも人のプライバシーを暴くことができることがよくわかりました。特に、映画にも出てきますが、PCについている内蔵レンズは、PCのスイッチが入っていなくても、そこに映るものを見ることができるそうです。まるでフィクション映画のようなことが、事実に基づいたストーリーなので、ぞっとしました。ちなみに、私の全部のPCにも、内蔵レンズの部分に不透明テープを貼りました。この映画を観た人は、きっと同じようにするかも?スノーデンがいつも言う言葉に同感。「自分は隠す事が何もないから構わないという人は、自分のプライバシーの権利を放棄しているというに等しいのです」。映画のストーリーは少し急ぎ足なのですが、先に上記の本を読み、ドキュメンタリー映画を観ておくと話の内容がわかりやすいと思います。欲を言うなら、告発しようと決心する部分をもう少し深く描いてほしかったかな。

『スノーデン』が興味深いのは、『CITIZENFOUR』にも少し出てくる恋人のリンゼイ・ミルズさんとのラブストーリーでもあるということです。もちろん実話の。ミルズさんはインスタグラムもやっていて、写真を見るととても美しく、自由な魂を持った人という印象。国家の秘密を暴いて追われる身になった恋人との愛に、共感と涙・・。映画の中でも、ミルズさんを演じる女優さんがそれをたっぷり演じていました。

スノーデン氏のツイッターのプロフィールには「以前は政府のために働き、今は公共のために働いている」とあります。その行動に世界中の多くの人が共鳴し支えています。私も。最近、ロシアがスノーデン氏をアメリカに引き渡すかもしれないとの噂があるというニュースを読みましたが、単なる噂であってほしいな・・・。

すっかり長く書いてしまいました。おすすめの映画です。














# by mayumiish | 2017-02-13 01:04 | アメリカ・オセアニア

沖縄、大宜味小学校で写真の授業

a0086851_01312336.jpg
先日、沖縄県の大宜味小学校で、写真を教える授業をしてきました。

私が所属している日本写真家協会(JPS)の写真学習プログラム事業の一環です。昨年の秋頃に1回目の授業をして、カメラを5、6年の児童たちに渡して写真を撮ってきてもらう宿題を出しました。そして今回は、生徒たちが撮った写真から一人一点ずつ私が選んで、大きくプリントしたものを見ながらの発表会です。

大宜味小学校は沖縄県北部の大宜味村にあります。那覇からレンタカーで約2時間半。大宜味村への訪問は今回で3回目ですが、建物が多い中南部と違い自然が豊か。熱帯雨林的な木々が茂る山が海の近くまでせり出し、大変に美しい場所です。

授業では、生徒たちが撮影した写真について、一人一人前に出て、みんなの前で発表をしてもらいました。自由なテーマにしたので、撮影したものはまちまち。家族や友達を撮ったり、家の周り、学校、風景などなど。これまで東京などでも写真の授業をしたことがありますが、今回、ほかと違って印象的だったのは、とても美しい風景写真を撮った子が多かったことです。大宜味村の風景の美しさ、自然、海の表情をしっかりファインダーで切り取っていました。太陽が降り注ぐ沖縄ならではの光の移ろいをとらえていた子もいて感心。全体にのびのびした良い作品が多かったです。

大宜味小学校は2016年に4つの学校が統合してできた学校です。新校舎の目の前はエメラルド色の海!美しい風景を毎日目にして生活する子供たちの心にはきっと、美しい情緒が育まれていくのではないか、などと思えるのでした。

授業の後は、先生のご配慮で児童たちといっしょに給食をいただきました。大宜味小学校は教育や食育に力を入れていて、食器には陶磁器を使い、お料理も手が込んでいて美味しいのです。先日はコーンが入ったオムレツや豆苗などの野菜スープ、黒糖パンなど。たしか前回は、具だくさんのやきそばとハーブたっぷりの鶏肉でこれまた美味でした。

2月の初めの沖縄は桜の時期。授業の後、大宜味村の山のほうに車で行って、桜を見て帰りました。満開にはあと1、2週間という感じでしたが、私が好きな山桜なども見れて満足。沖縄に桜が咲くことを、先生から教えていただいて初めて知り、また、沖縄の桜は桃のように可憐なピンク色だと初めて知りました。青い海を背景にして、ヤシの緑の葉が揺れハイビスカスが咲き乱れる風景の中にある桜の光景が、なんだかとても新鮮でした。

5、6年生の担任の先生と校長先生には大変にお世話になりました!2回の訪問でしたが、子供たちを大切にしている学校だなと感じました。

緑深い自然に囲まれてのんびりと流れる時間が大宜味村の魅力。平地が少ないので大規模農業ができないなど課題もあるようですが、また訪れてもっといろいろ見たい場所です。
a0086851_01575899.jpg

(写真:上/大宜味村の高台から眺めた海 下/大宜味村に咲いていた桜 by iphone6S ©Mayumi Ishii)





# by mayumiish | 2017-02-06 01:32 | 日本

写真家です。文章も書きます (c)Mayumi Ishii. All rights reserved.


by mayumiish

カテゴリ

Profile
News
アジア
ヨーロッパ・アフリカ
アメリカ・オセアニア
日本
Photography
地球・自然・エコ
ヨガ的生活
フルーツ断食
フェアトレード
ボルネオ島
アート
人々
Archives
Archives(リゾート系)
Web Work
フォトボランティア
つれづれ
東日本大震災関連

最新の記事

館山の手仕事
at 2017-03-16 03:47
ラオスが舞台の映画です。『逆行』
at 2017-03-04 05:19
さようなら、ディック・ブルー..
at 2017-02-23 01:00
映画『スノーデン Snowd..
at 2017-02-13 01:04
沖縄、大宜味小学校で写真の授業
at 2017-02-06 01:32

外部リンク

ウェブ作品

ライフログ

食べるヨガ―今日からはじめる菜食レシピ48 (vela BOOKS)

検索

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 04月
more...

FX取引が出来るサイト

お気に入りブログ

タグ

アクセス解析